私は今とても悩んでいるのです。
もういちど大学に入り直して勉強をしたいと思っているのです。
思えば高校生のときから美術専攻で、いままでずっと絵を描くことしか考えていなくて、今になってもっと視野を広げていれば良かったとおもっているところなのです。
さらに、会社の先輩に私が本当にやりたい仕事はこの業界では絶対にできないと言われて、この仕事をほんとうに続けていってためになるのかもわからなくなってきました。
やり直せるのなら、後悔しないうちにやり直したいけれど、かといって今の安定した生活を捨てて未知の領域に踏み込むのも不安なのです。今から勉強して大学に入れるかも分かりませんし。
どちらかというと、学問としてのではなく「人間として」の勉強が足りなかったと思うのです。だから比較的自由な時間を持ちつつ、学問も学べる大学生になってもっと視野を広げたいと思っているのです。
両親や兄弟は、仕事をしつつ公開講座などで勉強を、とすすめてくるのですがこの会社では無理(夜8時でも帰るのが早すぎると言われる)がかかりすぎて集中できないと思うのです。
本当に、決断するのはいまのうちだと思っています。これまで、決断を先延ばしにして後悔したことがあまりに多すぎるので、今度ばかりは後悔したくないのです。このまままたひとつ、またひとつ、と歳をとっていくのが怖いのです。
どうか助言を頂きたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

したい 勉強」に関するQ&A: 勉強がしたい

A 回答 (5件)

私も行きたい大学には家の都合でいけず、未だに心に引っかかってます。

(私も美術関係です)私の場合は、そのうち通信大学で勉強しようと思っています。
ただ今のあなたの状況で通信大学もきついかもしれませんね。

「安定した生活を捨てるのが怖い」と書かれてますが、園会社が万が一倒産したり、リストラされたりしたら・・・?お給料が上がらなくなったら?最近では「絶対安定」なんて事はないと思います。
どうしても美術方面に進みたいなら(仕事として)、若いうちがいいです。美術館系の求人は「経験」が物を言う世界ですから・・・。

今、頑張ってお金を溜めて、その後大学に入るということだって十分可能です。実際私の知人は、一度就職して、その後大学に入って、今は院にいます。そういうことだって出来ます。私ももう少し早いときに決断しておけば、と思いました。

ご結婚などなさってないならば、自分の生活を守るだけ。まだまだリスクは少ないと思います。若いうちだからチャレンジできることもあると思います。(おいくつかは分かりませんが・・・)。ぜひ夢を捨てずに頑張って欲しいです。もし希望職種につけなくても、その情熱や行動力は、プラスになるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
「絶対安定」なんて事はない、心に響く言葉です。私に必要なのは踏み出す勇気だということが分かりました。励みになる言葉を有難うございました。

お礼日時:2001/10/09 19:37

こんにちは。


私はアメリカの大学に行っていたのですが、あちらでは本当の意味での生涯学習が盛んで、学生は若者だけではなく30,40はてはリタイヤしたおじいちゃんおばあちゃんまでもが真剣に学んでいました。そういうこともあって、私は今27ですが30過ぎまで貯蓄してから大学(院)にもどりたいと思っています。今すぐ、ではない理由は、大学・大学生活分の資金+次に就職するまでの生活資金を貯めてから、と考えているからです。年を重ねるのは恐くない、逆にいいことだと考えますが、optimaさん同様、何もしないで時間を過ごすのは避けたいことだと思います。今すぐやめなくても、「○年後に大学に行くために」という目標をかかげて貯蓄することは苦痛ではないと思います。
他の方法として夜間の講座が無理だとしても、土曜日の講座がある学校など当たってみてはいかがでしょう?通信という手もあります。
また別の見方としては、大学にいかなくても学びたいという気持ちがあれば学べる、という考えを持つのはどうでしょう?たとえば大学1,2年の一般教養、専門の講座でも下手な授業を受けるよりその手の本を読んだ方が勉強になるということはあると思います。
やりたいことをやるのが一番かもしれないのですが、別の方法で考えなくてはならなくなった時、何が代替案として納得できるかを考えてみるのも大事かもしれません。大学生活の雰囲気を味わいたいのか、一般教養を勉強したいのか、漠然とした希望や、大学生活を終えた場合自分には何が備わっていると期待しているのか、改めて考えてみるのもいいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました、申し訳ありません。
自分の考えを整理するための貴重なご意見をいただきまして感謝しております。
視野を広く持って考えることが出来て良かったです、有難うございました。

お礼日時:2001/10/09 19:41

公開講座は大学によっても異なりますが、土曜日とか夜間に開講しているとこが多いですけど、時間が合いませんか?


通信制の大学はどうですか?学校に時間を束縛されることもなく、自由に学ぶことができます。また、夏期にはスクーリングで10日ほどその学校に行かないといけないですが、通信制は学生の年代も様々で、多分、いい経験になるはずです。
ただ、昼間部より偏差値が差gるばかりか、社会人推薦若しくは社会人優先の特別入試の制度を設けている大学も多いので、負担が少なく合格できる可能性が高いと思います。
もちろん、今から勉強すれば、あの「サカモトちゃん」のように普通の昼間部の一般入試をぱすすることもできうでしょうが。(笑)
いずれにしても、推薦枠を狙うにしても、一般入試を狙うにしても、まずいきたい大学をピックアップして、入試の要項などの情報収集を真っ先にすべきだと思います。受験対策も違ってきますので。
なお、ちょっと大きい本屋にいけば、社会人向けの大学(大学院も含む)大学受験の手引きみたいな本がでていますので、それを一読して、参考にしてみてはいかがでしょうか。
optimaさん、がんばってください!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。
ご回答を読んでいて元気とやる気が沸いてきました。一度しかない自分の人生を後悔の無い様に進んで行きます。本当に有難う御座いました。

お礼日時:2001/10/09 19:46

初めまして。

僕はまだ大学生と言う身分で世間的にはoptimaさんと比べるまでもなく無知な者でございますが,僕なりの意見を述べさせていただきたいと思います。
僕も将来の進路がこれでいいものか?と迷い,休学をしていました。その経験から言わせていただけば,後悔先に立たずです。自分がやりたい,こうしたい,こうなりたい,というように生きてこそ,人生が実のりあるものになるのではないでしょうか?自分が今ベストだと思う選択を実行なさって,後悔のないような選択をなさってください。御自身でどう選択したら,御自分がどうなるか(満足して,努力するとか後悔するとか)はある程度予測がつきますでしょう。
御幸運をお祈りしております。
若輩者が生意気を言ってしまいましたが御容赦ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れまして申し訳ありません。
今まで後悔の念ばかり抱えていた私にとって、とても考えさせられるご回答でした。「実りのある人生」を手に入れられるよう、お互いに精一杯頑張りましょう。
本当に有難う御座いました。

お礼日時:2001/10/09 19:51

 僕はまだ23なのでおそらくoptimaさんより若いのだろうと思います。

このような若輩者がアドバイスすることなんて恐れ多いことですが、僕と事情が少し似ているので少し書いてみようと思います。

 僕の場合も色々あって美大に入りなおそうと考えています。金銭的にキツイ問題はありますが、optimaさんの仰るとおり、やりたいことを抱えて後悔しつづけながら悶々とした人生を送るほうが悲惨ですよね。
 安定した今の生活を捨てずに美術に関わるのも出来ないことは無いと思いますが(趣味で絵を描くということですね)、それではどうしても我慢できないということであれば、大学を目指してしまうのも手だと思います。ぼくはコンピュータ関係で一生を終えるのは嫌なので(しかも趣味で美術関係なんてやる時間はないし)、大学を目指すことにしました。

 それに逆に社会を見てきてからわざわざ選択してに美大に通う人間は面白い人が多い(そういうひとも結構いるみたいです)、という話も美大に通う友達から聞きますし、間違った選択とは言い切れないと思います。

 安定した生活とどちらかをとるかというのはほんとに難しい問題だと思いますが、美術を捨てきれないのならば中途半端に公開講座に通うよりいっそ美大を目指すのも手なのではないでしょうが。それなりにキツイとは思いますが・・

 もし空き時間が出来たのなら、美大予備校にアポイントメントを取って、話を聴いてみたり、時間が無ければメールで聴いてみたりするのもよいとおもいます。僕も相談に乗ってもらいました。

#非常にまとまりの無い文章ですみません。
 簡潔にまとめることができなかったので・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました、申し訳ありません。
何かを手に入れるために別の何かを失うのを恐れていてはいけないのですね。人生とは綱渡りのようにむこうにたどり着くことを一心に考えなくてはあっというまに失敗してしまいそうなものですから後ろばかりを振り返ってはいけませんね。
勇気の出るご回答を有難う御座いました。

お礼日時:2001/10/09 19:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q試験日が近いと毎日落ち着かなくなります。かといって机に向かっても勉強に集中できません。どうすればいいでしょうか。

試験が近くなると毎日落ち着かなくなります。


社会人になった今でも国家試験に受からなくてはいけない業界(金融、不動産、公務員等)に就職しました。

試験の連続ですが試験が近くなると毎日落ち着きません。かといって机に向かっても気がついたら二時間くらいボーとしてしまい、「今日は気分がのらないから明日から勉強しよう。」というのが毎日続いてしまいます。実際勉強を始めても20分くらいで集中力がなくなってしまいます。

かといって余った時間で飲みに行ったり友達と遊んだり映画を見たりショッピングをしたりすることができません。
試験のことが気になってしょうがないからです。
案の定試験は不合格になることが多いです。


これは今に始まったことではありません。
中学時代、高校時代からそうでした。

試験が近くなると落ち着かなくなり勉強以外のことはできなくなります。かといって机に向かっても先ほど述べたような感じです。

例えば土日の二日間一日中勉強しようと思い、午前中から机に座り参考書を開いても「まだ時間があるし」と思いボーとし物思いにふけてしまい、気がついたら夜の11時。あわてて午前1時まで2時間勉強して一日が終わるという感じでした。
そんな感じでいつも試験前は胃が痛くなるのが常でした。

だったら午前中に2,3時間勉強して午後から遊べばいいじゃんと言う人もいるかもしれません。
しかしなぜかそれができないんですよ。

理由は私にもよく分かりませんがとにかく勉強が嫌いなようです。
勉強に関して気合は入るのですが実行に移せないといった感じでしょうか。

同じような境遇の方や同じような悩みを克服した方、又は机に向かった時間はしっかり勉強できる人からのアドバイスを頂戴できればと思います。
ちなみに学歴は浪人して中堅私大(文系)です。

試験が近くなると毎日落ち着かなくなります。


社会人になった今でも国家試験に受からなくてはいけない業界(金融、不動産、公務員等)に就職しました。

試験の連続ですが試験が近くなると毎日落ち着きません。かといって机に向かっても気がついたら二時間くらいボーとしてしまい、「今日は気分がのらないから明日から勉強しよう。」というのが毎日続いてしまいます。実際勉強を始めても20分くらいで集中力がなくなってしまいます。

かといって余った時間で飲みに行ったり友達と遊んだり映画を見たりショ...続きを読む

Aベストアンサー

勉強法において大切なのは、道具とやり方です。
人間、覚える能力とか意思の力には、そんなに大差はありません。
努力論に走るから、なかなか続かないのです。

勉強を続けることに力を注ぐ×
勉強を無理なく続けられるシステムを構築することに力を注ぐ○

具体例としては

教材にお金をかける
iPodなどでCD教材を聞きまくる。
スクールにお金を出して通う。
などなど

ポイントは手間ひまをかけるより
お金をかけることです。

参考まで

Q洞察力を勉強する学問は何?だ・・・と聞かれたら、どの学問を答えますか

友達に洞察力を勉強する学問は何だ?と、聞かれて返答に困ってしまいました。みなさんなら何て答えますか?

Aベストアンサー

心理学と数学。
あとはEQかなぁ。

○○的洞察力の○○に入る内容によって、もっといろいろになるかも。

なお、もし、中学生からの質問なら、(大学の学問でいう)「教養」と答えるのが一番適切かな。

Q趣味の勉強法、学問を極めたい

六年生大学の三年生です
一つの理系の学問について極めたいと考えています
難しいとは思いますが、それこそ教授レベル研究者レベルまでに極めたいと考えています
とりあえずその分野の辞書的な分厚い参考書、また導入の読み物のような本を買ってきて、今読んでいます。とても面白いです。
一応二年生までの単位の取得は終わっていまして、有る程度概要は理解していますが、どうも曖昧にしか覚えていなかったり理屈として理解していない部分が多々ある、というのが今の状態です。

分厚い参考書の内容をほぼ網羅したい、知識として手に入れたい、その学問を極めたい、というのが今の希望です。
そこで質問なのですが、
自分でも工夫をしていきたいと思いますが、
勉強法としてこういう方法をした、するといいなど何かしら参考にしたいです。
試験目的などではないので(これからの勉強に役立つとは考えていますが)、そういった勉強をしたことがある方、あるいは学問の専門家に近い方の意見をききたいなと考えています。
お時間がありましたらどうかお願いします!

Aベストアンサー

ちょっと大げさになるかも知れませんが、以下のとおりお答えします。

A.複眼的学習:1つの事項・説明を見るとき、少なくとも複数の事典・文献等を参照しましょう。例えば、コップを1つの角度だけから見て形容したら、「それは長方形をしたものである」などとも断定しかねません。まして、仮説や学説ともなれば、四方八方から眺めて、「こねくり回す」ことが求められるでしょう。

B.隣接科学:例えば、天文学研究のためには、その傍系にある物理学・光学・流体力学・地学・数学・統計学…などの諸隣接科学が必要になります。さらに、「ウロボロスの蛇」によってマクロとミクロは繋がっていますから、素粒子論・量子論などの素養も求められます。専門は深いほどよいが、隣接学は広いほどよい、という矛盾にさいなまれますが、いやしくも一学を志す限りは、両方への目配りやバランス感覚が求められますね。でないと、「専門バカ」になるか、「単なる物知り」に堕するでしょうから。

C.人間学:社会系で、例えば会計士の国試を通るのに必要な隣接学科目は、近い順に会計学(税務論などを含む)・経済学(財政学などを含む)・経営学(商品学などを含む)・法学・政治学・社会学・数学・統計学…などですが、ここに、例えば哲学や文学は無縁でしょうか。否、(たとえ上記の天文学ですら)決してそれとは無縁でありえません。なぜなら、「すべての学問は人間学につながる」からです。例えば「環境保護」とか「火星探査」とか言っても、結局それは、「人間のため、人間の幸福のため、人間の未来のため」なのですから。

D.人間的未来:現代科学は自然や人間を分析し制御するための学問に長けてきた一方で、全体を俯瞰し統括するという視点はなおざりにしてきた観があります。その結果、地球全体の生命の生殺与奪の力を人間が掌握してしまうなど、破壊が創造の力を上回ってしまいました。そこで、間違っても地球生命を滅ぼしてしまうようなことにならないよう、これからの学問(特に先端技術畑)は、学際的な串刺し理論とでも言いますか、「分析より総合する視点」を重んじるべきだと思います。人類の未来のために、全体を束ねて指針を与えるのは哲学の使命であるとしても、いかなる学問分野でも、少なくとも全体との繋がりを心に留めた哲学的な見方を忘れてはならない、と思います。

これらのうち、A以外は具体的な勉強法ではありませんが、同じ熱意をもって勉強したとしても、B~Dが意識裡にあるのとないのとでは、質の差が出てくるのではないかと思います。
ということで、お尋ねへの直接的な答えにはなっていないかも知れませんが、ご提案しますす。「専門分野での複眼的な見方、隣接科学への目配せ、科学の人間学的総合と当為、未来への配慮」などに意を用い、念頭に置きましょう! 一見遠回りのようにも見えますが、これらの「総合する科学」に対する心的態度があって初めて、真に「学問を極める」という願望の適えられる可能性が出てくるものと考えます。

以上、ご回答まで。

ちょっと大げさになるかも知れませんが、以下のとおりお答えします。

A.複眼的学習:1つの事項・説明を見るとき、少なくとも複数の事典・文献等を参照しましょう。例えば、コップを1つの角度だけから見て形容したら、「それは長方形をしたものである」などとも断定しかねません。まして、仮説や学説ともなれば、四方八方から眺めて、「こねくり回す」ことが求められるでしょう。

B.隣接科学:例えば、天文学研究のためには、その傍系にある物理学・光学・流体力学・地学・数学・統計学…などの諸隣接科学が必...続きを読む

Q勉強(学問?)で一生続けるとしたら?

長く心の病気をし、大学も行けず中年となりました。
今となっては学校に行くことは経済的にも能力的にも無理になっています。次の人生を模索しなければなりません。
しかしながら、学問をしていないということは自分の中で強烈な劣等感としてありますし、また、純粋に学びたいという気持ちも事実です。
以前、元NHKアナウンサーの鈴木健二さんが、自分は学生時代数学とは縁もなかったし好きでもなかったが今一番よく読むのが数学だ、とありました。
数学は高校レベルですが好きです。一生学ぶのに数学は何かの役に立つのでしょうか?また、学ぶとして数学の何を学べばよいのでしょうか?
よろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

数学の何を学べばよいか?についてですが、近くの図書館にて以下の書籍を読まれるとよいかと思います。
勉強になる本というより、読み終わったときに自分の頭が良くなったキモチがする不思議な本?です。
ジャッキーチェンの映画を見ると自分が強くなった気がする、というのと似ています。

・フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
​http://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%...​

数学は役に立たないどころかこの世のほとんどすべては数学そのものですよ。
詳細は書籍内にあるため省略しますが、この世の暮らしを便利にしているのは数学のおかげですから。
数学(の知識)を知らないから役に立つかどうかわからないだけで、一度数学を知ってしまうと逆に数学なしの生活は考えられない……さすがこれは言いすぎですが、麻薬のように中毒性があるのも数学の面白さかもです。

本が図書館に置いてなかった! というのでしたら、絵などはふざけていますが無料で見れるサイトもありますので以下をどうぞです。
お笑いの要素とかも考えて作られたページですので、ちょっと勉強には不向きかも知れませんが、数学が苦手な人には特にオススメなページです。得意なら上記の本読んだほうが……

その1: ​http://yaruomatome.blog10.fc2.com/blog-entry-964.html#entry964​
その2: ​http://yaruomatome.blog10.fc2.com/blog-entry-965.html#entry965​
その3: ​http://yaruomatome.blog10.fc2.com/blog-entry-977.html#entry977​
その4: ​http://yaruomatome.blog10.fc2.com/blog-entry-978.html#entry978​
その5: ​http://yaruomatome.blog10.fc2.com/blog-entry-979.html#entry979​

日本地図作成で有名な伊能忠敬は天文学の勉強を50歳から始めましたが、当時の平均寿命を考えるとおそろしく遅いですよね。でも、その後日本史に残る偉業を成し遂げています。
学問はしたいときにする、でよいかと思います。劣等感なんて感じる必要、まったくないと思います。

数学の何を学べばよいか?についてですが、近くの図書館にて以下の書籍を読まれるとよいかと思います。
勉強になる本というより、読み終わったときに自分の頭が良くなったキモチがする不思議な本?です。
ジャッキーチェンの映画を見ると自分が強くなった気がする、というのと似ています。

・フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
​http://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%...​

数学は役に立たないどころかこの世のほとんどすべては数学その...続きを読む

Q勉強(学問)をすると、こころが消失していくと感じませんか?

いわゆる、学校での「お勉強」のことです。
これを、一生懸命?やっていると、こころの部分が消失していく気がして仕方がないのですが。

 学問は、究極の「遊び(道楽)」とも言いますし。

Aベストアンサー

「学問は究極の遊び」全く同じようなことを定年退職した今感じています。
毎日高校の数学の問題を解いておりますが、最高に嬉しい時が難しい問題が自力で解けた時です。
勉強すると、これまで見えなかったことが見えてきます。例えば歴史、今何故このような世の中なのかその原点は歴史にあります。
心が消失していくと感じているのは学問が苦痛になっているのでしょう。私のように勉強すること自体を楽しみようになると全く違うと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報