家を新築したものです。
もともと普通の保険会社の火災保険に入ろうと思っていたのですが、生協の火災共済のほうが保障額も高くて掛け金が安いときき、ためしに見積もりをしたらたしかにそのとおりでした。
どちらも一番シンプルな形での保障にしたのですが、どうみても共済のほうがいいように見えます。
火災保険のほうがいい理由は何かあるのでしょうか。

どなたか詳しい方教えてください。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

最近の損保会社の火災保険は各社ごとに独自の商品を持っており(一概にどこがいいかはわかりませんが)、共済や今までの火災保険に比べると細かいところまで特約や補償がつけれますので一度何社か見積もられて話を聞いて、それからの判断の方がいいと思います。

特に共済では地震保険はないかお見舞金程度しか出ないのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

共済のほうも「自然災害共済」というものがあり、そちらで火災と同等の保障が得られるみたいです。
保険は特約とかは可能な限り全部はずした形なのですが、共済のほうがぜんぜん安いのです。

これなら誰も保険になんか入らず、共済に入りそうなものなのに、そうしないということはやっぱりなんかあるんですよね。

お礼日時:2005/04/01 15:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新築の火災保険

このたび新築中です。
火災保険について少しお聞きしたいんですが建物1890万円保険期間30年なんですが銀行の見積もりだと45万円くらいにもなり びっくりしました。
香川県なんですが 火災保険ってこんなに高いんでしょうか?お勧めの保険などありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

香川県ですと、木造C級で1890万円の1年間の保険料は35,910円です(住宅総合保険の場合)。
30年なら1,077,300円の総額です。

銀行ローンの場合には集団割引があるので、これも併せると大幅な割引となっています。

決して高くはありません。

QJA共済の住宅火災保険の共済掛け金が途中から勝手にあがってしまった!

JA共済の住宅火災保険の共済掛け金が途中から勝手にあがってしまった!
主契約30年で、1500万の火災保険に入っているのですが、15年たった今年(16年目)から、火災保険の額も勝手に1700万にあがっていて、共済掛け金も、思い切り上がった、料金が引き落とされると案内が葉書で来ました。こんなことってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ここに聞いても誰も判りません

単に、データを入れ間違った
他人にデータと間違った
16年目から物価スライドで上がる契約だった
プログラムミスで変に成った

など色々あります

JAに電話して聞いて下さい

Q火災保険ではどんな風にして会社を選べばいいですか?

◆マンションの特約火災保険ではどこの会社がお勧めですか?

以前まではマンションでいろいろな会社へ分散させて保険をかける方式の保険だったのですが、それが満期になり、分散制度も廃止になりどれが一社に絞らなければならなくなりました。

保険会社には詳しくないのでどこの保険会社を選べばよいかアドバイス下さい。

対象となる会社は



損害保険ジャパン


東京会場日動火災


三井住友海上火災


日本興亜損害保険


あいおいニッセイ同和損害保険


富士火災海上保険


共栄火災海上保険


日進火災海上保険


AIU保険

セコム損害保険


アサヒ火災海上火災


エース損害保険


大同火災家事用保険


明治安田損害保険


セゾン自動車火災保険


アリアンツ火災海上保険

アメリカンホーム保険


ジェイアイ傷害火災保険

損害保険契約者保護機構


です。


よろしくお願いします!

Aベストアンサー

マンションの区分所有部分への火災保険でしょうか?
マンション全体への火災保険でしょうか?

今お勧めなのは地震保険100%で引き受けてくれるところだと思います。
住宅ローン返済中に地震に遭うとローンだけが残ってしまします。
商品名は書きませんが、「地震保険 100%」で検索すると見つかります。

Q共済の火災保険の保障は一体いくらなの?

木造一戸建てを新築しました。
火災保険に入ろうと思うのですが、県民共済が安そうなので調べていると、パンフレットには「再調達価額で保障します」とのこと。
保険料と保険金額は坪数で決まっていて私の場合は2,600万円が保障されるようです。

しかし、私が家を建てた金額は1500万円です。
だから、この共済では保証が大きすぎて火事で全損(70%以上の焼損)になったら一体いくら保険が下りるのかと思い、県民共済に聞いてみると「2,600万円全額お支払いしますので新築時の価額は関係ない、消防署が70%以上の焼損かどうかを判定して全損とみなせば全額お支払いできます」と言うのです。
その割には「再調達価額で保障します」の広告文句があるし…。

万一事故が起きたとき、"共済"というのは対応スピードや保障の真価はどうなのでしょうか。

考えてみれば、2,600万円も保険金が下りるなら、火事で燃えたら1,500万円どころか、もっと豪華な家ができ、さらに家財やその他もろもろの諸費用などもじゅうぶん補填できますよね。
そんなうまい話があるのでしょうか??

木造一戸建てを新築しました。
火災保険に入ろうと思うのですが、県民共済が安そうなので調べていると、パンフレットには「再調達価額で保障します」とのこと。
保険料と保険金額は坪数で決まっていて私の場合は2,600万円が保障されるようです。

しかし、私が家を建てた金額は1500万円です。
だから、この共済では保証が大きすぎて火事で全損(70%以上の焼損)になったら一体いくら保険が下りるのかと思い、県民共済に聞いてみると「2,600万円全額お支払いしますので新築時の価額は関係ない、消防署が70%以...続きを読む

Aベストアンサー

再調達価格と云うのは実際に新築時にかかった費用ではなく
事故時に、同じようなものを再度建築するときの標準的な
金額です。

例えば、大工さんが自分の家屋を原価で1000万円で
建てても、その地その時における客観的な新築費が1500万円
なら、1500万円が再調達価格となります。

火災保険では実際の新築費で加入するか、保険会社の簡易評価表
で設定された金額で加入することになっています。

ただ、共済で云われるように2600万円を最調達価格として
共済が認めて、その金額で加入すれば契約上全焼ならその金額で
共済は払う事になります(焼け太りですが・・)

掛け金の事も考えるのなら、実際にかかった新築費が1500万
なら、それで掛けることも可能です。
火災(共済)保険は結構アバウトな面があるのです。

Q友人Aが長期間住むことになりまして、彼は火災保険を掛けていませんが大丈夫ですか?

火災保険の事ですが、私はマンションの一室を借りています。部屋の名義人は私です。そこへ、友人Aが長期間住むことになりました。私は火災保険を掛けていますが、それは私自身のみの火災保険で、友人Aについては火災保険に入っていません。
1、もし、私の留守中に友人Aが火災を起こした場合はどうなるんですか?
2、そして、このようなケースでは、友人Aにも火災保険を加入させるべきですか?

私の留守中に、万が一不幸な事に友人Aが火災を起こしても、大丈夫なようにするには、どうすべきですか?

Aベストアンサー

借りているマンションなら、建物ではなく家財に保険を
付けます。
同時に借家人賠償責任保険特約や個人賠償責任保険特約を
セットして付けるのが一般的です。

貴方が付けている火災保険は貴方が所有する家財に対する
ものです。
従って、貴方の家財とは別に友人は自分の家財にも自身で
火災保険を付ける必要がありあます。

大家に対する部屋の損害は借主である貴方にも発生します。
同時に友人も連帯責任を負うケースもありますので、念のため
友人にも上記特約付きの火災保険を掛けさすべきです。

出来たら、類焼損害補償保険特約もセットすれば万全でしょう。

Q火災保険と火災共済

6年ほど前新築で住宅を購入
その際近畿ろうきんで住宅ローンを組みました
生命共済と火災共済なるものに加入
費用はろうきんが持つといった内容でした。

若かったこともあり火災共済の内容は
よく理解しないままでした。

それから親戚の保険レディーに
勧められ火災保険・地震保険に加入
今まで年間5万ほどを支払っておりましたが
今回別の損害保険の方のところに
お願いしようと思いまして相談したところ
ろうきんでの火災共済の内容を聞かれ
よく分からないのでろうきんに電話をして
確認した所、再建築費(ろうきんがローン残を
回収できる質権?)としての額は聞けたものの
書面はないですといわれました。
そして他の火災保険には入れませんよと言われました。(今まで入っていたのですけど・・)
でも火災共済だけ地震があった場合や地震による火災には泣くしかないのですか?と聞くと
そうですね、といわれてしまいました。

損害保険の方がいうには
共済側は一般の損害保険を保険とみなしているが
損害保険側は共済を保険とみなしていないと
いいます。
要は両方掛けてもいいというのですが
どうしていいものか分かりません。

どうか詳しい方の意見とアドバイスを
お願いいたします。

6年ほど前新築で住宅を購入
その際近畿ろうきんで住宅ローンを組みました
生命共済と火災共済なるものに加入
費用はろうきんが持つといった内容でした。

若かったこともあり火災共済の内容は
よく理解しないままでした。

それから親戚の保険レディーに
勧められ火災保険・地震保険に加入
今まで年間5万ほどを支払っておりましたが
今回別の損害保険の方のところに
お願いしようと思いまして相談したところ
ろうきんでの火災共済の内容を聞かれ
よく分からないのでろうきんに電話をして
確認し...続きを読む

Aベストアンサー

損保の方が言うように保険と共済は監督官庁が違うので両法支払われます、住宅金融公庫から借りいれしていている人は公庫専用の火災保険の加入が義務でその間は他の保険は掛けることができません、労金の人はあまり火災保険や共済のことについて詳しくないのではと思います。

Q住宅火災保険

住宅火災保険には、誰しも契約しておられると思いますが、銀行に融資を受けて、火災保険に入り、さらに別で
火災保険に入る場合、両方から契約した保険金額が支払われないと思いますが、この場合火災事故がおきた場合には
どのように支払われるのですか。

火災事故は数は多くないので、あまりにも知らない人が多いです。
超専門家の方や、実際に経験した人のご意見をお聞かせください。よろしくお願いします。

銀行にも火災保険に入り、別に火災保険に入っているのが現状です。

Aベストアンサー

まず、火災保険の加入には(以下、保険=火災保険)
建物、に保険をかける方法と
家財、に保険をかける方法があるのだ、ということを
ご存知でしょうか。
もちろん、セットで入ることも可能です。

建物 2000万円
家財 1500万円 の資産価値としましょう。

銀行の融資の時に加入する保険は、こちらから特にお願いしない限りは
通常、建物のみの加入になります。
そのほうが保険料が安くなりますし、銀行としては貸し付け残高の回収ができれば
保険の目的は達成できるのですから
そうなるわけですね。

銀行で、建物2000万円の保険(甲社)に加入して
別の保険会社(乙社)で建物2000万円の火災保険に加入した場合。
建物が、全焼した場合に支払われる保険金は
最大、2000万円です。
ここが、生命保険との違いですね。
A社で死亡保障2000万円
B社で死亡保障2000万円の生命保険に加入している場合
被保険者死亡により支払われる保険金は4000万円になります。

火災保険は、損害保険ですので、基本的な考え方は
実損填補、と申しまして、実際に発生した損失額を保障する、というのが
保険の考え方になります。

上述の例でいきますと、実際の損失額は、建物2000万円
家財1500万円
でも、例では、家財の保険はかけているとはしていないので
保険の対象となる損失は2000万円、ということになります。
それで、支払われる金額も2000万円、ということになります。

支払われ方ですが、甲社、乙社、どちらでも、請求をかけたほうから
最大2000万円受け取ることができます。
(ただし、新価実損払を取っている場合。時価払の場合、この限りにあらず)
あとは、甲社、乙社が保険会社同士で話し合って、負担割合を決めます。
上述の例だと、通常であれば、50対50になるでしょうね。

正しい保険のかけ方としては、基本的には
銀行で建物のみの火災保険に入っているのであれば
他の会社で家財のみの火災保険に入る、これが
保障が重複せず、無駄な保険料のない入り方といえます。

まず、火災保険の加入には(以下、保険=火災保険)
建物、に保険をかける方法と
家財、に保険をかける方法があるのだ、ということを
ご存知でしょうか。
もちろん、セットで入ることも可能です。

建物 2000万円
家財 1500万円 の資産価値としましょう。

銀行の融資の時に加入する保険は、こちらから特にお願いしない限りは
通常、建物のみの加入になります。
そのほうが保険料が安くなりますし、銀行としては貸し付け残高の回収ができれば
保険の目的は達成できるのですから
そうなる...続きを読む

Q火災共済と火災保険の両方を契約した時

例えば、1000万円の建物に、1000万円ずつ火災共済と火災保険に加入した場合に、全焼したら両方から1000万円ずつ貰えますか?

Aベストアンサー

保険学を専攻したものとして回答いたします。

火災保険に関しては各回答者の仰るとおり重複した部分の保険は、法の規定により保険金が支払われることはありません。
これは犯罪抑止を前提にしておりますので「焼け太り」と言われる契約行為の防止のために特に厳しく規制されています。

しかし火災共済に関しての規定は、この限りでは無い契約ケースが存在します。
特定業界内だけで加入できる共済がこれにあたります。
『○×食料販売協会火災共済』や『△□促進工業会火災共済』という団体です。国内では数百の団体が運営しています。

上記の団体は共済という名前は使用していながら、「火災保険」や「火災共済」という支払われ方ではなく「見舞金」として支払われており、一般保険や共済とはまったく異なった組織内のみの契約で、法の制限は受けません。

但し、この共済には不特定の方の加入は出来ないという規制が働きますので、通常の方は話として耳にすることがある程度、の契約と思ってください。

しかし世の中にはうまい話はけっしてありません。
保険や共済は加入はしやすい反面、目的である罹災時に「支払われる!」かがポイントですから、契約の際は充分に納得した説明を受け、自分で判断する事が大事です。

保険学を専攻したものとして回答いたします。

火災保険に関しては各回答者の仰るとおり重複した部分の保険は、法の規定により保険金が支払われることはありません。
これは犯罪抑止を前提にしておりますので「焼け太り」と言われる契約行為の防止のために特に厳しく規制されています。

しかし火災共済に関しての規定は、この限りでは無い契約ケースが存在します。
特定業界内だけで加入できる共済がこれにあたります。
『○×食料販売協会火災共済』や『△□促進工業会火災共済』という団体です。国内では数...続きを読む

Q火災保険で地震時の火災を保証できない理由。

タイトルの通りなのですが、これはなぜなのでしょうか?

私自身は、
『地震時には火災だけでなく、倒壊も多いため火災保険で
 火災を保証されると入る人が少なくなってしまうから。』
ではないかと推測しています。

他にも気になる点があるので、余裕があればこちらもお願いします。

B.今後火災保険で地震火災が保証される保険の出る可能性はありますか?
C.火災保険に加入しないと地震保険には入れない理由はなんですか?

Aベストアンサー

簡単な点を書きます。

通常火災時には適切な消防活動がされ、類焼・延焼等を防ぐ事ができます。しかし一旦大規模な地震発生とともに火災が発生したとします。果たして正常な消防活動ができるでしょうか? --mame--さんの年齢はわかりませんが、記憶に新しいところでいえば、神戸の大震災のときなどは数箇所の火災が原因であたり一面が焼けてしまいましたね。

もちろん火災保険は今日本で取り得る極一般的な消火活動等を想定してそのリスクが考えられそれに見合う保険料を算出しています。通常の消防活動ができないとなるとリスクは大幅に増加してしまいます。リスクが明らかに違うものを同一の保険でカバーする事は無理ですね。これが通常の火災と地震時の火災とを同列にできない理由のひとつです。

損害保険では今のところそういったものはありません。これからも発売される可能性は非常に低いと思います。というより、本来は「火災保険」+「地震保険」とセットで契約する事になっています。そこで地震保険に加入したくない場合は「地震保険はいらない」という意味で、契約印とは別に押印する事になっています。

地震保険というのは政府と損害保険会社の共同事業になっています。つまり地震保険はどこの保険会社も同じという事になります。(一部に違う商品もあります)そこでは「地震保険の保険金額は火災保険のそれの30~50%」と決められています。どうしてそうなったのか理由はわかりませんが、規定上は火災保険無しで地震保険に加入する事は無理ですね。

簡単な点を書きます。

通常火災時には適切な消防活動がされ、類焼・延焼等を防ぐ事ができます。しかし一旦大規模な地震発生とともに火災が発生したとします。果たして正常な消防活動ができるでしょうか? --mame--さんの年齢はわかりませんが、記憶に新しいところでいえば、神戸の大震災のときなどは数箇所の火災が原因であたり一面が焼けてしまいましたね。

もちろん火災保険は今日本で取り得る極一般的な消火活動等を想定してそのリスクが考えられそれに見合う保険料を算出しています。通常の消防活動が...続きを読む

Q火災共済の住宅の掛け金について

県民共済の火災保険の試算サイトでは、坪数による掛け金設定以外に、自分で住宅保障額の金額を設定できるようになっています。これは(坪数による保障額以下の)自由な金額、例えば坪数計算で2480万円になるところ、半分の1240万円で契約することも出来るということだと思うのですが、仮に1240万円で契約できた場合、全損時には1240万円が支払われるのでしょうか、或いは、その半額になるのでしょうか、もしお分かりになられる方がいらっしゃいましたら、ご教授頂ければ大変助かります。どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

当然1240万円が支払われます。

また全焼以外の場合でも、1240万円を上限に
損害額がそのまま支払われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報