父が脳ドックでひっかかり、大脳動脈閉鎖の疑いがあるということで今度「血管撮影」とやらをすることになりました。母はパニック、私もどうしていいのか分かりません。
そこで、お伺いしたいのですが、
1 「大脳動脈閉鎖」とは具体的にどのような病気なのでしょうか?
2 「血管撮影」という検査にはかなりの危険が伴い、後遺症でいろいろな障害が残る可能性があるらしいのですが、どのくらいの確率でそうなってしまうのですか?また、そんな危険を犯してまでしなければいけない検査なのでしょうか?
3 もし手術をするとして、治る見込みはどのくらいあるのでしょうか?また、手術はどのくらいの確率で成功するのでしょうか?
4 もし身近に同じ病気の経験者がいらっしゃいましたら、経験談を聞かせていただけないでしょうか?

私も医学知識がないので、理論武装してなんとか母を落ち着かせたいのです。どうか、医学知識のある方、経験者の方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も、大脳動脈閉塞で、手術しましたが、あくまでも、脳梗塞の予防と、


言われました、一度三年前に脳梗塞の為右足が、びっこに、物忘れも、ひどく
なりました、手術して2ヶ月と一週間たちましたが、まだ痛み止めを飲んで
いて、まだ、違和感が、あります、物忘れは、後遺症と言われています、
私の年齢は、47歳ですが2月で、もう一年になります、
生活費も、底に付きそうです、
かなり節約して、病院にも、まだまだ通院しています。
    • good
    • 0

こんにちは。


わたくしは専門家ではありませんが、過去に35歳の時に脳梗塞を発症した際と40歳の時に再検査のために、脳血管撮影を行いましたが、特に問題なく終わっています。
脳血管撮影は一応難しい検査という位置付けになりますので、同意書の提出を求められます。
麻酔は部分麻酔で、通常は大腿部の付け根=鼠頚部の大動脈からカテーテルを入れていきます。検査を受ける間はこちらの意識がありますので、何をしているかはよくわかります。
検査場所までカテーテルを入れていきますと、そこで造影剤を注入し、レントゲンを取りますが、ごくまれにこの造影剤でショックを起こす人がいるそうですが、可能性はきわめて低いといわれました。
この造影剤はヨードですが、検査が終わってから、点滴を続けてヨードを体内から出します。当然絶対安静が必要です。鼠頚部から出血しないようにその場所に止血できるようにガーゼのようなものを当てて、ひたすらじっとしています。絶対安静とします。(何時間かと思います。)止血が確認されて、点滴が終われば、終了です。
私の経験ではカテーテルも相当細くなっており、血管のどこを通っているかモニターで見ながら行っていますので、よっぽど下手な人でなければ大丈夫と思います。
また血管造影検査以上に中が良くわかる検査はこの分野ではないようです。(MRI検査も良くわかりますが、それでも全然違います。)
実際はお医者さんの指示に従って信頼して身を任せるしかないと思います。(こちらが緊張しすぎていると相手にも伝染するそうです。)
参考になるかわかりませんが、私と違い、事前に判って良かったと考えて下さい。
ガンバ!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい経験談をありがとうございます。とても参考になりました。今回,やはり同意書が必要で,私が同意書を書きました。ついつい悪いことばかり想像してしまうのですが,概要が分かりましたので私も母も少し安心して病院について行けそうです。無事済むことを信じて行って来ます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/10 18:18

脳は両側の頚動脈とその後ろにある椎骨動脈の4本から血流を受けています。

頭蓋骨内ではそれが複雑に合流したり別れたりしています。どの血管が閉塞しているのかわかりませんが、現在は症状はないのでしたらいつのまにか血管が閉塞して自然とそのバイパスができていることになります。
無症状の場合は動脈硬化によることが多いようです。検査の目的はバイパスが十分働いているかとその他の血管に異常がないかを調べることです。
脳血管撮影自体の危険性は常識的にはほとんありません。ただベテランがするかどうかということで時間が違ったり検査後に穿刺部の痛みが少し続いたりということはありえます。造影剤による副作用でこわいのはショックですが生命にかかわるのは10万回に1回以下といわれています。手技により脳の血管がつまってしまうこともないわけではありませんが滅多に耳にすることはありません。血管撮影自体の危険性は検査せずに放置する危険よりはるかに低いと思われます。
治療は危険因子の排除と抗血小板剤の投与ですが手術をするとすれば頭皮の動脈を脳に埋め込むバイパス手術になります。しかしこの手術の適応は慎重に決める必要があり血管撮影以外にもいろいろ検査が必要になります。手術自体は難しいものではありません。
最低脳血管撮影と脳血流測定は受けておくべきと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「血管撮影の危険性は検査せずに放置する危険よりはるかに低い」の一言で,検査を受けてもらうことを決めました。父は59才。今のところ症状がないせいか,「今元気なのに下手に検査してショックで後遺症が残るのが嫌だ」と言っています。でも,検査してみなければ適切な処置はできないんですよね。回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/07 09:05

「血管撮影」に関して、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「頭部血管造影」
この中で特に「検査方法」「検査に伴う危険」「異常値の意味」と関連リンク先を参考にしてください。

http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(脳動脈瘤)
この中では特に「原因と危険因子」「治療」「予後と転帰」「合併症」と関連リンク先を参考にしてください。

「動脈瘤」ではありませんが、家族で検査入院(1泊)しましたが、特に問題はありませんでした。
ただ、検査後しばらく体を動かせなかったためか(緊張もあったのか・・?本人が神経質のため?)、原因不明の肩こりが長い間あったようです。
これも個人差があるでしょうが・・・?

ご参考まで。

お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。「障害の残る危険のある検査」と聞いただけで2人して落ち込んでいる両親も,なんとか検査を受ける気になってくれました。あとは日本の医学を信じるしかないですよね。

お礼日時:2001/09/07 09:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大動脈閉鎖不全

大動脈閉鎖不全を患っている58才(女)です
昨日 妹の来客があり、同席したほうがよいと
会話を聞いていましたが3時間を超え、疲れたと感じまた、夕方であるのに帰宅しない事にいらだちましたその後、急いで夕食の準備をしていたら、
胸がバクバクする強い動悸を感じました
そのとき 子供が帰宅したので子供に家事を頼み
少し横になり子供と話をすると落ちつき、デパスを飲みました。(循環器で頂いてます)
その後は 時に異常がありません。
一時的なものと考えてよいのでしょうか?
毎日の投薬のおかげ?で普段は何も症状は出ません
一週間前、心臓のエコーをとり異常ありませんでした
今後、同じような事があったら、どうしたらよいでしょうか?

Aベストアンサー

 心臓の疾患があり、ご不安なこととお察しします。

 大動脈弁閉鎖不全症(AR)は、血圧の測定や心エコー検査でその程度が分かります。
 心エコーで特に問題がないと言われているのですね。
 ARは自然に治る病気ではありません。もしARのせいで動悸や息切れなどの症状が出ているのであれば、その後も出現するのが本当だと思います。現在特に問題がないのであれば、心配ないのかも知れません。

 ただ、ARでは自覚症状も大切になってくることがあります。
 恐らく定期的に循環内科に通われているものと思います。次の診察はいつでしょうか。その際に、こんなことがあった、と相談されてみてはいかがでしょう。

Q手首動脈血管が浮き出る

左手首の動脈血管(脈を取る部位)が知らないうちに浮き出てきました。
長さは3cm位で脈を打っているのがよく分かります。
痛いとか痺れるなどの自覚症状は全くありません。
皮膚科を受診しましたが原因は分からないとの事でした。
原因や対処法など、この症状についてお分かりになる方はいらっしゃいますか。
アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 手首の脈を取る部位の血管で、脈を打っているのがよく分かるとういことなので、親指側の橈骨(とうこつ)動脈と考えて回答します。
 一般にやせている人であれば、この血管が拍動するのが見えることがあります。高齢になって動脈硬化が進行した方では、この血管も他の部位と同様に蛇行することがあります。
 外傷や血管穿刺、膠原病などが原因でまれにこぶ状(動脈瘤)になることがあります。この場合には手術を行うことがありますが、自覚症状がなく、こぶ状にもなっていなければ放置して問題ありません。通常この血管径は3mm程度ですので5mmより太いとか、徐々に太くなっているのであれば外科あるいは心臓血管外科の受診をお勧めします。
 万一、この部位で血管が破れても圧迫止血できるのであわてることなく手首の動脈をおさえて救急車を呼んでもらえば大丈夫です。

Q閉鎖性動脈硬化 入院 治療について 長文

いつも、お世話になっております。
この度、主人が閉鎖性動脈硬化と診断され
緊急入院しました。
閉鎖性動脈硬化についての質問ありましたので、アドバイスや体験のある方・専門家方々・ご意見ありましたら宜しくお願い致します。
 状況・状態・概略
足の痛みが始まり3日目に病院へ行きました。
(ふくらはぎから足指まで血の気が無く白く冷たく安静時も痛みあり)
病院から紹介状で仙台市内の大きな病院へ行き、そのまま入院。
足の動脈に血栓(閉鎖性動脈硬化とは言われませんでした。入院直後の病室のファイルに閉鎖性動脈硬化症の疑いで入院診察計画書がありました。)ができているとの判断でした。
入院後、点滴と薬で3日目に血管造影検査の承諾書。
造影剤によるアレルギー・出血・感染と記され。記載多少の説明あり。
自署のみです。印鑑は無くていいとのこと。
(その時点で、私はよくテレビなどで見るカテーテルをしたと思っていた。)
足の動脈に針が刺さった(動脈より血栓と溶かす点滴)状態約2時間ほどで戻ってきてから、病棟婦長から4人部屋から個室に移って欲しいと言われ、断ったが、点滴とか増えたのでナースステーションから近い方がいいと言われ移ったが、監視カメラがついている個室だった。(個室料金なのかなんだかさっぱり説明が無い。)
動脈から点滴、腕からの点滴日中1本夕方からは1本増え・錠剤の状態。4日後、血管造影検査の承諾書その他記載無し。またもや自署のみ。
詳しい説明もなかった。
造影に行ってから前回の時間を過ぎても戻らず、ほぼ6時間半たって戻ってきた。動脈には以前針が刺さった状態で点滴。本人は10センチ位の血栓が取れたと言っているのを聞いたらしい。
その後、医師からの説明が無く。(3日目7日目の違いが解る画像を見せて欲しいと看護士・医師に言ったが音沙汰なし)
翌日の午前中に放射線技師(担当医では無く血管造影をしてくれた人)の方が来て、診察足の脈を見に来たときに訪ねてみた。
どこに血栓があって取れたのか、私は全然わかない。と言ったら、その技師の方は、どの辺に血栓ができ前日のカテーテルで一番大きなのをとりのぞきましたが、そのしたにつながる動脈大きな3本にも血栓は残っている。と言われた。主人はショックを受けていた。担当医に聞いてもあいまいな回答ではっきりと言わないで、技師の方に私が聞いて解った状態だった。その3日後、また血管造影検査の承諾書には、出血・造影剤アレルギーなど記載あり、自署のみ。その場に私は用事で出かけていた間で戻ったら、承諾書が部屋にあり、主人は検査に言った状態でものけの空だった。2時間ほどで戻ってきたが、動脈には針が刺さった状態で点滴。本人は良くなっていると言われたらしい。
その後も担当医からは詳しい説明は無い状態。

 解らないこと、ドキュメントやテレビドラマなどを見たり、知り合い・知人からきたりしたことがある、カテーテル後の血栓が飛んでしまうリスクがあるのは私は知っていたが、担当医からそのリスクに関して説明が一切ないのは今時の病院はあるのか?(2度目の血管造影後、技師の方はこのリスクに関して説明は多少してくれた。)
 血管造影の画像を見せてくれないのは当たり前なのか?
 承諾書に自署だけで印鑑おさなくてもいいのか?
 担当医(心臓外科)より、技師の方に聞いている状態で良いのか?
 治療方法として妥当なのか?
なにぶん、初めての事でそのほかにもいろいろ聞きたいことありますが皆さんから聞きたいこと大きく5つ宜しくお願い致します。
ちなみに手帳にあったこと私がいるときの物は全部日時事柄記入しております。よろしくお願い致します。

いつも、お世話になっております。
この度、主人が閉鎖性動脈硬化と診断され
緊急入院しました。
閉鎖性動脈硬化についての質問ありましたので、アドバイスや体験のある方・専門家方々・ご意見ありましたら宜しくお願い致します。
 状況・状態・概略
足の痛みが始まり3日目に病院へ行きました。
(ふくらはぎから足指まで血の気が無く白く冷たく安静時も痛みあり)
病院から紹介状で仙台市内の大きな病院へ行き、そのまま入院。
足の動脈に血栓(閉鎖性動脈硬化とは言われませんでした。入院直後の病室...続きを読む

Aベストアンサー

閉塞性動脈硬化症ですね。文章から察するに、閉塞性動脈硬化症を持っているところに、血栓ができてしまい、緊急入院となったというところでしょうか。
1.カテーテル時の血栓のリスクについては、説明があってもいいと思いますが、(1)現時点で血栓が詰まっており、何もしなければ足の切断が必要になる状況で、(2)カテーテルで血栓が飛んだとしても、現時点で血栓が詰まっている以上は同じこと、であり、あえて説明をする必要性は低いのかもしれません。静脈血栓、肺塞栓(いわゆるエコノミークラス症候群)のほうは説明があるべきかもしれませんね。
2.検査結果については示す義務があると思いますが、継続治療中であれば、どの時点で説明するかは医師の裁量でもいいかもしれません。ただし、今回の話を聞く限りではもう少し説明があってもいいように思います。医師の言い分も聞いてみないとわかりませんが。
3.承諾書は自署で問題ありません。捺印不要です。公文書の場合ですが、自署であれば多くのものは認印不要ですから。
4.技師と仰いますが、医師です。おそらく放射線科医だと思います。カテーテル検査のエキスパートです。血管外科医よりもカテーテル検査については専門家ですよ。放射線科医のほうが積極的に説明をする病院もありますが、質問者の場合は分かりません。
5.妥当性は情報が限られており分かりませんが、こういった病状の場合の治療法としては、
人工血管などを使ってバイパスを行う:これは、詰まった血管よりも心臓側と足側をつなぐ治療ですが、適応が絞られます。
動脈から血栓を溶かす、取り除く治療:今されている治療です。
足の切断:血流の途絶えた足の組織は死んでいきますので、それが感染源になります。壊死した足を切断します。治療というよりも最後の手段です。
おそらく「大きな3本にも血栓が残っている」ことからも足全体に動脈硬化が進んでおり、血栓ができている為、バイパス術は適応外であると考えられます。このために血栓溶解、除去術が選ばれたのは妥当のように思います。

閉塞性動脈硬化症ですね。文章から察するに、閉塞性動脈硬化症を持っているところに、血栓ができてしまい、緊急入院となったというところでしょうか。
1.カテーテル時の血栓のリスクについては、説明があってもいいと思いますが、(1)現時点で血栓が詰まっており、何もしなければ足の切断が必要になる状況で、(2)カテーテルで血栓が飛んだとしても、現時点で血栓が詰まっている以上は同じこと、であり、あえて説明をする必要性は低いのかもしれません。静脈血栓、肺塞栓(いわゆるエコノミークラス症候群)のほう...続きを読む

Q大動脈弁閉鎖不全で、機械弁、生体弁の選択で迷ってます

先日、大動脈弁閉鎖不全と診断され、秋までには弁置換手術が必要とのことです。そして、やはり機械弁、生体弁の選択で迷ってます。そして、お聞きしたいのです。飲酒、運動において、機械弁、生体弁それぞれどの程度可能なのでしょう?また、手術後、登山などは可能なのでしょうか?選択の参考にしたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

人工弁のメーカーのページに解説がありますのでご覧になってください。
術後の運動などについては、弁の種類よりも、今までの弁の不調によって左心室の筋肉がどの程度ダメージを受け、手術で負担が減ったことでどの程度回復できるかによることが大きいと思います。
ワーファリンが必要な場合は、出血をする危険性が高い行動は控えるようにすべきでしょう。

参考URL:http://www.edwards.com/Japan/familyandpatient/valve/valve.html

Q冠動脈バイパス手術後 新生血管が

怖くて聞けなかったのですが、思い切ってお聞きします。
一年半前に、冠動脈バイパス手術をし、先日、
検査の為、カテーテルを入れたのですが
バイパスでつないだ二本の内、一本が詰まってました
そして、新生血管ができていたのです。
循環器の先生によると、二本の血管に流すほどの
血流が無い為、一本が詰まったとの事でした。
 これは、新生血管ができたのを、喜ぶべきなのか
バイパスした血管が詰まったのを、深刻に
考えるべきなのか、不安です。
どう、受け止めるれば、よいのでしょうか。
 又、私のような例は、多々あるのでしょうか。

Aベストアンサー

冠動脈バイパス術後につないだ血管が閉塞することは散見されます。必要があればその血管をいわゆる風船治療等で再開通させることはあります。が、今回の場合すでに新生血管が出来て心筋に充分に血流があるので必要ないと判断されているのではないでしょうか。
いずれにせよ、主治医にはあなたのそういった疑問・不安に答える義務があるので、かならず聞いてみて下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報