フケってなんで毎日頭洗ってるのにもかかわらず出るんですか…?
予防法は?

A 回答 (5件)

フケって、ほとんどがシャンプー剤などにふくまれる光沢剤や


(ワックスみたいなもの)柔軟剤のかすなんですって。
やはり専門家さんのおっしゃるとおりですね。
私は、余分な成分を含まず、(洗ったらキシキシ感はありましたが)
弱酸性だから良いよといわれて、ニュースキン社のシャンプーを使っています。フケ、かゆみはほとんど無くなり、艶も出てきました。
少し、最初高いかなと思ったんですが、
毎日美容院で洗った感じなので、満足してるんですが、、。
通販でも売ってます。
ディープクラリファイングてのがお勧めですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ナイスシャンプーありがとうございます。
買う

お礼日時:2001/09/06 21:34

頭皮ケア・シャンプーを使用すれば悩み解決です。



品名:コラージュ フルフル
メーカー:持田製薬
電話:0120-01-5050
容量:200ml
定価:(確か)1000円

驚くほどフケがでなくなります。
購入は薬局でどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
これもためしてみようとおもいます。

お礼日時:2001/09/06 21:35

K-Koさんの言われる通りです、良くご存知ですね。


単純に乱暴な言い方をすれば、フケが出るのは生きているから。
なのですが、フケというのは角質化して剥がれた頭皮です。人の体は毎日代謝(生まれ変わり)をしているので毎日洗っていても出るのです。

でも、体質により多い、少ないの個人差がありまた、シャンプー剤、リンス、トリートメント等が肌に合わなかったり、それらが洗い終わったあとでも頭皮に残留していたり、スタイリング剤が頭皮に付着していると、頭皮内にあるセンサーが異常反応を起こして代謝を極端に高めて、フケが多くなるのです。

予防法としては
シャンプー剤を変えてみる(防腐剤なしの石鹸シャンプー等お勧めです)
シャンプーの時
1,髪を濡らす時に頭皮をマッサージしながら頭皮に張り付いている角質を充分浮き上がらせましょう。

2,asucaさんが言いわれたように、爪を立てずに洗う事。

3,シャンプー剤をしっかり流しきる事。

4,リンス、トリートメントは地肌につけない。毛先からつけましょう。

5,リンス剤もしっかり流す事。リンスはただのコーティング剤です。

6,乾かすときは地肌から先に乾かしましょう。

こんな感じですが・・・いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

洗髪の方法参考になりました。すでにhukeがなくなったような気がしてきます。こ、この戦もらった!!!

お礼日時:2001/09/06 21:38

毎日洗っていても、6時間ぐらいすると頭皮の状態は洗髪前に戻るそうですよ。



私はいつも、睡眠と食事に気をつけています。
ストレスをためるのもダメって言われていたんだけど、仕事をしているとどうしてもストレスがたまっちゃうので、他のところを気をつけています。
あと、洗髪した時に十分な水量でよ~く頭をゆすぐように洗うことです。
洗剤がついているだけで、フケの元になるらしいので。

シャンプーの仕方についてのっているサイトを見つけたのでご参考までに・・・

参考URL:http://www.mochida.co.jp/pm/furfur/fuke.html#5.C …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

6時間ごとに頭を洗うのはきついけどよくゆすいでhukeの発生をふせぎます。
ありがとうございました

お礼日時:2001/09/06 21:39

以前にも何回か同様の質問が出ていましたね。


このサイトの検索で「ふけ」で見てみるといろいろ出てきます。
その中にいろいろな対処法が乗っていますが、
私が以前やって目から鱗と効果があったのは
頭を洗うときに爪を立てて洗っていたことでした。
これは頭皮を傷つけてふけが出やすくなってしまいます。
ふけようのシャンプーで指の腹を使って洗ってみてください。これだけでも十分きれいになります。
効果があると思いますよ。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=31274,http …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

爪を立てずに洗うようにしました!いままで爪たてまくりだったので。
ありgとうございました

お礼日時:2001/09/06 21:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ