今度パソコンを新調しようと思うのですが、MS Officeが付属しているマシンを買うか、Officeは製品版を別途購入するかで迷っています。現在使っているマシンはOfficeインストールモデルなんですが、OEM版ってそのマシンでしか利用できないようになっているんですよね?

Officeアリのマシンはナシのマシンより2万近く高いのですが、製品版は4万くらいで買えるみたいなので、長い目で見ればそっちの方が得かなと思います。

パソコンは毎年1台くらい購入するのですが、Officeは高機能になっても使いこなせないので、3,4年は使いたいと思っています。

そこで、お聞きしたいのは、Officeは複数マシンにインストールできるのでしょうか?また、パソコンを買い換えした場合の再インストール(移行)は問題ないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> OEM版ってそのマシンでしか利用できないようになっているんですよね?



この認識でOKです。


> Officeは高機能になっても使いこなせないので、3,4年は使いたいと思っています。

いまだにOffice97とか使ったりしますよ。
他の部署とやり取りなんか考えなければ、十分使えます。


> Officeは複数マシンにインストールできるのでしょうか?

下記のQ&Aが参考になります。

ライセンス認証についてよく寄せられる技術的な質問
http://www.microsoft.com/japan/office/editions/p …

| Q. Office 2003 Editions は一つのソフトウェアライセンスで、何台の PC へインストールが可能ですか?
| A. ~自分だけが使う目的でノート PC にインストールすることは許諾されている場合があります。


> また、パソコンを買い換えした場合の再インストール(移行)は問題ないのでしょうか?

電話で再度ライセンス認証を受けて使用します。
ここがちょっとだけ面倒です。

参考URL:http://www.microsoft.com/japan/office/editions/p …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
ノートPCならもう一台インストールできるみたいで、これは助かりますね。
office非インストールマシンを購入し、製品版を別途購入することに決めました。

お礼日時:2005/04/06 17:55

ライセンスとその認証ですが、オフィス2000までとそれ以降では方式が違います。



オフィスXPとオフィス2003では、インターネットまたは電話による認証となり、規定の数以上の承認を取れません。製品版でも、使用できるのはライセンスを認証しなければ49回再起動すると制限がかかりますので、実際に利用できるのは1台だけです。

次に購入したパソコンにオフィスを使いたいのなら、プレインストールのもののCDのものは使えませんが、製品版なら電話での認証が取れますので、確実に前のパソコンからオフィスをアンインストールしてあれば、問題が少ないと思います。

ウインドーズXPの認証方法と同じタイプですので、複数の機械にインストールされると、インターネット接続時にそれが発覚するとその後起動できなくなる等の状況になりますので、くれぐれも古い機械のリカバリー等を行なって、完全に情報を消してから新規の機械に製品版を移して下さい。それと、分けて利用も許可されないと思いますので、エクセル、ワードなどを別々の機械にインストールしないようにして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
インストール時の注意点も教えていただいて助かっております。

お礼日時:2005/04/06 17:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインストール済みOfficeが製品版かOEM版か

数年前に家族から古いデスクトップ"A"(OS:Windows XP, Office 2000) を譲り受けました。その際、インストールされているソフトのメディアは譲り受けていませんでした(が、プロダクト・キー等はPCにメモが貼られていました)

今回、Office 2010のアップグレード版の購入を考えており、併せて最近購入したノートPC"B"(Windows7)にも2台目としてインストールしようと考えています。

ここで質問なのですが、Microsoft OfficeのHPを見るとOEM版の場合そのPC("A")にのみアップグレードが可能とありました(ちなみに製品版だと2台目がノートPCの場合OK)。そのため、既にインストールされているソフトがOEM版か製品版かどのように判断ができますでしょうか?

Aベストアンサー

そこはあまり気にしなくて良いはずですけども。
アップグレード後にはパッケージ版のライセンスが適用されますから。
#言ってしまえば、その後Aから削除して別のデスクトップ/ノートにインストールするのも自由

確かアップグレード版のパッケージにも「2台で利用可能!」と大書されていた気がします…

QOffice2003 Personal (OEM)版は、製品版と何が違うのでしょうか?

仕様や性能が違ったりするのでしょうか?
ご教示お願いします

Aベストアンサー

こんにちは。

少し、前の方の補足を入れながら、書かせていただきます。

>仕様や性能が違ったりするのでしょうか?

 違いません。しかし、割が合わないという印象をお持ちになるだろうと思います。この割の合わないという感覚は、世界中の人が同じように思っていると思います。
 その違いは、認証(アクティベーション)のデバイス・チェックの部分だけです。

 これは、「Microsoft 社とユーザーとの規約(使用許諾契約書)」で決められたものです。しかし、それは、日本の商業的な契約としては成り立ちません。それを、ユーザーの個々の道徳心に任せていたのでは、法的にみると、それを厳密に取り締まる法律は、今のところありませんから、カジュアル・コピーが頻繁になって、ソフトウェアのメーカーの儲けが薄くなってしまいます。

 そこで、ソフトウェアをインストールし、認証(アクティベート)する時に、ハードのデバイス情報の10点を収集して、それとプロダクトキーとの合わせたものを、Microsoft (U.S.A)のデータベース側に登録され固定化します。そこで、再度、デバイス・チェックが働いたときに、認証(アクティベーション)を許す・許さないような仕組みを、作ったわけです。(プレイントール製品の場合は、最初の段階の部分で、この仕組みが少し違いますが、最終的には同じになります。詳しくは述べませんが、OEMバージョンには、仕組み上、チェック方法が二種類あります。) 出来る限り、そのOEM版を他のPCで試そうなんていうことはやめたほうがよいです。次バージョンのアップグレード版、前バージョンチェック用(コンプライアンス)に使ったほうが安全です。少し理由を書くと、個人を特定する情報が流れている可能性があるからです。指し当たっては問題ないにしても、将来に渡って安全であるという保証はありません。

 こうした仕組みは、表向きは、海賊(Piracy)行為対策というのが名目ですが、海賊行為とは別に、まったく次元の違う、「カジュアル・コピー(身内でコピーしてしまうこと)」を阻止するためにあります。本来、これは、法的に、同じステージで語ることは出来ません。しかし、私たちは、法律違反をしているようなイメージを与えられてしまっています。規約自体は、決して、日本国の法律に、100%準拠しているのではありません。

 かつては、良かったことが、今のソフトウェアでは出来ないわけで、その分、ソフトウェア会社の利益になっているわけです。また、PCが壊れて使えなくなってしまったら、ソフトウェアも使えなくなってしまいます。PCが早く壊れれば壊れるほど、見かけ上のソフトウェア会社の利益になります。

 PCと、アプリケーション・ソフトが、「そのPC」しか使えないバージョンがあるというのは、私は、消費者保護の観点から、それ自体に問題性があるように思います。PC/ハードメーカーが、OEMソフトウェアの製品寿命(ライフサポート・サイクル)の最低の5年(MS製品の場合)の稼動は保証しなければならないはずです。実際に、それがなされているのでしょうか。

 その寿命以内に、仮にハードの故障によるソフトウェアが使えなくなってしまった場合、本来は、そのソフトウェアに対して、ハードメーカーが保証すべきではないでしょうか。ソフトウェアの規約上、免責条項が謳われていますが、こういう問題には触れられていません。もしも、最初から、PCに欠陥があり、1年も経たずに壊れてしまった場合、それに関わるソフトウェアは、本当に、諦めて捨てるしかないのでしょうか。ソフトウェアの値段が安いから、諦めるしかないという理由は、消費者にとって、納得できることでしょうか。私たちは、インドの不幸な人たちに、数億ドルもの寄付をするために、購入したソフトウェアを、中途で、むざむざと捨てているわけではありません。やはり、対価に値するものは、要求してもよいと思います。

 私たちは、茶碗や食器はいつかは壊れることは知って購入はしますが、食品の賞味期限の分からないものなど買いませんし、買わないようにすると思います。やはり、賞味期限が十分にある心配のないものを買うべきだと思います。(なお、次回はアップグレードを購入し、その前の版をチェックに使い、別のPCに、新しいアップグレードのインストールと認証は可能です。)

 これを機会に、一度、良く考えてみてくださいね。

こんにちは。

少し、前の方の補足を入れながら、書かせていただきます。

>仕様や性能が違ったりするのでしょうか?

 違いません。しかし、割が合わないという印象をお持ちになるだろうと思います。この割の合わないという感覚は、世界中の人が同じように思っていると思います。
 その違いは、認証(アクティベーション)のデバイス・チェックの部分だけです。

 これは、「Microsoft 社とユーザーとの規約(使用許諾契約書)」で決められたものです。しかし、それは、日本の商業的な契約としては成り...続きを読む

QMicrosoft Office Professional Edition 2003 製品版の定価は?

お世話様です。

タイトルの通りなのですが、「Microsoft Office Professional Edition 2003 製品版」の定価が知りたいです。
店頭価格は6万円弱になるのはわかるのですが・・・
ついでに中国語版や香港版(英語版?)も金額がわかれば知りたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Microsoft Office 2003 Editionsはオープン価格だそうです。

参考URL:http://www.microsoft.com/japan/office/howtobuy/default.mspx

QMicrosoft社のofficeという製品を複数台のPCにインストールする事

こんにちは。
タイトル通り、Microsoft社のofficeという製品を複数台のPCにインストールする事に関してご質問させて頂きたいと思います。

過去の質問も見てみたのですが、まだ不鮮明な部分がある為、質問させて頂きます。
既出の質問と同じ意味でしたら申し訳ないのですが、宜しければ教えて下さい。

※現在office XPのプレインストール版(NECバリュースター)を使用しています。
PCを買い換えようと思うのですが、予算の問題で、officeが入っていないPCを購入しようと考えています。(特にofficeは2003じゃなくても良いので・・・)

以下は解っているのですが・・・。
・プレインストール版は1台のみ
・2台目をインストールする際、ライセンス認証が通らない。

ここで質問です。
(1)バージョンが2000の時は、ライセンス認証は無かったと思うのですが、もしそうだとしたら、2000であれば何台でもインストール可能という事でしょうか。

(2)起動回数に制限がかかった場合、アンインストールしても回数はリセットされないのでしょうか?もしそうであれば、インストールとアンインストールを繰り返せばと・・・思ったのですが。

(3)例えば、PCが故障してリカバリーした場合、再度プレインストール版のofficeを入れるときは、ライセンス認証は不要なのでしょうか?
(故障は仕方無いとも思うのですが・・・)

Microsoftに複数台のインストールは可能かと尋ねた所、回答は以下でした。
(1)プレインストール版はそのofficeが入っていたPCのみでの利用
(2)別PCへのインストールは不可。

なぜいけないのか。インストールした場合どうなるのか。に関しては、「使用許諾で決められている」との事で、詳細に関しては解らなかったです。


ちなみに、使用許諾は理解しておりますが、上記の質問の回答って・・という事で気になっております。

どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

こんにちは。
タイトル通り、Microsoft社のofficeという製品を複数台のPCにインストールする事に関してご質問させて頂きたいと思います。

過去の質問も見てみたのですが、まだ不鮮明な部分がある為、質問させて頂きます。
既出の質問と同じ意味でしたら申し訳ないのですが、宜しければ教えて下さい。

※現在office XPのプレインストール版(NECバリュースター)を使用しています。
PCを買い換えようと思うのですが、予算の問題で、officeが入っていないPCを購入しようと考えています。(特にoffice...続きを読む

Aベストアンサー

 ソフトウェアの利用にはライセンスがあります。これは、PC1台当たり1ライセンスが原則です。
 ソフトウェアの所有権はメーカーにあり、利用する側が持っているのはあくまでも使用権です。つまり、著作権の問題になります。
 複数のPCにインストールする場合は、その台数分のライセンスを別途に購入する必要があります。Offceであれば追加ライセンスが在ったと思います。
http://www.microsoft.com/japan/licensing/vl/lineup.mspx

参考URL:http://computers.yahoo.co.jp/dict/security/drm/2011.html

Q製品版一太郎は何台のパソコンにインストールできる?

1.一太郎(通常の製品版やキャンパスキット)は、
  MSオフィスの製品版ワードXPと違って
  自分のパソコンであれば何台にでもインストールできるのでしょうか?
  それとも、ワードと同じように一台にしかインストールできないのでしょうか?
  (もしくは、してはいけないのでしょうか?)

2.製品版一太郎もワードと同じように、オンラインか電話でライセンス認証するのでしょうか?

3.パソコンを買い換えても、一太郎は自分がもっている製品版を
  再びインストールするだけで使用できるのでしょうか?
  仮に将来一太郎をアップグレードしないつもりでいれば、パソコンを何度変えても
  一度の出費だけで半永久的に使えると考えていいのでしょうか?


MSオフィスのワードは、ライセンス認証もあって、
デスクトップ一台とノート一台にしかインストールできませんよね。
つまり、パソコンを新規購入した場合、
ワードも新しく買わなければならないということですよね。
(それとも旧デスクトップからアンインストールして
 電話でライセンス認証すればお金をかけずに使用可?)

こういうことが一太郎ではないのかどうかが知りたくて質問しました。
もしなければ、ワードではなく一太郎を購入したいと考えてます。
(私自身はどちらの操作にも慣れていて、仕事に使うわけではないので、
 将来的な金銭面のみで比較検討しています)


また、一太郎を何代にもわたって自分のパソコンに
インストールするつもりなら大切なことなど、もしあれば教えてください。
(たとえば古いパソコンにも一太郎を存在させたままでもいいのか、
 それともアンインストールしなければ使えないのか、など)

1.一太郎(通常の製品版やキャンパスキット)は、
  MSオフィスの製品版ワードXPと違って
  自分のパソコンであれば何台にでもインストールできるのでしょうか?
  それとも、ワードと同じように一台にしかインストールできないのでしょうか?
  (もしくは、してはいけないのでしょうか?)

2.製品版一太郎もワードと同じように、オンラインか電話でライセンス認証するのでしょうか?

3.パソコンを買い換えても、一太郎は自分がもっている製品版を
  再びインストールするだけで使用...続きを読む

Aベストアンサー

1.
基本的には、PC1台のみにインストールし、本人だけが使えます。
ただし、PC1台のみにインストールした場合、
そのPC上で使う場合(共有フォルダ経由で起動したりしない)に限って、
複数人で利用できます。
ソフトウェアを1人でしか使わない場合は、同時に使用しない、という条件で、
複数のPCにインストールできます。
このとき台数の制限はありません。

つまり、台数を1台に制限して人数を制限しないか、
人数を1人に制限して台数を制限しないかの選択があるわけです。

2.
ライセンス認証はありませんが、基本的にはユーザー登録しないと、
アップデートをする際に制限が発生します。
具体的には、アップデート版からクリーンインストールする際、
ユーザーIDが必要になりますが、これはユーザー登録しないともらえません。

3.
その通りです。
また2.で書いたとおり、ユーザー登録しておけば、
アップグレード版を買った際にユーザーIDを入れるだけで
新しいPCにインストールも可能です。

一太郎はインストールする際に旧バージョンを検出しますので、
インストール前に旧バージョンをアンインストールするなどの作業は必要ありません。
削除しない設定にしておけば共存させることも可能です。
ただ、共存させてから旧バージョンをアンインストールすると、
共通するツールがアンインストールされることがあるので、
その際は新しいほうでツールを修復インストールする必要があるかもしれません。

また、共存を前提に複数の製品をインストールする際は、
古い製品から順にインストールするように、と言われています。

1.
基本的には、PC1台のみにインストールし、本人だけが使えます。
ただし、PC1台のみにインストールした場合、
そのPC上で使う場合(共有フォルダ経由で起動したりしない)に限って、
複数人で利用できます。
ソフトウェアを1人でしか使わない場合は、同時に使用しない、という条件で、
複数のPCにインストールできます。
このとき台数の制限はありません。

つまり、台数を1台に制限して人数を制限しないか、
人数を1人に制限して台数を制限しないかの選択があるわけです。

2.
ライセンス認証はあり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報