痔になりやすい生活習慣とは?

最近よく聞くヒアルロン酸ですが正直謎です ぜひ教えていただきたいのです まず殺し文句でもある「1gで6Lの水を保持できる」とはどうゆうことですか?それと製品の説明などで「180万~220万の幅広い分子量で・・・」分子量に幅があるというのが理解できません 分子量って分子を構成している原子の原子量の和ですよね?どうしても知りたいんです それとこの他にもこんな特徴があるよ とかあったらぜひ教えてください よろしくおねがいします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

当方は化学が得意ではない為、論理や理論的な事は一切分かりません。


>「1gで6Lの水を保持できる」
なので、これについては、
一般人としてはヒアルロン酸は6L保持できる物質でいいんじゃないでしょうかと。
どういう構造でどういうメカニズムで、
どのように6リットル抱え込むことができるのか、
科学的論理的説明できる人にバトンタッチしたいと思います。

>「180万~220万の幅広い分子量で・・・」
http://www.vc-lab.com/s13.html
http://www.bjn.jp/point/p5.html
この辺は参考にならないでしょうか??

サイトに書いているのを抜粋すると(以下部分的抜粋)
----------------------------------------------------------------
分子の大きさとは、
分子は水素や炭素、酸素といった原子がくっついて出来ていますが、
分子量とは、そのくっついているものをすべて足した重さとなります。
化粧品の有効成分は炭素と水素、酸素などで構成されることが多いので
この分子量が大きいほど、分子の大きさも大きいと考えることができます。
----------------------------------------------------------------
先ほどのサイト2つから
皮膚に浸透できるのは分子量が600以下らしいのですので
ヒアルロン酸は180万~220万の幅広い分子量らしいので
皮膚に浸透できない(しにくい)という感じじゃないでしょうか??

多分これらは、浸透しないものの
皮膚の上では留まる為に化粧などの成分をとどめる為に
保湿するという目的の為に使われているんじゃないでしょうか?

中には浸透しやすくしたようなのもあるらしいですが
逆に1gで6Lの水を保持できなくなるので保湿が下がっているぽいですね。

直接的な回答にはなってないかも知れませんが
参考になればいいなとおもいます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング