色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

1. 生命体があらわれる前の《場》は 生命か無生命か。

2. 生物はおろか無生物がそれとして出現する前の場ないしチカラは 《〔おそらくすでにコトを起こしている〕地》であり その地から切り離されたモノは 《図》と成った。

3. 地-図として全体を成す大きな場ないしチカラは 生命か無生命か。



4. 生命体は 図を成すモノから成っている。モノの結合としてやはりウゴキのあるコトでもある。

5. 中で ヒトにかんしては 身体すなわち〔はたらく神経繊維としてコトを起こす〕モノが あたかも初めの生命によって放たれた稲妻を受け取ってのように 精神を発芽させた。(稲光が コメの成長を促すという俗説に倣ってのごとく)。




6. 《記憶――司法――》は 歴史すなわち精神の遍歴を刻み 《知解――立法――》は これをナラハシとして整理し理論立て 《意志――行政――》はそこから――自由に――欲するところをえらぶ。

7. 意志が自由にえらぶところは ただし 初めの大いなる生命(もしくは 《無》)と身体とのスパークに 或る種の色分けがあったらしい。

8. 精神にかんして 信教・良心の自由が文字どおり成り立っていると考えられるが その自由度に色分けがついているかも知れないらしい。


9. ひとなら 誰しもヤマシサ反応を体験するゆえ。その反応を起こす選択と起こさない選択とに分かれるようだ。

10. 早く言えば ウソかマコトかに分かれる。自分自身は その反応を知っているからというのが 論拠である。

11. これが 精神すなわちこころである。(他の生物にあるのかどうか)。




12. われわれの心は ヤマシサ反応が起きているのにこれを強行突破すると 心の自由が止む。つまり 自由度があたかもマイナスになる。マイナスに成って継続する。

13. もしヤマシサ反応ないしその後の良心の呵責に対して 答責性を果たさず放っておくなら 自由の止みも 継続する。やまふ。やむの習慣化としての継続(ふ=経る)。つまり やまひ(病ひ)。



14. どうもわれわれヒト族は このやまひから解かれて もとの――自然本性としての――身と心なる生命体に立ち戻るなら われは われありとつぶやくことが出来るようになっているみたいだ。

15. 《われあり》は 幼児のときは ただただほかの人にたよる聖なる甘えを発揮していたが このようにウソをおぼえてからは この甘えが きよらかなおそれとして引き継がれた。おそれを恐れない場合は――ヤマシサ反応にさからう場合は―― やまひと成る。

16. 生命は 古来多くの場合《霊性》として捉えられて来た。むろん 《かみ》とも言った。

< 息・生き(アートマン); 
  風(ルーアハ;プネウマ;スピリトゥス)

16-1. 感性(身:感性の原野)・理性(心:思考の緑野)および霊性(息・風:非思考の庭)。あるいは 感じる・考える および 信じる。


17. 人間の中には 人びとがヤマシサ反応(つまり ウソの警告)を突き破って《やまひ》に落ち入ったとき その不自由(負の自由)なる状態をあたかもアース役と成ってのように――何ものかにみちびかれるようにして進んでやるにしろ あるいは 感覚として分かっているそのことを嫌々ながらもやるにしろ――引き受ける場合が起きる。

18. アース役はつらいよというひと言を突破口として欲しいと願わざるを得ない。けっこう毛だらけネコ灰だらけ。お猿のおけつは真っ赤っかと添えてもよい。


19. 人間なるわれをめぐるいのち・こころ・《われあり》は こんだけのことだと思われる。

20. 世界の成り立ちは シンプルである。


☆ 自由なコメントをお寄せください。

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

宇宙の他の天体から地球に宇宙人とか生命靈が襲来して


人類に進化したという説を信じますか。

地上に様々な種の生物がいるのは神を称する宇宙生命体の創造物という
説を信じますか。

魚→イモリ→トカゲ→哺乳類という進化に宇宙人が介入したという説もあり。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ 宇宙の他の天体から地球に宇宙人とか生命靈が襲来して
人類に進化したという説を信じますか。
☆ フィクションだと思います。


★ 地上に様々な種の生物がいるのは神を称する宇宙生命体の創造物という
説を信じますか。
☆ 人格神と言いますか 絶対性なる場ないしチカラを擬人化して創造主と捉えるのは 表現の問題だと見ます。そのままを鵜呑みにするわけには行きません。


ただし もともと生命とよびうる場ないしチカラがあったというふうには 推測しています。

《場》が ユラギを持ち ユラギからはじけたのが 場から離れて単一体となったならそれが モノであると。もとの場が 《地》となり そこにモノという《図》が出来た。図から生命体が生まれて来た。



★ 魚→イモリ→トカゲ→哺乳類という進化に宇宙人が介入したという説もあり。
☆ ですから 初めの生命なる場が ウゴキを持つチカラとして はたらいているかもと。

お礼日時:2022/06/08 18:40

『疚しさ(良心の呵責)が「在る」』という前提がないと上記の論考の根底が崩れますが、私としてはそれは「選択肢のある思考(記憶に基づいた)の齟齬」に過ぎず、それを土台に結論を導く貴殿の論考には瑕疵があると感じました。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


① ヤマシサ反応は 胸の高鳴りや顔の赤らみなどなどで おおむね他人にも知覚・認識され得ると思います。

② 本人の内面における知覚や認識(たとえば 恥ぢの意識や良心の呵責など)については 必ずしも他者どうしのあいだで 共通の認識を得るに到るかどうかは さだかではないでしょうね。

☆ こういった前提で――つまりは推測によって――仮説しているということだと思います。


ありがとうございました。

お礼日時:2022/06/07 10:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング