AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

今年浪人が決まったものです。
私大文系志望で、今年は政経で受験しました。
目標大学は早稲田の教育です。将来は中高の社会科の教師になりたいと考えています。
しかし、政経受験だと受けられない大学(慶応の人文など)があるので、安易な考えかもしれませんが、世界史受験に変更しようかと考えています。早稲田は大丈夫なのですが・・・。
高校では3年間世界史をとっていました。
予備校で選択しなければならないので、ご意見を聞いて決めたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

受験の幅を広げる意味では(たとえば慶應はすべて世界史しかダメで政経が受験科目にある学部はありません。

上智も確かそうです)、世界史のほうが有利でしょう。ただ今から一年でということは、浪人生でありながら世界史だけは「現役生レベル」ということになるので、現在、英語と国語が安定していることを条件に世界史を奨めます。英語・国語がまだ不安定ならば、社会まで不安定だと共倒れする危険性がありますから、英国が最優先課題なので、社会は経験している政経に据え置くのがいいでしょう。

余談ですが3つお話したいと思います。
将来、中高の社会科教師になりたいということで、世界史と政経の教員の需要について参考までにお話します。
現在、高校では「世界史」が必修化されています。日本史、地理については選択必修、公民も政経・倫理か現代社会で選択必修ですが、世界史は選択の余地なく「必修(必ズ修メヨ)」となっています。つまり、社会科では例えば年によって政経の教員の採用がないことはあっても、世界史の採用がなくなることは基本的にはありません。そういう意味で、世界史に強くなっておくことは教員採用試験を考えても有利です。また中学を考えても、現在の趨勢として、中高一貫教育システムが全国的に整いつつあり、中学だけ採用するというケースは公立ですら以前より少ないです。私立は言わずもがなでしょう。そうすると、中学社会として採用されるとしても、高校で教えることを想定され、やはり世界史が出来たほうが中学でも有利です。ただし、中学社会の教壇に立つと大切なのは地理と日本史のほうですが。

また学問的な話で言うと、私は政経も世界史も両方やっていますから比較的視座で話すと、世界史のほうが「深み」があります。政治経済はいわば「表層的な社会制度」を覚える科目です。システムを学ぶものであり、このシステムが表層的というのは、例えば、今国会で○○が改正されたら、政経の教科書の○○の部分も即座に変更される、というある意味、一時的な知識の集まりです。また政経の内容は、大学に入れば政治学、経済学という形以外でもおのずと学ばされます。結果的に、高校で政経を勉強したことが卒業時には周囲の人間の教養レベルと比して、それほど差異化できなくなります。
しかし世界史は、学ぶ機会は限られています。高校生で勉強する以外に、これほど勉強するのがしんどい科目はありません。受験期だからこそやれる科目だと思います。また、大学の授業内容というのは、政経のような表面的な実学ではなく、およそどんな学問も哲学的・原理的になっていきます。この際に、歴史的な流れを知っていることは、社会科学とよばれる全ての学問の基礎になります。
政治学でいえば、国際社会の基礎はドイツ三十年戦争のあとのウェストファリア条約だと習います。これは政経でも出ますが、三十年戦争そのものを政経では扱いませんね。どうして三十年戦争が、今までの社会を国際的なものとしたのか、ウェストファリア条約はその後の政治史にどう影響したのか、ということは世界史をやらなければ十分に理解できません。
経済学でいえば、カンタンなところをいえば、アダム・スミスの「国富論」は誰でも学びます。この国富論は、当時の重商主義政策を批判しています。重商主義とは何か、これと連動する絶対王政とはどのような政治システムか、ということも世界史で学びます。また経済で有名な「神の見えざる手」に市場原理は導かれて予定調和にいたるという経済学説すら、人間が本来、理性的な存在であるという前提をもとに発想された思想であり、この「理性主義」が生まれた背景はフランス革命前後のヨーロッパにあり、やはり世界史の知識が必要です。
法学で言えば、日本の法律のもとはドイツ法です。法学部の学生は、1・2年生でドイツ法をなんらかの形で学びます。しかしドイツ法(あるいはフランス法)とは、古代ローマ法に起源を持ちます。いずれも西洋史の流れで位置づけるべきものです。また、そもそも、「法」という概念自体も、ヨーロッパやメソポタミアで生まれたもので(日本にも律令はあるけど)、現在の「法学」における法は海外の法をスタンダードしています。

このように様々な政治的、法学的、経済的なことがら、つまり「今のこと」と思われることも、勉強するには歴史的プロセスを知っておくと便利なのです。それは、科学である色々な学問の発祥はヨーロッパだからです。だから政治学でも社会学でも、世界史で学んだ知識が無いと、理解が上っ面だけのものになってしまいます。

最後に、あなたの回答に「社会学をやりたいから早稲田社会科学部に」と書いてましたが、言葉を理解していませんね。「社会科学」とは、社会学と同義ではありません。社会科学とは、様々な学問のうち、政治学・法律学・経済学・商学・社会学・経営学などを総称した言い方であり、社会学はそのうちの1つに過ぎません。「八百屋」と「トマト」みたいな関係です。「八百屋」が社会科学で、八百屋が扱う品物の一つである「トマト」が社会学」みたいな感じ。
ということで早大社学は、社会学以外の学問もゴッタ煮状態です。

早稲田で社会学をやりたいといえば、人文的なこと(家族社会学、性社会学など)は早稲田一文、実証主義的なこと(メディア論、政策論など)は早稲田政経の政治学科だと思います。

長文失礼しました。

この回答への補足

justice725さんの意見、非常に考えさせられました。
世界史にチャレンジしたい気持ちはあるのですが、英・国はまだまだ安定しているというレベルではありません。恥ずかしながら両科目、偏差値55あるかないかくらいです。その点が世界史に切り替えられない一番の問題点です。

補足日時:2005/03/29 19:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見を拝見して、世界史は奥が深く、勉強する価値がありそうだと思いました。社会学についても鋭いご意見ありがとうございます。とても参考になりました。

お礼日時:2005/03/29 19:35

受験という点では「掛け」になりますね。


受験先の選択肢が広がる反面、これまで勉強してきたものを捨てるわけですから。どちらとも言いかねます。

ただ、社会科の教師になることを考えると世界史をやっておくことの意味はあります。
実際の学校の現場では、「自分の専門だけ」という授業の持ち方はまずありあませんから。
ただ問題は、高校の社会科が地歴科と公民科に分かれてしまった結果、中学の社会科と同時に免許を取るのが大変になってしまったことです。
可能ならば、高校の地歴と公民、中学社会の3種類の免許を持っているにこしたことはないのですが、単位数の関係で、4年ではかなり厳しいらしいですね。
何年か前、臨時で来ていた若い先生に、採用数が比較的多めの中学校を受けてみたらとすすめたら、高校公民の免許しかないので、それは無理なんだとか...「道徳教育の研究」だけ取れば、中・高の免許が両方取れた私の頃と比べると免許を取るだけでも大変な時代になったのですね。
    • good
    • 1

私も早大にいくつか合格しましたが(進学は国立大にしましたが)、確かに英国で偏差値55というのは、早稲田・慶應レベルを考えると「不安定」と言わざるを得ません。

模試にもよりますが(駿台は高め、代ゼミは低め)、英国で65前後、浪人生なら社会は70程度ないと早稲田・慶應レベルは、いくら中堅の教育学部といえども難しいでしょう。

確かに、大学に入ってからの学究面とか、学問との関連性を考えて、世界史の有用性はありますが、個別の問題としてあなたの現状を考えると、このまま政経のほうがいいのかもしれませんね。

何はともあれ「合格しないことには始まらない」わけですしね。
    • good
    • 0

早大教育の世界史はさほど難解というわけではありません。

だから、よほど世界史が苦手でない限り変更した方がいいでしょう。

ちなみに、早大の中で最も難しい世界史の問題は社学です。

この回答への補足

学部によって、世界史の難易度は変わるんですね。やはり政経受験では不利なのでしょうか??
社会学を学びたいので、社会科学も受けたいと考えています。

補足日時:2005/03/29 16:25
    • good
    • 0

現在、世界史でもそこそこの点数が取れるのでしたら(たとえば政経の偏差値が65で世界史が60くらいの差なのでしたら)世界史のほうが良いと思います。



これはあくまで私の印象なので客観的な根拠があるわけではありませんが、政経、倫理、地理などマイナーな科目は、合格最低点が高くなる傾向になるように感じます。よっぽどその科目が好きな人でないと受験に使わないので。

私は以前、早稲田の教育を地理で受験し、不合格になったことがあるのですが、早稲田模試ではいつも全国上位だったし、当日の手ごたえも良く、どうしても納得いきませんでした。あれはやっぱり、地理受験が不利だったような気がするのです。

いずれにせよ、1年真面目に勉強すれば必ず成績は上がると思います。誘惑に負けずに頑張ってください!

この回答への補足

世界史は不得意ではありませんが、どちらかというと好きではありませんでした。
政経は全く勉強せず、夏頃の模試で偏差値57?くらいでした。冬はちょっとあがったくらいで(^^;)政経は全教科の中で一番好きです。

補足日時:2005/03/29 16:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
早稲田の選択科目は高校レベルではないように思えます。地理を選択して受けた子は難しすぎると言っていました。
誘惑に負けずがんばります!
 

お礼日時:2005/03/29 16:18

確かに世界史に比べると政経は受験科目として不利な部分はありますから、可能であれば変更した方が選択肢は広がります。



ただし、覚えなければならないボリュームが世界史は圧倒的に大きいのも確かですから判断が必要です。変更の結果、受験可能大学は増えたが、学力的に足を引っ張ることになったのでは意味がありませんから。

ということで、苦手科目だったのでなければ問題無いと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たしかに受験可能な大学が増えても、学力不足になりかねないですね。慎重に考えます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/29 16:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q早稲田政経受験の選択科目について。数学か世界史か。

4月から受験生になる者です。
大学受験の選択科目について、数学か世界史でどちらにするか悩んでおり、
皆様のご意見を参考にしたいので相談させていただきます。
志望学科は経済学科なので英社国または英数国での受験となります。
また、今のところ世界史以外の地歴公民は考えていません。
(地理・政経:受験できない大学・学部がある。日本史:比較的世界史の方が好み。)

第一志望は早稲田の政経です。
当然それ以外の学部や大学も受験しますが、
科目・勉強計画を決定においては「早稲田政経」に主眼を置きます。

私の高校は年に数名早慶に合格するくらいの偏差値60前半の公立校で、
中高一貫校のような上位大学の入試を想定した授業は受けられないので
入試レベルの勉強は予備校と自習が中心となります。

一応これまでの私の学力の目安としては
全主要科目ともに校内では1位~10位(230人中)をうろうろする程度ですが、
所詮進研模試と定期試験の順位なので入試レベルではなく基礎的なことに限った話です。
数学なら教科書傍用問題集や青チャートの例題は解けるレベル、
世界史なら教科書に載っている重要用語は答えられるレベルという感じですね。
(高校の世界史Bの授業は教科書全体に対してコマ数が全く足らず一部分しかやりません)

現時点では両教科とも合格点に届きませんが、やりたいと思っているのは数学です。

というのも、早稲田の歴史科目では論述は1~2題、
あとは細かい知識を問うものが大半を占め、
特に重箱の隅をつつくような正誤問題をちまちま解くことに嫌気が差しそうです。
歴史自体は嫌いではなく歴史小説や大河ドラマ等は大好きなのですが、
教科書の流れから外れている、背景も語られない細々とした用語を詰め込むのはただの苦痛です・・
教科書の本流ばかり出題しては満点が続出してしまうのもわかりますが、
ならばいっそのこと全問題論述にして差をつけてくれた方が勉強のし甲斐がありますよね。
受験者数が多い私大では採点の都合もありましょうが。

その点数学は解けない問題を解けるようにすることに楽しさを感じられますし
入試も全て記述で回答する形式なので単なる知識で終わらないやり甲斐もあります。
もう一つ、私の場合は英語・国語の勉強をして文を読むことに飽き気味な時でも
数学ならば集中力が落ちにくいという利点もあったりします。

しかし、私文専願で数学を選択するのはマイナーであること。
現状、中高一貫組に対し演習量が圧倒的に不足していること。
歴史科目に比べ、努力に比例して成績が上がるとは限らないこと。
同じく、本番の出来による振れ幅が大きくハイリスクハイリターンであること。
などにデメリットを感じています。

武器にできたときの大きさ、モチベーションや集中力の維持という点では数学。
確実性の点では世界史といったところでしょうか。

もちろん、モチベーションが維持~などと言っている数学にしても
毎日長時間の努力を1年間継続し続けることが大変なことであるのは承知しています。
イメージとして定期試験前の猛勉強を1年間、間違いなくしんどい道程です。
ですが、「大変」には面白さ(funnyではなくinteresting)を含む大変と
ただひたすらに苦労する大変があるとも思っています。

英国で高得点が見込めるのなら比較的安定する歴史を推奨!
みたいな判断基準もあるのかもしれませんが、
現時点で正確な予想はできないので英国は合格ラインを少し超える程度と仮定してください。

以上、どちらを選択するべきか。
難易度、入試における有利不利、継続のしやすさ、成長の確実性、どのような観点からでも結構です。
ぜひ皆様のご意見をお聞かせください。

長文乱文、失礼しました。

4月から受験生になる者です。
大学受験の選択科目について、数学か世界史でどちらにするか悩んでおり、
皆様のご意見を参考にしたいので相談させていただきます。
志望学科は経済学科なので英社国または英数国での受験となります。
また、今のところ世界史以外の地歴公民は考えていません。
(地理・政経:受験できない大学・学部がある。日本史:比較的世界史の方が好み。)

第一志望は早稲田の政経です。
当然それ以外の学部や大学も受験しますが、
科目・勉強計画を決定においては「早稲田政経」に主...続きを読む

Aベストアンサー

元塾講師です。私自身は早稲田に合格経験があります(政経ではありませんが)。また、受験科目はメインが英数国で、(センターや慶應商学部で必要な)社会は地理で受験しました。

 結論を書くと「数学がおすすめ」です。
 確かに数学では大問の最初の方で躓くとそれ以降の問題を答えられず大幅な減点になりますが、それは「単なる実力不足」であり、そうなることは運ではなくそうした問題を対策(勉強)しなかった準備不足に他なりません。これは世界史などでも「やらなかった時代・内容(芸術史など)」が出題されて全然できないことと同じです。数学で受験生が解きにくい分野は多くの受験生が勉強していない要素なだけで、合格している人はしっかりと得点し合格しています。
 これは早稲田に限ったことですが、早稲田の歴史は「運」がモノを言います。確かにやらなかった範囲で得点できないのは受験生のせいですが、早稲田の歴史の問題にはそうしたものでは説明できない「教授の趣味」のような問題が多く存在し、それらは受験生の実力で得点が出るものではなく、合否にその運が影響を及ぼしていることも事実です。講師は受験後に受験生が持ってきた入試問題の解答を作成しますが、数学に関しては解けない問題はほぼありませんが、世界史は講師のお頭にない知識を問う問題も存在します。もちろん、受験は満点を狙うものではありませんが、開始の時点で持ち点が少なくなっているのが早稲田の歴史です。こうしたことから、私の印象では「早稲田の歴史は一定の実力者の中から運で合格者を選んでいる」と考えています。問題全体の6割程度は実力で解ける問題であり、そこをしっかり取れない人間は問題外で、そこを通過した人間の中から残り4割の問題を運でどれだけ取れたかで合格者を選ぶということです。浪人生が多かった受験戦争時代には、受験生の優劣を実力差だけでは判定できず、運で合否を分けていたこともあります。そうした運に翻弄された(教授になった人は運がいい方のはずですが)経験を受験生にも経験させたいとする「教授たちの自分勝手な理由」もあるのでしょう。
 また、合格最低点に関しても歴史と数学では大差はないようであり(むしろ歴史の方が高めではないかと推測されます)、その点を考えても数学がお勧めです。
 歴史の方が運に左右されるので、実力がない人が逆転を狙う科目として使うのはいいですが、しっかり合格したいならお勧めできません。

 受験生としては、やった分の成果がすぐに出る歴史はやりがいがある科目ですが、そうした科目の特性上受験生は多く、早稲田の社会ではかなりのハイレベルの争いになります。それに比べ数学は(社会ほど短期ではないという意味で)初期の成績上昇はゆっくりですが、しっかり伸び始めるとそこまで落ちませんし、入試時に「悪問」で不合格にもなりにくい問題です。
 
 また、あなたが早稲田を第一志望とすることなので書きますが、(これも入試問題や早稲田出身の友人の話などから考える持論ですが)早稲田は「自分たちは○○と主張する」ことを大学の存在意義にしていることです。
 入試問題を見ればわかることですが、(特に政経・文・法学部の歴史・現代文は)「入試問題を優秀な人間選抜を最優先目的としていない」ことがあります。あれは「私たちはこうした文章が読める人だけを求めている」と主張しており、受験生集団の中の優劣を決めるより「自分たちの水準を満たすのはどれくらいか」という関心に主眼が置かれているということです。ただ、結果としてある人数までは合格者を出さないといけないので、ギリギリ合格の人たちは「問題の求める水準には達していないが、集団の中の順番が上だったので合格できた」ということになります。先程書いた「運」というのはこのことで、合格者の大半は運で決まっているということです。
 受験生の学力と問題の学力の差が大きいと適正な判断ができないのは当たり前で「小学1年生にセンター試験を解かせたら、学力差が反映されることはなく、運で順位が決まる」のは理解できると思います。つまり、そうした差がある入試を作成している時点で「優秀な人間の選抜」よりも「早稲田による早稲田の自己主張」が優先されていると考えるべきです(偏差値が低い大学では古文がないところが多いですが、これは「偏差値が低い大学を受験する人は、そもそも勉強していないから古文を出したら、その問題は運の問題なるから」現代文だけにしているのです。)。
 他にも、現代文の文章もかなり古めの文章を使い、どこか現在を見ていない感じがします。過去の研究をするのは構いませんが、今の高校生が現在の現代文の演習をし、さらにそうした古い文章の演習を求めている時点でも、高校生の現状を考えていないことがうかがえます。私立トップなのでそうした差が「私立トップとそうでないところの差」とも言えますが、これが続くようでは「早稲田の凋落」に歯止めがかけられないと自覚してか、新設学部の問題は新しい文章使われています。
 上のような早稲田批判(のようなもの)を書いたのには理由があり、「こうした周りの状況を考えないものはいずれ廃れる」ということがあるからです。看板学部があのような時代錯誤の問題を作り続ければいずれ、国際教養学部等が看板学部になるような変化も起きますし、早稲田大学そのものがそうした凋落をたどる可能性があるとも言えます。現に早慶では最近は慶應の圧勝ですし、以前は偏差値が高めだった学習院や國學院は時代の変化に対応できず人気が低迷しています(学習院は変化できず、皇族が進学しない現象が起きています。ICUに奪われるのはその象徴ともいえます)。
 現時点で早稲田は最高峰であり、その中でも政経はトップです。ただ将来のことを考えたうえで、志望校の判断をすることをお勧めします。あなたの文章を見る限り、しっかり物事を考えられる人だと思うので書きました。
ご参考までに。

元塾講師です。私自身は早稲田に合格経験があります(政経ではありませんが)。また、受験科目はメインが英数国で、(センターや慶應商学部で必要な)社会は地理で受験しました。

 結論を書くと「数学がおすすめ」です。
 確かに数学では大問の最初の方で躓くとそれ以降の問題を答えられず大幅な減点になりますが、それは「単なる実力不足」であり、そうなることは運ではなくそうした問題を対策(勉強)しなかった準備不足に他なりません。これは世界史などでも「やらなかった時代・内容(芸術史など)」が...続きを読む

QMARCH志望 政経or日本史どちらを選ぶべき?

当方17歳男子です。
高校は1年10ヶ月ほど前に中退しています。
高認は取得しております。

タイトルの通り社会科目でどちらを取るべきか悩んでいます。
と、いいますか政経をほんの少し勉強してみたのですがやはり日本史にするべきか悩んで
います。
このような言い方をするのは良くないと思いますが、合格できるのであれば学部はこだわりますが
大学名はあまりこだわる気はありません。
政経を少し勉強してみたと書きましたが、第1志望の学部は政経でも受けれるのですが、
上記にも書きましたとおり大学名にはこだわらないので受けれる学部数を増やしたよいのではないかと考えています。
そうしますと、青山、立教は政経では受験できないのです。


箇条書きでまとめさせていただきますと

・来年度に受験(受験まで1年と半年ほど)
・社会科目は昔から苦手
・歴史は特に苦手意識が強い
・暗記は苦手ではないが社会科目に興味がない
・高校を中退しているため基礎から完全独学

以上のような感じです
どちらを取るべきでしょうか?
皆さんのご意見お待ちしております

Aベストアンサー

こんにちは。文系学部の大学三年生です。

私は個人的に日本史をオススメします。特に質問者様のように社会科目に興味がないかたは政経の勉強はおそらく苦しいはずです。日本史の方が比較的内容も面白いし、知っている単語もたくさん出てくるので、範囲は広いし苦手意識も多少はあるようですが、受験できる学部が増えるという観点からも良いと思います。

また、文系学部を受験するにあたっては必ずと言っていいほど英語ができない受験生は落ちてしまうので、質問者様がどれだけ英語ができるかは分かりませんが、あまり社会科目だけにとらわれることなく、英語そして国語に費やす勉強時間も十分考慮して頑張ってくださいね。

とりあえず英単語と古文単語と漢文の基礎は早いうちからやって身につけておけば、それだけ社会科目に費やす時間が確保できるので、上の3つを早めに仕上げることをオススメします。

長々と失礼しました。

Q政経で受けられる私大ありますよね?

タイトルの通り、
政経で受けられる私立の事を教えて欲しいです。

僕が調べたところでは、
早稲田、明治、青学(青学はあったっけ?)、法政、中央
が政経で受けられたと思います。

これらは確実に政経で受けられますよね?

実は、僕が住んでるところが田舎である事も
関係してると思うのですが、
東京の私立に挑戦する人はあまりいません。
また、日本史、世界史受験をする人はいますが、
政経で受けようとする人はいません。
なので、先生もあまり協力的でなく、
不安を覚えます。

僕は政経で受けたいです。
上記の大学は間違いなく政経で受けられますよね?
私大に行こうと思ったら、社会は政経だけ
勉強して間違いないんですよね?
社会は政経だけ勉強して絶対大丈夫ですよね?

馬鹿らしい質問と思われるかもしれませんが、
僕は大真面目です。
ご教示お願いします。

追記、よければ、他に政経で受けられる有名私大を
教えてください。

Aベストアンサー

 早稲田、明治、青学(青学はあったっけ?)、法政、中央は早稲田大文学部、明治大文学部、以外は政経受験ができます。ちなみに、私立は社会は一科目ですみますので、政経を受ければいいと思います。

 追記につきましては、参考URLに示しました「パスナビ」、の私立大学検索でお調べ下さい。

参考URL:http://passnavi.evidus.com/

Q地理、日本史、世界史、受験においてのメリットとデメリット

今まで海外の学校で勉強していたため、日本の高校で習う地理、日本史、世界史は勉強したことがありません。
来年日本の大学を受験することになり、1年しかないのですが、地理、日本史、世界史、いずれかの科目でセンター9割以上を狙いたいと考えています。

世界史は予備校の春期口座を利用し先週から勉強し始めました。
感想としては、色々な国にスポットを当てて時代が進んでいくので、プツプツときれ、ストーリー性が感じられず、時代の流れをつかみにくいのではないかと感じています。今のところ、講師が非常に良いということもあり、楽しんではいますが教科そのものに対する魅力はまだありません。

日本史は殆ど勉強したことがないのですが、舞台が日本に定められているという点からも、時代の流れを感じ取りやすいだろうし、物語を楽しむように勉強できるのではないかと考えているのですが、どうでしょうか。日本の歴史にはすごく興味があります。

歴史は物語を読むような感覚で勉強できるので、世界史、或いは日本史が勉強しやすいのではないかと思っていたのですが、世界史に関しては少し期待と違ったようです。(カタカナも非常に覚えづらいし^^;)

色々な人に意見を読ませていただきましたが、地理を進める人が断然多いようです。その理由として、地理は歴史より暗記量が遥かに少ない、ある程度常識で解ける、というものがありました。暗記量は少なくても、その分何か別のことを要求されるんじゃないかと思うのですが、どうですか。例えば、図やグラフを分析する力とか、短期間では身につかないものを問われると正直辛いです。また地理は点は取りやすいが確実性に欠け、9割取るのは意外と難しいようなことも聞きました。確実性といった面では歴史がいいようです。

歴史を学ぶというのには魅力がありますが、いまいち地理の魅力って分かりません。暗記量が遥かに少なくても、全く面白くない教科を勉強するとなると、より苦労すると思うのです。何か意見、アドバイスがあれば回答お願いします。

長くなりましたが、知りたいのは以下の点です。
・日本史は物語感覚で勉強できるか。(そうなのであれば多少暗記する量が多くても耐えられます。)
・世界史は舞台がいちいち移動するため、物語としての面白さはないのではないか。(そうでないのなら今のまま続けて見ます)
・受験で地理に要求されることって暗記以外にどんなことがあるのか。
よろしくお願いします。

今まで海外の学校で勉強していたため、日本の高校で習う地理、日本史、世界史は勉強したことがありません。
来年日本の大学を受験することになり、1年しかないのですが、地理、日本史、世界史、いずれかの科目でセンター9割以上を狙いたいと考えています。

世界史は予備校の春期口座を利用し先週から勉強し始めました。
感想としては、色々な国にスポットを当てて時代が進んでいくので、プツプツときれ、ストーリー性が感じられず、時代の流れをつかみにくいのではないかと感じています。今のところ、講師が...続きを読む

Aベストアンサー

大学入試で地理と世界史を使用した者です。(日本史は大学受験終了後、教養のために独学で学びました。)

>世界史
>「色々な国にスポットを当てて時代が進んでいくので、プツプツときれ、ストーリー性が感じられず、時代の流れをつかみにくい」
学校の教科書だと、確かにそうなりますね。私も現役時代、同じ国の記述が教科書の全然違うページに載っていて、勉強しにくいなと思ったものです。
ですが、受験では「その逆」を突いた出題がしばしばなされます。
つまり、「教科書のまったく違うページに載っている、一見して関連のなさそうな事柄をリンクするように説明させる」という出題形式です。
例えば、
中世ヨーロッパの封建制と中国の封建制の違いを述べさせたり、
アレキサンダー大王の遠征と、インドのマウリヤ朝の成立の関係を述べさせたり・・・。
「説明させる」と書きましたが、記述問題に限らず正誤問題でも違う事柄をリンクさせる能力が問われます。出題者さんの言葉を借りれば、「ストーリー性」を自力で発見する能力が問われます。
確かに世界史はあちこちの地域、時代に話が飛ぶためわかりにくいのですが、それを繋げて理解することが要求されているし、それができるようになれば世界史の勉強はグッと楽しくなります。
現実問題として、世界史は日本の高校教育では必修とされており、大学に入ってもある程度世界史の知識があることを前提として授業がなされます。入試においても一年間あればほぼ完成させられますので、個人的にはオススメです。

>地理
受験なされる大学が、国立か私立かによります。ちなみに私は、地理は国立のみで使用し、世界史は国立・私立両方で使いました。もっとも、最近は私立大学では地理を受験科目として扱わない所が多いので、注意が必要ですが。
>「暗記以外にどんなことがあるのか」
記号問題が中心の私立の場合は、私は地理で私大を受験してないので詳しいコメントは控えます。ですが問題集などを見る限り、非常に細かい知識が問われる代わり、暗記さえしてしまえば解ける問題に見えます。

が、記述問題が中心の国立の場合は話が別です。
むしろ、暗記することなんてありますか?
国立の地理入試で問われる知識なんて、国の名前、山脈や川など地形の名前、ケッペンの気候区分・・ぐらいかな。ちなみに東大がかつて、地図を見て川の名前を答えさせる問題で、「黄河」を答えさせた事があります。はっきり言って一般常識レベルです。
では暗記以外に何が問われるのか?というと、世界史と同じく「断片的な知識を結びつける」能力です。もうちょい言うと、「自分の知っている少ない知識をもとに、地理的な様々な事柄の関係を『推測』する能力です。」
例えば、以前どこの大学の問題か忘れましたが、「アイルランドの1990年代における高度な経済発展の原因を述べよ」という問題が出たことがあります。
しかし、普通の受験生はこんな事は知りません。そもそもアイルランドが経済発展をしたこと自体、知らない人が大半でしょう。でも、「推測」する事により、答えは出せるのです。
まっとうに勉強した受験生なら、アイルランドの経済発展は知らなくても、インドの経済発展は知っているでしょう。それで例えば、「(インドと同じく)英語を話せる人が多いから、外資系の企業が進出しやすかった」というのが一つの答え。
あるいは、同じくインドからの類推で、「アメリカとの時差が8時間程度なので、アメリカの企業からソフトウェア開発などの事業を受注しやすかった」というのも答えになります。(なぜ時差が8時間あると、ソフトウェア開発に有利なのか?それは地理の教科書に書いてあります。興味があれば地理を学んでみてください(笑))
具体的な勉強法としては、「大量の過去問を解いて、類推する能力を磨く」というのがあります。これは国立大学を受けるなら絶対に避けて通れません。ただし、この類推能力は一年では身につかないかもしれません。私は高2・高3と2年かけて地理を学びました。

大学入試で地理と世界史を使用した者です。(日本史は大学受験終了後、教養のために独学で学びました。)

>世界史
>「色々な国にスポットを当てて時代が進んでいくので、プツプツときれ、ストーリー性が感じられず、時代の流れをつかみにくい」
学校の教科書だと、確かにそうなりますね。私も現役時代、同じ国の記述が教科書の全然違うページに載っていて、勉強しにくいなと思ったものです。
ですが、受験では「その逆」を突いた出題がしばしばなされます。
つまり、「教科書のまったく違うページに載っ...続きを読む

Q大学受験での選択科目変更(世界史→政経)について

大学受験での選択科目について(早慶志望)

高3の受験生です、部活や文化祭が終わり本格的に受験勉強をはじめています。

そこで、世界史から政経への選択教科の変更を考えています。
現在の実力は
河合の偏差値は英語67国語63(現代文は70近いとおもいます)
そして問題の世界史は47~51です。(マークも大体このくらいです)
赤本では英語国語はまだまだ目標には足りませんが、6~7割くらいです。

そして本題ですが足をひっぱっている世界史を政経に変更しようか迷っています。
(一応受けようと思っているところすべてで政経を使えました)
早稲田は政経社学商などで慶応はSFCです。

英語や古典に使う時間を増やすためや標準化考慮すると、政経のほうがいいと考えたのですがどうでしょうか?(自分としては一応部活では努力をして都大会で入賞できたので、あと約5ヶ月全力で努力すれば
合格レベルまで持っていけると思っています)

早稲田大学に政経または世界史で合格した人や予備校関係者の方などがいたら助言頂きたいです。
前者の方は政経や世界史にどんな参考書を使用したか教えていただけるとありがたいです。(参考にしたいと思います)

補足や返答は遅くなるかもしれませんがよろしくお願いします。

大学受験での選択科目について(早慶志望)

高3の受験生です、部活や文化祭が終わり本格的に受験勉強をはじめています。

そこで、世界史から政経への選択教科の変更を考えています。
現在の実力は
河合の偏差値は英語67国語63(現代文は70近いとおもいます)
そして問題の世界史は47~51です。(マークも大体このくらいです)
赤本では英語国語はまだまだ目標には足りませんが、6~7割くらいです。

そして本題ですが足をひっぱっている世界史を政経に変更しようか迷っています。
(一応受けようと思っていると...続きを読む

Aベストアンサー

 元塾講師です。私自身は慶應出身で、早稲田合格経験があります。ただ、数学メインで社会は地理を使っていました。講師時代の経験を基に回答いたします。

 私の意見としては「そのまま世界史の方がいい」です。
 勉強というのは、最初は勉強量に比例して成績が伸びません。ある程度基礎ができてようやく成績が上がり始めます。そうしたギャップがあり、これから世界史が伸びる可能性を捨て、(世界史に比べて短期間かもしれませんが)政経の「成績が伸びない最初の勉強」をすることのリスクは大きすぎます。
 世界史に関しては、英語や国語、数学などとは違いやった分だけしっかり伸びます。それらの科目はセンスに頼る部分がありますが(それでもある程度は克服可能)、世界史に関しては「覚えたかどうか」だけです。「こんな解法思いつかないよ」と数学などはありますが、世界史では「そんな言葉勉強しなかったよ」なだけです。
 早稲田に関しては、「(特に社会では受験生が答えられない問題」が存在します。大学のプライドなのか、受験生に対するメッセージ(たくさん勉強してこいよという)なのか分かりませんが(はたまた教授の趣味なのか)、社会に関しては「運」が点数を左右します。これ自身は致し方ないことであり、合格するには山川の教科書などを徹底的に覚えこむしかありません。ほぼすべての受験生がその教科書で勉強し、試験を受けます。教科書の中身が100%頭に入っていれば、受験集団のトップになることになり合格できるというからくりです。また教科書にない内容はほとんどの受験生が答えられませんから、試験問題としては無意味なものになります(ただ、これが勘で当たるかどうかで合否が決まるのが社会ですが)。つまり、世界史は「同じ教材を使いどれだけ覚えこんだかの勝負」なだけであり、難問に手を出す必要はありません。

 また、政経(学部でなく科目)の過去問を見るとわかりますが、グラフを理解する問題が出題されています。私自身商学部(経済学なども少し勉強しました)なので分かりますが、「経済学授業の先取り」の内容がよく出題されています。この勉強に関しては、実はあまりお勧めの大学受験の参考書がありません。大学生のための「大学の単位を取る経済学」などの書籍で勉強すべきですが、どの参考書がいいかなどは、ある程度経済学に明るい人にしかアドバイスできず、早稲田クラスに適う参考書を公立の先生が薦められるはずもありません(公立のトップ校でもです、難関私立なら別ですが)。自分が受からなかった大学の対策などは教えられるはずもなく、また政経を教えている先生もほとんどは政経の専門家ではありません(高校の先生は社会という括りだけであり、たいていの高校は政経を担当している教員は日本史や世界史が専門です。)
 難関私立の高校や予備校ではこうした政経の科目の特性をつかみ、オリジナルの教材を使って授業ができますが、公立高校の先生にはそうした能力もモチベーションもありません。試験場で、そうした勉強をした受験生と戦うのは非常に不利です。

 ちなみに、都内の高校にはよく「○○(競技名)関東大会出場」などの横断幕がありますが、早慶に合格できる学校はかなり少ないです。都大会に出場した経験は「必要条件だが十分条件ではない」というのは忘れないでください。関東大会に出場すること以上に難しいのが早慶合格です。よく「甲子園に出場する人の方が東大合格者より少ないから甲子園出場の方が難しい」という人がいますが、それは間違いです。日本において一番重要なのが勉強であり、受験はその頭脳集団が競争していますが、甲子園は、それ以外のスポーツとも競争しています。スポーツ大会の全国大会出場は複数競技がありのべ人数も多くなりますが、受験は受験それだであり貴重なのです。早稲田は御三家などの中学入学前から死ぬ気で勉強した人がいくところです(御三家でも半数近くは早慶になります)。そうした彼らと同じレベルに達するには(特にあなたは開始が遅いので)都大会レベルの努力では差が開く一方です。かなりの努力向上・意識改善を必要とするでしょう。
ご参考までに。

 元塾講師です。私自身は慶應出身で、早稲田合格経験があります。ただ、数学メインで社会は地理を使っていました。講師時代の経験を基に回答いたします。

 私の意見としては「そのまま世界史の方がいい」です。
 勉強というのは、最初は勉強量に比例して成績が伸びません。ある程度基礎ができてようやく成績が上がり始めます。そうしたギャップがあり、これから世界史が伸びる可能性を捨て、(世界史に比べて短期間かもしれませんが)政経の「成績が伸びない最初の勉強」をすることのリスクは大きすぎます。
...続きを読む

Q大学受験 世界史or政治経済

現在高校三年でmarchぐらいの経済か法学志望なんですが、世界史か政経どちらを受験科目にするか非常に悩んでいます。どちらの科目も好きなのですが今年の1月の進研模試では世界史が50.9で政経が73.1でした。まだどちらの科目も勉強していなかった状態で受けたのでこれから勉強すればどうなるか分かりません。学校の授業では世界史も政経も両方あるんですがあまり当てにならないので独学で行くつもりです。一応政経で行こうと思ってるところなんですが政経で受験する人がうちの学校では非常に少なくて、受けられる学校の数が少ない以外に何かあるのではないかと不安になります。ほかの科目がいまいちなので、両方勉強して途中で絞るというわけには行きません。marchぐらいを受験する上で世界史、政経のメリット、デメリットのアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

 ♯1さんの意見とは違いますね。
 なぜかといえば、政経に絞り込むとそれを使える学科が極端に少なくなってしまうからです。代ゼミデーターリサーチなどをみるとよくわかるんですが、公民を受験科目に使える学校は非常に少ない。とくに、国公立はセンターでさえ公民を使わせてくれないところだってあります。
 質問者さんは、私立型のような感じですので、国公立型と比べれば政経の使える学校は多いかもしれませんが、それでも今の状態で政経に絞るのは危険だと思います。なぜなら、質問者さんはmarchくらいと漠然と思っていらっしゃって、まだ志望校を完全に絞りきれていないように思えるからです。むしろ政経か世界史かを悩む前にまずは志望を決定することが先決でしょう。そうじゃなきゃ、政経に絞ることは出来ない。万能性を考えて世界史にしとくしかない、となると思います。
 ただし、志望校が絞れ、政経が使えるとなったら、政経のが絶対に楽なのは♯1さんのいうとおりです。また、これも♯1さんと同じ意見ですが、進研模試の偏差値ははっきりいってぜんぜんあてになりません。

Q経済学部と経営学部の違いは何でしょうか?

経済学部と経営学部は何がどう違うのでしょうか?
たいした中身の差はないのでしょあか?

経済学部経営学科もてあるみたいですね。
これでますます分からなくなりました。

将来。起業するのなら経営学部の方が良いのでしょうか?
経営、経済にとらわれなくても良いのでしょうか?

どうぞ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題に対して常に関わっていくのが経済学であり、家計や企業や政府といった単位で経済の仕組みを考えるのが経済学で、それに対して経営学は、経営者として企業をどう動かしていくのか考えるのが経営学です。経営・会計・流通・情報などに興味があるのだったら経営学部です。

 特に、ブランドや洋服に興味があるんだったら「流通論」や「マーケティング」が絡んでくるから経営学部でしょう。「マーケティング」では、企業の戦略や小売業・卸売業・メーカーが一体となって商品の在庫管理などをとりあげたりして、企業側の戦略や業務分析など現場と密接な関係を持った感じの講義がたくさんあります。将来、企業家を目指すのであれば、経済学より、実践的な経営学をお勧めします。特に、中小企業論や社会起業家論などのゼミを選択されると良いと思います。また、大学によっては起業家をよんできてセミナーをひらいたり、ベンチャービジネスをゼミ単位でやっている大学などもあるようです。

 経済学部は、公務員試験に向けた講義が充実しているから、金融や公務員などを目指す人にお勧めでしょう。経営学部は、流通やサービス・金融などを目指す人に向いていると思います。経済学部に比べて、経営学部は、「実務や現場重視」といった感じがあります。商学部は、経営学部に似ていますが、「会計」「流通」「マーケティング」の比重が高くなります。商学部と経営学部は、商学部・経営学部は、ほぼ同じようなカリキュラムで、似たような講義をしているところもかなりあります。

 リクルートの進学系サイトのURLを載せておきます。大学の教授や学生などの情報ものっているので、参考にされてはいかがでしょうか?

参考になれば幸いです♪

 

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題...続きを読む

Q「世界史A」と「世界史B」の違い

最近ニュースで騒がれていますがこの「世界史A」と「世界史B」
の違いが解りません。何が違うのですか??
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

A・Bの違いで よく言われるのは
Aは 近代が詳しく、Bは 古代から詳しく記載されている
つまり、Bのほうが細やかな歴史までが取り上げられているということです

単に扱っている歴史事項の数が違うだけでなく、教育の目的などにもずれがあります。前近代ではBは各地域のタテの歴史を古代・中世と見ていくのに対して、Aは世界全体として、各地域が他の地域に及ぼした影響、交流の歴史などヨコの歴史に重点が置かれていて、近現代でもBにくらべてAは政治史がやや浅い分、社会・経済や後の時代にどのような影響があったかなどが詳しく書かれています。

Q早稲田社学の「政治経済(政経)」 難度の高い政経の

早稲田社会科学部の過去問といていたのですが、
とてもつもなく難しいです。これほど難度の高い問題はみたことありませんが。
自分はマーチクラスの政経の問題だったら簡単に合格圏内に届くのですが、

早稲田大学を入るには実際これほどの問題を解けれなければならないのでしょうか
それとも、実は、たいして得点しなくてもいいのでしょうか?
そうであってほしいと思ってお聞きしました。

以下2011年入試の社会科学部入試の政治経済の過去問です。
よろしくお願いします。

http://loda.jp/14goukan/?id=91.pdf

第二志望、滑り止めなどで、中央大学法学部、早稲田大学教育学部などを考えていますが、
立地や知名度などの点から、どうしても早稲田大学社学に通いたいのです。

政経で合格する秘訣をお願いします。

あと、いまおもいついたことですが、

そもそも早稲田は社学に限らず、政治経済学部、法学部、商学部もいずれも
とても難しい政治経済の問題がでると思います。
この対策についてもできればおねがいします。

Aベストアンサー

政経選択で早稲田大学教育学部、文学部などにも合格し、
社会科学部に在籍している者です。

早大政経のレベルは非常に高いと思います。おそらく日本の大学でもトップクラスの難易度でしょう。
問題によっては、明らかに大学入試レベルを逸脱しているものもあって、
某予備校はこれを「世界ふしぎ発見的知識問題」といって揶揄しています。
特に社会科学部に至ってはあの正誤問題は非常に解きにくいと思いますね。

まずどうしてこんな難度の高い問題が出題されるかというと、
社学には、学内でも有名な政経ヲタク教員がいるのです。
この先生はとにかく細かな知識を知ってる受験生をほしがっているようです。
果たしてそれが正しく公正な入試選別方法なのか大いに疑問ですが、
とりあえずそういう原因が早稲田にはあるわけです。

では、結局合格するにはどうすればいいのか、これが一番の問題だと思います。
自分からのアドバイスとしては、まず自分の入試に対する攻め方がいかなるものなのか、
これを把握することだと思います。

つまるところ、特待入学を志願しない限り、入試では合格最低点に届けばいいのです。
となると、全科目7割+αの得点が必要となるのがデータからわかると思います(標準化による計算前の素点の概算で)。

ここであなたの科目別の得意不得意を考えましょう。
主としてニパターンあると思います。

1.英国が得意、政経にまだまだ手がまわっていない。
2.英国が標準レベル、政経が大好き。

1の方は、政経はそれなりにやっておけばそれでいいです。
政経は難度が高すぎて差がつきません。手が回っていないなら、
もう早大政経を突破しようとは思わずに、
センター・日東駒専をそれなりに上回るレベルの政経力でいいんだ、
って思いましょう。実際それで合格します。

1の方が、具体的に過去問演習で解答すべき政経を分析すると、↓こんな感じでしょう。
易:9割できる
標準:7割できる
難:3割できる
激難:1割できる(ちなみに5択から一つ選べ問題の場合勘で選んだ場合の正答率は2割です。)




次に2の方ですが、このパターンの人が多いと思います。
このパターンの方は英国に波があって、
それなりにできる場合もあれば、大きくはずすときもあるとおもいます。
でも、とにかく英語や国語努力しましょう。なんだかんでいって伸びます。
きちんとした単語力、構文分析力、文章解析力を身につけて、
なんとか偏差値60近くまでもっていけるようにしてください。

そして、政経ですが、英国で失敗してても、
ことによっては合格まで持っていけるっていうレベルまで完成させましょう。
とにかく受験生の中でもかなり上位にいけるよう、それなりの参考書を終えた後、
ひたすら問題演習をしましょう。とにかく基礎を固めて難問にも立ち向かえるようにするのです。

2の方は、過去問などにあたったとき以下のようにしましょう。
易:全問完答
標準:全問完答
難:7割できる
激難:5割できる

こんな感じだと、たとえ英国失敗してもそれなりに合格します。
自分はこの第二のパターンの人間でしたし、友人の多くもこれです。
結局やはり、英国をのばしつつ政経はそれなりに出来ていた方が良いのです。



いずれのパターンの方も問題のレベルを上記のように区分けして、
覚えるべきものと捨てるべきものをきちんと把握することが必要になります。


以下サイトには参考書情報・問題集などが色々と載っています。参考にしましょう。
以下では、特に難度の高い正誤問題には「過去問ダイレクト」という国家公務員試験対策本が有効だといわれています。
ただ一般の書店ではあまりみられないかもしれません。

http://14goukan.xxxxxxxx.jp/menu/dai2.html


以下早稲田受験支援サイトです。
いろいろとアドバイスももらえると思うので参考に。
http://jbbs.livedoor.jp/school/21722/

政経選択で早稲田大学教育学部、文学部などにも合格し、
社会科学部に在籍している者です。

早大政経のレベルは非常に高いと思います。おそらく日本の大学でもトップクラスの難易度でしょう。
問題によっては、明らかに大学入試レベルを逸脱しているものもあって、
某予備校はこれを「世界ふしぎ発見的知識問題」といって揶揄しています。
特に社会科学部に至ってはあの正誤問題は非常に解きにくいと思いますね。

まずどうしてこんな難度の高い問題が出題されるかというと、
社学には、学内でも有名な政経ヲタク...続きを読む

Q浪人の厳しさについて教えて下さい

私は青山学院大総合文化政策学部を目指していましたが落ちてしまいました。
落ちた時は海外の大学へ進学する予定で滑り止めは
受けてません。

しかし、今になって青山学院大を諦め切れない気持ちもあります。

一年浪人して青学を再チャレンジするか諦めて海外へ進学するか悩んでいます。意見を聞かせて下さい。

ちなみに、将来は出版社にて働きたいと思っています。

Aベストアンサー

残念ながら留学未経験者ですので、参考までに、浪人のもつ危険性と、私自身の浪人時代の
勉強法を記します。長文になるのはご容赦を。

志望校に合格出来ず、失意の中にあるでしょう質問者様にお伝えするにはいささか厳しい
回答になるかもしれませんが、もし浪人という選択肢を選ぶのなら来年こそは合格して
頂きたいので、私自身が浪人時代の1年に感じた事を正直に書かせていただきます。

まず、浪人は「諸刃の剣」だという事は理解しておいて下さい。世間体や予備校費用といった社会的な点だけでなく、学力的な面でも悪影響を及ぼす危険性は十二分にあります。

厳しい話をしてしまえば、私の見た限りでは、4割から5割近くの1浪生は、
時間的に厳しかった現役生時代の反動からついつい自分を甘やかしてしまうのか、
現役より成績は悪化していました。悪化、とは言い過ぎかもしれませんが、甘く見ても
現状維持の範疇を出てはいませんでした。

良くも悪くも、予備校を差し引いても「現役より束縛時間が減る」からです。
(無論、全ての予備校がこの限りではありませんが)
浪人時代を活かすか殺すかは、その浮いた時間をどれだけ勉強に効率的に集約させられるか、
です。

それでは、主にどんな人が伸びるのか?(宅浪ではなかったので予備校通い前提です)

まず、よほどの阿呆ではない限り、現役時代にサボっていた人は予備校の授業・課題をきっちり
こなすだけで最初の内はかなり伸びます。
普通は偏差値が50~55くらいになるとそれだけでは足りなくなりますが。

残酷なようですが、地のアタマがよろしい方は、これだけで早慶上智クラスまで伸びる方もいます。
というか、これすら完璧ではなくても、それなりに名のある高校に通っていた友人などは早稲田に
受かったりしていました。
(彼は、見えないところで勉強していると仮定しても授業や講習をいくつかボイコットし、明らかに遊んでいましたw)

そこまで極端でないにしろ、浪人時代に結構楽しそうに遊んでいながら、模試の成績が
良かったりする方には結構な確率でこの傾向が見られました。

そういう人には、「遊ぶ時間も取れる」という浪人の環境はむしろ優れた燃料になり、
結果的に心をリフレッシュして他の時間を効率的かつ主体的に勉強に費やせる、
ということもままあります。というより、どんな受験生にもこの点は大事。

正直に言ってしまえば、私が知っている限り、浪人で劇的に伸びる人間の5割位は、こうした
地アタマに恵まれ、かつ「うまく遊びを勉強に活かした」学生でした。

それでは、私のように地アタマが並以下の人間はどうするか?足りない応用力・思考力を
詰め込んだ知識のデータベースで補うしかありません。

質問者様の地アタマが悪いと言うつもりは毛頭ございませんが、現役時は我ながらアレだった私が早稲田、医学部受験レベルまで伸びたやり方ですので、(医学部の方は残念ながら2次で落ちましたがw)
貴方ならば更に上のランクの大学に合格することも十分に可能だと考え、勧めさせて頂きます。

知識体系で応用力・思考力を補うためには、4月から、できれば3月から「この1年間、自分はヒトではなく、参考書を読みあさるだけの動物なんだ」くらいまで自分を追い詰め、一っっっっっっっっっ切
遊ばないくらいの覚悟が必要になります。
そこまで思い詰めて漸く、夏休みを何日間か友達と遊ぶくらいに済ませられる、
という程度のものですから。

というか、そこまでやった成果が模試などの成績に出て初めて、一足先に大学生になった友人に
あまり劣等感を抱かずに会える、というものです。

具体的には、予備校のテキストは、復習もしっかり行いつつ、GWまでに主要教科のテキストを
1周して下さい。
復習のコツは、その日の内に授業で扱った問題を「板書を見ずに」解き直すこと。その上で、
週末にその週解いた問題を理系科目ならもう一度「見て」解き方、文系科目ならその分野の流れを思い出せるか試す。
忘れていたら「書いて」解き直し。

記憶し直す時間が大幅に省けるので、週末は(厳しければ土日の片方でも可)丸一日
復習に費やした方がむしろ捗ります。

加えて、システム英単語でいうなら第3章まで、ベーシック版なら全てを5月中までに
全暗記して下さい。目安は一学期中にシス単・システム英熟語を1周しているくらいです。
さらに付け加えるなら、文法問題集を、これらをこなした後に解き始めておいて下さい。
後にやる理由は、単語帳や熟語集に書いてあることと文法問題に使われるネタが被っていることが多いためです。

分野ごとに分けられている上、総問題数もわかり易いためペース配分がしやすい、
「全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)」などが個人的には
オススメです。

これと別に、英語は一日1本、可能ならば2本は、「既読の」英語文章を音読するようにして下さい。突っかからずにスラスラ最後まで読めるまで繰り返して下さい。

そのためには抑揚をつけて、文意の繋がりや構造を意識して読むことが不可欠なので、
出来れば予備校の授業で複雑な部分の文構造を解説済みの代物がベストです。
読解力や文構造の分析力は未知の文章をしっかり読めば身に付いてきますが、速読力を養うには
量が足りず、かつ毎回初見の文章を読むのは少々難しすぎますし。
もちろん既読といってもできるだけ易しめなものから徐々にシフトしていき、
あまり複雑なものを用いるのは最後まで避けた方が無難です。





自分でも書いていて、特に精神論的な部分ではこれは異常だ、と思えるくらい
極端な事を書いていますので、本当にコレをこの通り実行すれば精神に軽く支障をきたす時が来ると思います。
実際、自分は7月から夏休み明けまでは、周りにいる人間を片っ端から痛めつけたくて
仕方ない衝動に駆らたことが数回ありました・・・

ですが、これに近い荒行に耐える覚悟が無いのなら、浪人しても成績が伸びるとは
保証できません。もちろん誰かを傷つけるのはNGですので、頼れる人に定期的に辛いことを
聞いてもらうなどして少しでもストレスは吐き出すべきですが。

そうでなくとも浪人生は、親や先生から現役合格者、或いは現役受験生と比べられ続け、
謗られ続けることが多い存在ですので、成績が伸びない限りまず確実に人格は多少荒みます。

私事ですが、いとこに「予備校に行くだけのニート」やら「金と食料から排泄物を錬成するだけの汚物の錬金術師」やら、陰口でハガレンファンに土下座させたくなるようなとんでもない暴言を叩かれたりもしました。

あと、効率の良いやり方を探す、というフレーズは尤もではありますが、そういうものは
成績がある程度伸び、自分がどこをやればいいのか分かってくれば自然と身に付いてくる
ことが多いので、最初からこれを望むのは甘えです。

とはいえあまり要領が悪くては時間の無駄ですので、自分の学習法に不安があれば
「できる限りキツ目に」予備校の先生に1日の勉強スケジュールを組んでもらうことをオススメします。

散々キツいことを書いてきましたが、逆に、これくらいのペースでやれば、夏休みまで、
或いは夏休み明けくらいまでにはかなりの実力が付き、なおかつ受験範囲の大半を
1周できると思います。
そうすれば、自分の苦手な範囲が分かって来るので、そこを重点的に潰せば自ずと成績が
伸びてくるはず。必然的に少しずつ自由に使える時間が増えてくるので、
そうなってくれば空いた時間を多少遊びに費やしても、勉強のリズムを崩さずに
リフレッシュする事が可能になってくると思います。もちろん、+αでやるべきことを見つけ、
こなしつつ、が前提ではありますが。

この一連の流れが上手く行けば、受験直前までの時間をフルに栄養に出来るはずです。

何より、地アタマだけで良い成績を取れる人に比べて、自らの努力が直接身になる実感が
持てる、ということだけは断言します。大したこと無いように聞こえますがw、
この受験勉強への充足感が浪人時代の努力を続ける原動力になるのではないでしょうか?

現に超勉強嫌いの私でも、こうした方法で偏差値65を越した時の喜びは言葉に出来ないものがありました。おかげで、あと半年ぐらい行けるとこまで行ったるわい!というモチベーションに
繋がりましたし。


散々長文で偉そうに書いてしまいましたが、要は「圧倒的な物量の努力は貴方を裏切らない」ということです。
万一本番を体調不良などで失敗した時に備えて受験校を増やす意味でも、青山だけでなく
早慶、上智などにも出願してみてはいかがでしょう?

貴方がここから1年の浪人生活を活かしきったなら、少なくともそれらの大学のいずれかは
貴方に桜の便りを届けてくれるだろうと信じております。

残念ながら留学未経験者ですので、参考までに、浪人のもつ危険性と、私自身の浪人時代の
勉強法を記します。長文になるのはご容赦を。

志望校に合格出来ず、失意の中にあるでしょう質問者様にお伝えするにはいささか厳しい
回答になるかもしれませんが、もし浪人という選択肢を選ぶのなら来年こそは合格して
頂きたいので、私自身が浪人時代の1年に感じた事を正直に書かせていただきます。

まず、浪人は「諸刃の剣」だという事は理解しておいて下さい。世間体や予備校費用といった社会的な点だけでなく、学力的...続きを読む


人気Q&Aランキング