【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

宜しく お願いします。私の父は13年前に病気で亡くなり、今は母が居ます。弟が母と一緒に 暮らしてくれています。母は いい人です。が、時々 これでもか、、と言う様な話の仕方をします。そんな時嫌な思いをするのですが、黙っています。(家を購入した時に長男にも出したからと言って 頭金を少し出してくれました。もう12年も前の事なんですが、、)主人の愚痴などを、つい言ってしまい、そんな時 私を 庇ってくれているのだと思いますが、あの家の 頭金も 出してやったのに、、とう言います。しまった!愚痴も言っては行けない、と思うのですが、いわば攻撃的な部分があるのです。私は 口では負けないのが解っていますが 遭えて言いません。でも こんな事は言っては行けない事だと 何かしらの方法で 伝えておきたいとも思うのですが、感情が 高く 誰がこういったとか 凄く 覚えていて、話している内に高ぶる様な時もあります。手を出すとか そんな事は 全くありません。先日も 私の 用事で遠方まで 付いてきてくれたのですが 私の 用事が済むまで 待っていてくれ、疲れたのか 待ち合わせの場所で 座り込んでしまっていました。そんな姿を 見ると胸が痛みます。父を亡くし、連れ合いが居ないと言う事で 寂しいと思うのです。が やはり自分の 親には すばらしくまでは 言いませんが、理想の年寄りで居て欲しいと言う 願いもあります。これから どんどん年をとって行きます。これから 物忘れなども 増えて、耳も もっと遠くなって、、色んな 場面が出てくると思うのですが、こんな感情豊かな 母と ずっと いい付き合いをしていくには どの様に 工夫が必要ですか、決して悪い人間では ありません。

A 回答 (2件)

私にも高齢の両親がいます。


父は、質問者様のお母様と似た率直で一本気な性格で、思っていることをついつい口にして、まわりのかたに不快な思いをさせることもしばしばです。
でも、それはふたごころのないお腹のきれいな証拠だとも思うのです。

私の心がけていることは、「否定しない」ということです。年をとり、いつお迎えがくるかわからないという漠然とした不安、そこかしこに現れる自分の意思ではどうにもならない身体の不自由さ、心と口だけがそれを紛らわし、「現役の自分」をアピールできるのです。
なので、それを否定・非難することは、私たちがされる以上に辛く絶望的なことだと推察します。
私たちでさえも、何かに共感してくれればうれしいですものね。

私は、父が激昂すると、自分もそれ以上に怒るのです。もちろん他人の耳に入らない場所を選ぶことが大事です。
「お父さんが怒るの当たり前よ!!よし、私が言ってとっちめてやる!!訴えてやる!!」
すると人間心理は不思議なもので、父は突然わがままなおこりんぼから常識ある父親になって、私をなだめようとするのです。

悲しんでいるときは、私もそれ以上に悲しみを表現します。私が泣くと父も泣いて、泣きながら私を慰めようとします。

ちなみに、母がこの手を使っても効果はありません。
いくつになっても子供は子供で、親として自分が守ってやらなきゃと思うのでしょうね。

父は脳梗塞で倒れたあと、一段と感情の起伏が激しくなり、ときおりわけのわからないことも言ったりしたりします。
トイレが間に合わないこともあります。
こんな親の姿を見るのは、本当に辛いです。
理想の年寄りでいて欲しいという気持ち、ものすごくよくわかります。
でも、これが現実です。

お母様の味方でいてください。
そして味方であることを、お母様自身が実感できるように、共感してあげてください。
ときには、自分の不備をわざと言って、叱られたりアドバイスを求めたり、甘えて泣いたり。

お母様の身体が丈夫なら、旅行なんかもいいですね。
旅は、加算法で生きると楽しいということを、実感させてあげるいい方法だと思います。
雨が降って残念→雨が降ったから石畳がこんなにきれい、こんなにきれいな町を見られてラッキーだったね、というように。
母はこういう幸せを見つける名人なので、私も学んでいます。

お母様はあなたを無条件に愛しています。
あなたも、とりあえず無条件に受け入れる→プラス思考にもっていく、をお試しください。

いつか、こんな悪たれをついたことですら、懐かしく心傷む日が来るのでしょうね。
人間の死亡率は100%なんだから。
大切になさってください。
長々と、勝手を失礼致しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難う御座います。そうですね。素直で正直なんですよね。口癖の様に いつ死ぬか 解らないのだから、、と言っています。年を 重ねる事イコール死を意味します。それは 私なんかより、もっともっと身近に。考えると 恐いですよね。最近は 否定する事無く ただ 聞いています。血圧が高いので、余り 怒らない様に言うんですが 人事でも腹が立つようです。(^o^;)でも ふとした瞬間に、年を取ったなぁ、と胸が痛くなります。誰もが 必ず迎える老いる、、と言う事。だからこそ母には hiro-2005さんの
おかぁ様の様にプラス思考で生きていって欲しいです。色々 お話聞かせて頂き有り難う御座いました。

お礼日時:2005/03/30 15:10

話し方がきつい、率直、なんですよね。

私の祖母とそっくり。(笑)でも、あなたのことをかわいがっていらっしやるのはよくわかりますよ。
できるだけ冷静に話を聞き、そして話題をそらすなどして、あなたがむきになるのは避けたほうがいいです。楽しいこと、とりとめのないことのお話をしましょう。大事にしてさしあげてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の ご回答有り難う御座います。仰る通り、正直なんですね。なので他人の事でも(自分が言われた訳でもないのに、)あんな風に言うなんて! とかって 怒ったりしています。^^;やはり 私達より 老いていると言う事は、寂しいし、恐い事もあると思います。私が、親孝行出来る様に もっと頑張りたいと思います。色々有り難う御座います。

お礼日時:2005/03/29 23:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実母との同居。本当に地獄です。

長文です。とても苦しいです。どうかアドバイスを下さい。

79歳の実母と暮らし始め1年弱です。母は性格が悪くてきつく人の悪口しか言わないような人ですが、家族には愛想良く同居する前は仲良くしていました。
なので同居してもうまくいくと信じ母の病状も悪く同居に踏み切りました。
しかし私と娘(15歳)が母の家に入り女3人の暮らしが始まった途端、私の姉と兄に私や娘の悪口、作話、被害妄想などを言うようになりました。
とにかくひどい悪口でしかも私は何ヶ月もその事を知らず姉兄は本当に私がひどいことをしていたと思っていたほどです。

私のすることなすこと全てが気に入らないようで、私が庭の手入れをして疲れたので横になっていたら、
やれと言ったわけじゃないのに私がさせてるみたいだから痛いとか疲れたとか言うな!
と1日かけて伸び放題の草木を汗と泥まみれになってやったのにこの言い草。同じ仕事を兄がたまに来てやっていくと、
兄には日当として2万渡し感謝感謝で、私にはもちろんお金などくれず(貰うつもりでやっていませんが)お礼の一言もなく、
お前がやると私の肩身が狭くなるなど、あり得ないことを言います。
あまりにもひどいので認知症の検査もしてもらいましたがまだ認知症ではなく、病気が言わせているのではないと知りショックでした。

買ってきたお菓子をお前達だけで食べやがって!といきなり怒鳴るので、何のことが分からず探したら、母のカバンから出て来て、私もかーっとなり怒ってしまい、私に謝ってよ!と言っても母は、「何で私が謝らなきゃいけないの!」と母も怒鳴り、月に何度かこのようなことが起こります。

認知症なんでしょうか?半年前は認知症ではないと言われましたが。
しかし、一度認知症ではないと言われましたので、もう病院に連れて行くのは難しいです。
精神科などにも相談したいのですが、私を信用していないので、一緒には行ってくれないと思います。

最近は母には何も言わず言っても無駄なので、はいはい全て私が悪い。悪かったねーと言えば機嫌良く過ごしています。
なので取り合わないことだとは分かっていても心はズタズタに傷つきます。
私の娘(孫)の悪口を言い、今度また生意気なことを言ったら出て行ってもらうというのが口癖です。

同じ土俵には立たないということを心に決め過ごしていますが、心は傷つき母のために一生懸命やっても、
酷い事しか言われないので心が折れます。でも料理掃除などは必ずやっています。
母もストレスがたまると思い、月に一度は姉に来てもらい悪口を聞いてと頼んでいます。

姉も兄も分かってくれますが同居の苦しみは決して理解してくれません。
私が泣いて家を出たいと言っても大げさだとか家を出たらもう二度と母と会えなくなる、
貧乏するとか、色々言われ踏みとどまっています。

姉や兄はたとえ何か嫌なことがあっても、自分の家に帰ればいいわけで、
私はずっと家にいて自由なんて全くありません。奴隷か女中のような気分です。
娘と3-4時間買い物に行くだけで不機嫌になり出て行け!と怒鳴り散らします。

私の心の苦しみは、母が姉や兄が来るたびに、いかにも自分がかわいそうだという風に
私の悪口を並べ立て、あることないことを言い私をとにかく悪者にします。
それを姉や兄はかわいそうにとか、分かった分かった・・・と同意して、
私が悪いようなことを言うので、母は大満足です。
母を落ち着かせるのはこれしか方法はないと言いますが、分かってはいても、
本当に毎回、姉や兄が来る度に私自身が踏みにじられているようで耐え難い苦しみがあります。
母は私の悪口を姉と兄に言ったことですっきりし、ご機嫌になりますが、
私は奥深く傷つき、これをずっと耐え続けています。
しかし、これをしないと母のストレスはたまり私への当たりがきつくなるので、
心を閉じて姉に頼んでいる次第です。本当はこんなことしたくないのですが。

この様なひどい性格の母とこれから先何年も同居するにはかなりの工夫がいります。
家賃だと思って我慢しろと友達からは言われています。

私が大人になり、我慢するしかないのでしょうか?
家を出ることも何度も考えましたが、母子家庭で犬もおり、
給料がそんなに良くないので、家賃がいらない今の環境は金銭的には最高です。

そういったことも考慮し、耐えるしかないのでしょうか?
姉や兄には今までのように悪口を聞いてもらい、いくら何を言われても我慢するしかないのでしょうか?

そして母は私達のことをどうのように思っているのでしょうか?
怒ってない時は普通ですが、何かあるとすぐに出て行けと言いますが本心なんでしょうか?
出て行った方がお互い幸せになるんでしょうか?

本当に悲しく苦しく辛いです。考えないようにしたくても、どうしても頭から離れません。
どうしたら、母が言う悪口を気にすることなく過ごせるでしょうか?

長文です。とても苦しいです。どうかアドバイスを下さい。

79歳の実母と暮らし始め1年弱です。母は性格が悪くてきつく人の悪口しか言わないような人ですが、家族には愛想良く同居する前は仲良くしていました。
なので同居してもうまくいくと信じ母の病状も悪く同居に踏み切りました。
しかし私と娘(15歳)が母の家に入り女3人の暮らしが始まった途端、私の姉と兄に私や娘の悪口、作話、被害妄想などを言うようになりました。
とにかくひどい悪口でしかも私は何ヶ月もその事を知らず姉兄は本当に私がひどいことをし...続きを読む

Aベストアンサー

負のエネルギーを芸術などの
特技・趣味で昇華させてしまえると
宜しいのですが、そうした世界と無縁な
人は抑圧してきてしまっていることが多く、
それが何らかの理由で、悪口や暴言などで
爆発的に顕現してしまうのですね。

《出ていけ!》は、お嫁さんにきたころに
お姑さんから言われたことがあるのでは
ないでしょうか。

お兄さんと質問者さまの扱い方の差別も
過去に自身が経験したことがあって、
いつの日にか、差別的な扱いをしてやろうと
心の奥で温めつづけてきた想いなのではないでしょうか。

なんとなく認知症の初期症状っぽい印象があるのですが、
バリデーションで検索して、応用・援用してみませんか。
常に、全員が、易しい眼差しと笑顔で対応することを
忘れないこと、ストレートにポンポン言わないようにする、
否定的、批判的、《○○じゃなくて○○でしょ!》のような叱正、
あるいは質問者さまが言ってしまった《私に謝ってよ!》などは、
絶対にやってはいけないことと、心に決めて、これから、
症状が進んでからも実行しつづけていれば、
宜しいのではないでしょうか。

すべては、
敵を知り、己を知れば百戦危からず。  (孫子の兵法)
で、対応可能です。
暴行や暴言は、不快感・嫌悪感の反映だとおもっていて
宜しいのではないでしょうか。
お母さまの姉妹がおられようでしたら、お母さまのお姑さんに
関わる愚痴などがなかったか、訊いてみませんか。

お母さまの機嫌が少しく宜しいときなどに、
《お母さん、お母さんの最も楽しかった思い出を教えてくださらない》とか
《お母さん、ほんとうは何になりたかったの?》などといった
お母さまの脳髄が楽しさで充満するような質問をしてみませんか。

早期に、
お母さまの怒りの根源が明確になると
いいですね。
お姑さんとの関係性が明確になったら、次は、
お母さまの幼少期からの生育史をできるだけ詳細に
知ってみましょう。
眼差し、表情、言葉を優しくすることを
心掛けてくださいませんか。
(強い眼差しや強ばった表情、ストレートな言葉から、
お母さまは、自身が攻撃されていると感じてしまうのです)
バリデーションの極端論法なども研究してみてください。

娘さんには、お婆ちゃまは宇宙人なのよと言って、
いつも、優美な言葉遣いと、優しい眼差しと笑顔で、接するように
するように言えば、事情が伝わるのではないでしょうか。

お兄さまもお姉さまも
お母さまの介護を
受け容れられない理由を
1から100まで、次々に挙げて、
拒否するでしょうが……できれば、
早期に、
家を出るようにしませんか。
それがベストではないでしょうか。

負のエネルギーを芸術などの
特技・趣味で昇華させてしまえると
宜しいのですが、そうした世界と無縁な
人は抑圧してきてしまっていることが多く、
それが何らかの理由で、悪口や暴言などで
爆発的に顕現してしまうのですね。

《出ていけ!》は、お嫁さんにきたころに
お姑さんから言われたことがあるのでは
ないでしょうか。

お兄さんと質問者さまの扱い方の差別も
過去に自身が経験したことがあって、
いつの日にか、差別的な扱いをしてやろうと
心の奥で温めつづけてきた想いなのではないでしょうか。

なん...続きを読む

Q年老いた母親について

.現在85歳の母親が居ます
認知気味の疑いがあり昨年病院に連れて行きましたが
病院では認知とは認められないとの事でした。
TVで認知症の特集を見ていて、症状は母親のものと殆ど同じ代表的なものと、
先生そのものも、見逃すこともままあると正直な意見をみましたので、近々再度病院に
行きたいと思っていますが、
まずお風呂に半年近く入っていません。どんなに、家族が手を引こうと
嫌だと、何かに捕まって、具合が悪くてお風呂に入ったら倒れてしまうと座り込みます。
区役所の人に相談に行き、一度係りの人が見に来てくれましたが部屋から出てきません。

どうしても心配で、仕事もセーブしながら、食事だけはまともなものを食べさせています。

遠い昔の自慢話は繰返しますが、それを嫌な顔で聞いてしまったり
垢だらけの体を、拭きましょうと言うと
具合が悪いとしゃがみこみ、どうして、こんなに実の子供に嫌われるのかと、泣いたり
そのまま食事を一日しなくなってしまったりしてぐったりとしてしまいます。

子供の頃の思い出話を初めて聞くかの様に笑顔で聞くと
顔色も良く、楽しい楽しい、親孝行の子供が居て嬉しいとよく食べてくれます。

これだけ書くとただのわがままな人間の様ですが
10年前は、綺麗好きで、こうではなかったです。

認知気味の、85才の人間の一見わがままだという性格は
自分が我慢して笑顔で受け止めればいいのか
接し方がどうにもわかりません。

食事の時間も毎日違い、作っても食べなかったり、母親の言葉に振り回されて
一日構っていると、鬱気味になってきています。
認知症の人を叱ってはいけないと言うので我慢していても、食べないと言うので食事の
用意をしてないと、おなかがすいた何か食べさせてといきなり怒り出し、急いで作っても
お菓子などを食べていて、もう要らないと言ったり、
焦点を彼女に合わせていると、「あなたみたいなわがままな人間を構う人間は居ない」
と怒鳴りつけてしまってます。すると、泣いた事の無い母が泣き出し、自己嫌悪で私も
死にたくないます。

ほっておいていいものか、自分のスタンスと
距離のとり方がどうにもわかりません。もしこれについてのご意見が聞ければと思うのと
良い本や、どこかで勉強出来るところは無いでしょうか?
お風呂や、病院も、連れて行く方法がわかりません。
どうぞ宜しくお願いします

.現在85歳の母親が居ます
認知気味の疑いがあり昨年病院に連れて行きましたが
病院では認知とは認められないとの事でした。
TVで認知症の特集を見ていて、症状は母親のものと殆ど同じ代表的なものと、
先生そのものも、見逃すこともままあると正直な意見をみましたので、近々再度病院に
行きたいと思っていますが、
まずお風呂に半年近く入っていません。どんなに、家族が手を引こうと
嫌だと、何かに捕まって、具合が悪くてお風呂に入ったら倒れてしまうと座り込みます。
区役所の人に相談に行き、一度係りの人が...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
お住まいの市町村の「地域包括支援センター」に電話で相談してみてはいかがでしょうかね、社会福祉士が情況を把握したうえで必要であれば介護認定やケアマネージャーの定期的な派遣、社会福祉士の定期訪問などで対処方法や接し方などの相談にも乗ってくれるはずです。
*愚息が地域包括で社会福祉士として働いており、そのような相談や本人との面談などで毎日、地域を巡回しております。一人で抱えてしまっている方が多いので遠慮せずに相談してくれると有難いといつも言っております。
ご参考の一助になれば幸いです。

Q親が高齢になったら、子供は一緒に住むべきか?ご意見ください。

これからはますます高齢化社会になると言われていますが、親が高齢者になったら、子供は一緒に住むべきだと思いますか?

高齢者になってからはじめて一緒に住むのと、もともと子供が親と同居していて自分の所帯を持つ(親と同居)とはまた意味が違ってきますが、「子供は親が高齢になったら一緒に住んでいた方がよいか?」といういう意味合いが強いかも知れません。

私は親(母は他界したので父のみ)とは一緒に住んではいませんが、この先父と同居になるかも知れません。

以前日本の多くの世帯は三世帯同居だったと聞いています。そういう家庭では高齢になった親の面倒を見ることは特別なことではなく、ただ順番だったのだろうと想像します。

しかし今は核家族の多い時代。そして親が年老いたら・・ということは、誰にも訪れることだと思います。

この件に関して賛成・反対どんなことでもよいので、ご意見ください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は現在、正にこの問題の当事者です。感想を書いてみます。
「一緒に住むべきか」という設問に「べきか」「べきでないか」の正解は無いと思います。それぞれの家庭事情、個人の考え方・感性、で全く条件が異なるからです。ただ一つの正解は、親が老いたときは、まずはその子が老親の養育・介護の労をとるべきであろう、ということではないでしょうか? そして、この正解を行うための方法論としてはいろいろ個々の家庭事情によって最善の方法が選択される、ということでは無いでしょうか。どういうことを考えねばならないかと言うことを、(たぶん)先輩として気付いたことを書いてみます。
1.まず第一に老親の本音を大事にしたいですね。このごろでは子供と同居して一緒には暮らしたくない、というお年よりも結構います。子供に大変な苦労をかけたくない、ということもあろうし、子供たちに気兼ねしながら小さくなって暮らすのは嫌、という方も多いです。
2.次に大切な、無視できないことはやはり家庭事情、特に経済的事情です。この分野は本当に「金があれば」何もかもが吸収されると思います。早い話、理想的2世帯住宅も可能になる訳です。私たちが社会に出た40年以上前の時代では、人生60年と言われました。今は人生90年です。老親との同居に入ってから延々と、いつまで続くか判らない同居生活は想像以上に大変です。子供側は普通なら結婚して配偶者という他人を伴っています。3LDKに毛の生えたような住条件で世代の異なる世帯が顔つき合わせて何十年も暮らすということは、ほとんどの場合無事平穏ではあり得ないと思いますが。
3.子供側の兄弟、親戚縁者の「口」ということも、これ以上煩わしく、困難なものはありません。いざ介護、という段になってもまず手は出さないが口だけは有りっ丈で出してくる、と覚悟していなければなりません。これをどう捌くか、この一点ででも嫁からの離婚話が持ち出される、ということは多くの家庭の裏側で演じられている実話劇場です。
4.大家族制度はもともと日本が農業国であり、営農のためには多くの人手が必要、という現実的な生活のニーズから自然発生した生活様式であったと思われます。つまり、農業国としては、個人→家族→親戚・縁者→村落→地方集合体→国家というように営農を通じた助け合い共同体の組織の階層として、最終的には国家全体が自然に運命共同体との了解の下に運営されていたように思います。国全体が工業国となり、生産を維持する上での共同体が意識としても、現実的にも必要性が薄れている現在、世帯階層を積み重ねた同居方式は日々の暮らし方としてはほとんど必然性を失っていると思います。一方日本人のDNAはやはり家族というものの繋がり、情(西欧的な愛という感情とは少し違うように思います)、というものを物理的な生活距離の近さと一体化して認識しないと安心できない、という感じ方をまだまだ保っているように思います。そこで出てくる考え方は、老親の面倒を見るために、子は親と「同居するべきである」という考え方でしょう。しかし今の時代、「情」以外の部分においてその必要性がほとんど無くなっている状況で、現実的には「同居」にいろいろな条件的不備が大きく、その継続が困難な実情では、老親への孝養を果たす方法として「同居」がいかなる場合でも最善である、とは考えられないと思います。
5.今、大きな社会問題になっているのは「老〃介護」という問題です。老親はもちろん超高齢者となり、介護を受ける、しかし、一方の子にしてもすでに老境に入り、気力、体力の衰えは隠しようも無い現実になってきた。介護に疲れ果て、無理を重ねた体にはあちこち故障がある。そういう家庭が結構たくさんあるようです。つまり、老親の介護という問題はいずれ一家庭内のみの努力では果たしきれない大きな負担になってきます。そのためにこれは世の中全体で対策しなければならない問題として、大急ぎで、多少の不備には目をつぶって整備されたのが「介護保険」の制度です。私の場合も現在介護保険の制度には目いっぱいお世話になっています。それによって何とか私たち自身も精神的にも落ち着き、親の側も良好な生活環境の中で健康的な生活を維持できております。実際はグループホームという制度の介護施設で暮らしておりますが、もし、これが同居で生活するとなると、とても今のような快適な生活はさせてあげる自信はありません。代償としてはやはり別居していることによる寂しさ、ということがあります。しかしこれは頻度高く面会訪問すると言うことで十分補っています。
まとめですが、今の時代、老親に孝養を尽くすのに、同居がベストではなく、それぞれの事情に応じ、「親ー子双方にとって」最良と思われる方法をとればいい、ということではないでしょうか? なぜ、「親にとっての最良の方法」と言わなかったのでしょうか? 私の言いたかった事はここにあります。お考えください。

私は現在、正にこの問題の当事者です。感想を書いてみます。
「一緒に住むべきか」という設問に「べきか」「べきでないか」の正解は無いと思います。それぞれの家庭事情、個人の考え方・感性、で全く条件が異なるからです。ただ一つの正解は、親が老いたときは、まずはその子が老親の養育・介護の労をとるべきであろう、ということではないでしょうか? そして、この正解を行うための方法論としてはいろいろ個々の家庭事情によって最善の方法が選択される、ということでは無いでしょうか。どういうことを考えね...続きを読む

Q60歳の女性・日中の過ごし方は?

今年で60歳になります。
趣味が水泳で毎日泳ぎに行っていますが、それ以外にも楽しみがほしいです。

息子は結婚して、滅多に帰ってきません。ここ3年は顔を見ていません。

お金をかけずに、楽しく過ごすには、何かいい案ありますでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは・・

最初からお金をかけずとか限定してしまいますと、選択の幅が狭まります。

本当にやりたいことでなければ、結局は手は付けたけど3日坊主にもなりかねません。

20代あるいは10代でも良いですし、30代にも拘りませんが、何かやってみたかった事ってありませんでしたか?

私は61歳になりましたが、30代の頃受験した資格に再チャレンジしています。
様々な理由で挫折したのですが、やはり挫折したままで終わるのは悔しいと思い一念発起です・・・
発表まで後3週間ほどですが、自己採点では合格しています。
2年の予定が3年かかってしまいましたが・・・
その様な事も選択肢にありませんか?

まだ60歳は若いです・・・
出来る事は沢山あります・・・

ボランティアの様なものも沢山ありますよ・・・
人のお役に立てて、しかも元気をもらえたりします。

人のためは自分のため!!

Q高齢の母介護、どこへ行っても文句ばかり‥

私は実家を離れて所帯を持っております。
83歳の母親がショートステイを一月ごと繰り返し利用できる施設に入所させてもらっていました。
状況としては脊椎間狭窄症で障害者手帳を持ち、腰は曲がり歩行器あるいは車椅子利用です。
もともと神経不安症を持ち便秘や血圧を気にしたり、調子が悪いと何かにつけ病院へ行きたがります。
その都度、近くに嫁に行った妹を携帯電話で呼び出しては通院を頼まれ、妹も気が滅入るほどです。
ショートステイも限界となり、施設から退所の知らせを受けたので、長期入所可能な施設を探しました。
本人は一人暮らしが希望でしたが現実的に困難なのでしぶしぶ納得してもらい
部屋が空くまでその施設関連の病院へ入院してもらいました。
ここ数年の傾向としては痴呆はありませんが、何してもどこへ行っても満足しようとしません。
看護士や介護士に対してはもちろん医者や薬やベッドや施設に対しての不満ばかり漏らします。
自分の身体が思うように動かないことへの不安や苛立ちがそうさせるのでしょうが
マイナス思考で不平不満や愚痴ばかりこぼし、回りの人の気持ちを暗く重くしてしまいます。
遠く離れた兄と協力し三ヶ月に1度は帰省し元気つけたり励ましたりしていますがその時だけです。
「子どもたちに迷惑をかけて申し訳ない」と言うばかりでプラス思考のアドバイスは全く効果ありません。
気持ちだけでも明るくならないかと願うばかりですが趣味も気晴らしもその気になりません。
「自分しかこの痛みは分からないから」と何を言っても受け入れない様子に回りは閉口しています。
精神科への相談も必要でしょうか?兄弟で頭を抱えております。なにかアドバイスをお願いします。

私は実家を離れて所帯を持っております。
83歳の母親がショートステイを一月ごと繰り返し利用できる施設に入所させてもらっていました。
状況としては脊椎間狭窄症で障害者手帳を持ち、腰は曲がり歩行器あるいは車椅子利用です。
もともと神経不安症を持ち便秘や血圧を気にしたり、調子が悪いと何かにつけ病院へ行きたがります。
その都度、近くに嫁に行った妹を携帯電話で呼び出しては通院を頼まれ、妹も気が滅入るほどです。
ショートステイも限界となり、施設から退所の知らせを受けたので、長期入所可能な施設...続きを読む

Aベストアンサー

それを言ったらおしまいでしょうが・・・何の為に相談したのか分からないと思われるかもしれませんが、「仕方がないと、受け入れる」しかないように思います。

>状況としては脊椎間狭窄症で障害者手帳を持ち

 痛みもかなりあるのでしょうか。
 痛い・・と思うたびに、この世の終わりのように感じてしまうのでしょう。

>ここ数年の傾向としては痴呆はありませんが、何してもどこへ行っても満足しようとしません。

 痛みなどが取れないのですから、満足と言うものはないと思います。

>マイナス思考で不平不満や愚痴ばかりこぼし、回りの人の気持ちを暗く重くしてしまいます。
 
 確かに、83歳の親を持つ年齢は生活に忙しく、やっと合間を見つけて会いに行っても、不平不満を言われては気が滅入りますよね。
 嘘でもいいから、ここは良い施設だね~~と言ってくれれば、子供としても罪悪感を持たないで済むのにと思ったことがあります。

 私が義父母、実父母の介護を通して思ったことは、年齢を重ねるごとに、子供に戻って行くような気がします。体力、行動だけではなくって、思考も「自分を何でも一番にして欲しい」に変わっていくのです。
 妹さんは、通院の度に呼び出され(それが、緊急を要していなければ、腹も立ってくると思います)大変だったことでしょう。
 実父母は、自分達が介護が必要になった時、「離婚して実家に戻り、自分達の介護をして欲しい」とまで言いました。子供はどうするの?と聞けば、「父親がいる。俺達にはお前しかいない(私は一人っ子です)」と言うのです。
 
 自分の性格や行動は努力をすれば変えることが出来ますが、他人の性格や行動を変えるのは無理だと思った方が良いです。
 今は、施設入所の待機で入院されているとのことですが、自宅介護で同じように毎日、「死にたい~~」と言われている家族も多いのです。数ヶ月に一度のことですから、なんとか我慢できないでしょうか。
 面会に行って、手でも足でもさすり、「痛いね~~辛いね~~困ったね~~」と声をかけ、時間になれば、「また来るからね。無理しないでね。」と声をかければ良いと思います。
 もともと、手芸が好きだった人に、作品を作ってもらうとか、植物が好きだった人に、水遣りを頼むなどであれば少しはその気になるかもしれませんが、他人から与えられた趣味で気分転換は無いように思います。
 親族の見舞いに行ったときなど、やはり同じような愚痴を聞かされますが、「愚痴を言うのが趣味なのね・・それでは、趣味に付き合いましょう。」と考え、ただただ、話を聞くこともあります。正直言って、帰宅後はど~~~~っと疲れますが、毎日ではないのだから・・と思うようにしています。

 どうぞ、無理にがんばらせようとは考えずに、困ったもんだと苦笑いできるように質問者さまが考えを変えていただけると気持ちはずっと楽になると思いますよ。
 それに、特養や老健に行きますと、「こんなまずいものは食べられない」と不満をいいながら、お食事は残さず召し上がっている方もいます。
 
 精神科への相談は今現在入院されている病院、これから入所される施設の方と相談すればよいことです。
「なにか、家族が出来ること(しなければいけないこと)はありますか?」と一言伝えておけばよいと思います。

 どうぞ、質問者様のご自愛ください。
 ストレスからお体を壊しませんように。

それを言ったらおしまいでしょうが・・・何の為に相談したのか分からないと思われるかもしれませんが、「仕方がないと、受け入れる」しかないように思います。

>状況としては脊椎間狭窄症で障害者手帳を持ち

 痛みもかなりあるのでしょうか。
 痛い・・と思うたびに、この世の終わりのように感じてしまうのでしょう。

>ここ数年の傾向としては痴呆はありませんが、何してもどこへ行っても満足しようとしません。

 痛みなどが取れないのですから、満足と言うものはないと思います。

>マイナス思考で不平...続きを読む

Q後期高齢者(83歳)で末期癌なのに、症状が無い!!

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父はまだ頭もはっきりしているので、長生きしてほしいと思っていました。

 最近、「足の付け根が痛い!」と言い出しているそうです。
 父は癌からきているんじゃないか、骨にまで転移してるのではないかと思うそうです。
 これは初期症状のはずですか?
 
 紹介状を書いてもらって、9月6日に市民病院へ持って行くそうです。そして、検査をするか決めるそうです。
 検査も相当苦しいそうで、父はどうせ長く生きられないのなら、残りの時間を自宅で、今まで通りの普通の生活をさせてやりたいと思っているそうです。

 余命を告げられ、とてもショックでした(涙)今も頭がボーっとしています。毎日でも会いに行きたい気分です。

 末期癌で全身に転移しているのに、『症状が無い』ことってあるのでしょうか?20年以上前に胃癌の手術で、胃を半分取ったので、38キロ前後と細いですが、食欲も変わりないようです(主に栄養ドリンク)。足の痛みが出たのは最近ですが、外出もしたいようで元気です。

 これから苦しむことになるのでしょうか?

 祖父母は今、2人暮らしなので、心配です。祖母には、まだ癌のことは伝えていません。

 末期癌で余命4ヶ月でも、祖父のように、たまたまレントゲンを撮ったら”末期”そして”無症状”という方はおられるのでしょうか?
 あり得ないと思いますが、私は誤診であって欲しいです。

 長文ですみませんが・・・宜しくお願いします。

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父は...続きを読む

Aベストアンサー

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが確実に痛みは来ますし食事も食べれなくなります。体力が落ちれば体の機能も低下します。きつい言葉で書き記しましたが私も医師から告知を受けちょうど3カ月で他界しました。奇跡を信じてあれもこれもと手を尽くし高額の健康食品も健康飲料も結局は効きませんでした。飲みにくいのと飲むことのストレスで今想えば反省だらけです。癌に効く薬は抗がん剤だけのようです。母は持病のリウマチですでに強い薬を服用していることも有り免疫を上げる治療も難しく抗がん剤治療は出来ませんでした。御祖父様が自宅で闘病生活をされたいとのお考えなら要介護認定を受けているのでしたら早速、ケアーマネージャーを通して往診の医師と看護ケアの手続きをして下さい。少しでも普通の生活に近い生活をさせてあげる場合は家族の協力が無いと無理です。最終的に点滴の交換やら排泄など家族が手を掛けます。緩和ケア病棟をエントリーするのも大切だと思います。私の場合は緩和病棟(ホスピス)は県内14棟の内、受付不能病棟多数。1~2ヵ月先の外来予約待ち、その後空きがあれば入院可能と言われたのが13棟です。残り1棟は数日中には入所可能だがとても古く、病院まで距離も遠く、私の場合は母の最期は県立病院の個室で最後の一月を過ごしました。告知を受けて一月後に家族で1週間の沖縄旅行に行きました。この時まで体力もあり痛みもなく本当に奇跡を信じていました。帰宅後数日で体力は落ちて行きました。
今後の御家族の方向性に少しでも役立てて頂けると幸いです。

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが...続きを読む

Q高齢の母親に対する考え方

私の実家は東京にあり、82歳の母が一人で暮らしています。
私自身は23年前に結婚して関西に来ており、東京には独身の兄が、実家から歩いていける距離の所に住んでいます。

母は若い頃から健康で、今まで大した病気もなく82歳まで来ましたが、さすがに最近は高齢のために病気やけがをするようになってきました。
気丈な人で「病気で寝付く」ということが大嫌いな人なので、自分で「おかしいな」と思うとすぐ病院には行っているようですが、最近は「薬がちっとも効かない」とか「もっとちゃんと効く薬をくれと言ってもお医者さんからは『そんなキツイ薬は出せません』と言われてしまう」と言っているので、あまり具合は良くないのだと思います。

記憶力の方もずいぶん怪しくなってきています。電話で話をしていても何の話をしているのかわからなくなることもしばしばですし、時間的な感覚もだいぶおかしくなっています。
娘が仕事で1~2カ月に1度程度東京に行くことがあり、その際は実家に泊まってくれるのですが、その都度知らせてくれる様子も、明らかにおかしなことが増えています。
最近は「自分一人だから」と料理もしなくなっているようで、お惣菜を買って食事をしているようです。
できるけどしない、というのならいいのですが、お台所に立つのがもうしんどいのかもしれない、とも思います。

私としては兄に、実家に帰ってもらいたいのです。
兄は、実家からすぐ近くに住んでいるとはいえ、実家に顔を出すのはせいぜい週に1度ぐらいで、仕事が忙しいとしばらく行かないこともしばしばあるようです。
年末年始や夏などの長期休暇の時には一人でどこかに旅行に行ってしまいます。
せめて住まいを実家に移してくれたら、昼間は仕事でいないくても、夜には帰って毎日母の様子が見れるというだけでも違うと思うのですが、兄にはその気が無いようです。

母のことは10年ほど前、父がなくなって数年後に、私の家の近くに呼び寄せたことがあります。我が家はマンションのため同居はできなかったので、同じマンション内の少し小さな間取りの部屋を借りて、昼間は私の家の方に来て暮らしてもらうようにしたのですが、東京生まれ東京育ちの母は「こんな田舎には住めない」と言って、半年ほどで帰ってまいました。
その時もその後も、「よくあんな所に住んでるね」「田舎なんて大っきらいだわ」など土地について罵詈雑言に近いことを言われ続けていて、それについては私自身も非常に不愉快ですが特に夫が非常に立腹していて、再度母をこちらに呼ぶことはできないと思っています。

兄に対して、私自身は遠く離れたところで核家族で暮らしていて、結局何も手は出せないのに口だけうるさく「実家に帰って母の面倒をみてくれ」と言うのも勝手なのだろうか、と思うと、強く言うのは気が引けるのですが、それでも、今年に入ってから月に一度ぐらいは電話して母の状態を伝えて、心配だから実家に帰って欲しいと再三言ってきました。
しかし最近は電話すると「またか」という感じでうんざりした応対をされ、「こんなこともあんなこともあったんだよ」と言っても「歳なんだから仕方がない。考えたってなるようにしかならない」と言われます。

昨年、母の様子が明らかにおかしいと感じ始めた頃、私は母を病院に連れて行こうとしたのですが、強く拒否されました。
私は母に「認知症かもしれないから見てもらおう」などとは言っていないのですが、母は敏感に感じ取ったようでした。
その時、兄からは「おまえは母親をキ○ガイ扱いした」と言われ、「もう歳なんだから波風立たせないように穏やかに、好きなようにさせたらいいじゃないか」と言われました。

確かに、母は高齢ですが今のところ日常生活はなんとか自分でやっており、認知症とも診断されていない(そもそも病院にいっていない)ので、介護認定なども受けることはできないだろうと思います。
性格的にも非常に勝気でワガママで、乗り物で席を譲られると「失礼な」と怒り頑強に拒否するようなタイプの人なので、こちらが心配してあれこれ言っても「年寄り扱いされるのはまっぴら」と不機嫌になることはあっても素直に言うことを聞いてくれることはありません。
なので、たとえ何かの理由で介護認定を受けられるようなことになったとしても、他人の世話になることに対して素直になるとは思えません。
兄としては、そういう性格も見越して「好きなようにさせるしかない」と言うのかもしれません。

私は、離れているせいもあるかもしれませんが、家の中で階段から落ちたりしないか、お台所でうっかりして火傷したりしないか、火の始末を忘れて火事を出したりしないか、遠出して迷って帰れなくなったりしないか、そういう事を考え出すと心配でいてもたってもいられないのですが、考えすぎなのでしょうか。

できれば私自身が実家に戻りたいぐらいですが、子どももいるし仕事もあるし、そういうわけにもいきません。

兄の考え方にも一理あるのでしょうか。
母には好きなようにさせておいて、何かあった時に対処するしかないのでしょうか。

私の実家は東京にあり、82歳の母が一人で暮らしています。
私自身は23年前に結婚して関西に来ており、東京には独身の兄が、実家から歩いていける距離の所に住んでいます。

母は若い頃から健康で、今まで大した病気もなく82歳まで来ましたが、さすがに最近は高齢のために病気やけがをするようになってきました。
気丈な人で「病気で寝付く」ということが大嫌いな人なので、自分で「おかしいな」と思うとすぐ病院には行っているようですが、最近は「薬がちっとも効かない」とか「もっとちゃんと効く薬をくれと言っ...続きを読む

Aベストアンサー

お兄さんも全く何も考えていない、というわけでもないとは思いますよ。
訪問頻度も高いので現実を良く知っているはずですから。週に1回なら
良く行かれてる方だと思いますよ。

>母には好きなようにさせておいて、何かあった時に対処するしかないのでしょうか。

これも例えば転ぶとか、そういう自損事故的なことならいいのですが、火事などですと
最悪です。私の父も軽度の認知症で独居していましたが、それが一番心配でした。
なので火災報知器をしっかりつけたり、ガス漏れや煙が出たらガス会社から家に来てくれる
システムを最大限利用しました。家族にだけ何か被害があるのはある意味仕方ないんですが
隣近所にまで多大な迷惑を掛けることは避けなければならないと思います。

週に1回行っている人と、数ヶ月に1回しか行かない人とでは感じ方も違うでしょうね。
近いと逆に変化を感じづらいのです。だから「病院へ」などというと「おおげさだ」
などと思うのです。その部分の温度差はちゃんと計算して置いた方がいいですね。

また顔を出さない人間があまりうるさく言うのは逆効果です。むしろ「わざわざ毎週
様子を見に行ってくれて助かるよ」という気持ちになって下さい。お兄さんもリモコンで
動かされているような気持ちになるのはイヤだと思いますよ。遠隔操作で「ああしてくれ
こうしてくれ」とお願いごとだけするのは「虫が良い」話です。

また、多分質問者様はお母さんのことももちろん心配していらっしゃるんでしょうが

兄に自分の不安を解消して欲しい

という気持ちもあるのではないですか。兄さえちゃんとしてくれたら私も安心なのに。

でもそれだとダメなんですね。かなり気の強いお母さんのようですから、お兄さんも
きっと「ちゃんと食べなきゃ」とか色々言ってくれているんでしょうが、言うことを
聞かないのでしょう。そりゃお兄さんも参っちゃうでしょうし、好きにさせとくのが
一番良い、と諦めるのも仕方在りません。側にいる者はそんな感じなんですよ。

手も出せない、お金も出せない立場、というのはとても弱いものだと思って下さい。

そして帰省などされたときにはぜひお近くの地域包括センターなど訪ねて、状況を
伝えて下さい。介護認定がないとデイサービスなどは受けられませんが、包括センターなら
相談窓口になってくれます。かかりつけの医師がいたら「介護認定の意見書を書いてくれるか」
聞いてみましょう。他の病院だと警戒して行かないこともあります。もし書いてくれない場合は
先生から「肝臓がちょっと悪くなってるから大きな病院に行って検査してきて」とうまく
話してもらう手もあります。そこで脳のMRIなど撮ってもらえば診断がつきます。

離れていても出来ることはたくさんあると思います。何でもお兄さんに丸投げするのではなく
何が今は自分に出来るんだろうと考えてみて下さい。

私は警察にも挨拶に行きましたよ。独居して認知症があるので何かあったら連絡下さい、と。
案の定2回ほど迷子になって無事に送り届けてもらえましたが、それも事前にちゃんと
手を回しておいたからこそです。かかりつけの病院にも緊急連絡先は知らせて置いた方が良いです。
出来ればご近所にもお兄さんや質問者様の連絡先を知っておいてもらうと良いですね。
民生委員さんが信頼できる人なら声かけして置いてもいいでしょう。ただ「そのへんの噂好きの
おばちゃん」が民生委員をやってる場合もあるので、そのあたりは慎重に。

近くの家族が出来ること、離れた家族が出来ること。そのバランスが大事です。
いずれにしてもほぼ毎週様子を見てくれるお兄さんには感謝して下さい。「お兄さんも身体を
大事にしてね。いつもありがとう」と労って上げてください。
なにかあればまず駆けつけなければならないのはお兄さんです。そこは質問者様がしっかり遠くから
支えて頼りにしなければなりません。なるようにしかならない、は別に「母親なんかどうなっても
俺は知らない」と言っているのではないと思いますよ。

今はネットでも他市の情報が得られますから、お母さんが受けられるようなサービスが何か無いか
調べるのも良いと思います。

遠距離で歯がゆいのは分かりますが、私はお母さんが転んでも絆創膏1つ貼ってやれないんだ
という気持ちは大事です。心配しつつもどこかで諦める、覚悟するという感覚もあって然るべき
かなと、私も祖母、母、父の介護を見てきてそう思います。だって「出来ないことは出ない」
んですね。

だからこそお兄さんには気持ちよくお母さんの世話をしてくれるようにお願いしたいですよね。
そしてそれが出来るのは遠くにいる質問者様だけです。出来れば今後なるべく早い時期に
兄妹で顔を見てお母さんのついての話し合いが出来るといいですね。本人の意志がなくても
施設入所の申し込みも出来ます。同居が出来ないならそういうこともシビアに考えて
行かないと行けません。

どうぞ自分の今居る立場で出来ること、を最大限見つけて兄妹でお母さんの見守りをして
あげてください。

お兄さんも全く何も考えていない、というわけでもないとは思いますよ。
訪問頻度も高いので現実を良く知っているはずですから。週に1回なら
良く行かれてる方だと思いますよ。

>母には好きなようにさせておいて、何かあった時に対処するしかないのでしょうか。

これも例えば転ぶとか、そういう自損事故的なことならいいのですが、火事などですと
最悪です。私の父も軽度の認知症で独居していましたが、それが一番心配でした。
なので火災報知器をしっかりつけたり、ガス漏れや煙が出たらガス会社から家に来て...続きを読む


人気Q&Aランキング