新生活を充実させるための「こだわり」を取材!!

いったい、これのなにが捏造に当たるのだろうか?

そういう強い憤りを覚えてしまう現実を目の当たりにするのがドキュメンタリー映画「標的」だ。

本作は、捏造記者といういわれなきレッテルを貼られてしまったひとりの元新聞記者を追っている。

彼の名は、植村隆。

朝日新聞大阪社会部記者だった植村は、1991年8月に元慰安婦だった韓国人女性の証言を伝える記事を書く。

その中で、女性が女子挺身隊の名で戦場に連行され、日本軍人相手に性行為を強いられた証言を報じる。

この韓国人女性が名乗りでたことをきっかけに、他のメディアも植村の記事を追随するように、同じような記事が掲載された。

 れから時を経た、安倍晋三衆院議員が政権に復帰した後となる2014年。

いわゆる朝日バッシングの過程で、植村を捏造記者とする執拗な攻撃が始まる。

 の影響で、彼自身どころか家族までも卑劣な脅迫に晒される。

なぜ、ほかにも同じような慰安婦についての記事は発表されたのに、植村だけが狙い撃ちのように標的にされたのか?

本作は、植村の現在に至る過程を追う。手掛けた西嶋真司監督に訊く。

最初は植村バッシングに関して冊子に残されている内容を、映像として記録して残していければ、前回は、局を辞めて本格的に本作の取材を始めた経緯、植村に実際に会っての印象などを訊いた。

今回の取材の経緯の話から。植村氏にカメラを向ける中で、ひとつの指針があったという。

当時、植村さんについての冊子が出ていたんです。

植村さんに対しての捏造バッシングに関する冊子があって、いろいろな関係者の言葉が収められていた。みなさん、それぞれになぜこんな理不尽なことが起きているのか、このバッシングの異様さについて書かれている。

この冊子を読みながら、この冊子は活字として残しているわけですけど、映像としても残したほうがいいんじゃないかと思ったんです。

なので、最初は植村バッシングに関しての冊子に残されている内容を、映像として記録して残していければという地点からスタートしました。

いずれにしても、ひとりのジャーナリストが、いわれなき捏造のレッテルを貼られて権力者および権力者に近い立場の人間から攻撃されるっていうのは、日本全体の問題だと思うんです。

これが許されると、権力側の思うがままで、ジャーナリストに限らず、それこそごく一般の市民も同じような目に遭う可能性も出てきて不思議ではない。

慰安婦の問題というより、権力とメディア、そして人権にかかわる問題としてきちんと記録を残していきたいと思いました

映画・標的の西嶋真司監督僕は裁判で植村さんが負けることはないだろうと思っていた 。

ところがこうして取材が始まり、裁判の過程を追う一方で、北海道新聞の記者や、植村氏を支援する人々などを取材していくことになる。

最初は裁判が終わるまでずっと追うことはあまり考えてはいなかったんです。

なぜなら、最初の段階では、僕は裁判で植村さんが負けることはないだろうと思っていたから。

というのも、植村隆という元記者がひどいバッシングに遭っている。しかも、捏造にまったくあたらない記事を捏造とされて反日といったバッシングに晒されている。

そのバッシングであり捏造と言い出したのは、当時の安倍政権にひじょうに近い右派の論壇家からはじまり、そこに安倍政権支持者が加わっていった。

詳細は本作をみてもらいたいのですが、植村さんの記事を捏造とするのはどう考えても無理で。植村さん本人に取材もせず、植村さんの書いた記事をろくに検証もしないで、いきなりなんの根拠もなく彼を捏造記者と呼ばわりしている。

これを認めると、日本のメディアというか、ジャーナリストは、権力者にとって都合の悪い記事を書くと、みんな捏造とされて、ペンを折られることになってしまいかねない。

捏造しているのは、むしろ植村さんを捏造記者呼ばわりした側なわけで、いくらなんでもこれは名誉毀損で植村さんが勝つだろうと思っていたんです。

だから、『かしいことをおかしいといって権力側と対峙した植村さんと、彼を支援する人々を追って、この構図をおみせするだけでおそらくひとつの作品ができると当初は思っていたんです。

ところがふたを開けてみると、一審の裁判で敗訴してしまう。

この司法判断には愕然としたし、正直なことを言うと、司法までもおかしなことになっていないか?と憤りを覚えました。

この瞬間、思いました。これは現在の司法もどういうことになっているのか、つまびらかにしないとダメだなと。

簡単に言ってしまえば、捏造をしていない人間に、捏造だといった人間に対して罪はないと司法は当初判断した。

それで、結局、最高裁判決が出た2021年の3月まで、あしかけ5年ぐらい、裁判の結論が出るまで追い続けることになりました。

この一連の取材を経て思ったのは、これは政治も司法も含めて権力をもつ側、国家に都合のいいように社会全体が動いている印象を受けざるをえなかった。

国家や権力の前では、個人の人権やひとつの事実がいとも簡単に踏みにじられ、ないがしろにされると感じざるをえなかったです。

という情報・主張をどう思いまsすか。


極悪犯罪反日売国テロカルト小泉・安倍・菅・岸田自公政権等に目の敵にされて、10回もの不当告訴・不当逮捕・6回もの不当起訴・4回もの意図的な冤罪投獄等々、犠牲に成りまくってきた人類国民の味方である一般市民は、私ロンリーフリーマン・高田康博であると確信していますがね。

初めにロンリーフリーマンを付けて、1回目の不当逮捕~10回目の不当逮捕で検索してちょ。

ロンリーフリーマンNOTEとアルシオンプレヤデスでもね。

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

安倍総理が「捏造」と言えば


公文書の改竄も隠蔽も廃棄もします

菅官房長官が怪文書のようなものと言った
加計学園の獣医学部新設について「安倍首相のご意向」についても
前川喜平元事務次官が「あるものを無いとは言えない」と言った
しかし、無いものとなった

民主党政権を悪夢などという人がいるが
民主党政権時の「報道の自由度ランキング」は10位前後で
安倍政権から一気に下がり現在の岸田政権でも70位で
G7では最下位です

日本人の政治や倫理に対する価値観でしょう
民主主義の政治とは国民に開かれた政治です

政府の勤労統計や大手企業のデータの改竄が日常的に行われる日本では
中国やロシアを批判できない
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング