と言われたので私はお店の人にこの事を伝えました。
向こうは新しいカバンを探す・・・と言ってましたがやっと今日カバンが自分の元に届いたそうです。(海外に住んでいる知り合いに頼んで購入したらしいです)
今日電話がかかってきたので。私は「じゃ~今日いろんな話しをしたいので夕方の4時に来てください」と言いました。
お店の方は4時に来られて話しをしていたんですけども向こうの言い分はこうです。「こちらはバックの新品を用意しました。これが精一杯です。後のお金は一切払う気持ちはありません。なんなら裁判でもして下さい。こちらは弁護士さんにも相談に行きましたが弁護士さんの言うことは、相手にお金も払わなくても良いし、バックも新品を渡さなくていいといわれてますので・・・」
この様に言われました。私も1ヶ月ほど前に弁護士さんに(有料の弁護士さん)に相談をしに行ってお話しを聞いたのですが私が話しでは「たぶん10万ぐらいになると思います。示談の時にあなたが欲しい金額を提示してもかまいません」と言われました。私は向こうと裁判などをしないでお互いが納得して話し合いが出来たらいいな。とずっと思って7月1日から示談の話し合いを出来るのを待っておりました。それなのに、こんなありさまです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

損害保険の関係から書き込みをおこないます。


余り加入している飲食業者はいないようですが、「施設賠償保険」というものがあります。それは、営業によって人の損害を与えた場合、法的責任が生じた場合に支払う保険ですが、支払の事例に質問のようなことが書かれています。

貴方が負った損害(バック修理代・服のクリーニング代・やけどの治療費・慰謝料)を請求できるはずです。弁護士さんに相談をされて、少額訴訟などで損害賠償請求をされたらどうでしょうか。相手が、弁護士を出してきたのなら当方も弁護士で対抗されることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。少額訴訟で損害賠償請求をしてもいいと私も思います。弁護士さんに相談していろいろ考えたいと思います。
貴重なアドバイスをして下さってありがとうございました!
参考にしてこれからも頑張っていきます。
本当にありがとうございました!!

お礼日時:2001/09/07 00:17

民事ではなく、傷害事件とし刑事事件として訴えたらいかがですか?


警察に被害届を出せば済むことです。
弁護士さんに一度聞いてみたらいかがですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます!傷害事件とし刑事事件として訴える事も出来るのか弁護士さんに聞いてみようと思います。
警察に相談した時は相手がわざとしたのじゃないから・・・みたいな事を言われましたがでも、弁護士さんにきちんと聞いてみたいと思いました。
私の為に貴重なアドバイスをして下さって心より感謝しております。
とても参考になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/09/07 00:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q即決和解の話し合いは”示談成立”になるのか?

30万の売掛金を回収できないので
裁判所の即決和解を利用して和解しようと債務者に呼びかけ
一度目の話し合いで、月10000円の分割払いでの合意の”見込み”が立ちました。
その際、債務者とは和解契約は(口頭・書面においても)交わしていませんが、
即決和解申立書のコピーを渡しました。
一枚目には「別紙和解条項について和解成立の見込みがついたので・・・」
二枚目には具体的な和解条項が記されています。

この時点で示談が成立したと法的には言えるのでしょうか?
また、この後に即決和解の申し立てをせずに
全額請求の訴訟を起こす事は、債務者の期限の利益を侵害することになるのでしょうか?

きわどい問題なので、みなさんの所見をお願いします。

Aベストアンサー

 所見をといわれても,何ともいえないと言うのが正直なところでしょうね。「きわどい問題」ということを認識されているわけですから,それ以上の何ものでもないということになるでしょう。

 現行法では,和解契約は書面なしに当事者の合意だけで成立することはご承知のとおりです。また,即決和解手続が,和解といいながら,その実は,事前に成立した和解を裁判所で後任する手続として運用されていることもご承知のとおりです。そうすると,事前準備としての話し合いの成立後,即決和解成立までの間の合意の効力を,即決和解で確認するのと同様の合意が成立したとみるのか,それとも撤回権を留保した形での合意とみるのかは,結局,事前の話し合いでどのような合意があったかという事実の如何にかかわっているとしか言いようがないことになります。

 全額請求の訴訟を起こしても,直ちに訴訟が不適法とされることはないでしょうが,口頭での和解の効力を主張されれば,期限のある主文の判決がされるか,あるいは,将来請求の要件を満たしていないとして不適法却下されるということになると思われます。

Q交通事故示談後に、相手が自分の非を翻してきたので私も被疑者と言われて困っています。

昨年、交差点内で車同士の接触事故を起こしました。私は青信号で直進。相手は赤信号で交差点内に進入してきて接触。相手が自分の非を認めて相手の保険で私の車修理代や治療費を出してもらい示談が成立しました。ところが、それからしばらくして警察から電話で「相手が、自分は赤信号じゃなかったと言ってきたので、現場検証する」と言うので、現場検証に行きました。そして昨日また警察から電話があり「どっちが嘘をついているか判断するので、生い立ちから学歴、結婚、就職を全部書いてこい」と言われました。私は被害者なのに、どうしてこんな事を言われなきゃならないのか。相手が赤信号で進入してきたのは確かなのに、後でそれを翻したから私も被疑者だと言われたり、訳の分からない事ばかりで困っています。冤罪が多い中、今度、出頭するのが不安で恐いのです。私は被害者なのに何度も呼び出されたり個人情報を詳しく提出しろと言われたり、物凄く迷惑なんですが、それに応じないといけないのでしょうか?こんな迷惑をかけられて相手の人を訴える事は可能でしょうか?本当に困っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家の県では、県警のサイトに、こういう苦情相談も含めた
メール窓口があります。

そこで相談すると、警察の担当者から電話がかかってきて、
事情を親切に聞いてくれ、対応を教えてもらえます。

まずはそう言う物が無いか、県警のサイトを調べてみてはどうでしょう。

後、冤罪についての恐怖感があるようですが、
警察に行くときは、ボイスレコーダーなどを持参。
事情を聞くとき、録音させてもらいましょう。

拒否する権利は無いはずですし、拒否されたら、
貴方も行く理由が分からないと拒否すればよいでしょう。
(拒否できないなら納得のいく説明、根拠をしっかり聞くこと。)

貴方の保険会社はダイレクト型ですか?代理店型ですか?
ダイレクトなら仕方ないですが、代理店型ならば相談に乗ってもらえる
はずです。
(少なくとも私の知っている大手では相談に乗ってもらえなかったことは
ないです。)
次期契約も含め、そういう不親切な会社は検討し直した方が良いかもです。

また、弁護士費用特約はありませんか?
まだ契約期間中であれば、相談費用などそこから出る可能性も
あります。
もう一度、確認してみてください。

家の県では、県警のサイトに、こういう苦情相談も含めた
メール窓口があります。

そこで相談すると、警察の担当者から電話がかかってきて、
事情を親切に聞いてくれ、対応を教えてもらえます。

まずはそう言う物が無いか、県警のサイトを調べてみてはどうでしょう。

後、冤罪についての恐怖感があるようですが、
警察に行くときは、ボイスレコーダーなどを持参。
事情を聞くとき、録音させてもらいましょう。

拒否する権利は無いはずですし、拒否されたら、
貴方も行く理由が分からないと拒否す...続きを読む

Q事故の示談金の話し合いを

弁護士に頼もうか司法書士にお願いしようか迷っています。
知り合いに司法書士事務所に勤めていた人がいて、そこの先生に聞いてもらったら後遺障害の等級が14級からもしかしたら12級に上がる可能性はある。とのことでした。でも30%くらいかな、とのこと。
自分たちも保険会社から来た回答には納得がいかないので可能性が少しでもあるならもう少し頑張ってみたいと思っています。
全くの素人なので専門家にお任せしたいのですが、そうなると弁護士か司法書士か。。。迷うところです。
やはり弁護士に依頼したほうがお金はかかるのでしょうか。(なんとなくのイメージなんですが^^)
ただ保険で弁護士特約を利用しようと思っているので金額的なことはそんなに心配はしていません。
かかる金額、時間等いろんなことを考慮してどちらのがオススメとかってありますか。
もし司法書士の先生に頼んだ場合でも特約を使うことはできますか。
どちらの先生に頼むにしろ、やはり自宅から少しでも近い事務所の方がいいですよね。(ちなみに関西)
いろいろ調べてはみたものの、どこの事務所にお願いしたらいいのかたくさんありすぎて分からなくなってしまっているというのも正直ありまして。
もし自分の示談の相談でここの先生にお世話になったよとかありましたら是非教えてほしいなと思いまして質問しました。
今から動くとなるとやはり実際に振込までは今年いっぱいくらいかかってしまうのでしょうか。
たくさん質問してしまいましたが、一つでも分かるよって方おられましたら回答お願いします。

弁護士に頼もうか司法書士にお願いしようか迷っています。
知り合いに司法書士事務所に勤めていた人がいて、そこの先生に聞いてもらったら後遺障害の等級が14級からもしかしたら12級に上がる可能性はある。とのことでした。でも30%くらいかな、とのこと。
自分たちも保険会社から来た回答には納得がいかないので可能性が少しでもあるならもう少し頑張ってみたいと思っています。
全くの素人なので専門家にお任せしたいのですが、そうなると弁護士か司法書士か。。。迷うところです。
やはり弁護士に依頼したほう...続きを読む

Aベストアンサー

司法書士では弁護士法違反になる可能性がありますね。

司法書士に相談し、必要な書類を作成してもらい、相談に乗ってもらい、あなたが相手と示談交渉すれば可能かもしれません。しかし、専門家報酬が弁護士特約で出る場合には、弁護士へ依頼した方が良いと思いますね。

ちなみに、私の経験では、弁護士特約は交通事故に必要な手続きのためであれば、弁護士以外の報酬にも対応するのが一般的でしょう。ただ、保険会社によって異なる可能性もあるので、注意してください。

弁護士以外の専門家を否定するつもりはありませんが、交通事故の損害賠償請求などを専門にしている資格者には、行政書士と弁護士だと思います。司法書士で行える部分はあるかもしれませんが、交通事故を扱うと言えるレベルではないと思います。行政書士は代理行為はできませんが、司法書士と同様に内容証明などを扱うことは可能ですし、事故状況を調査し書類にしたり、損害金額等を計算し証明することが可能です。司法書士はこのあたりは業務として難しいでしょうからね。
ただ、行政書士は代理行為ができない以上に争いとなっている事件を扱えません。請求し相手がスムーズに払えば行政書士業務かもしれませんが、相手が不満となれば交渉するのはあなたですからね。

私は交通事故被害者として自分で交渉しました。相手の保険会社は早々に弁護士へ委任してきましたね。そのため、私は相手の契約する保険会社と提携している弁護士と交渉することとなり、相手は法律のプロであり、依頼者である保険会社の利益のために専門用語を使って交渉してきます。私は、一定のところまでは交渉しましたが、保険会社の意向ばかりを気にする弁護士との交渉で満足できないと考え、相手の弁護士の経歴から発言力のある弁護士を探し、知人から紹介を受けて依頼しましたね。
弁護士にも専門分野がいろいろあります。オールマイティの弁護士が便利なこともありますが、交通事故や損害賠償案件を専門にする弁護士が有利なこともあります。保険会社の弁護士には若い弁護士が多いと思います。安定収入のために大学の講師などをしている場合も多いです。私は、相手と同じ地区の弁護士で、弁護士会で理事などを歴任したベテランで、相手の講師先の大学の名誉教授である弁護士へ依頼しましたね。交渉ではあまりいい加減なことを言わせないためにこのようにしました。ただ、私の場合には依頼した弁護士がベテランすぎたため、弁護団のような形で複数の弁護士が担当としてついた形になり、早い段階で訴訟にしましたね。交渉では限度があり、裁判所を経由した方が基準が高くなりますからね。

法律は弱者の味方ではなく、扱う人の味方です。あなたが少しでも有利に交渉したり、有利な判決などを得るためには、あなたが求める範囲の法律に詳しく、判例知識や経験が豊富にある人が良いでしょう。

弁護士も人間です。優秀な弁護士であっても人間性が合わないこともあります。ですので、他人が依頼したときにはよくても、あなたにとって良いとは限りません。

私は弁護士といえども対等なつもりで話をしたいと考え、依頼しました。そのために交通事故交渉の本も読みました。弁護士でも話下手、説明下手も多いです。あいまいな言葉を間違って解釈することもあります。出来るだけ専門用語を理解するようにし、類似するような言葉は明確に使い分けるようにすることで、依頼者である自分の気持ちを弁護士に理解してもらいましたね。そのうえで、間違った考えや解釈を直してもらうこともありましたが、納得した結論を出せましたね。

私は後遺障害認定から1年近く裁判を行いましたね。途中と最後の2回程度出廷しましたが、それ以外は弁護士がすべて行ってくれましたね。

大変でしょうが頑張ってください。

司法書士では弁護士法違反になる可能性がありますね。

司法書士に相談し、必要な書類を作成してもらい、相談に乗ってもらい、あなたが相手と示談交渉すれば可能かもしれません。しかし、専門家報酬が弁護士特約で出る場合には、弁護士へ依頼した方が良いと思いますね。

ちなみに、私の経験では、弁護士特約は交通事故に必要な手続きのためであれば、弁護士以外の報酬にも対応するのが一般的でしょう。ただ、保険会社によって異なる可能性もあるので、注意してください。

弁護士以外の専門家を否定するつもりは...続きを読む

Q傷害の加害者ですが被害者と示談成立し示談書にサインしましたが、被害者が気が変わって示談を取り消す事は

傷害の加害者ですが被害者と示談成立し示談書にサインしましたが、被害者が気が変わって示談を取り消す事は可能でしょうか?

Aベストアンサー

>示談を取り消す事は可能でしょうか?

 可能だが、極めて難しい

※一度示談が成立してしまうと、(基本的には)取り消すことができません。
ですからきわめて慎重に物事をすすめる必要があります。

 民法上の「錯誤」を理由に示談の無効を訴え、
新たに治療費等の請求を含め示談し直すことは可能だが、
「可能ではある」ということであって、必ずしもその主張が認められるわけではありません。
被害者側が錯誤を主張するのであれば、相手に錯誤無効を了承してもらわないと、錯誤無効は成立しません。

Q今日の話しです。

今日の話しです。
自宅前に路上駐車していたところ、近隣に住む方が車で通ることができなかったとのことで、車をバックさせ、電信柱に衝突し自損事故を起こされ、こちらに対して車の修理代(50万円)を払えとの請求がありました。
確かにこちらが違法駐車していたことは、認めますが、日頃から配送などのトラックも通過しており、道幅が極端に狭くなっていたとも思えません。事故の処理に来られた警察の方は、当人で話し合って下さいとのことでした。
このような場合は、やはり全面的に相手の請求に応じなければならないのでしょうか。
話し合いのために、自宅に来るように求められていますが、女の1人暮らしということもあり、どのうに対応すれば良いのか悩んでおります。相手は、男性で怖い系の感じの方でしたので余計にです…
アドバイス頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんわ。
相手が自損事故を起こして、その修理代金をこちらに請求することはできないはずです。だって、いわば勝手にバックして勝手に電柱にぶつけたんですから。バックする前にこちらに車を移動するように要請することもできたでしょうに。
相手の自作自演のような匂いがしますね。
言ってみれば、言いがかりです。
警察の方が当人同士の話し合いで、と言われたのでしたらこれは民事ということになります。
ご自宅前はおそらく私道になっているのでしょうか。駐車違反にはならなかったのですか?
私も最近ですけど、借りている駐車場に他人の車(しかも不動産屋)が停めてあって、警察を呼んだのですが、このケースでは私有地に駐車していたこととなり、駐車違反にはならなかったんです。私の場合はその会社の本社に電話して、電話で怒鳴ってやって終わりにしましたけどね。
あなたの場合、その事故の原因があなたにある、と相手から言われてあなたも罪悪感がある、というものですよね。信条的にはわかりますが、裁判になった場合の勝敗は見えています(あなたの勝ち)。
相手が怖い系の人とのことですが、自宅に上がりこむのはやめたほうが安全でしょう。変に脅かされて、示談書でも書かされたらやっかいです。
基本的にあなたに非はありません。
相手がうるさくつきまとうようであれば、民事訴訟という方法で解決することもできます。市区町村の相談窓口に話を持ち込んでください。

こんばんわ。
相手が自損事故を起こして、その修理代金をこちらに請求することはできないはずです。だって、いわば勝手にバックして勝手に電柱にぶつけたんですから。バックする前にこちらに車を移動するように要請することもできたでしょうに。
相手の自作自演のような匂いがしますね。
言ってみれば、言いがかりです。
警察の方が当人同士の話し合いで、と言われたのでしたらこれは民事ということになります。
ご自宅前はおそらく私道になっているのでしょうか。駐車違反にはならなかったのですか?
私も最近で...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報