実は、以前にも、同じ病気にかかってられる方に限って、質問させていただきましたが、広くご意見、アドバイス等をお持ちの方、教えていただければ幸いです。
 私は、軽いうつ病(医者から、休職を3から6ヶ月勧めれ、抑うつ状態にあると言われています。)を、10年ほど、寛解と再発を繰り返しており、未だ完全寛解に至っていません。現在、2人目の医者に診てもらっており、気分変調症(抑うつ神経症)で3か月の休職を余儀なくされています。
 医師からは、トレドミンとレキソタンを食後に、睡眠薬も処方され、朝早く起き、朝日を浴び、眠くなったら、午睡は1時間から1時間半は許され、10時半には睡眠薬を飲むという、規則正しい生活を指示されています。以前、かかっていた医者は、規則正しい生活を勧めるというより、眠いときは寝てもよく、たとえば、夜中にパソコンでインターネットをしていることについては、何のお咎めもなかったのですが、今の主治医は、夜中にパソコンをすると、ディスプレーの明かりで体内時計のリズムが狂うのでご法度になっており、できるだけ健康人らしく振舞うように言われ、そのような生活を心がけています。しかし、このような生活方法は、よく、本に書いてあるような、十分な休養をとりなさいといった、今までの治療法と異なり、若干の違和感があるのも事実です。 
 以上、私の、だらだらとした長いうつ病について書きましたが、この気分変調症(アメリカの精神分類では気分変調症と呼ばれ、日本では従来、抑うつ神経症と呼ばれていたそうです。)の治療法及び療養者として、この病気への対処法などをお教えいただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

【長文回答です】 こんにちは。

重度鬱病で約2年が経過しようとしている者です。 過去の方々の回答と重複しているようでしたら、お許し下さい。 また、私は「広く」の回答者ではないので、「広く」は他の方々の回答をお待ち下さい(^_^;)。

-----
 私は現在の医師を含めて3人の精神科医の治療を受けてきました。
 一人目は「薬は不要。日々自由に過ごしなさい。時が解決します」/二人目は「薬は欠かさずに。しかし日々自由に過ごしなさい。薬が解決します」/そして現在3人目の医師は「薬は飲みなさい。でも飲み忘れても構わない、薬はあくまでも補助であって、主体要因は自分自身の心。規則正しい生活をしなさい。」
 やはり、医師により方針が全く異なるものですね。

 2年が経ち、ようやくわかったこと。外来診察や薬服用では治らない(私のような)鬱病患者も存在する、ということ。

 現在は、精神科医による外来診察と併せて、1時間完全予約制のカウンセリングを受けています。 カウンセリングを通じて確信したこと:「心の病気は心を直接ケアしない限り治らない」と。
 『私の場合』は、このカウンセラーからは「(私は既婚者なのですが)自分が毛嫌いするような作業を毎日配偶者から指示された通り必ず行うこと」と言われ、現在も続けております。これにより過去に見られないほどの回復を遂げつつあります。もちろん配偶者もカウンセリングに毎回同席し、(私を離席させてから)私にどういう指示を出すべきかを教えて貰っているそうです。

 『私の場合』は、"現実"(="社会復帰")を避けている(逃げている)状態にある為、こうした作業を日々他人から指示されることによって、復職後に会社で他人に指示されて行動するという礎を作る目的だそうです。

 しかし、この例は not-bad さんには何の助けにもならないと思います。

 「気分変調症」という病名で一括りにするのは無意味です。病名を基に解決することを今すぐ やめ、"手放しで自分の状態を伝えられる"カウンセラーにすべてを打ち明けて、自分にあった方針を指示・指導して貰うことが必要だと思います。
 だって、「気分変調症」になった元々の要因は一人一人違うのですから。
 時間をかけて、まずはカウンセラーに自分を完全理解して貰うこと。それが完了して、初めてカウンセラーの方が、治療方針というものを打ち出せるのではないでしょうか? (※そのカウンセラーと相性が合わない場合は、すぐに他を探すことも重要。)

 軽度ということですが10年間続いているのですから、僅か5~10分の外来診察だけでは、not-badさんにとっての診療方針は出てこないと、私は思います。

以上が私見です。

---

 お薦めします:各県にある「臨床心理士会」です。 この会に所属している最寄りの病院内カウンセラーや個人開設カウンセラーを、ここで私は紹介して頂きました。
 鬱病になった切欠,服用中の薬の種類と量,心身の経緯と現状等を添えて、自宅から半径何Km以内のカウンセラーを紹介願います、と丁寧な文章でFaxされるとよいと思います。

 以上、not-badさんの一助になれば...。 私も自分にいつも言い聞かせています「鬱病は不治の病ではない。治る日が来る!」と。

~長文、失礼いたしました~

----
▼都道府県 臨床心理士会 一覧 (※各県代表者の連絡先です)
http://webclub.kcom.ne.jp/ma/jsccp/ippan/chiiki. …
▼同、トップページ (※会の趣旨が書かれています)
http://webclub.kcom.ne.jp/ma/jsccp/

参考URL:http://webclub.kcom.ne.jp/ma/jsccp/ippan/chiiki. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます。大変参考になりました。うつ病の治療は、投薬と休養が常識とされていますが、長期に長引く場合は、それだけでは治らないのではないか。むしろ、おっしゃっているように、規則正しい生活をし、今までの生活態度を見直し、生き方を見つめ直し、修正していく必要があるのではないか。最近そう思うようになってきていました。それで、お尋ねした次第です。お答えには大いに力づけられました。有難うございました。

お礼日時:2001/09/05 15:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウツから抑うつ神経症(気分変調性障害)と病名が変わり

昨年4月にうつ病と診断をされました。(勤め先でパワハラにあい)5月にドクターストップがかかり仕事を退職し、自宅療養をしていたのですが、7月に単身赴任中の主人が戻り、病状が悪化。8月に入院勧告及び9月に強制入院と言われました。
当初、うつ病と診断された病院で紹介された病院が遠く、自宅近くの病院に勝手に転院し、10月より入院をしました。
入院中もですが、病棟担当医には「ウツ及びパニック障害・男性に対するPTSD」と診断され、主治医には「抑うつ神経症(気分変調性障害)・パニック障害」によっ(抑うつ神経症)と診断され、一生付き合っていく病気だといわれ、戸惑っています。
というのも、私の主人も完全なウツで、会社でのストレスを全て私にぶつけてきます。手を上げるなどの暴力はないのですが、物に八つ当たりしたり、自分の意に介さない返答をするといわゆる会議で詰められているように、理詰めで八つ当たりをされます。
その場をなんとか治めるため、関係ない事で毎日謝り続けています。本日退院後初の受診日でうつ病と、抑うつ神経症(気分変調性障害)の違いを説明されたのですが、いまいち良くわからず、ただただ、どうすれば怒鳴られずに日々過ごせるかばかり気になります。友達に相談すれば、DVにて訴えてでも自分の身を守れ!!と言われます。(気分変調性障害の場合自殺を考えたり行動に移すケースがあると聞きます)正直、別居も離婚も話しが出ています。
私も毎日訳の判らない事で怒鳴られたり八つ当たりされるのはうんざりしているのも事実です。
うつ病だったと診断されて、気分変調性障害と診断が変わったことも理解できず悩んでいます。どうぞDVについてもご存知の方がいらっしゃいましたら教えていて頂ければと思います。また、この病気は障害者になるのでしょうか?よろしくお願いします。

昨年4月にうつ病と診断をされました。(勤め先でパワハラにあい)5月にドクターストップがかかり仕事を退職し、自宅療養をしていたのですが、7月に単身赴任中の主人が戻り、病状が悪化。8月に入院勧告及び9月に強制入院と言われました。
当初、うつ病と診断された病院で紹介された病院が遠く、自宅近くの病院に勝手に転院し、10月より入院をしました。
入院中もですが、病棟担当医には「ウツ及びパニック障害・男性に対するPTSD」と診断され、主治医には「抑うつ神経症(気分変調性障害)・パニック障...続きを読む

Aベストアンサー

私も同じ病名を、病院を5年ぐらい前変わって言われましたが、私は自覚するのに時間が経ち過ぎていたので、治らない予感はしてました。
病名は、先生の主観で決まるそうなので、先生が変わると病名が変わるのは当然あるかもしれませんね。
DVはエスカレート傾向があり、ひどくなるほど逃げられない。そういう男性は女性を卑下する事により、自分を正当化している感じがします。ちょっとでも否定するとひどく罵倒しました。私の父。
障害に限らず、日本は申請しないと何も無いです。その病名は3級の障害者手帳は貰えますが、障害者年金は貰えないと先生がおっしゃられていて、うつ病にして頂いてますが、2年で更新なので次の更新は頂けるのか保障がありません。手帳は医療費が1割負担になります。年金は月に約10万です。ちなみに他人には言わない限りわからない様になってます。お互い良い薬が出来る様になど希望は持ちましょう。

Qうつ病と気分変調症の違いについて教えてください。

標題の通り違いについて教えてください。

先生に聞いても「殆ど同じ」というような回答しか返ってきませんでした。

この2者についての相違点に気が付つくことがあったら、少しずつでもいいのでご回答ください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

軽めのうつ状態が長く続いているものと私は理解しています。
こちらに、うつ病と気分変調の違いが書いてあるので、
よかったらどうぞ。
http://www.nakaoclinic.ne.jp/disorders/dep3_1.html

気分変調症の項目に
「気分変調症とは、軽度の抑うつ気分、
広範な興味の消失や何事も楽しめないという感じが、
長い期間(2年以上)続く状態をいいます。」
とあります。

Qうつ・抑うつ状態・神経性うつ病・抑うつ神経症の違いについて

唐突ですが・・・
「うつ病」、「抑うつ状態」、「神経性うつ病」、「抑うつ神経症」のそれぞれの違い(定義)を教えてください。また、一般的に『うつ』という場合は「抑うつ状態」のことを指しているのでしょうか? 
一応、自分なりに調べようと試みたのですが、余計に混乱してしまいました。
定義そのものでなくても、上記のような言葉を調べられるサイトなどがありましたらお教えください。お願いします。

Aベストアンサー

 まず、「抑うつ状態」とは、分かりやすく言えば「落ち込んでいる」状態です。まれに、当てはまらない方もいらっしゃいますが、人間誰しも、1週間、1ヶ月、1年間を通じて考えると調子が良くて何に対しても積極的に考えられるし、行動を起こすにも比較的、苦にならない時期と、そうでない時期とがあります。
 また、色々な出来事がきっかけになって、抑うつ状態は起こります。身内やペットの死、仕事上の重大なトラブル等は、周りの人も比較的気がつきやすい原因ですが、ストレス社会の中で生きている私たちにとっては、日常的にも気分的にめいるような小さな事件が少なくありません 。
 しかし、多くの方は、自力で、または、時間の経過にともなって、抑うつ状態から抜け出すことができます。
 
 それが不可能な場合は、「抑うつ状態」を状態像とする、「うつ病」という「病気」の範疇に入る可能性があります。
 たとえば、この時期、冬季性うつ病、という病気が雪の多い地方で多くみられますが、この病気は、秋が深まり、木枯らしが吹いて、雪が降ってくると、ドーンと落ち込みの時期がやってきます。そして、雪が解けて春の日差しが強くなってくると、明るく普通の状態に戻れるという、気候と関係したうつ病です。
 何だ冬だけ我慢すればいいのか、と思われがちですが、ただの抑うつ状態とうつ病の人とは、かなり状態が違います。
 よく見られるうつ病の人の症状としては、
・何もやる気が起きない。(ひどくなると布団から出られない)
・いつも眠いような気がするけれども、実際には眠ることが出来ずに、不眠をうったえる。
・自分の身の回りの世話が出来なくなる。 (整理整頓、衣服をかえる、女性なら化粧や髪の毛の手入れ)
・人と会って、話したりするのがおっくう。
 などですが、うつ病がひどくなると、生きていることが面倒になったり、自分が世の中に存在する価値がまったくないような気分になって、自殺を試みることが多々あります。

 ところで、「抑うつ状態」を示す病気としては、「うつ病」以外にも、精神分裂病(今度、統合失調症に名前が変わります。)、神経症(不安障害)、躁鬱病(双極性気分障害)、依存症、摂食障害、境界性人格障害などがあり、「抑うつ状態」という状態像を示すからといって、「うつ病」と断定はできません。あくまで、「抑うつ状態」は症状を示す状態像であって、病名ではありません。

 次に、「神経症性うつ病」と「抑うつ神経症」について解説します。
まず、「抑うつ神経症」ですが、憂うつな気分、外界への関心の低下、自信の喪失、消極的な生き方への傾斜、未来への悲観、取り越し苦労などを主症状とする「神経症」で「うつ病」との区別がつきにくい病気です。
 うつ病よりは抑うつ状態が軽く、個々の状態の持続期間は短いのですが、全体としては2年以上にわたって遷延します。
 抑うつ神経症に対して、「神経症性うつ病」という言葉があります。この言葉の概念はふたとおりあります。
 ひとつは、症状の上で神経症的な特徴を持ったものをいうケースです。つまり、神経症性の性格がかなり関与していると考えられ、はっきりと神経症的メカニズムを持ち、本体は神経症ですが、抑うつ症状を主に表します。この場合は抑うつ神経症と同義語として使われます。
 もうひとつは、重度のうつ病を精神病性というのに対して、それほど重症でないものを「神経症性」というケースです。

 先ほど述べたとおり、「抑うつ神経症」と「うつ病」の境界は明瞭ではなく、症状もオーバーラップしているの区別は困難です。
 米国精神医学会診断基準である「DSM-(4)」は1994年に改訂した際に、「抑うつ神経症」という名称を完全に削除し、うつ病などの気分障害の一亜型とし、「気分変調性障害」とし、うつ病のひとつとしてしまいました。その基準によると、2年以上の慢性的な抑うつ気分の他に、次の6つの症状のうち2つ以上があることが条件とされています。
(1)食欲減退または過食
(2)不眠又は過眠
(3)気分の低下又は疲労
(4)自尊心の低下
(5)集中力の低下又は決断力の低下
(6)絶望感
 ところで、治療面において、「抑うつ神経症」は「うつ病」とは違い、抗うつ薬に反応しないケースが多く、精神療法、環境調整などがより重要となり、それらの治療技量が必要とされていると言えます。経過も周囲の状況に影響されて、慢性化しやすい傾向にあります。

 まず、「抑うつ状態」とは、分かりやすく言えば「落ち込んでいる」状態です。まれに、当てはまらない方もいらっしゃいますが、人間誰しも、1週間、1ヶ月、1年間を通じて考えると調子が良くて何に対しても積極的に考えられるし、行動を起こすにも比較的、苦にならない時期と、そうでない時期とがあります。
 また、色々な出来事がきっかけになって、抑うつ状態は起こります。身内やペットの死、仕事上の重大なトラブル等は、周りの人も比較的気がつきやすい原因ですが、ストレス社会の中で生きている私たち...続きを読む

Q「非定型うつ病」「気分変調症 」「難治性うつ病」の違い

・非定型うつ病
・気分変調症
・難治性うつ病

上記3つの違いがイマイチよく分かりません。
カブる部分もあるのかもしれませんが、
違いについて分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

非定型うつ病というのは、通常知られた症状である睡眠障害が不眠
ではく過眠であり、食欲は減退ではなく亢進(過食)である、
というように一般的に見られる諸症状から外れたタイプの症状を
伴ううつ病を指すようです。

気分変調障害は、2年以上軽い憂鬱な気分が続いていて、気分の良い
期間が2ヶ月と続かないようなタイプのうつ病です。
極めて治りにくく、抗うつ剤への反応が乏しいのが実感です。

難治性うつ病は、「難治性」の「うつ病」。 治りにくいタイプの
うつ病を指す総称のようです。

私自身に当てはめると、「難治性(の)うつ病」である「気分変調障害」で、
「非定型うつ病」に見られる過眠・過食の症状があります。
・・・というように表されます。

ちなみに、「気分変調障害」は、従来は「神経症性うつ病」と呼ばれて
いましたが現在では、「気分変調障害」と言うようになっています。

Qメンタルクリニックへ行ったら、気分変調障害で精神科(カウンセラーがいる病院)を勧められたのですが、

メンタルクリニックへ行ったら、気分変調障害で精神科(カウンセラーがいる病院)を勧められたのですが、
これはなぜですか?
先生が仰るのだからカウンセリングが必要なのだということ自体は解りますし、ただ単純に疑問なので、質問してみました!
もしかして、自覚している容態より酷かったのかなと思ってます。
暴れたり取り乱したり質問に答えず一方的に話すとかもないのでとても不思議でした。
どういう症状の場合にカウンセラーを必要とするのでしょうか?
お薬は緩やかに効く抗不安剤がでました。

Aベストアンサー

>どういう症状の場合にカウンセラーを必要とするのでしょうか?
非常に簡単に言うと、あなたの中に何があるのか、あなたの言葉で探すのです。だからカウンセラーは何も話しません。あなたが一方的に話し続けるのです。むつかしいのですがあなたが最も嫌な事、恥だと思っていること、絶対に隠したいこと、それらを話して下さい。
私も六年間やりました、そして終わりました、やめたのではなく終わったのです、もう全部さらしたので私をゆがめていた原因は通り過ぎました。
あなたも話して下さい、そのあなたの莫大な過去の中にあなたの不調の原因が隠れています。通常無意識の中に隠れていて話していくと、意識の中に昇って来ます、それを続けてあなたの無意識を掘りかえします、それは他人がやったら危険過ぎる行為なので、あなた自身がやらねばなりません。
それがカウンセリングです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報