時代小説が好きでよく読んでいますが、何かオススメの本があったら教えてください。

1.江戸時代小説
2.江戸庶民の生活や人情が描かれている
3.同心・手下が登場する捕物
4.幕府とか藩の陰謀など、あまり壮大なテーマで
  なく、市井に起こるちょっとした事件とかを
  扱っている
5.吉原や花魁などの世界を描いている

以上、全部の項目に当たらなくてもかまいません。
平岩弓枝・山本一力・佐伯泰英・佐藤雅美・澤田ふじ子・北原亞以子・畠中恵などの小説は、ほとんど
読んでいますので、できればそれ以外の小説家の方の
書いた本でよいものがあれば知りたいです。
また、上の条件に当てはまらないものでも、これは
面白いよというものでもけっこうです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 それならば、山本周五郎(1903-1967)の小説をおすすめします。

ご質問の1~5に応える世界こそ、山本周五郎の作品世界だと思います。
 山本作品のなかでいわゆる「下町もの」と呼ばれている『さぶ』(2002年公開の映画「SABU~さぶ~」〔三池崇史監督〕の原作)、また『赤ひげ診療譚』や『ちいさこべ』、「岡場所もの」と呼ばれている『つゆのひぬま』(2002年公開の映画「海は見ていた」〔熊井啓監督〕の原作)あたりから読んでみてはいかがでしょうか。いずれも新潮社(http://www.shinchosha.co.jp/index.html)の新潮文庫に収められています。山本作品のほとんどは、この新潮文庫で読めますので、いろいろ探してみてください。
 現在は版元の新潮社では品切れのようですが、『山本周五郎全集』全30巻もあります。図書館などで是非みてください。
 山本周五郎について、日本近代文学館編『日本近代文学大事典』(講談社、1984年)での木村久邇典氏の評価を紹介します。「人間把握の確実さ、いぶし銀を思わせる情景描写の精妙さ、つねに政治や経済に見放された弱く貧しいものの側に立ち、反権力の立場を固守して独自の文学世界を展開し、生前にまさる『山本ブーム』を読んだのは読者層のすそ野の広さによるものであろう」(p.1545.)。
 下記のウェッブ・サイト「山本周五郎作品館」も参考になります。作品のあらすじなども紹介していますのでアクセスしてみてください。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/yamashu-kan/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございます!山本周五郎は読んだことがなく、ぜひ読んでみたいと思います。自分で本を探しているとどうしても作者がかたよりがちになるので大変参考になりました。

お礼日時:2005/03/30 15:26

3だけ当てはまらないんですが、南原幹雄の「付き馬屋おえん」のシリーズはいかがでしょうか。


付き馬屋と言うのは、吉原などでお金を払わない客から取り立てをする人、その家業などのことです。
以前テレビドラマにもなったことがありますが、どうやって払わせるか、がなかなか面白いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても面白そうな内容ですね。早速読んでみたいと思います。よい情報をありがとうございました。

お礼日時:2005/03/30 21:00

他の回答者がお答えでない作者では


藤沢周平どうでしょう。
「三屋清左衛門残日緑」など条件にピッタリと思います。  NHKの連ドラで放送されました。

海音寺潮五郎にもお家騒動を扱ったものがある筈です。

小説ではありませんが、三田村鳶魚全集には江戸時代の色々な情報が集積されています。
お家騒動や大名、庶民の生活など江戸時代の理解には必須の書物です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんがたくさん情報を寄せて下さってとても参考になりました。小説だけでなく江戸の風俗について書かれた本も探してました。貴重な情報、本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/03/30 21:07

こんにちは。


ちょっと小説というジャンルから外れますが・・
落語なんていかがでしょう?
2・4・5なんかの条件には当てはまってると思います。

ガイド落語名作100選 著者:京須偕充 弘文出版

一つの話にプロット・解説が書かれていて、100話掲載のものです。
1ページから3ページくらいの短い話がたくさん集まって、ショートショートみたいな感じですが、江戸庶民や吉原・花魁の世界がつまってます。
以上、ご参考になるかどうかわかりませんが、ご一読下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。あー、落語というのもあったんですねー、気づきませんでした。長編も読みますが、短編もとても好きなので、気軽に読めそうですね。ぜひ入手してみます!

お礼日時:2005/03/30 15:29

宇江佐真理さんの本はどうでしょう?


今、ここに本がないのでどれとは言えませんが、彼女の時代物は、はずれがないと思いますよ。髪結い伊佐次(?)シリーズなどは彼女の本だったと思うのですが。
それと、都築道夫さんの砂絵シリーズなどもなかなかいいです。今はこの辺しか出てきません。また本棚を引っかき回して出てくれば書きますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宇江佐真理は、質問には書きもらしたのですが、実はすごーく好きな作家なんです。髪結い伊佐次シリーズのお文さんが好きです。都築道夫は推理小説も書いてましたよね。時代小説は読んだことがないので読んでみたいです。本棚を引っかき回してまたオススメがあればよろしくお願いいたします。

お礼日時:2005/03/30 15:34

先刻ご承知と思いますが、



 岡本綺堂「半七捕物帳」

  登場人物の物言いが江戸時代当時のものだそうで、江戸の雰囲気を彷彿させています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり捕物といえば「半七」なんでしょうね。「半七」は未読です。セリフがあんまり現代風な時代小説は少し興ざめなので、面白そうですね。貴重なご意見ありがとうございました!

お礼日時:2005/03/30 15:39

宮部みゆき


「ぼんくら」
「日暮し」
「震える岩」
「天狗風」
などはいかがでしょうか。

上質の古典落語を聞いているような絶妙のテンポ(ま)でストーリーが展開します。
江戸の市井に生きる普通の人々のけなげでひたむきな暮らしもよく描かれていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございました!宮部みゆきは、推理小説と同じくらい時代ものがいいですよね。「ぼんくら」に出てくる2人の少年なんて大好きです。これからもっとたくさん宮部みゆきの本を読んでみたいです。

お礼日時:2005/03/30 15:44

宮部みゆき さんの「ぼんくら上・下」は如何でしょうか?



江戸の下町、鉄瓶長屋の人情物語と、ミステリー。
登場人物の描写が良い。
それに、読み終えた後味も良い。

宮部さんの時代小説は好きですが、特にお勧めの作品です。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~wf3r-sg/ntmiyabe2.ht …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ぼんくら」は大好きな本です。URLは大変参考になりました。ネットで本を購入する際に書評などがない場合、内容がわからずに困っていましたので、今後はこのURLで面白い本を探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/30 15:50

岡本綺堂の「半七捕物帖」が面白いです。


古い話ですが、作者自身が江戸時代と明治時代を生きた人ですから、時代考証は正確です。
確かモデルになる人もいたと思いますから、本当に生の江戸時代を感じることが出来ますよ。

ちょっと脚色を感じるけど野村胡堂の「銭形平次」のシリーズ、暗いけど庶民の生活が事細かに書かれている池波正太郎の「鬼平犯科帖」も面白いです。

どれも5だけには当てはまらなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。どの方も大作家ばかりなのにまだ読んだことありません。捕物といってもたくさんあるんですね。ぜひ入手して読破したいです。とても参考になりました。

お礼日時:2005/03/30 15:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昭和のサラリーマンを描いた小説

今のサラリーマンと昭和のサラリーマン(例えばフレックスすら一般的ではなかったり、給料が手渡しだったり)の違いがほのぼのと感じられる、お勧め小説がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4101111014/ref=cm_cr_dp_all_summary?ie=UTF8&showViewpoints=1&sortBy=bySubmissionDateDescending

直木賞受賞作のこの作品です。
感想文が出ているので参考になると思います。
設定は昭和30年代です。

Q畠中恵のねこのばばはいつ文庫化するか

最近畠中恵先生の「べしゃらけ」を文庫で買い面白かったので「おおぬしさま」も買いました。
そして、アマゾンで調べると「ねこのばば」が単行本で出ているのを知って、図書館で借りようと思いました。だけど、文庫を買ったろきの楽しみにしようと思い借りるのを止めて文庫化を待つことにしました。
それで、文庫化がいつになるか調べてみたのですが自分の力では見つかりませんでした。
どなたか「ねこのばば」いつ文庫化するか知ってる方はいませんか?

Aベストアンサー

えー、恐らく質問者さんが言われているのは『しゃばけ』『ぬしさまへ』のことだと思いますが……。

『しゃばけ』の単行本が発行されたのが2001年12月。
文庫本が発行されたのが2004年4月。
この間2年4ヶ月。

『ぬしさまへ』の単行本が発行されたのが2003年5月。
文庫本が発行されたのが2005年12月。
この間2年7ヶ月。

ということは、平均して2年半くらいの間隔で文庫本化されていることになります。
で、『ねこのばば』が発行されたのが2004年7月。
ということは、文庫本になる目安としては2006年12月前後くらいになる計算になります。

もっともこれは以前出た本からの推測ですので、今年の後半くらいになったら、こまめに新潮社のサイトなどをチェックしたほうがいいでしょう。

参考URL:http://www.shinchosha.co.jp/ http://book.shinchosha.co.jp/shabake/index.html

Q佐伯泰英の代表作を教えてください。

時代小説が大好きで、司馬遼太郎と池波正太郎はすべて読みました。現在、藤沢周平作品を読んでいます。
昨日も書店に行ったのですが、佐伯泰英フェアーと銘打って、たくさん並んでいました。ぼつぼつ新しい著者の作品も読んでみようかなと考えています。佐伯泰英の作品にチャレンジするにあたって、これはお奨め(この作品から読むべき)という作品があったら是非教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

ドラマ化もされていることですし、「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズを一巻から、いいのではないでしょうか。

参考URL:http://inemuriiwane.jp/

Q佐伯泰英さんの作品でお勧めは?

佐伯泰英さんの居眠りシリーズを現在読んでいる40代の女性です。
もともとはNHKのドラマのファンで読み始めたのですが、原作のほうがとても面白く、ここ1ヶ月でもうすぐ全巻読み終えてしまいます。
こんなに時代小説にはまったのは初めてで自分でも驚くくらい。
読み終わることを考えると、ちょっと寂しい気もします。
佐伯さんの作品は他にも多々あるようですが、シリーズ物も多いようです。他の作品でお勧めのものがあったら教えてください。
やはり、居眠りシリーズが1番面白いでしょうか?

Aベストアンサー

佐伯の時代小説第一作は「長崎絵師通吏辰次郎」(全2巻)ですが、のちに色々な作品で開花する要素が未成熟状態のまま詰まっている─いわばあれも書きたいこれにも触れたいといった走り書きの感があり、できればかなり全作を読み込んできた段階にて、ああそういうことだったのかと読み来し方を振り返るのが何よりではないでしょうか。

時代小説第二作にして、その後シリーズ化の第一看板となった「密命」(全19巻)は、そのチャンバラシーンの多さからしても最強のシリーズでしょう。

TV化で人気の「居眠り磐音江戸草紙」(全27巻)のもつ、市井のほのぼのムードが好みなら「鎌倉河岸捕物控」(全13巻)は外せません。

また「居眠り磐音」とは同根らしくもあり、それとはまた別の方向へと流れていく市井のしみじみ感というか、やや哀調も漂うのが「吉原裏同心」(全10巻)でしょう。

意表を突いた出だしからあれよあれよと持って行かれる筋立ての妙で、個人的には一番楽しいシリーズが「酔いどれ小籐次留書」(全10巻)です。

意表を突くといえば、忠治任侠ものと表裏一体の「夏目影二郎始末旅」(全13巻)も不思議な味わいが愉しめます。

本当の意味での幕府の密命が絡んだ、江戸初期の「古着屋総兵衛影始末」(全11巻)と、江戸末期設定の「交代寄合伊那衆異聞」(全9巻)は、海外雄飛が関わる、やや荒唐無稽にして、それだけに伸びやかな作品群でしょう。

以上から、まずは「鎌倉河岸捕物控」へ。続いて主力の「密命」、そのあとは「吉原裏同心」と「酔いどれ小籐次留書」あたりが一番穏当ではないでしょうか。

佐伯の時代小説第一作は「長崎絵師通吏辰次郎」(全2巻)ですが、のちに色々な作品で開花する要素が未成熟状態のまま詰まっている─いわばあれも書きたいこれにも触れたいといった走り書きの感があり、できればかなり全作を読み込んできた段階にて、ああそういうことだったのかと読み来し方を振り返るのが何よりではないでしょうか。

時代小説第二作にして、その後シリーズ化の第一看板となった「密命」(全19巻)は、そのチャンバラシーンの多さからしても最強のシリーズでしょう。

TV化で人気の「居眠り磐...続きを読む

Q小学生の恋、または恋心を描いた小説ありますか???

小学生の恋、または恋心を描いた小説を教えてください。小学校高学年でお願いします。6年か5年か4年。
恋を中心としていなくてもよいです。友情とか親とか、お爺ちゃんの死とかいろいろあるなかに恋心で悩んだりする場面もあるというような話でもよいです。
主人公は女でも男でもよいです。
一応大人向けのがよいです。児童向けでもよいです。
なんというか、表紙がアニメみたいなのは除いてください(すみません)。
お願いします。

Aベストアンサー

「こうばしい日々」江國香織 新潮文庫

男の子が主役の話(表題作)と、女の子が主役の話(綿菓子)の2つが入っています。

なんというか…胸キュンです。

参考URL:http://www.7andy.jp/books/detail?accd=19538095&introd_id=Xmo46Wk2oo6A9m96i81ki2Xi6kG93865&pg_from=u


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報