受信機の性能に「中間周波妨害比」「影像妨害比」「スプリアス妨害比」などがあり、それぞれ??dB 以上とありますが、この“妨害比??dB”とはどういう定義で導かれる数値でしょうか?
中間周波妨害、影像妨害、スプリアス妨害という意味は一応わかっているつもりです。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

定義は別として私の理解です。

影像妨害比を例に取ります。
目的周波数を受信するように最高状態に調整された受信機にイメージ周波数(影像周波数)に相当する周波数の信号と目的周波数の信号を交互に入れます。

同じ出力が得られるようにそれぞれの入力を調整したとき目的周波数よりも影像周波数の方がはるかに大きい入力を必要とします。
この二つの信号強度の比が影像妨害比(影像抑圧比)だと思います。この数値が大きいほど選択度のいい受信機ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お礼が遅れまして申し訳ありませんでした。何となくイメージできるのですが、性能上何dB以上というのが、希望波の受信に影響を与えない妨害波の限界がどこまでなのかイマイチピンときません。
引き続きこういった無線機・受信機の性能評価や、妨害波などの電波干渉の解説が充実している本や、サイトなどの情報がありましたら書き込みお待ちしています。

お礼日時:2001/09/21 22:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスプリアス測定

スプリアスが-120dBc以下であることを評価したいのですが、スペアナの測定限界を超えているため、他の方法で評価できないか検討しています。良い方法ありましたら教えて頂けますでしょうか。

Aベストアンサー

 スペアナのダイナミックレンジの問題であれば、帯域阻止フィルタ等を用い、ディザイア波を圧縮して、スプリアス波を測定すればよいでしょう。

Q減速比とギア比について

現在、ギアボックスの設計で悩んでいます。
入力側にピッチ円直径xのギア
出力側にピッチ円直径yのギア
があった場合、減速比はx:yで合ってますでしょうか?

モジュールは1です。

Aベストアンサー

> ギアの歯数が・・・、ギヤの直径が入力側に比べて大きいという捉え方でよろしいでしょうか?

そういうことですね。滑車などで重いものを巻き上げる時には実際ロープを
巻く部分と手で巻き上げるハンドルとではハンドルの外径が大きいですよね。

> 入力側2:出力側1としたら入力側のピッチ円直径が30cmの場合は出力側のピッチ円直径は60cmという事になるんでしょうか?

減速比率で駆動力が伝わるって事ですが入力側より出力側が遅いって事でしょう
例えば入力側が10枚で出力側が30枚なら1:3で駆動力は3倍になる。
しかし回転数は3:1になる。
又ギアはピッチが同一でなければかみ合わないので歯数が異なれば
当然ピッチ円径も異なってくる。

Q曲げ材の幅厚比・径厚比

曲げ材の幅厚比・径厚比が大きいほど、局部座屈を起こしやすいとあるのですが、どうして、厚みがあるほど、座屈しやすいのでしょうか? 逆だと理解できるのですが、どなたかご教授おねがいします。

Aベストアンサー

幅をB 厚さをt とするなら幅厚比はB/t

厚みが少なくなるほど径厚比が大きくなる。

Q混合気体について、 分圧比=分体積比 で良いのですか?

混合気体について、
分圧比=分体積比
で良いのですか?

Aベストアンサー

同温同圧下の条件では。
分圧比=モル比=体積比 の関係が成り立ちます。
条件に注意して下さいね。

Qこの問題、分流比と分圧比を使って 解いてください! 途中式もお願いします!

この問題、分流比と分圧比を使って
解いてください!
途中式もお願いします!

Aベストアンサー

とりあえず、並列抵抗の合成抵抗を求めます。
合成抵抗R2=400×200/(400+200)=400×200/(600)=400/3Ωとなります。
R1=200Ωとして、直列抵抗のそれぞれにかかる電圧を分圧の法則より求めます。
R1にかかる電圧V1=1000×200/(200+(400/3))=1000×200/(1000/3)=600V
R2にかかる電圧V2=1000×(400/3)/(1000/3)=400V
I1は、合成抵抗R=R1+R2=200+400/3=1000/3Ωより、I1=1000/(1000/3)=3A
I2は、電圧V2=400Vより、I2=400/200=2Aとなります。
I2は別解として、分流の法則と合成電流=3Aより、I2=3×400/(400+200)=3×2/3=2Aです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報