マンガでよめる痔のこと・薬のこと

多重債務をしてしまい弁護士に自己破産のお願いをして手続きしてきたのですが裁判所に「破産審尋」で呼ばれました(私の住んでるところでは呼ばれることはあまりないようなのです)。行ったところ問題点が結構あり(ほとんどが浪費、返済不可とわかっていながら借金など)免責は受けられない可能性が高いと言われました。それで「破産管財人」をつけるということになり「少額管財」の手続きをしたのですが、どのような事をするのでしょうか?換価とかされるのでしょうか?されるとしたらどのような物が対象でしょうか?家族の物もでしょうか?管財人を付けて免責は受けられるのでしょうか?現在無職なので免責不可になったら今までかかったお金とかも考えると不安で仕方ありません。どうか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>どのような事をするのでしょうか?


破産管財人は破産者の財産を管理し債権者に分配します。
でご質問のような場合には更に管財人は免責不許可事由該当項目がないのか、破産者は誠実なのかなどを調査します。この結果により免責が受けられるのかどうかが決まってきます。


>換価とかされるのでしょうか?されるとしたらどのような物が対象でしょうか?
ご質問者の財産・資産があればそうなります。

>家族の物もでしょうか?
家族は関係ありません。

>管財人を付けて免責は受けられるのでしょうか?
わかりません。ご質問者の状況次第です。

免責が受けられない場合には受けられなかった債務については引き続き返済しなければなりません。
それが終われば無事破産者ではなくなります。それまでは破産者のままです。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己破産で管財人が付いた場合

自己破産で管財人が付いた場合

困っています。
自己破産申請中です。
自己破産で管財人が付いた場合どんなことが起きるのでしょうか?
不安で仕方ありません。
財産なんて何もないのに管財人が付くことすら理解できないです。

ご回答お願いします。

Aベストアンサー

>財産なんて何もないのに管財人が付くことすら理解できないです。

一般的に、不動産等高額な財産がある場合は管財人が選任されますが、財産も少額で負債も少額な場合(数百万円程度)は、管財人の選任は実務ではないです。
その場合は、破産宣告と同時に「廃止決定」と云う決定がなされ、それで破産は終結します。
後は、免責申請して、認められれば終わりです。
管財人が選任された場合の管財人の仕事は、その不動産の調査等、債権者と債務者両方の利益を考え進めますので、予納金だけでも最低200万円ほど積む必要があり、長期間かかります。
一般的には、財産、負債とも数千万円から数億円以上の場合です。

Q自己破産・管財人がつく場合について

こんにちは。先日も自己破産した場合の会社への通達はどうなるかという質問をさせていただきました。皆様から色々な貴重な御意見を頂き有難うございました。
細かい質問になってしまいますが、破産申し立てをしても債権者は免責がおりるまでは債権を取り立てることが出来るということですが、管財人がついた場合には全ての財産を管財人が管理することになると聞きました。その場合、月々の給与も管財人が管理することとなり、給与の21万円を超えた部分の差し押さえは管財人が行い、余剰分を債権者に分配するという事になるのでしょうか?管財人が行うことになれば当然その管財人の名義で会社に差し押さえの通達がいくことになるであろうから、会社に破産したということが分かってしまうことになるのではないかと不安です。とにかく職場にばれることだけはどうしても避けたいのです。
分かりにくい質問で申し訳ありませんがどなたかお力添えをお願いいたします。

Aベストアンサー

 #3の補足質問の件です。
 破産管財人は破産法189条を根拠として財産目録及び貸借対照表を作成することになっています。この前提として,破産宣告後速やかに管財人は破産者から収支明細,資産状況,財産状況等をヒアリングしたり,関係書類の提出(大部分は破産申立時点で提出している副本で足りる)を求めたりすることになっています。
 収支状況は,給与等の収入状況と生活費等の支出状況になりますから明確にするためには家計簿的(とりあえずはメモ的にものでもいいでしょう)な支出明細をもって説明した方が良いということになり,結果的に余剰がどこへ行ったのかも説明する必要が生じそうです。
 具体的には,現金で所持している,預貯金口座に入っている,他人に預けている(申立代理人弁護士がいる場合に見受けられることが多い)等です。
 以上のことは変な表現ですが,管財人のやる気によって結構差があったりしますが,理屈ではこのようになり,申立後給与として100万円入り,生活費等で40万円使ったとすれば,残60万円は申立人から管財人に引き渡すことになります。従前説明したとおり,引き渡すべき財産はあくまでも破産宣告前の破産財団を形成すべきものであることが原則ですが。なお,仮に破産予納金を50万円命ぜられ,余剰の60万円の中から支出すれば,管財人に引き渡すのは10万円ということになります。

 蛇足ですが,一般サラリーマンからかけ離れた収入や財産状態のようですので,民事再生等の検討も含め弁護士・司法書士等の専門家と相談し,申立代理人についてもらったり,裁判所との事前打ち合わせを行ってもらう(速やかに宣告等を受けるため)などした方が良い案件とも思われます。

 #3の補足質問の件です。
 破産管財人は破産法189条を根拠として財産目録及び貸借対照表を作成することになっています。この前提として,破産宣告後速やかに管財人は破産者から収支明細,資産状況,財産状況等をヒアリングしたり,関係書類の提出(大部分は破産申立時点で提出している副本で足りる)を求めたりすることになっています。
 収支状況は,給与等の収入状況と生活費等の支出状況になりますから明確にするためには家計簿的(とりあえずはメモ的にものでもいいでしょう)な支出明細をもって説...続きを読む

Q自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?

自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?
自己破産を弁護士にお願いしております。もう受任通知は、サラ金各社に届いたことと思います。
弁護士さんが言うには、受任通知を見て、訴訟を起こしてくる会社もあるので、そのときは訴状が自宅に届きますが、それはどうしようもないので、我慢して下さいとのことでした。
もしそうなってしまったら、仕方がないのですが、そのようなことはよくあるのでしょうか?
弁護士さんの口ぶりでは、あまりないように感じられたのですが・・・。
私の借入先に、あまり評判のよくないJトラストフィナンシャルサービスが2社(元プリーバ・元スタッフィ)ありますので、とても気になっております。
また、提訴されるとしたら、受任通知を見てからどれくらい後になってからなのでしょうか?
弁護士さんは、来年初めくらいに裁判所に申立をするようなことを言ってましたので、それまでまだだいぶ期間がありますので、心配しております。給与の差し押さえなどされたら、会社にはいられませんので。
お詳しい方、ご経験者の方、よろしかったらお教え下さい。
よろしくお願いいたします。

自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?
自己破産を弁護士にお願いしております。もう受任通知は、サラ金各社に届いたことと思います。
弁護士さんが言うには、受任通知を見て、訴訟を起こしてくる会社もあるので、そのときは訴状が自宅に届きますが、それはどうしようもないので、我慢して下さいとのことでした。
もしそうなってしまったら、仕方がないのですが、そのようなことはよくあるのでしょうか?
弁護士さんの口ぶりでは、あまりないように感じられたのですが・・・。
...続きを読む

Aベストアンサー

自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?
⇒基本無いはずです。闇金関係はしつこく連絡ありますが(これは電話等を変えること)
自己破産を弁護士にお願いしております。もう受任通知は、サラ金各社に届いたことと思います。
弁護士さんが言うには、受任通知を見て、訴訟を起こしてくる会社もあるので、そのときは訴状が自宅に届きますが、それはどうしようもないので、我慢して下さいとのことでした。
⇒通常無いと思います。私もギリギリ某社から訴状が届きましたが、、、。弁護士先生は何とかしてくれましたが・・・。一度詳しく無視していいものかどうか聞いてみるとよいと思います。

もしそうなってしまったら、仕方がないのですが、そのようなことはよくあるのでしょうか?
⇒基本無いと思います。弁護士次第です。
弁護士さんの口ぶりでは、あまりないように感じられたのですが・・・。
⇒細かく心配事を話しておく必要があります。
私の借入先に、あまり評判のよくないJトラストフィナンシャルサービスが2社(元プリーバ・元スタッフィ)ありますので、とても気になっております。
また、提訴されるとしたら、受任通知を見てからどれくらい後になってからなのでしょうか?
弁護士さんは、来年初めくらいに裁判所に申立をするようなことを言ってましたので、それまでまだだいぶ期間がありますので、心配しております。給与の差し押さえなどされたら、会社にはいられませんので。
⇒ま、私の場合会社の知るところで、会社の組合から弁護士相談に至りましたが・・・。
お詳しい方、ご経験者の方、よろしかったらお教え下さい。
よろしくお願いいたします。

まとめ
〇弁護士は法的公使を行う為、そのような提訴等は基本無いと思われます。その怪しい2社というのが全情報信用情報記録開示書に出てこないようなところですとありえると思いますが、弁護士はそんなやわな仕事ではないはずです。基本的に心配なことは弁護士に相談すべきです。ま、正直に心配なことをぶっちゃけてすっきりしないと人生のやり直しも出来ませんし。不安で仕事にならないと思います。私は債務整理で払い込み期間は過ぎ、妻は自己破産と行いましたが、自分を反省し見直すチャンスです。弁護士に細かく心配事をぶつけるべきです。弁護士もいろんな人がいますが、要点を絞って反省の誠意を持って話せば誠意を持って答えてくれると思います。国選弁護士、と民間弁護士ではちとお金のかかりかた対応が違うかもしれませんが。解決していくのはあなた自身です。

以上参考になったかわかりませんが。

 

自己破産を弁護士に依頼中に、債権者から提訴されることはよくありますか?
⇒基本無いはずです。闇金関係はしつこく連絡ありますが(これは電話等を変えること)
自己破産を弁護士にお願いしております。もう受任通知は、サラ金各社に届いたことと思います。
弁護士さんが言うには、受任通知を見て、訴訟を起こしてくる会社もあるので、そのときは訴状が自宅に届きますが、それはどうしようもないので、我慢して下さいとのことでした。
⇒通常無いと思います。私もギリギリ某社から訴状が届きましたが、、、。弁護...続きを読む

Q妻の自己破産は可能か?と、その影響は?

専業主婦の妻が7社合計300万以上の借金があり返済のめどが立たなくなったので自己破産を考えています。

そこで質問なんですが、妻には所有する財産は無いのですが、私名義で買った不動産、そのローンに影響はあるでしょうか?
また、これから私がクルマ購入等でローンを組む場合影響はあるでしょうか?

あと、私の収入は月40万程ですが、妻名義の借金とはいえ自己破産に影響はあるでしょうか?

妻の借金の理由は義母の生活苦による送金です。

Aベストアンサー

奥さんの自己破産については問題ないでしょう。

度々質問に出てくる、配偶者などの家族の自己破産が自分に与える影響についてなのですが、
確かに本人の同意が無い限り情報センター等での情報取得は禁じられています。
ですから旦那さんがローンを申し込んでも奥さんの情報をとることは出来ません。

しかし、その金融会社にもよるでしょうが配偶者の情報を調べるところもあると思います。
ましてや昨今金融業会の提携などが進んでおり、銀行の債権にサラ金系の保証会社が保証する、と言ったことも珍しくありません。
ですから銀行で融資を申し込んでも、サラ金系の保証会社でも審査をする可能性もあります。
自社のデータベースの中に奥さんの事故情報が見つかるかもしれませんし、情報センターに照会するかもしれません。
いろいろな会社を通すことでいろいろな審査がありますから、事故が見つかる可能性も高くなっていくと思います。

ですから、全く影響がないか、という質問は、わたしは「影響がある場合もある」と思います。

しかも、融資を断る理由は申込者に開示しなくてもいいのですから・・・

奥さんの自己破産については問題ないでしょう。

度々質問に出てくる、配偶者などの家族の自己破産が自分に与える影響についてなのですが、
確かに本人の同意が無い限り情報センター等での情報取得は禁じられています。
ですから旦那さんがローンを申し込んでも奥さんの情報をとることは出来ません。

しかし、その金融会社にもよるでしょうが配偶者の情報を調べるところもあると思います。
ましてや昨今金融業会の提携などが進んでおり、銀行の債権にサラ金系の保証会社が保証する、と言ったことも珍しく...続きを読む

Q実家に同居している場合の自己破産の実際

お世話になります。タイトルの通りなのですが、両親・兄弟と共に生活していてる22歳の青年がリストラその他で、自己破産を検討しております。

その場合、弁護士に依頼して家族に感知されること無く手続きはできるでしょうか。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4237603.html
の回答者によると、
>実家に破産管財人(裁判所の担当官)が数回訪問したり連絡を入れたり、両親などにも面会したりしますので、同居別居を問わず、両親や兄弟などにばれずに自己破産は全く不可能なことです。

とのことですが、個人の場合不動産などの財産がある場合にしか管財人は選任されず、裁判所の担当官ではなく、裁判所が選任する弁護士であると聞きました。

もし上記の回答が本当であれば、両親・兄弟に内緒でというのは不可能なのでしょうか。
勿論、郵便物に関しては本人以外は見たり開封する事もないことを前提とします。

どうか教えて下さい。宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

個人破産の90数%は同時廃止(いわゆる同廃)事件ですから、この場合は管財人が選任される余地はありません。

ご質問者さんの場合も特に配当される財産もなさそうなので、
同様に同廃となるでしょう。
また、いくつかの返答からしか伺い知ることができませんが破産理由と
しても相当なものだと思いますので免責も問題なく得られるでしょう。

で、
廻りに言いふらさなければ第三者が知る由はありません。

しかし『同居の親族』にはこのことを言わないと手続き自体が
進まなくなります。
なぜなら、依頼先から「家計表」の提出を言われませんでしたか??
ご両親やご兄弟の収入、支出を記載する必要があるからです。
もし、一人暮らしの場合はご自身についての収支が提示できれば
okですが、同居の場合はこのハードルを超えなければなりません。

従って、結論としてご質問者さんの知りたい事については、
破産手続きの準備段階(破産申立)につき『同居の家族』に伝え、
協力を得る必要があると言えますし、その方が手続き上スムーズに
進みますヨ。色々あるでしょうが・・・お話することをお勧めします。

個人破産の90数%は同時廃止(いわゆる同廃)事件ですから、この場合は管財人が選任される余地はありません。

ご質問者さんの場合も特に配当される財産もなさそうなので、
同様に同廃となるでしょう。
また、いくつかの返答からしか伺い知ることができませんが破産理由と
しても相当なものだと思いますので免責も問題なく得られるでしょう。

で、
廻りに言いふらさなければ第三者が知る由はありません。

しかし『同居の親族』にはこのことを言わないと手続き自体が
進まなくなります。
なぜなら...続きを読む

Q専業主婦、自己破産します。

初めまして。
自分では考える事しかできず、不安が後をたたないのでこちらで質問させていただくことに致しました。
どうか詳しいかたもしくは経験者の方、ご回答、アドバイス、叱咤激励頂けると嬉しいです。
長くなりますが、よろしくお願い致します。

まずは簡単に…
私は24歳、専業主婦、妊娠を期にパートをやめ早2年近くなります。収入0、貯蓄0。
主人は25歳、介護サービス業、前年度年収320万程、今年より店長(管理職)になり給料があがり、推定年収は390万程。キャッシング0、クレジット等洋服でたまに二回払いをする程度。貯金はたぶん10万もないくらい。
娘が1歳2か月。
住居は賃貸アパート。引っ越して7か月です。

ここから本題です。
私には結婚してすぐからの借金があります。
借金はすべて主人には内緒です。
最初は消費者金融で10万円。
パートをしながら返していましたが、妊娠を期にパートをやめたため、返済は主人の給料から少しずつ返済していましたが、出産準備品や通院代にお金がかかり、当時主人の手取りが18万円台でなかなか厳しく、借り入れを増額、また返済を繰り返してました。
最終的には50万円が限度と言われたため、生活が苦しいときにクレジットカードで食費、雑費、衣服(必要最低限)、子供のもの、壊れた家電等を買っていました。
しかし、私が無計画だったのとカードで払ってることで危機感がなかったのがいけなく、カードの支払いが厳しいときにリボ払いへ変更。
すぐに限度額(30万円)がいっぱいになり、また新たなカードを作り、買い物…限度額いっぱいに…を約二年繰返し、限度額いっぱいのカードが3枚、消費者金融を2社で60万円になっていました。
すべて私名義のキャッシング、カードです。
カードは生活費での消費ですが、元の消費者金融の返済が原因なので、主人はカードのことも知りません。給料内でうまくやってると信じてくれています。本当に心苦しいですが、借金など絶対に許さない!!と結婚前からいってる人なので離婚や子供のことを考えると怖くて言えずにここまで来てしまいました。

もちろん私が働く事が一番なので主人に働きたいむねを伝えても、まだ子供といてほしい。の一点張り。しかしそうもいってられない私は仕事、保育園を去年秋頃から探し応募していました。
しかし現実は仕事は見つかるが保育園が入れない…いくつキャンセルまちしても定員オーバーでダメでした。
さらに最近、年明けから給料が27万ほどになり主人が安くてもいいからマンションがほしいと言い出し(頭金等は義父が200万出すそうです)、モデルルーム巡りを始めました。さらに、年明け冠婚葬祭が4件あり、貯金もなくキャッシング、カードの支払いでプラマイゼロくらいだったので礼服、ご祝儀等を用意するためにまた新たなカードを一枚、借り入れを一件
して用立てました。借り入れはつい最近です(2013年4月半ば)。まだその二つは一度も返済出来ていません。
計170万円程の借金に加え、夫のマンション購入の話が現実味を帯びて来たことで焦った私はネットで調べて、つい一週間前に法テラスへ相談に行きました。
法テラスでは弁護士さんと無料相談をしていただき、夫に内緒での債務整理、もしくは解決法がないかと尋ねたところ、任意整理でも少ししか圧縮できない、資産もなく無職だし自己破産を提案されました。正直戸惑いましたが、子供を連れての相談を何回も繰り返すことや、これからの子供のこと、家族の将来のことを考え、その場で自己破産で進めていくことにしていただきました。
現在法テラスでの費用立て替え制度が受けられるかの書類を送り、審査まちです。
審査が通れば弁護士さんとの契約になるそうです。

長くなりましたが、質問です。
(1)この状況での免責が降りる可能性はどれくらいでしょうか?

(2)一度も返済していないカード一社、キャッシングについて、自己破産するので返済はしなくていいと弁護士さんから言われたのですが、本当に大丈夫なのか不安です。すでにキャッシングは期日が来てしまったのですが、まだ督促などはありません。しかし、詐欺破産や訴訟などにならないか心配で仕方ありません。

(3)仮に免責が決定した場合、私は金融事故(ブラック)となるのは覚悟の上なのですが、主人の単独名義の住宅ローン審査に支障は出ますでしょうか?ちなみに購入予定額は2700万ほど。現在仮審査中。入居は来年3月予定らしいです。

拙い文章で長くなってしまい申し訳ありません。
現在弁護士さんがGWで連絡がつかなく、不安で質問させていただきました。
子供のためにも自分で巻いた種を片付け、新たに一からやり直したいと強く思っています!
子供のことを考え、今までのことを悔い改めるためにも決意しました。
ご回答よろしくお願い致します(>_<)!

初めまして。
自分では考える事しかできず、不安が後をたたないのでこちらで質問させていただくことに致しました。
どうか詳しいかたもしくは経験者の方、ご回答、アドバイス、叱咤激励頂けると嬉しいです。
長くなりますが、よろしくお願い致します。

まずは簡単に…
私は24歳、専業主婦、妊娠を期にパートをやめ早2年近くなります。収入0、貯蓄0。
主人は25歳、介護サービス業、前年度年収320万程、今年より店長(管理職)になり給料があがり、推定年収は390万程。キャッシング0、クレジット等洋服でたまに...続きを読む

Aベストアンサー

(1)この状況での免責が降りる可能性はどれくらいでしょうか?

→普通におりると思います。

(2)一度も返済していないカード一社、キャッシングについて、自己破産するので返済はしなくていいと弁護士さんから言われたのですが、本当に大丈夫なのか

→大丈夫です。

(3)仮に免責が決定した場合、私は金融事故(ブラック)となるのは覚悟の上なのですが、主人の単独名義の住宅ローン審査に支障は出ますでしょうか?ちなみに購入予定額は2700万ほど。現在仮審査中。入居は来年3月予定らしいです。

→保証人として奥さんが入らなければ問題ありません。
→保証人が必要な場合は、保証人の自己破産の情報も調べられるのでバレてしまいます。また審査は通りません。

そもそも、手取り18万円で購入予定額は2700万の住宅ローンの審査は通らないはずです。
2000万円ぐらいの物件価格が適正なはずです。


ただし、弁護士さんと相談の上、自己破産の道筋とデメリットが理解できたら、上手に旦那さんに伝えた方が良いのではないでしょうか。なかなか、ずーっと騙していくことの精神的ストレスなども、お子さんに悪影響があるような気がしてしまいます。

(1)この状況での免責が降りる可能性はどれくらいでしょうか?

→普通におりると思います。

(2)一度も返済していないカード一社、キャッシングについて、自己破産するので返済はしなくていいと弁護士さんから言われたのですが、本当に大丈夫なのか

→大丈夫です。

(3)仮に免責が決定した場合、私は金融事故(ブラック)となるのは覚悟の上なのですが、主人の単独名義の住宅ローン審査に支障は出ますでしょうか?ちなみに購入予定額は2700万ほど。現在仮審査中。入居は来年3月予定らしいです。

→保証人と...続きを読む

Q自己破産免責決定後7年が、過ぎたので2回目の破産したいのですが

一度自己破産を申請して、免責が決定しました。10年以上経過した現在、別の理由で、再度自己破産を申請したいのですが、出来ますか?別の理由だと免責は下りますか?免責が下りなかったらどうなりますか?友人からの質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前回の免責許可決定確定から7年経過していれば免責不許可事由にはなりません(平成17年施行の新破産法252条1項10号イでの変更点)。そのため、理論的に言えばサイドの破産手続きで免責がでる余地はあります(この改正により、7年以内の裁判所裁量での免責が逆におりにくくなったともいわれますが…)。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H16/H16HO075.html#1000000000000000000000000000000000000000000000025200000000000000000000000000000

ただ、「別の理由」というのがよくわからないのですが…何が実際にあってどういう理由で破産(免責)を申立てようというのですか?前回が生活費不足で、今回が突然の保証債務の履行によるもの、等、まったく違う理由ならば、同じよりはやりやすいことがあります。しかし、その陰に、家計管理不良、過剰なブランド物買い漁り、ギャンブル、風俗通い等があり、事実を隠しているといえるようなら裁判所の心証は悪いですよ。10号には引っかからなくともそれ以外の免責不許可事由に該当すれば結局免責はおりません。
この場合、他の回答者ご指摘のように、破産はできても免責はでないため、返済の義務は残り、しかも期限の利益が失われるため、現状の債務元金+延利全額一括での返済を請求されることになります。

それと、わからない点が多すぎるのでこういう質問をあげられる時には可能な限り明確に状況を明らかにされることをお勧めします。
前述のようなギャンブル等はあるのでしょうか?今回免責されたい債務を負ったのはどこからで(銀行等か、クレサラか、その他か)、いつ負ったのですか?生活費不足なので…ということだったのであれば、今回破産を回避するために、これまで仕事をしていなければ仕事に就いたりとか、生活保護を受けたりとか、相応の努力はされたのでしょうか?
理由如何によっては、任意での債務整理や民事再生、特定調停等のほうが望ましい解決になることも考えられます。また、どういう理由であれ、多重債務の根本的原因が解決しない限り、7年ごとに破産申立(あくまで破産申立だけであって、いつも免責がおりるとは限らないことにご注意を)することになるかと思われますが、この点ご友人の認識はいかがでしょうか?

いずれにせよ、実際に整理を望まれるなら弁護士に相談されることをお勧めします。

前回の免責許可決定確定から7年経過していれば免責不許可事由にはなりません(平成17年施行の新破産法252条1項10号イでの変更点)。そのため、理論的に言えばサイドの破産手続きで免責がでる余地はあります(この改正により、7年以内の裁判所裁量での免責が逆におりにくくなったともいわれますが…)。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H16/H16HO075.html#1000000000000000000000000000000000000000000000025200000000000000000000000000000

ただ、「別の理由」というのがよくわからないのですが…何が実際にあって...続きを読む

Q自己破産者の賃貸契約について

現在25歳 女性

3年程前に家の事情で自己破産をし、免責を取りました。
生活も落ち着き、6月から正社員として就職することができ現在住んでいる実家をでて一人暮らしを始めようと考えています。
両親が高齢の為、兄が連帯保証人になるのですが・・・
初めて部屋を探すので、賃貸契約の審査が通るかどうかが心配です。

去年は派遣社員として働いていて、収入の証明もできます。
今年の給与明細も手元にあり、(手取りで17~18万程度ですが)正社員で就職できたのでボーナスも出ます。

保証会社の審査があるところは避け、クレジットカードを作らなければならないところも避けて探しています。

その他、注意すべき点があればアドバイスをお願いします。

できることなら不動産会社にその事実を伝えずに契約したいと考えています。

Aベストアンサー

結論から申しますと、問題なく借りられる物件も多数御座います。
マンション(家主)によっては、家賃をカード支払で指定してくる物件もあるので、そういった所は避けた方が無難でしょう。
賃貸保証についても、そんなに問題は無いです。
極端な話、カードのブラックリストに入っている方でも審査が通る賃貸保証会社も多数御座います。
不動産屋によってはカード支払の物件を出してくることももちろんあるでしょうが、借金を肩代わりした…などと適当な理由でカードはダメと、あらかじめ言っておいても問題はないでしょう。
仲介業者はあくまで契約を取るのが仕事ですので、門前払いされるということはまず無いですしね。
破産はそれほど重要視する部分ではないので、ひとまずは御安心下さい♪

Q自己破産の申請をしていてそれ以外で調べられる事

離婚して子供を抱えて、自己破産の手続きをしております。 名義は私ですが、当時婚姻してました夫に名義貸ししてました。
名義が私ですので 離婚して預貯金もなく、生保で生計をたてている私は支払う事が出来ません。
法テラスを使用しまして弁護士に依頼中なのですが
今回の自己破産以外の事を根掘り葉掘り裁判所が聞いてくるようです。
今回の自己破産(5年前からの借り入れ) 聞いてくる質問は10年くらいまえに遡って聞いてこられます。
弁護士の事務官と破産手続きの準備をしておりますが、今回のような破産の件と全く関係ない事を聞いてくるようなケースは今までなく 正直戸惑ってるとの率直な答えを事務官から受けました。

破産物件と関係ない事を聞いてくるのは 結局どういう事なのでしょうか?

わかる方がいらっしゃれば教えて下さい。

私は元主人のDVに長年に渡りさらされ続けて精神障害者3級です。
陳述書を作成したにあたって 精神的に疲れてしまい、少し休もうと思っていた矢先に 意義ありとばかり、100近くの新たな質問文(3分の2以上今回の破産と関係がない質問でした。)
例えば、
病気の発症の詳細 元主人の性格やギャンブル(株や為替を含む)家の購入の経緯
以前の職場での勤務成績(元主人の方)
子供達の学校の事やら結婚した経緯までもきかれました。
上記全て私の自己破産と関係ない事です。
他にも質問ありますが、膨大な為省略します。
これは何か問題があり聞いてくるのでしょうか?
弁護士事務官のいうことには 最初に提出した書類類は完璧で 矢継ぎ早に膨大な質問がここまで返ってきたのは初めての体験のような事を言ってました。
心配で眠れません。
宜しくお願い致します。

離婚して子供を抱えて、自己破産の手続きをしております。 名義は私ですが、当時婚姻してました夫に名義貸ししてました。
名義が私ですので 離婚して預貯金もなく、生保で生計をたてている私は支払う事が出来ません。
法テラスを使用しまして弁護士に依頼中なのですが
今回の自己破産以外の事を根掘り葉掘り裁判所が聞いてくるようです。
今回の自己破産(5年前からの借り入れ) 聞いてくる質問は10年くらいまえに遡って聞いてこられます。
弁護士の事務官と破産手続きの準備をしておりますが、今回の...続きを読む

Aベストアンサー

 No.1です。

>誠意を持ってわかる範囲にて応えていくようにしたいと思います。…が反面、自己破産が通らないかと思うと 不安です。
精神的にズタズタの状況(離婚等他)に塩を塗られてる心地です。

 裁判所は意地悪で質問しているわけではありません。むしろ、破産免責を認めるために必要な事項を確認していると見るべきです。裁判所が本当に破産免責を認めたくないならば、破産の経緯が不明であるとして結論を出せばいいからです。

 私は、破産の手続きが大変であることは、破産する人にとってマイナスではないと思います。というのも、現実には、一度破産した人が、その後また安易にお金を借りて払えなくなるケースは少なからずあるからです(質問者さんのことではありません)。
 このような人を見ると、安易に破産を認めることが、果たして本人のためになるのは難しい問題です。破産手続きのとき、難儀な思いをすれば、再度安易に借金することは少なくなるのではないでしょうか。

 ともかく、たいへんでしょうが、裁判所の質問にしっかり回答してください。質問者さんが誠実に回答すれば、裁判所はきっとよい答えを出してくれるはずです。

 

 No.1です。

>誠意を持ってわかる範囲にて応えていくようにしたいと思います。…が反面、自己破産が通らないかと思うと 不安です。
精神的にズタズタの状況(離婚等他)に塩を塗られてる心地です。

 裁判所は意地悪で質問しているわけではありません。むしろ、破産免責を認めるために必要な事項を確認していると見るべきです。裁判所が本当に破産免責を認めたくないならば、破産の経緯が不明であるとして結論を出せばいいからです。

 私は、破産の手続きが大変であることは、破産する人にとってマイナスでは...続きを読む

Q自己破産手続きを中止したら・・・

初めまして。
私は現在27歳で独身のフリーターです。

実は、20歳の頃より消費者金融からの借入が他社あり、
去年の9月に司法書士事務所へ相談に行きました。

(借入状況)
消費者金融A 借入額 100万 残額 ほぼ全額 契約年数 7年
消費者金融B 借入額 50万  残額 ほぼ全額 契約年数 6年
消費者金融C 借入額 50万  残額 ほぼ全額 契約年数 5年
消費者金融D 借入額 50万  残額 19万円 契約年数 6年
消費者金融E 借入額 50万  残額 ほぼ全額 契約年数 4年
消費者金融F 借入額 50万  残額 なし   契約年数 6年


相談に行った時点で仕事をしていなかったので、
債務整理よりも自己破産のほうが良いと薦められ、
手付金5万円を払い、手続きを開始していました。

しかし、2ヵ月後位に、副業での収入(個人)があったため、
破産管財人を付けないといけないからお金がかかるといわれ、
そのお金を用意できないがために保留したままの状況に
なってしまいました。

今年に入ってからは司法書士事務所にもいっておらず、
先月、司法書士事務所から連絡があり、このままだと
辞退する可能性があるとの通知がきました。


現在のところ取立ての連絡はないのですが、
月に10万弱の副収入があるために破産管財人をつけて
何十万ものお金を払って破産するのもちょっと考えた方が
良いのではないかと思っています。


そこでお尋ねしたいのですが、

●そのまま放置した場合、手続きはどうなるのでしょうか?

●そのまま放置した場合、消費者金融への未払い利息はどうなるのでしょうか?


相談相手がなかなかおらず、ずっと悩んでいます。
どなたかお答えいただければ嬉しいです。
どうかよろしくお願いいたします。

初めまして。
私は現在27歳で独身のフリーターです。

実は、20歳の頃より消費者金融からの借入が他社あり、
去年の9月に司法書士事務所へ相談に行きました。

(借入状況)
消費者金融A 借入額 100万 残額 ほぼ全額 契約年数 7年
消費者金融B 借入額 50万  残額 ほぼ全額 契約年数 6年
消費者金融C 借入額 50万  残額 ほぼ全額 契約年数 5年
消費者金融D 借入額 50万  残額 19万円 契約年数 6年
消費者金融E 借入額 50万  残額 ほぼ全額...続きを読む

Aベストアンサー

これまでの貸借の仕方によって、残債務額や過払い金額は大きく違ってくるかとは思いますが、他の方も書かれているようにまずは取引履歴の全開示を求めるべきだと思います。
個人で請求をしてすんなり全開示をしてもらえるものなのかは分かりませんが、弁護士に依頼すれば大手の消費者金融からはまず問題なく取り寄せられます(現在、弁護士事務をしています)。
その上で利息の引き直しを行ってください。消費者金融Fは、残債務なしということですから、ここは確実に過払い金が発生しているはずです。

それから破産に関してですが、『管財事件になるから・・・』という話が出ているということは、まだ申立はなされていないのではないかと思います。それでしたら、手続は準備段階ですのでその司法書士さんへの依頼を取り下げるということになります。
(それまでの報酬等々についてまでは分かりません)
今現在取り立ての連絡が入っていないのは、司法書士さんが受任をしているという旨を各債権者に通知しているからです。(そうすると、本人に直接取り立て等をすることは禁止されますので)
依頼を取り下げるにしろ、受任を辞退されるにしろ、各債権者にそれが伝えられればまた取り立ての連絡が入ってくることになると思います。

もし、弁護士さんに改めて任意整理の依頼をするのでしたら、早めに相談に行くことをお勧めします。借入の年数もそれぞれ結構あるようですし、おそらくは任意整理で清算できるのではないかと思います。

余談ですが、破産の際にある程度の財産があったとしても破産管財人を選任するほどの額でもない場合は、裁判所と相談して任意配当という配当を行ってから、通常の破産をするという形をとったりしてますよ。
破産手続に慣れた弁護士さんなら、その辺も教えてくれると思います。

これまでの貸借の仕方によって、残債務額や過払い金額は大きく違ってくるかとは思いますが、他の方も書かれているようにまずは取引履歴の全開示を求めるべきだと思います。
個人で請求をしてすんなり全開示をしてもらえるものなのかは分かりませんが、弁護士に依頼すれば大手の消費者金融からはまず問題なく取り寄せられます(現在、弁護士事務をしています)。
その上で利息の引き直しを行ってください。消費者金融Fは、残債務なしということですから、ここは確実に過払い金が発生しているはずです。

それ...続きを読む


人気Q&Aランキング