個人事業を起業するにあたってですが、
何か知っておけば得するメリットや体験談教えて下さい。

なんか変な質問だとは分かっているのですが…(^-^;)
以前「起業する時2年間税金免除」という言葉を見て、
「そっか。2年以上経営してる会社は税金の義務があるけど
 起業したばかりはいろんな税金が免除されるんだ。
 現在務めてる会社から独立したらとりあえずいろんな種類の税金分、
 節約できる。」これはメリットだと勘違いしていました。

しかしこの「教えてgoo」でみなさんから教えて頂き、
起業は関係なく、利益が1000万超えた2年後から消費税の納税義務。
利益が1000万達しないと何年たっても「消費税」の免税を理解しました。

何か、起業しようとしてる人にお得な情報ってありますか?
例えば、ハローワーク等で申請条件にあえば支援金がもらえる話ありますよね。
(独立しようとする会社、雇用保険を考えてる会社等)

税理士さんを雇わなくても、
地元の中小企業センターで無料で労務士さんと相談できたり
わずかな年間料を払えば青色申告の仕方を教えてくれるとか。

青色申告での経費の控除、専従者控除、配偶者控除、生命保険控除
基礎控除、社会保険控除(個人事業が社会保険に入れば?)のような
具体的なお金についてのメリット

また雇われで上司に左右される事なく
自分の思い通りの経営ができる、自分のお店ができる喜びなど
将来への夢についてのメリット

些細な事でもいいのでよろしければ回答お願いします。(^-^)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No1です。


状況よく解りました。私も過去同じような状況で独立したので今の状況をチャンスと思って行動されたらと思います。

印刷関係との事、機材等設備費も大変でしょうから今の会社の物を無料に近いかたちで譲り受ける等社長との関係を良くして良い意味で利用した方が良いですね。

今の取引先があなたが開拓したので無ければ、そのままあなたと継続取り引きしてしてくれない場合もありますから(世の中甘く無い)取引先との関係も今以上に良い関係系を築くと共に、新規取引先を見つける為の営業方法や下請けじゃ無く一般大衆向けなど販路拡大を考えましょうね。

これが一番難しいので税務署がらみの事なんか後回しで良いと思いますよ。経費等の削減より儲ける事が先です。

それに控除控除じゃなく儲けて少しでも税金を払って社会の役に立つ。これが本当の経営者の姿勢です。節税も大切ですがこの基本姿勢がサラリーマンと我々の大きく違うところです。あなたにはこの気持ちが無いように思えます。

質問とお礼文を読む限り、今のあなたは経営では無く運営をしていると思います。簿記等は人に任せても良いですが、その財務経理の基本や概念だけは理解して無いと経営は難しいですね。現金出納帳への記帳などは経理とか簿記の仕事とは言えないレベルですから。

しかし、そんな事は徐々に覚えて行けば良い事です。嫌でも自然に覚えますから。今やる事は独立に向けての知識情報収集だけではありません。経理等は所詮自分の為、そんな事よりお客さんにより良いものを提供したいと言う職人そして商売にとして気持ちです。本気で独立しようと思う精神力やパワーを優先しましょう。

このチャンスが活かせるよう頑張って下さい。苦しいけど楽しいですよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二度の書き込み、本当にありがとうございます。
とても胸にひびくお返事でした。

取引先とは会社の名前でつきあいがあるのでなく、私個人を信用して受注していただけているのでありがたく、継続取引きの心配はないかと思いますが過信しないように更に良い関係を築こうと思います。wpochiさんがおっしゃるように、式場相手ではなく一般大衆やネットを使った販売も目標の視野に入れています。(今忙しくてなかなか準備ができてないのですが(^_^;))

社長がいう決算は9月。きっと7月くらいから最終判断に迫られるとは思いますがそれまでは面倒みてくれるのでがんばります。

そうですね。私がやってるのは「経営」でなく「運営」ですね。えらそうに「経営」とゆってたわけでは無かったんですが、適切な言葉を教えていただき良かったです。知り合いや友達、取引先にも、ただの雇われではなく全般の仕事任されてる事伝えたいけど私の会社では無いし…という思いが今までありました。「運営」言われてみればその通りです。

控除の税金対策も意見もそうですね。今は自分自身が生活する最低限度の給料の事、平均時給からしたら月8万くらい手伝って支えてくれてるのにただ働きさせてる家族に月2万でも渡したい気持ち、この事業が無くなってしまわないかの赤字すれすれの不安だけで必死になってますが、基本は経営者として社会へ税金を払って役に立つ姿勢、大事ですね。

運営ごっこして遊んでるわけではないんだから、売上を出し、手伝ってくれる家族に給与を与え、税金を払う。マイナスな姿勢で経営を考えていた気持ちに「カツ」入れていただけたようで感謝しています。

前向きに、楽しみ、一生懸命で悔いのないとこまでがんばりたいと思います。本当によい相談アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 16:46

こんにちは。

No2です。

なるほど、フォローアップの記事で少しずつ現状が見えてきました(笑
営業の展開等については、No1の方が指摘されており、かつその通りと思いますので、
あと1点だけ私の方から。
営業先はなるべく複数でかつ、現在の会社とバッティングしない所を作っておく、
もしくは作れる見込みが高いならいいと思います。


私も専門家ではないので、正確に知っている訳では無いものですから、
助成金に関して労務士さんが仰っているのなら、あるんだと思います。
ただ、助成金は書類と手続きが煩雑みたいなので、この手間を掛けるだけだけの
価値がある助成金かどうかは、吟味してみて下さい (^^;


控除の種類に関しては、税務署で聞くか若しくは確定申告のマニュアル本で
十分対応できると思います。
控除というよりは、「効果的な節税方法」をお知りになりたいのではと思ったのですが、
そうであれば、なおのこと税理士さんにちゃんと頼んだ方がいいですよ(笑)


また、「簿記ができる」のと「帳簿が見れる」のは別の話です。
「帳簿が見れる」ということは、どれが適正な経費、どれが無駄な経費、ということを
帳簿から読み取れないとダメですよ、というお話です。
妹さんがどのように経営に加わるのか不明ですが、実際に経営をされるのが
wpochiさんであれば、wpochi自身で読み取れないと的確な判断がつき難いのでは、
と思います。


最後に、企業規模をある程度大きくしたいと考えているのでしたら、
税金を払えるようにならないと逆に色々大変です。
よく、「最初の3年は赤くして、それから黒くしろ!」などといわれますが、
できるなら最初から黒くしといた方が絶対いいです(笑)


陰ながら、成功をお祈りします!
是非頑張って下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二度のお返事ありがとうございます(^-^)
この質問ではステキなおふたりに出逢い、
よいアドバイスいただけ本当に感謝しています。

元々この会社は石の加工をメインとする会社の社長さんが、個人で印刷業務をしていた知人が辞めるので譲り受けて、メインの石の加工業務とは別に私1人だけの別部門を立ち上げただけで、社長は印刷の取引先の担当者の名前すら分からない完璧印刷には関わってない状態です。

私が辞めても今務めてる会社にとっては全く大事な業務でもないし、
メイン会社とは別の場所に小さく構えてる印刷事務所にある機械や材料は、私が見れば貴重な宝ですが、社長にとってただのゴミ。(機械の残ったリース料金含み材料400万くらいの価値あるのに)

今の会社にとってそんな存在だからバッティングの件は全く問題ありません。しかし取引先(大きい売上)はたったの2件なのでこれから新しい取引先(小さい売上)を数増やすため新製品とリニューアルカタログ作成で営業まわりの予定です。

助成金を得るのは確かに難しそうですね。。誰でも簡単にただでお金もらえるほど世間は甘くないです。だからこそそんな制度があるのか労務士さんから聞いた時はびっくりしたんですが…複雑な審査の元少しでも国?に助けていただけるようならNo1回答のwpochiさんもおっしゃるように、自分の事ばかり考えず社会の為税金をお返しする姿勢で授かれればと思います。

妹は私の今の運営にはあんまり携わっていませんが今の運営は単純帳簿だと思うし、妹は別の大きな時計屋さんで(15人社員)で1人事務を任されて全部の帳簿をつけ税理士さんへ渡す作業の実践経験はあるので頼りにはしています。が、yasu_3さんのおっしゃるように自分でも帳簿が理解できるように勉強の予定です。

企業規模を大きく…は目標ですが、今はとりあえずただ働きで手伝ってくれてる家族にそれなりの給与を出せるよう、税金を支払えるようが現状目標。
社長が9月の決算まで面倒みてくれる間に運営をたち直して独立へ出発したいと思います。

本当に長い回答、お時間いただきありがとうございました。
がんばります!!

お礼日時:2005/04/05 17:58

こんにちは。



起業されるとのことですが、支援金というのはあまり聞いたことが無いです。
低利の貸付とか助成金みたいのはあると思いますが、
そういうのは例えば市や県みたいな公共団体の
経済局みたいな場所の方があるかもしれません。

ハローワークは、例えば高齢者等の就職することが
困難な人を受け入れてくれる企業に対する
補助金等がほとんどです。


経理に関しては、地域の法人会等に入れば
無料もしくは安い講習等あるかもしれません。
しかし、どんなに安い税理士さんを使っても、
確定申告時には10万前後は費用が掛かると思います。
とはいえ、簿記3級を覚える事から始めた方がいいです。

→控除をメリットと勘違いしては駄目ですよ
→ちゃんとやってくれる税理士ばかりではないですし
→故に、自分で帳簿を見れないようでは危険

老婆心ながら、帳簿を見れない会社やお店は、
よっぽど安定した売上と信頼できる税理士がいないと
潰れる可能性が高いと思います。

#友達の花屋は、本人が経理見れないけど
 売上が安定しているのと友人に経理頼める人が
 いるので順調ですが、こんなの少数派かと(^^;


最後に、自分で起業すると思い通りにできそうな
イメージがありますが、逆ですよ・・・
上司対自分が会社対会社(もしくはお客対会社)に
なるだけです。

ただし、頑張って売り上げた分が自分の収入に
直結するので頑張りがいがあります。
その「頑張がい」に物凄い喜びを見出せるのであれば、
いいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

#1の方のお礼にも書いたのですが、現在私は「雇われ」ながらもほぼ個人事業に近い経営をしています。なので、帳簿の見方、取引先との交渉も経験してる最中で厳しさも分かってますが、改めて分かりやすくご意見いただけて、あ~やっぱりそうなんだなって実感しています。

支援金っていう表現は間違っていました。助成金です。
都道府県とかによっても違いがあるのかもしれませんが、実際に近所の中小企業センター無料相談で、労務士さんから、実際にあなたにあてはまる助成金として、ハローワークから上限200万までのこんなものありますと教えていただいたので、これは間違いないと思うんですが。。。その労務士さんから聞かされるまで、起業の応援のために返却しなくてもいいお金をもらえるってうそのような嬉しい話知りませんでしたから、まだ私が知らない何か知っておくと良い情報ないかな~って思って質問させていただきました。(助成金は摘要されるかどうかは申請しなきゃ分からないけど情報のひとつとしてはありがたかったんです)

控除の件も、質問で挙げた控除の名前はここのgooで教えてもらったのですが、その単語について内容までは分からないのでその性質を勉強中です。

私はお小遣い帳程度の帳簿しかかけませんが、妹が簿記(全商&県商1級と日商2級)資格もあるし、青色申告とか無料相談の場もみつけているので安心はしてるのですが、私がまだ知らない勉強不足んため聞いた事無い控除の名前があるんじゃないかな?って思って、私が挙げた名前意外に何かあれば知りたいんです。

別に得にはならなけどこんな失敗するからやめときなさいとか生の声、厳しい意見を特に伺いたいと思っております。独立するには失敗はしたくないのでする前にあらゆる不安要素を覚悟するため…。

教えて!gooでは個人的な質問でも、みなさん親切に回答してくれてるのを見て、いろいろ自分で調べて勉強が大切なのですが、勉強のとっかかりのキーワード探しをしようと甘えで気軽に質問してしまいます(>-<)

変な質問に回答していただいて本当に感謝しています。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/01 00:35

一応経営者です・・吹けば飛ぶようなですが。



>なんか変な質問だとは分かっているのですが…(^-^;)

確かに変な質問ですねえ!(笑)難しい・・

>利益が1000万達しないと何年たっても「消費税」の免税を理解しました。

利益じゃ無く売上です。

>具体的なお金についてのメリット

どうもなにか勘違いされてるような・・・何に対してのメリットか良くわかりませんが、いずれにしてもすべては利益が出てからの話です。開業そのものは誰でもいつでも出来ます。
法人と個人事業との違いをお知りになりたいのなら解りますが、個人事業についてだけのメリットなんて特に何も無いような気がしますが・・。むしろ給与所得の方の方がメリットはあるような・・。
しいて言えば経費でいろいろと落とせるぐらいですがこれにしても利益が出てて始めて言える事ですから。

ご質問文を読む限りですがもう少し経理的な勉強をされたら良いのでは無いでしょうか?
ご存じの控除を並べておられるようですが、こんな事は商売を始める前に重要視する事では無いような・・。なんか出発点が違いませんか。

>また雇われで上司に左右される事なく自分の思い通りの経営ができる、
>自分のお店ができる喜びなど将来への夢についてのメリット

ある意味ではその通りですが、上司の顔色を伺ってる方が遥かに楽ですよ。
経営者は世間すべてが上司みたいなものですから。

夢や喜びそして楽しさはありますが、そんな甘いものではありません。
サラリーマンの時は会社の看板で物は売れますが、個人ではそうもいきません。
世の人は商品だけでは無く、それを売ってる会社の看板を見て買うのですから。
それに会社の金ならドンドン使えても、自分で経営するとそれこそコピー用紙1枚でも勿体無いと思うようになるのです。

経営者と勤人では会社の規模が異なってもそれほど大きな気持ちの差があるのです。

「そんなに大変ならサラリーマンに戻ればって?」・・いや、、お金は無いけどこの自由を体験したらもう戻れませんね・・。年に12回ぐらいは戻りたいと思いますが・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
どう質問すれば良いか、適切な表現ができていなかったのですが…

現在私は雇われではありますが、材料の仕入れと金額交渉、印刷&デザイン&加工製作、売る時の商品の金額設定や取引先との打合せ、請求書発行まで1人でまかされており、社長はいますが印刷部門にノータッチで、私がまとめた現金出納帳の最終的な経理だけ社長が税理士さんへ渡しています。経理以外は自分で交渉して売上出して必要なもの買うのも仕事を手伝ってくれてる身内に相談して購入したり、けっこう切羽詰まったお金の計算も見て、ほぼ個人事業そのものです。
この仕事の前の会社では普通に社員で7年勤務してて備品も自由に注文できてお客さんと顔を合す事もなくぬくぬく仕事してたから、雇われと個人事業は全く別物だなっ~って納得です。

このままの状況なら何も問題はなかったのですが、社長が次の決済月までに私の所属する印刷部門を無くそうかと思っているようで、独立すれば?の話も社長からあり、まず売上もそうないので法人ではなく個人事業の予定ですが、無知で始めるより何か知っておくと便利というか、知らないと損だよっていうお話を少しでも情報集めておきたくて質問しました。(^-^;)

この仕事(ほぼ個人事業のような部署)に就いて2年。お金の心配はあるけど取引きの打合せ、製品作りは楽しいし、やりがいあるし。休みもないけど自由に動けるこの状況…
私も体験したら雇われに戻りたくなく、起業について勉強しています。

長くなりましたが、お返事ありがとうございました(^-^)

お礼日時:2005/03/31 23:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q転職エージェントに求人を載せるメリット

企業が転職エージェントを利用するメリットはあるのでしょうか?
有料の転職サイトに載せれば50万円ぐらいで求人を載せれるのに、転職エージェントを利用して採用になると企業側は転職エージェントに採用者の年収の半分を払わないといけません。それですと、最低でも200万円~400万円ぐらいはかかってしまいます。
金額面だけみると通常の有料の転職サイトの方が得な気がしますが。

Aベストアンサー

(1)非公開で募集できる。
 新事業で人材を集めたいときや社内で早期希望退職を募っているときなどは
 募集内容や募集している事を知られたくない。

(2)投資対効果
 インターネット上で募集すると、
 ・有料の転職サイトに載せるだけでは人が集まらない。
 ・不特定の応募してくると、不採用者の対応を含めると時間とお金がかかる。
 など、効率が落ちるので、
 割り切って成功報酬型のエージェントを利用したほうが、
 コストも時間も節約できるという考え方もあります。
 
(3)企業イメージを守りたい。
 落ちた人の中には今後買ってくれなくなったり、
 周囲の人やネット上に書き込みをする人もいるので、
 メーカーなどの就職希望者がお客様あたる会社では、
 不採用者を少なくするとか、不採用は第3者から伝えてもらう事を
 好む企業もあります。

Q表見支配人は競業避止義務を負いますか?(支店長が独立・起業する場合など)

夫についてなのですが、現在「支店長」として勤務してます。
が、特に支配人登記をしているわけではありません。
(登記事項証明を見たところ「支店登記」はされてるとの事)

夫以外の従業員の雇用については夫に一任され、支店で受ける案件の受注・発注(建設関係です)も決定しているようです。
このような場合、会社法で言うところの「表見支配人」に該当すると思うのですが(判例で支店長は表見支配人に該当する呼称に含まれてたので)、そもそもこの表見配人の制度は善意の第三者の保護=取引の安全のための制度ですよね?

と、言うことは特にトラブルなく勤務している状態のときは支配人のような義務は発生しないと考えても良いのでしょうか?
それとも、やはり義務は生じるのでしょうか?

何故このようなことを質問するかと言えば、支配人の義務のうち「自ら営業を行うこと」と、ありますが夫が数年のうちに独立を考えているからです。そして夫は勤務しつつ会社を立ち上げたいようです。そこで私が現在司法書士の受験生なので質問されました(「何かマズいことはあるのか?」と)。

しかし上記のような条文・テキスト上についてのことしか分かりません。
現実にはどうなのでしょうか?

やはり、いったん退社してから会社設立するのが王道と言うかベターでしょうか?
実際に独立・起業した方のお話が聞きたいです。
よろしくお願いします。

夫についてなのですが、現在「支店長」として勤務してます。
が、特に支配人登記をしているわけではありません。
(登記事項証明を見たところ「支店登記」はされてるとの事)

夫以外の従業員の雇用については夫に一任され、支店で受ける案件の受注・発注(建設関係です)も決定しているようです。
このような場合、会社法で言うところの「表見支配人」に該当すると思うのですが(判例で支店長は表見支配人に該当する呼称に含まれてたので)、そもそもこの表見配人の制度は善意の第三者の保護=取引の安全の...続きを読む

Aベストアンサー

細かい法律論に入ってしまうと全体が見えなくなると思います。
ご主人もそのうち雇用側に回ることですし、雇用する側に立って考えてみましょう。

会社としたら、余計なバイトはして欲しくないはずなので、通常は就業規則で、会社の仕事に専念する義務が謳ってあると思います。副業も禁止のはずです。違反すれば損害賠償や解雇事由にあたりますね。支配人かどうかは関係ありませんし、支配人に近い立場であれば、より強い専念義務・競業禁止義務が課されると考えるべきでしょう。

副業は、まあバレなければOKという面もあります。万一に備えて、会社の代表者は奥さんや友人にしている人もいます。

退職するときは、退職後2年間は競業にあたる事業をしません(例)といった誓約書を書かされることも多いです(その効力はさておき)。

退職後であっても、元の会社と同じ取引先に営業をかけて顧客を取ったりすれば、不正競争防止法違反で訴えられる可能性があります。

王道というか訴訟等のリスクを最小限にしたいならば、今の会社に独立することを話して承諾してもらい、退職後に会社設立し、元の会社の顧客には一切営業をかけないことです。

元の会社が忙しいときは、仕事を(下請けですが)回してくれたりするので、こういうやり方にもよい点はありますよ。

ただ実際にはなかなかそうもいかず多少は競合してしまっている人が多いのが実情でしょうかね。

細かい法律論に入ってしまうと全体が見えなくなると思います。
ご主人もそのうち雇用側に回ることですし、雇用する側に立って考えてみましょう。

会社としたら、余計なバイトはして欲しくないはずなので、通常は就業規則で、会社の仕事に専念する義務が謳ってあると思います。副業も禁止のはずです。違反すれば損害賠償や解雇事由にあたりますね。支配人かどうかは関係ありませんし、支配人に近い立場であれば、より強い専念義務・競業禁止義務が課されると考えるべきでしょう。

副業は、まあバレなければ...続きを読む

Q掃除の求人を請負・派遣に委託するメリットは何ですか

なぜどこの企業でも清掃業務(危険個所の清掃は含まない)を
外注に出すのでしょうか?

特殊な場所、例えば高所箇所やビルの外壁(窓ふき)やクリー
ンルームなどは掃除のプロが良いと思います。

ただ、事務室・廊下・給湯室など、自社の社員・職員が出来る
ような所まで外注にするメリットは何でしょうか?
よく業者のHPには、掃除業務などを外注にすることにより、本
業に力を入れれるため。掃除スタッフなどの従業員の管理が
いらなくなる。経費削減。

など多種多様な理由が書かれています。

例えば、私の家族が勤務していた事業所(病院)では1人あた
り1H1500円請け負いに支払、本人の手元には日本人で850円
、外国人で800円を支給し、健康保険・厚生年金には未加入。
(雇用・労災のみ)

この場合1Hあたり700円を請け負い会社に行っています。他
にも契約金などもあるそうです。

それを考えると、直接雇用にして1H850円~900円で雇用・労
災を付けた方が安く済むと思います。

掃除の求人を請負・派遣に委託するメリットとは何でしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

直接雇用すると、

掃除のやり方を教育しなければならない。(派遣だと掃除のプロがやってくる)
掃除スタッフの管理・指導する人間(つまり上司)が必要になる。
別に新たに管理職を雇わなければならないこともないですが
そうなると他のスタッフの業務が一つ増えることになる。
直接雇用だと気に入らない人でも簡単にクビにできない。
掃除スタッフが病気で休むと掃除するスタッフがいなくなってしまうが
派遣だと別のスタッフをよこしてもらえる。

>1H850円~900円で雇用・労災を付けた方が安く済むと思います。

直接雇用の人が週3日くらいの勤務ならかまわないですが
フルタイムで働くとなると、保険や年金も完備しなくてはならなくなる。

あとこれは記憶があやふやなんですが、
確か直接雇用者の給料は人件費、派遣の場合は経費。
税金関係でも得することが何かあったと思います。

Q雇われからパン屋独立は?

以前パン屋で勤めていまして、睡眠時間を削ってまでの勤務に限界がきまして退職をいたしました。
しかし転職活動しても引っかかるのは飲食業かパン屋のみです。
またパン屋で働くなら、雇われだと長く働くには限界がくるので、いずれ独立しか道はないかなと思います。
遠い知り合いに独立した人がいます。
1500万かけて独立し、一日3万の売り上げがあれば万々歳といっていました。(この知り合いの方の連絡等はわかりません)
しかし、パンは薄利多売で原価も高く非常に商売が難しいです。
本当に一日3万の売り上げで生活は出来るものですか?
パン屋で独立するまでの道と、独立パン屋の実際の経済現状や勤務などを教えてください。
借金だけ残って路頭に迷うだけはしたくないです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

masao44です。
私はfuji333さんの事を知らないので、記入された文章を頼りにスレさせていただきます。

私は現在34歳で物販業をしております。勤めていた最後の年は年収で850万円位いただいておりました。
今現在まだ法人化しておりませんので単純比較はできませんが、開業4年目に入った位からやっと会社員時代より良い生活が出来るようになりました。

私が「独立はやめた方がいい」と申したのは、貴方が何歳なのか、何年働いていたのか知りませんが、なぜパン屋に勤めていたのに損益分岐の計算も出来ないのだろう?と思ったからです。

当店で一番のパートの新人さんでも入って半年足らずですが、仕入れ伝票と睨めっこしながら安い仕入れ先を探してくれたり、個人の販売目標を決めて頑張ってくれております。

日に3万円の売り上げで生活出来るかどうか判らないのなら、もう一度独立を前提にどこかのパン屋さんで働くべきだと思います。

オリジナルを出したいなら、まずはその店で店長さんを納得させる物を作ればいいと思います。

大変失礼いたしました。

追伸
時間があるのなら開業計画書を書いて国金に行き、お金を借りる借りないは別にして 今の貴方がいくらまで借りれるのか、また その借りた金額の月々の返済額を知ってみるのもいいと思いますよ。タダで勉強できる公の場は どんどん利用するべきです。

masao44です。
私はfuji333さんの事を知らないので、記入された文章を頼りにスレさせていただきます。

私は現在34歳で物販業をしております。勤めていた最後の年は年収で850万円位いただいておりました。
今現在まだ法人化しておりませんので単純比較はできませんが、開業4年目に入った位からやっと会社員時代より良い生活が出来るようになりました。

私が「独立はやめた方がいい」と申したのは、貴方が何歳なのか、何年働いていたのか知りませんが、なぜパン屋に勤めていたのに損益分岐の計算も出...続きを読む

Q派遣を通すメリットはあるか?紹介予定派遣を紹介されたが、派遣先webページの求人内容を見てエントリするか決めてと言われた

派遣会社から電話が掛かり、紹介予定派遣を紹介されましたが、派遣先会社webページから中途採用の求人内容を見てエントリするか決めてくれと言われ電話を切られました。

webページから直でエントリ出来る状態だったので、この場合に派遣会社を通すメリットはあるのか気になりました。

・派遣を通した場合の雇用形態は紹介予定派遣。
・直エントリした場合の雇用形態は正社員・契約社員・アルバイト
 ※正社員の場合、入社後の3ヶ月間は試用期間 と書かれており、
 紹介された職種は「積極採用」とマークされています。

派遣を通すとピンハネされるのは分かりますが、派遣を通した方が採用され易いというような事はあるのでしょうか?

経験談等、情報ありましたらお教え下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

自社でアルバイトの採用もし、派遣もとるというのは珍しいのかもしれません。私が知らないだけかも知れませんが・・・
自社の募集では人数が足りないのかもしれませんね。

普通の会社が派遣会社を通すのはいくつか理由があります。
・アルバイトの採用や管理が面倒なので派遣会社に任せる。
・派遣会社に派遣要員のスキルを保障して欲しい。例えばパソコンでExcelを使える人とか。リクエスト通りで無かった場合、要員の変更もお願いできるのでリスクが小さい。
・大手企業だと信用ある会社としか取引できない。ましてや個人に対する支払いはできない。
等等です。

Q独立起業

現在の会社を退職し独立起業を考えています。
会社に在職中でも代表取締役として会社を立ち上げ、開業することは可能なのでしょうか?
また、可能な場合でも会社役員になっていた場合はどうなんでしょうか。どなたか詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会社の規定で禁止されていないなら可能です。確認を・・・

Q求人情報について

民間の求人情報誌に求人を載せるのと、ハローワークに求人をだすのとそれぞれのメリット、デメリットを教えてください。

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1213950637?fr=rcmd_chie_detail
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1015089120?fr=rcmd_chie_detail

http://questionbox.jp.msn.com/qa1671983.html

過去ログも含め、上のサイトに良い回答があります。
ここにメリット・デメリットが出ています。

Q独立起業で借入

会社を設立して、借入を考えています。
しかし、過去に個人として任意整理をしており今も返済中です。
開業の借入に影響するでしょうか?
自己資金だけでは、足りないので借入できないと開業は厳しい状況で悩んでおります。

どなたか詳しい方が、いらっしゃれば教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

普通は、金融機関は中小企業への融資には、連帯保証人を要求してきます。

任意整理(債務整理)と言う事実は、個人信用情報に登録されていると思われます。

『個人信用情報』を見に行こう! [お金を借りる] All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/12314/

なので、ご質問者様自身が連帯保証人になるつもりなら、残念ながら融資審査を通過するのは困難だと思われます。

Q求人を職安経由で出すことについて。

企業が求人するときには、自前で経費をかけてチラシを打って周知する
ことも出来ますし、職安に無料で出すことも出来ます。
求人側にとって、職安に求人を出すメリットはなんといっても経費が
かからないことだと思いますが、他に何かありますか? またデメリット
はありますか?
同様に、職安経由で求職者が応募するメリットは、ある条件を満たすと
再就職手当てが支給される他に、何かありますか? またデメリットは?

Aベストアンサー

【求職側のメリット】給与、ボーナスなど雇用条件がわかりやすい。面接をしてくれるケースが多い。

【求職側のデメリット】いい加減な会社も混じっている。


【求人側のメリット】経費がかからない。論外の人も応募してきたりするのでうっとおしい。

【求人側のデメリット】お金がかかる。優秀な人が集まりやすい。

Q独立・起業について…

住宅の耐震補強事業で起業を考えています。
こういった職業で起業するにあたって、何か必要な許可などはあるのでしょうか?仕事に関しては必要な知識・経験を持っているのですが、起業に関しての知識が全くありません。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

財務面ですが、税務署などに開業届を出す必要がでてきます。また税務上有利な制度として青色申告制度がありますので、その承認申請書も出されればよいと思います。

後、国民生活金融公庫などから融資を受けるために、事業計画書を作成しておくことが大事だと思います。地域の商工会に加入して、6ヶ月間経営指導を受けると「マル経融資」などが受けられたりするのでご加入をおすすめします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報