電子書籍ギフト♪ 最大10,000円が当たる!

世界の小麦が高くなったのは全部、プーチンのせいですか

教えて!goo グレード

A 回答 (8件)

「欧州のパンかご」と呼ばれていたウクライナから、小麦が輸出できなくなったのが原因です。


しかもロシアは、その小麦を略奪して同盟国のシリアに輸送しています。
    • good
    • 1

日本で今小麦が高騰してるのはアメリカカナダの干ばつによる影響ですので


まだウクライナによる影響は全く受けてません
卸し分は去年の物ですので今年の収穫は年末か来年に影響します
干ばつなどの災害がなければ安定した供給になるとおもいます
    • good
    • 1

どういう知的階層?やはりアゾフに共感するような被ネオナチ認定者は一般教養もないんだよね。



原因は寒波による不作です。日本でも玉葱、ほか小麦と同様の植物油キャノーラ辺り。日本の小麦輸入元は米加オーストラリアです。品種というか気候風土で性質が違うのですが、例えばカナダは製パン用の某キングなどグルテンの強い強力粉、割合少ないオーストラリア産は製麺用です。

ロシアやアフリカ他では全く作れませんし、お呼びでない的に輸入先を限定しているのに。雑にバルト三国な黒パンよろしく品質がぜんぜん、でしょう?

関係ないと言っても収まらない妄想。ほぼ経済圏も西側と反西側で割れているので、小麦は不作以上の影響はないはずですね。しかもこのヘイト様と「仲間ガー」しか能がないチンピラ、ネオナチ思考で原義コミュニズムに走る愚かしい界隈ほど無知でこういう「敵国に寄越せ、経済制裁だ」などと支離滅裂な騒ぎを起こす。

わざわざ米国と西側諸国が敵国に回して売って、日本への輸出を絞ってることになりますが。。
    • good
    • 1

中南米の小麦もアフリカの小麦も中国が買い占めている。


13億人もいるので、食料がたくさんいる。
もうすぐ、外国人受け入れ再開になり、円安の背景もあるので、大勢の中国人様御一行がやってきて、日本の食料品店から大量買いが始まります、米や麺など日持ちするような食料はいまのうちに確保しましょう。
    • good
    • 1

去年から今年にかけて、アメリカなどの小麦の輸出国では干ばつによって不作だったことから、小麦の価格は上がり気味だった。


そこへロシアがウクライナに侵攻したことで、ロシアとウクライナの双方からの小麦の輸出が止まってしまい、一気に小麦の価格が暴騰したのだ。
小麦が豊作が続いていて余っている状態ならば、さほどのことも無かったのだろうが、ちょうどプーチンという気違いが不作で小麦が足りないときに戦争を始めるという暴挙を行ったわけで、全部では無いが、多くがプーチンのせいと言えるだろう。
    • good
    • 2

ロシアのウクライナ侵攻はひとつの大きな要因ですが、全部ではありません。



ウクライナ侵攻より前から小麦の値段は高騰していました。まず、大産地のカナダやアメリカでは昨年小麦が不作でした。

さらに、新型コロナの流行によってロックダウンが行われたり、逆にコロナが沈静化してきた国や地域では経済活動が急速に回復した、それで物流が混乱して運賃上がった影響もあります。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210908/k10013 …

加えて、世界全体ではなく日本の事情になりますが、日本は小麦の9割を輸入に頼っていますから、円安によっても国内の値段は上がります。
    • good
    • 4

そもそもは新型コロナによるスーパーでの買い占めや生産の停滞などが発端と思われます。



ウクライナ紛争拡大の原因は、8年前からの米国とウクライナによるものですが、現在は情報戦(特に西側のプロパガンダ)の影響もあり、実際は小麦の流通にどの程度影響しているのか推測するのは難しそうです。
    • good
    • 4

そういう単純思考はやめた方がいいです。



分からないことを安直な解釈で納得するクセがつくと、情報や人に騙されやすくなります。
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング