AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

先日、義姉から「かねこしょーをプレゼントする」と言われました。
“かねこしょー”は“ゆず胡椒”かなにかその辺りの類かと思い、でも高価なものじゃないし何故わざわざプレゼントなのかなと不思議に感じていたら、なんと例の宗教団体の妻の本で“香峯子抄”と言う本でした。そんなもの貰っても困るのですが・・・。主人がその宗教団体に入っている家の息子とは知っていましたが、活動には参加していないようです。
これは、私も興味を持てという意味でわざわざ渡されたのでしょうか?
近々出産予定です。孫も生まれるから、もうあなたも入りなさいよ、と言いたいのでしょうか?
絶対絶対絶対嫌なんですけど!
同じく宗教関係で悩まれている方、どう判断されますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

また長文になるかも知れません。

ごめんなさい。

> musaffahさんの性別が男性であるのか女性であるのかどちらにも受け止められる文面でのご回答ですが、もし男性ならばこの補足はあまり聞きたくないよとおもわれるかもしれません。
その「もし」ですが、そんなことはぜんぜんありませんよ。ringoo_2005さんも色々経験をされたんですね。

文面より結構悩まれていると判断しましたので、あまり積極的ではない「内輪の1人」という立場で、補足内容についてできる限りお力になりたいと思います。

> 両親の反対理由は、○○○君はとてもいい奴だとはわかっているが、相手側の宗教を考えると、今後大変なのは目に見えているからというものでした。
世間一般では「宗教=おすがり集団」と思われがちです。確かに「内輪」の中にもそのような考えで活動している方もいるかもしれません。いや、いるでしょう。
しかし宗教(信仰)とは、人間としての行き方を教えるものであり、希望や理想を実現する源泉であり、幸福な人生を送るための実践法だと私は思っています。簡単に言えば「強い生命力」「豊かな知恵」「美しい人間性」を引き出すための「生命のトレーニング」と思っていただければ分かりやすいと思います。
ですので、「○○○君はとてもいい奴だとはわかっているが~」ではなく「○○○君はあの宗教に入っているから、このような性格(価値観)なんだ」と考えるのが本当だと思います。

> 義母・義父はこぞって○○ちゃんが祈らないから前回は駄目になった。しんじんこんぽんで祈りきらないと駄目だ というような不可思議な事を説きつけるのです。
ringoo_2005さんの義理のご両親を悪く言うつもりはないので、誤解のないようにお願いします。
このような俗に言う「罰論」で話をすることは間違いだと思います。私であれば、この件については「罰」ではなく「難(簡単にいうとハードルですね)」と捉え、「何か理由があるのよ。とにかく負けちゃ(くじけちゃ)だめよ!!」と言うべきだと思います。確かに昔(戦前くらいだった・・・かな?)はこのような「罰論」を前面に出してた(それで説明した方が皆さん分かりやすかった)みたいですが、今現在池田氏はそのようなことは指導していません。その時代にあった方法でないと広がるものも広がりません。
とにかくこのような「宗教を強制するような言動」を受けた場合は、上で書いたようなことを盾にして断固戦ってください。まず負けることはありませんよ。

> そのお姉さんにあんな本を渡されて、正直嫌悪感を持ってしまいました。
「本を渡された」という事実だけで判断しないほうがいいと思いますよ。「事実」と「真実」は必ず同じとは限りません。前にも書きましたが、「何故義姉さんがこの本をプレゼントしたのか?(真実)」が重要ではないでしょうか?確かに義姉さんも色々言われてつらい立場にあるのかもしれません。でも文面から義姉さんはringoo_2005さんの気持ちを理解しているのでは?と思いますので、本を読んで感動したからプレゼントしようと思ったのではないのでしょうか?そう思いますよ。

> どうでも良さそうな人はどうしてあんな会にわざわざ参加されているのでしょうか。そうまでして結束させる何かが創○○会にはあるのでしょうか?
恐らく猛烈な誘いを断れなくて参加したのでしょう。結構多いんですよ。何人出席できたか?を競うように誘う人が。そんなんだからその人が「ブルーな状態」になって、例えいい話だとしてもあまり興味を示さなくなってしまうのだと思います。
ここで一応「内輪」なのでそれなりのことを言いますが、自分が「これはいいぞ!!」と思うことがあったら皆に「これいいよ!」って教えたり「一緒にやってみない?」と誘ったりするでしょう?自己主張が強い人ほどそれが顕著に出てくると思います。それとあまり変わりません。そのような人がたくさん集まっていると思っていただけると分かりやすいと思います。(そのような人ほど目立ちますからね。)でも度が過ぎるのもねぇ~という気がします。

> あと、私はそれでいいのですが生まれてくる子供はどうなるのでしょう?お宮参りとか七五三とかもどうなりますか?
生まれてくるお子様については、入会させるかどうか含め、ご主人とよく相談されて決められたほうがいいと思います。
入会していないお子さんでも「会館」でお宮参りはできます。(「お宮」って言うのも変な気がするんですが・・・。)七五三もあります。行き先が神社ではなく「会館」になるだけで、千歳飴も配られます。いずれも、入会してる/していない関係なく、申し込みさえすればできるはずですよ。(多分周りにぶつぶつ言う人は多いと思いますが・・・無視してていいと思います。)

また長々と書いてしまいました。ごめんなさい。
参考になりました??
    • good
    • 0

専門家というより・・・・ぶっちゃけ「その宗教団体」の1人です。



そんな私が言うのもなんですが、確かに「かねこしょー」は比較的宗教色のある書籍です。宗教に対して否定的意見をもつ方にはちょっと・・・という内容だと思います。
私だったらある程度宗教(宗派は特定しません)に関して多少なりとも興味を持っている(あるいは宗教に対して”正しい認識”を持っている)人にしか「読んでみて!」とは言いません。そのような内容の書籍だと「私は」思っております。(人によっては違う答えがでるかも・・・。)
個人的にはこれから母になる人にとっては、一読の価値ありかな?とは思いますけど(夫が会長就任した日に、赤飯も炊かず「今日は主人のお葬式の日です」と断言した人ですから・・・何故そう思ったのか・・・?)、でも相手に気を使ってまで読む必要はないでしょう。

> これは、私も興味を持てという意味でわざわざ渡されたのでしょうか?
近々出産予定です。孫も生まれるから、もうあなたも入りなさいよ、と言いたいのでしょうか?
単刀直入に言うと、その第一歩と思われても仕方がないと思います。でも「これから母となるのであれば是非読んでほしい」「そして興味を持ってくれるともっとうれしい」が義姉さんの本音ではないのでしょうか?
少なくとも「あなたも入りなさい」とは思っていないはずです。もしそのように思っていたら、それは強制になってしまい「宗教の自由」を奪う行動になってしまいますので、断固戦ってください(そのときは何人かで束になってかかってきても負けずに頑張ってください。応援します!!)。

> 絶対絶対絶対嫌なんですけど!
そこまで思っているのであれば、せめて義姉さんが「何故この本をプレゼントしたのか?」という理由(思い)だけでも理解した上で「私は『例の宗教団体』に入ることは絶対しませんからぁ~!残念!!」と断言して返本することをお勧めします。その方が変な期待とか持たせなくなり、お互いギクシャクしないですっきりすると思います。(こんなこと言う自分も変かなぁ~・・・)

義姉さんなので少々言い難いのかもしれませんが、とにかく「本音トーク」を私はお勧めします。


間違った認識をされるのが嫌いな性分なので、内輪とは思えない意見をつらつら述べてしまいましたが、参考になりましたか?

この回答への補足

内輪の立場にある方でも、相手の意思を尊重するべきとお考えになる方もいらっしゃるのですね。とても心強いお言葉を頂いて嬉しいです。

musaffahさんの性別が男性であるのか女性であるのかどちらにも受け止められる文面でのご回答ですが、もし男性ならばこの補足はあまり聞きたくないよとおもわれるかもしれません。

実は、主人とは世間で言う出来ちゃった婚でして、式もこじんまりと身内だけで急遽挙げて入籍したのです。そのまま安定して時間が過ぎ赤ちゃんが誕生してくれたら良かったのですが、流産してしまい...。

私たちの結婚には、私の両親のほうが反対を唱えていて、それを押し切る形で結婚しちゃったのです。

両親の反対理由は、○○○君はとてもいい奴だとはわかっているが、相手側の宗教を考えると、今後大変なのは目に見えているからというものでした。そんな親の思いを押し切って結婚に踏み切ったのに、流産です。

幸いにもすぐにまた今回の子を授かることが出来て喜びもひとしおなのですが、義母・義父はこぞって○○ちゃんが祈らないから前回は駄目になった。しんじんこんぽんで祈りきらないと駄目だ というような不可思議な事を説きつけるのです。

お姉さんはいつもは黙ってその話題には触れない態度
のように感じます。もちろんその創○○会の信者ですが、物静かな感じの優しい方です。私の知っている人達は目がやたらキラキラしていて、べらべらと自己主張ばかり喋りたがるようなのが多いので、そんな中でお姉さんは救世主的な存在なんです。

そのお姉さんにあんな本を渡されて、正直嫌悪感を持ってしまいました。お姉さんはお姉さんで間に入って苦しいのでしょうか?

創○○会の人って大きく二つのタイプに分かれていますよね? 自分たちは正しくてこんなに尊いものを信仰していると誰も聞きたくないのに時と場合をわきまえず話し続ける人 もう一つはただ黙ってあまり感情を表に出さず目立たない感じの人と。

池田氏の画像を拝むように話に聞き入っている人もいれば、会場の半分近くの人がどうでも良さそうにただ早く終わらないかなと退屈そうにしていたり。どうでも良さそうな人はどうしてあんな会にわざわざ参加されているのでしょうか。そうまでして結束させる何かが創○○会にはあるのでしょうか?

やっぱり私は絶対絶対絶対嫌!ですね。
あと、私はそれでいいのですが生まれてくる子供はどうなるのでしょう?お宮参りとか七五三とかもどうなりますか?

補足日時:2005/03/31 16:46
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング