卒業論文で銭湯の歴史について調べ、銭湯の現状を踏まえた上で江戸時代の銭湯を中心に銭湯の役割・可能性を地域コミュニティの視点から調べようと思っていました。
それを指導教官に伝えにいったところ「銭湯の役割・可能性を提言するのは論文としてはおかしい。」
提言するというのが論文的におかしいらしいです。
現在ス-パ-銭湯がたくさんできているが、実は江戸の銭湯のコミュニティの流れをうけついでいるものなんのだよという風にしたらいいといわれました。
コミュニティを主観においた場合江戸の銭湯とス-パ-銭湯の共通点てあると思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

江戸時代の銭湯はいわゆる湯屋という機能だけでなく、二階で湯女というサービスガールが酒肴も出したようです。

  風俗を乱すというので法令で禁止されたようですが・・・
この後碁、将棋盤をおいて娯楽や、茶飲み話の場としての機能を担ったようです。

現在のスーパー銭湯なるものをよく知りませんので比較などはようできません。
    • good
    • 0

>どこからの情報ですか?



テレビの経済番組で、ス-パ-銭湯を最初に作った社長さんか何かのインタビューで聞いた記憶がありました。
会社名や番組名などは、憶えていないので申し訳ないです。
    • good
    • 0

どちらも、複合型の娯楽施設でしょう。



奥さんの社交場が井戸端ならば、男の社交場が銭湯だった。
というか・・・そもそもス-パ-銭湯は、江戸の銭湯文化を研究して作られたんじゃなかったっけ?

この回答への補足

ありがとうございます。
どここからの情報ですか?
なにか情報あったら教えてください

補足日時:2005/03/31 07:46
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京・千葉の銭湯はどんな感じ?

私は現在京都に住んでおり、来年から就職で東京です。私は銭湯に行くのが好きで、京都はもともと銭湯が多く、そして安い(370円)ので、色々なところに入りにいって楽しんでいます。

で・・・。
東京や千葉の銭湯の値段って、どんな感じでしょうか?京都のように、街じゅうそこらじゅうに存在するのでしょうか。それと、サウナが別料金だったりするのでしょうか。京都ならば370円でサウナにも入れるのが当たり前ですけれど。
お金をかけない(安い)、時間もかけない(近場にある)、楽しく飽きない(銭湯がたくさん近くにある)といった銭湯ライフスタイルを変えずに東京でも生活していきたいんですよね・・・。

ご存知の方、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

銭湯の料金って都道府県ごとに決められていて、東京都は400円、千葉は385円です。

参考URLに載せておきましたが、東京って意外と銭湯多いんですね。そういえば、私も東京(23区外)在住ですが、家から半径2キロ以内に2つあります。京都は残念ながら旅行でしか行ったことが無いので、どのくらい多いのか分かりませんが。。。

私も広いお風呂が好きなので行きつけのちょくちょく行くんですが、私の行く銭湯はサウナ料金込みで400円です。ドライヤーとかマッサージ器を使うのには別に数十円かかります。

あと、月1回ぐらいしか行きませんが、比較的近くにスーパー銭湯があります。私が行くところは感謝デーには800円で3種類のサウナと3種類のお風呂が楽しめるのでなのでついつい長風呂してしまいます。

東京や千葉でも場所によって密集度合が違うので一概に言えませんが、私的には銭湯ライフ楽しんでますよ。

参考URL:http://tazzmory.hp.infoseek.co.jp/sento-ryoukin.htm

Q江戸の銭湯が流行したわけ

もちろん各家に自家風呂がないとか心身の爽快感とかあるでしょうが、現在と違い風呂の種類も一つしかないあの時代に何故あんなにも銭湯が流行したと思いますか?家に風呂がなくても行水とかできるわけですから。
やはり施設のハ-ド面じゃなくてソフト面からでしょうか?

Aベストアンサー

男湯の二階には、料金を取ってお茶出しをし、碁や将棋を楽しめる場所があったそうです。やはり娯楽の面が大だったのですね。
また、行水はやはり夏場は良くても冬は辛いですし、そもそも水自体、江戸の初期は井戸は共同で一人でふんだんには使えなかったようです。江戸中期になり掘り抜き井戸が普及すると同時にお水がたくさん使えるようになり、家にお風呂を備える家が増えたそうです。
ちなみに、江戸の家にお風呂が少なかったのは、他にも薪が高いとか、家事に気を付けなければならないと言った理由もあったようです。どうしてもひとたび火災が起きればすぐに燃え広がる作りですから、風の強い日はお風呂屋さんも休業だったとか。

Q東京で電気風呂のある銭湯

東京都で電気風呂のある銭湯はどこでしょうか?
神奈川県で展開している「ここち湯」というスーパー銭湯
ではあったのですが、東京都であるところご存知の方
いましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは

http://www.yu-pauza.com/

http://www.nu-land.com/

http://www.yudokoro.jp/index2.html

http://members2.jcom.home.ne.jp/sweet-arumu-take/tokyo-bunkyou-civiclandnissei.html

http://www.ousama2603.com/shop/higashikurume/bath.html

http://www.ousama2603.com/shop/hikarigaoka/bath.html

http://homepage2.nifty.com/kamata-onsen/

Q江戸の銭湯について(1)

(1)江戸の銭湯の水源は?
(2)衛生的に良いとはいえない柘榴口が明治まで続いた
理由は?
私の推測
(1)上水のあまり水
(2)蒔と水を限られた量で効率的に利用するには、柘榴口がベストだったから
お願いします

Aベストアンサー

こんばんは
1)上水が基本でしょう。実際は流し湯の汚水も再利用されたみたいですね。したがって、浴槽内は不衛生であったことは間違いありません。
2)ご推測の通り、初期の風呂は「蒸し風呂」ですね。したがって、薪しか熱源がなかった時代には、蒸気と熱を逃がさない構造として「石榴口」が考案されます。
以下は、余談ですが
明治12年に、政府は「湯屋取締規則」によって「不衛生な」石榴口の改良を指示します。それととも神田連雀町の湯屋が、全国各地の温泉場を参考に改良風呂(石榴口を廃し、湯槽を低く流し場と平坦にした)を考案します。また、明治20年代からは、燃料として石炭が利用されるようになり、改良風呂は明るく衛生的な風呂として好評を博すようになりました。

Q富士山のペンキ絵のある東京の銭湯

東京の23区内、(ダメなら都内、あるいは関東)で富士山のペンキ絵のある銭湯(スーパー銭湯可)は今でもありますか?

あったら教えてください。

Aベストアンサー

ここには東京が2か所
http://michikusa-ac.jp/archives/2369469.html

http://www.tsubameyu.com/ 

http://www7.plala.or.jp/iiyudana/
中島氏作

http://hisanoyu.web.fc2.com/   多分・・・

http://hp1.cyberstation.ne.jp/kera/
早川画伯作

http://www.maroon.dti.ne.jp/daiichikinjyouyu/
ここも 早川氏

日野・八王子にもあったのですが・・・
最近は各銭湯のHPがありますので、お調べになったらいかがでしょう。

Q江戸の銭湯文化

銭湯が栄えた江戸の銭湯文化について調べています。
現在のハ-ド面中心の銭湯と比較してソフト面を重視した江戸の銭湯文化について論じようと思っています。具体的には混浴と湯女風呂と二階風呂について調べようとおもっているのですが、なにか江戸の銭湯文化についての情報をお持ちだったら何でもいいので教えていただきたいです

Aベストアンサー

銭湯だけではありませんが、杉浦日向子さんの「一日江戸人」は銭湯について書かれている部分があります。まさにソフト面の使われ方について書かれています。

出版:小学館(ISBN:4-09-402361-5) 580円

まだ読まれていないのであれば、必読ですね。

Q東京都三鷹市の仙川のスーパー銭湯?の場所など詳細教えてください。

東京都三鷹市の仙川のスーパー銭湯?の場所など詳細教えてください。
名前もはっきりわからないので、ネットでも検索できません。銭湯ときいたのですが、
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

湯けむりの里、のことだと思います。
詳細はURLをご覧下さい。

参考URL:http://www.kt.rim.or.jp/~tsukasa/sento/Diary/super/yukemuri.htm

Q江戸の銭湯での「粋」

江戸の銭湯について論文書いています。
私は、江戸の銭湯が粋だと感じています
・湯女風呂で単なる枕を並べるだけでなく、三味線や舞など楽しんだこと
・二階風呂が発達し、入浴せずともここに集まってきたこと
・菖蒲湯・柚子湯など入浴以外の楽しみを入浴から見出すこと
このような入浴に遊びの要素を取り入れ、遊びすき、もしくは、遊び上手である江戸の人たちを粋だと感じたのですが、あっているでしょうか?
粋という言葉を今いち理解できなくて自身ありません

Aベストアンサー

大阪の風呂と異なり、江戸の風呂の特徴は2階の設備にあると思います。
風呂が風呂から社交場に変身したのが江戸の風呂です。
身分や立場を越えて、それこそ裸で一つの場所で同じ時を過ごすことが出来るのは風呂しかなかったのでしょう。(あとは浮世床で知られる床屋にも同じような役割があったのでしょう)

様々な人が集るところには様々な遊びが生まれてきます。江戸の銭湯の2階には様々な楽しみがあったようです。江戸の銭湯に関してはご質問者はかなり勉強していらっしゃるようですので、ここであれこれ記すことは致しませんが、そこでお洒落に遊ぶ事の出来る人が粋な人だったのでしょう。そして日頃は身分の高い「大店のご主人」などの商家の主人達も、使用人たちの馬鹿騒ぎや悪戯をその場だけは黙って見過ごす行為も「粋」な行為だったのではないでしょうか。

参考URL:http://www5.ocn.ne.jp/~ukiyo26/yuya1.html

Q東京のNo1銭湯はどこだと思いますか?

東京は銭湯が多いですが、どこがNo1銭湯だと思いますか?

23区以内でおねがいします。

Aベストアンサー

 
日の出湯
 

Q江戸の銭湯の要素

江戸の銭湯には湯女風呂や二階風呂など遊びの要素が強かったのはわかりました。
 私は、現在と違いこの時代は遊びの要素が清潔に保つ要素より強い、もしくは清潔に保つ要素がないと思っていますが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

う~ん!
私はそうは思いません。
事実、二階こそ男の遊び場だったのですが、一階にある洗い場は、男性も女性も、本来の目的である「清潔になること」を求めて集ってきたのです。

二階の遊びの施設が先に誕生して、次に所謂「風呂としての機能」が追加されたのであればともかくとして、日々の汚れを洗い落とすための施設に、男性客に対する付加価値目的で2階の施設が誕生したのですから、質問者の言われるように「主客転倒」していたとは思えません。

当時の江戸は、とにかく埃っぽく、雨でも降れば道は田圃の如くに変身。一日中外に出ていた人はもちろん、大店の主から手代に至るまで、汚れ方は想像を超えるものだったと思います。

先ずは一日の汚れを落とす事、そこから先は余裕のある遊び好きの人、粋な人などが風呂上りの時間を楽しんだのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報