社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

ネット記事と新聞記事・テレビのニュースだと、やはり新聞記事・テレビのニュースの情報の方が情報としての信用度・精度は高いと思いますか?
ネット記事で「体育会系はお酒に強い」、「男性は女性よりもお酒に強い」と2つの仮説を論じた『「体育会系はお酒に強い」には科学的根拠があった!』というタイトルの記事がありました。

以下、引用です。
==========================
運動している人はどうしてお酒に強いのか?

厚生労働省の「e-ヘルスネット」によると、血液中のアルコール濃度は肝臓を通過するとぐっと下がることから、お酒が強いか弱いかの大部分は「肝臓の大きさ」が決めるとしています。だから女性よりも男性、小柄な人よりも大柄な人の方がお酒が強くなる、というわけ。

さらにこの肝臓を通過したアルコールは、身体中に浸透していきます。このときに鍵を握るのが「筋肉量」。先ほども書いたように、アルコールは筋肉や心臓でも分解が行われます。つまり普段運動をして、筋肉量を増やしている人ほどアルコール分解能力が高くなるのです。肝臓の大きさがお酒への耐性を大きく決定付けるとはいえ、あながち「体育会系はお酒が強い」というイメージも間違ってはいないようです。

https://nlab.itmedia.co.jp/hc/articles/1510/03/n …
==========================

この記事を要約すると、2つのことが書かれています。

①肝臓の大きさでお酒の強さは決まるから、男性の方が女性よりもお酒が強い。
②肝臓を通過したアルコールは体内中に浸透していくが、筋肉でアルコールの分解が行われるから筋肉の量が多い人の方がアルコール分解能力が高くなる。


しかし、がたいがいい人(体格がしっかりしている人)の中にもお酒が弱い人もいると思います。
女性でもお酒に強い人は居ると思います。

実際、ドラゴンズの鵜飼選手はお酒が殆ど飲めないそうです。鵜飼選手はかなり体格がしっかりしています。
一方、鵜飼選手の姉の紫央さんは、すらっとした痩せ型の普通の女性です。しかし、紫央さんは体質的にお酒が強いそうです。(鵜飼選手は3兄妹で、3兄弟の中で唯一鵜飼選手だけがお酒があまり飲めないと書かれていたので、姉の紫央さんはお酒が強い体質の人ということになります。)

筋肉質でもなく、男性でもない鵜飼選手の姉の紫央さんはお酒が強い体質です。
この時点で、『「体育会系はお酒に強い」には科学的根拠があった!』というタイトルの記事がありました。というネット記事の信憑性が疑問です。

根拠の記事がこちらです。以下、転記です。

============================
4歳上の兄・瞭汰さん、2歳上の姉・紫央さんの3兄妹だが、唯一お酒があまり飲めない。普段から仲の良い岡林勇希選手と焼肉に行き、隣で後輩がレモンサワーをごくごく飲み干していくのを「すげー」と眺めながら、ウーロン茶片手に山盛りの白飯をのみ込んでいくのが航丞青年だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/341cbecaa29806 …

「球界を代表する右の長距離砲になる」中日・鵜飼航丞の“忘れられない打席”
============================


新聞記事・テレビのニュースでは、大きな誤報はかなり少ないと思います。しかし、ネット記事はデマや根拠のない記事が多々あると私の周りの人も言っている人が多いです。

しかし、情報の取捨選択というかメディアリテラシーという言葉ができたくらいなので、テレビや新聞でも印象操作をしていると主張する若者やインターネット信者もいるのも事実です。

実際、ネット記事と新聞記事・テレビのニュースはどちらの方が正確性・信憑性があると思いますか?


また、「体育会系はお酒に強い」、「男性は女性よりもお酒に強い」と2つの仮説についてどう思いますか?
この仮説は正しいと思いますか? 間違っていると思いますか?

質問者からの補足コメント

  • 鵜飼航丞選手と鵜飼選手の姉の紫央さんの画像が載っている記事があるので、こちらに記事のリンクを添付しておきます。

    鵜飼航丞選手はかなり体格がしっかりしていて、筋肉もかなり付いています。姉の紫央さんは画像をみればわかりますが、アスリート体系とかではなく、筋肉質でもなく、普通の20代の女性です。

    本当に「体育会系はお酒に強い」、「男性は女性よりもお酒に強い」という2つの仮説は成り立つと思いますか?



    鵜飼航丞選手の姉の紫央さんの画像(中日スポーツ)のリンク

    https://www.chunichi.co.jp/article_photo_chuspo/ …

    鵜飼航丞選手の画像(スポーツナビ)のリンク

    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/player/2103845/ …

      補足日時:2022/06/06 18:20
教えて!goo グレード

A 回答 (7件)

私は新聞5大新聞紙+日本経済新聞を速読で読んでいます。



なのでテレビもネットも書いてあるのはフェイクニュースだと分かる物もあります。従ってアルコールの件ですが肝臓は誰にもありますが飲めない人もいます。これはアルコール分解酵素が少ないからです。

従い、もうフェイクニュースだと分かります。

体育系だろうが男性は女性より強いというのが崩れると思います。
結局、肝臓の大きさではなく肝臓のアルコール分解酵素がどれだけあるかで決まると申し上げておきます。
    • good
    • 0

他の回答者が挙げている記事も読んでみましたが(遺伝要因に比べて)筋肉量の影響力については量的なことに何も言及してないので、記事全体としてよく分かりませんでした。

正直、こんな記事を読んでもリテラシー的に満足する人がいるんだなあーと思いました。
    • good
    • 1

「信憑性が低い記事は報道しない」が良いのか、「少しでも可能性があれば報道する」が良いのか。

一長一短があるでしょうが、私の好みは後者ですね。

「報道しない」ことによる弊害は、誰もが知っている下記があります。
メディアは死んでいた 検証 北朝鮮拉致報道
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0551078

「報道する」ことの弊害は、デマやフェイクニュースの蔓延ですが、ネットにはそれらを検証する機能も備わっていると信じています。

お酒については・・・
お酒に強い人・弱い人
https://www.suntory.co.jp/arp/strength_weakness/
サントリーのホームぺージ。
「体格の良い人ほどお酒は強い」「男性より女性の方がお酒の影響を受けやすい」とありますね。

お酒の代謝能力の違い
https://www.asahibeer.co.jp/csr/tekisei/health/m …
アサヒビールホームぺージ
「女性よりも男性の方が、年輩の人よりも若い人の方が、アルコール分解能力が高いとされます。また、体重の重い人と軽い人が同量のお酒を飲んだ場合、重い人の方が血中アルコール濃度が低くなるため、酔いにくいといえます。」とあります。サントリーと似た内容ですね。
    • good
    • 0

>実際、ネット記事と新聞記事・テレビのニュースはどちらの方が正確性・信憑性があると思いますか?



そりゃ新聞・テレビのニュースの方が正確性・信憑性があります。マスコミの場合はきちんと内容をチェックする仕組みがあるのですよ。ところがネットにはチェックする機能がありません。個人が勝手に

>情報の取捨選択というかメディアリテラシーという言葉ができたくらいなので、テレビや新聞でも印象操作をしていると主張する若者やインターネット信者もいるのも事実です。

たしかにそういう人もいますね。でも人間というのは事実を信じたいのではなく信じたいものを信じるのですよ。「マスコミは信じられない」という人は、ややもすると自分の考えがあってそれにあう情報だけを信じるのですよね。

ですからそういう人達が、かならずしも情報の取捨選択というかメディアリテラシーがきちんとできているとは思いません。

>また、「体育会系はお酒に強い」、「男性は女性よりもお酒に強い」と2つの仮説についてどう思いますか?

体育会系は「無理矢理飲ませる」という文化があります。酒が全く飲めない遺伝子型(日本人で5%)は別として、酒が弱い遺伝子型(日本人で40%)の人は、肝臓に無理をさせればある程度飲めるようになるそうです。

また男性と女性とは比較した場合、筋肉量が違います。同じ遺伝子型であっても筋肉量により分解能力に差はありますので、男性の方が強いと言うことはあるでしょうね。
    • good
    • 0

ネット記事は新聞社や通信社から提供を受けてますが、重要記事なら新聞社はネットに提供しません。


よって新聞記事の方が重みがあり信憑性も高いです。
ネット記事の利点は速報性だけです。
    • good
    • 0

#1です。


最初の回答は少し言葉が抜けていました。

追記してコピペします。
最初の回答は無視してください。


記事を読むと、アルコールの分解には、肝臓のサイズよりも筋肉量よりも、アルコールを分解する酵素の遺伝子型がより強く影響するとも書いてあります。

つまり、同じアルコール分解酵素において同じ遺伝子型をもつ人においては、肝臓のサイズや筋肉量が大きい方が分解能力が高いと言っているに過ぎません。

アルコールの分解が遅いADH1Bをもつ人は、肝組織のADHの実測活性が1/5~1/6しかありませんから、お酒に弱い体育会系男子がいても何もおかしくありません。
    • good
    • 0

記事を読むと、アルコールの分解には、肝臓のサイズよりも筋肉量よりも、アルコールを分解する酵素の遺伝子型がより強く影響するとも書いてあります。



つまり、同じアルコール分解酵素において遺伝子型をもつ人においては、肝臓のサイズや筋肉量が大きい方が分解能力が高いと言っているに過ぎません。

アルコールの分解が遅いADH1Bをもつ人は、肝組織のADHの実測活性が1/5~1/6しかありませんから、お酒に弱い体育会系男子がいても何もおかしくありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング