減速機の利用によってどういう利点,効果があるのかを教えて下さい

A 回答 (4件)

たとえば、毎分1回転程度の低速で非常に大きなトルクが必要になった場合、このような動力源を作るには、専用のモーターなどが必要になり装置全体のコストが高くなります。

ところが減速機を使用すれば通常のモーターなどを使用し減速機を通すことで用意に実現できます。たとえば毎分1500回転で回る通常のインダクションモーターに1:1500の減速機(このように減速比が大きな場合は通常プラネタリーギアを数段組み合わせて使用します。)を用いればごく小さなモーターで非常に大きなトルク(理屈の上では1500倍になるが減速機内部の摩擦損失があるのでそこまで大きくはなりません)を持たせる装置ができます。

また、動力源としてエンジンを使用する場合はほとんどの場合で減速機なしでは絶望的な状況でしょう。たとえば減速機なしの自動車を考えてみてください。エンジンのクランクシャフトがタイヤに直結された状態です。エンジンが安定して回るには毎分数百回転で運転する必要があります。この状態で自動車を発進させようとすると、タイヤの直径を非常に小さなものにするか、かなりの速度まで押してやってからエンジンとタイヤをつなぐ必要があります。小さなタイヤではエンジンの回転ばかりあがってスピードが出ませんし、普通のタイヤではとまるたびに全力で車を押して飛び乗る必要があるでしょう。こんなもの実用になりません。そこで自動車にはトランスミッションと言う名前の減速機が取り付けられています。その他にも自動車ではハンドルにも減速機が使われています。ハンドルを回した角度だけタイヤの角度が変わるような機構では、どんな力持ちでも自動車の運転などできないでしょうし、仮にハンドルを回せたとしても細かな調整ができず事故が絶えないでしょう。

動力源にはモータにしろエンジンにしろ、その効率が最大になる回転数があります。多くの場合その回転数と実際に装置を動作させたい回転数が異なるために減速機(場合によっては増速機)が必要になります。

大きく分けて減速機の使用目的としては以下のような場合でしょう。

モータなどの動力源と必要とする回転数が異なる場合にその回転数を合わせる。

小さな動力源で大きなトルクを得られる。(これには別にトルクコンバーターという方法もあるが、動力源の回転数と出力側の回転の比率が一定でない)

大きな動きを微小な動作に変える

動力源が効率よく働くように速度を変換する。

構造としてはギアやベルトを用いたものが一般的ですがディスクとローラーを用いたものや、ネジ機構用いたもの(これは回転・直動の変換でもある)、リンク機構を用いたものなどがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1行1行じっくり読ませて頂きました。まだまだ未熟者なのでサーと読んで理解するのは難しいのですが、丁寧な説明のおかげで興味深く思いながら納得できました。教科書や参考書もこんな説明だったらいいなと思いました。そもそも減速機とは速度を減らす機械?と思っていたのですがいろいろな特徴を持っているのですね。
僕は大学生なのですが、教科書だけの世界で勉強しているので書かれていることだけを覚えています。減速機といわれても実物を見たこともないので想像もつきません。しかしこのようなわかりやすい日常で使う物の例を使っての説明はすごく分かりやすかったです。どうもありがとうございました。わかるとなんか楽しくなってきます。

お礼日時:2001/09/08 01:18

機械用ということなので誘導電動機で考えると、モーターの回転数は極数と電源周波数によって決定されます。


従ってある回転数を必要とする場合何らかの方法で回転数を変えてやる必要があります。
そのために減速機が必要なのです。
また大きなトルクを必要とする場合、モーターを大きくするのは限度がありコストの問題もあるので減速機を使用します。
今ではインバーターなどで周波数を制御できますが昔はメカで対応せざるを得なかったのです。
もちろん今でもコンベヤなどで一定速しか必要でない物は減速機付きモーター単体で動かしています(やっぱりコストが一番低いので)
ではでは
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。わかりやすい回答で納得できました。

お礼日時:2001/09/07 15:19

No.1 ikkyu3です。


まだ範囲が、広すぎますが、電動式で且つ回転するモーターの一般的な場合とします。
1.歯車 減速比に比例し速度が遅くなる。減速比の逆比でトルクが大きくなる。
2.ウォーム歯車 1.と同じ利点、効果の他に出力軸側からの逆回転力に対しストッパーになる。
3.ベルト式伝動  スリップがあるので、スリップが起きない範囲で、1.と同じになる。
    • good
    • 1

速度を減じる機械でしょうけれど、いろいろな物がありますね。


仕組みにより、利点効果は、変わると思います。
何の、または、どんな減速機のことでしょうか。
ちなみに、物理学の範囲だけは、調べてみましたが、ありませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。答えにあるとおり機械についてなのですが、モータの減速機についてです。もしおわかりでしたら教えて下さい。

お礼日時:2001/09/05 23:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q減速機とはどんな機械ですか?

減速機とはどのような機械で
どのような用途に用いられるのですか?
また、減速機の部品というのは
どのようなものを指すのですか?

Aベストアンサー

 小さい力で、大きなものを動かすのに、テコの原理があるのを知っていますか。是を機械的に利用したものです。
 直径1センチの円盤と、直径2センチの円盤をお互いに滑らないように接触させて、1センチの円盤を2回転させると、2センチの円盤は1回転します。この原理を利用したのが減速機です。
 接触させるのに歯車を使ったものが、殆どで、ベルトや、油圧モーターなどを使ったものもあります。
 自動車のエンジンの回転は同じでも速度を変えることが出来るのもこの原理です。

Q〜問題〜 1,3,9,27,81,・・・,3^n,・・・グラムの分銅が2個ずつあるとき、天秤を用いて

〜問題〜
1,3,9,27,81,・・・,3^n,・・・グラムの分銅が2個ずつあるとき、天秤を用いてどんな種類の重さをはかることができますか?

どのように書けば模範解答になるのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

t_fumiaki さん、さすがですね。
でも、質問者さんには理解できているのかな?

これは、次のように置き換えるとわかりやすいかも。

「1, 10, 100, 1000, ・・・, 10^n のお札またはコインが9個ずつあるとき、どのような値段の買い物ができるか」

ということで考えてみます。(中途半端な 5千円札とか 5百円玉は持たない)

1円玉が9個あるので、1~9円の買い物ができます(1円単位)。「0円」ならお金がなくとももらえる。
10円玉が9個あるので、0~90円の買い物ができます(10円単位)。
100円玉が9個あるので、0~900円の買い物ができます(100円単位)。
1,000円札が9枚あるので、0~9,000円の買い物ができます(1,000円単位)。
  ・・・
10^n 円札(あるものと考えて)が9枚あるので、0~9×10^n 円の買い物ができます(10^n 円単位)。

ということで、これらを必要数ずつ組み合わせれば、1円単位でどんな値段でも支払えます。最大額は、全財産を合計した
  10^(n+1) - 1 円
です。

例えば、現実のとおり、最大のお札を 10,000円(= 10^4 円、n=4)とすれば、支払える最大額は
  10,000円札 9枚 = 90,000 円
   1,000円札 9枚 = 9,000 円
   100円玉 9枚 = 900 円
    10円玉 9枚 = 90 円
    1円玉 9枚 = 9 円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  (合計) 99,999円 =100,000 - 1 = 10^5 - 1

直感的にわかりやすい「10進法」だと上のようになります。

ご質問は、これを「3進法」に置き換え(「10」を「3」に置き換える)、金額の「円」を重さの「グラム」に読み替えれば、#1、#2の回答になります。

t_fumiaki さん、さすがですね。
でも、質問者さんには理解できているのかな?

これは、次のように置き換えるとわかりやすいかも。

「1, 10, 100, 1000, ・・・, 10^n のお札またはコインが9個ずつあるとき、どのような値段の買い物ができるか」

ということで考えてみます。(中途半端な 5千円札とか 5百円玉は持たない)

1円玉が9個あるので、1~9円の買い物ができます(1円単位)。「0円」ならお金がなくとももらえる。
10円玉が9個あるので、0~90円の買い物ができます(10円単位)。
100円玉が9個あるので、...続きを読む

Q減速機

減速機の利用によってどういう利点,効果があるのかを教えて下さい

Aベストアンサー

たとえば、毎分1回転程度の低速で非常に大きなトルクが必要になった場合、このような動力源を作るには、専用のモーターなどが必要になり装置全体のコストが高くなります。ところが減速機を使用すれば通常のモーターなどを使用し減速機を通すことで用意に実現できます。たとえば毎分1500回転で回る通常のインダクションモーターに1:1500の減速機(このように減速比が大きな場合は通常プラネタリーギアを数段組み合わせて使用します。)を用いればごく小さなモーターで非常に大きなトルク(理屈の上では1500倍になるが減速機内部の摩擦損失があるのでそこまで大きくはなりません)を持たせる装置ができます。

また、動力源としてエンジンを使用する場合はほとんどの場合で減速機なしでは絶望的な状況でしょう。たとえば減速機なしの自動車を考えてみてください。エンジンのクランクシャフトがタイヤに直結された状態です。エンジンが安定して回るには毎分数百回転で運転する必要があります。この状態で自動車を発進させようとすると、タイヤの直径を非常に小さなものにするか、かなりの速度まで押してやってからエンジンとタイヤをつなぐ必要があります。小さなタイヤではエンジンの回転ばかりあがってスピードが出ませんし、普通のタイヤではとまるたびに全力で車を押して飛び乗る必要があるでしょう。こんなもの実用になりません。そこで自動車にはトランスミッションと言う名前の減速機が取り付けられています。その他にも自動車ではハンドルにも減速機が使われています。ハンドルを回した角度だけタイヤの角度が変わるような機構では、どんな力持ちでも自動車の運転などできないでしょうし、仮にハンドルを回せたとしても細かな調整ができず事故が絶えないでしょう。

動力源にはモータにしろエンジンにしろ、その効率が最大になる回転数があります。多くの場合その回転数と実際に装置を動作させたい回転数が異なるために減速機(場合によっては増速機)が必要になります。

大きく分けて減速機の使用目的としては以下のような場合でしょう。

モータなどの動力源と必要とする回転数が異なる場合にその回転数を合わせる。

小さな動力源で大きなトルクを得られる。(これには別にトルクコンバーターという方法もあるが、動力源の回転数と出力側の回転の比率が一定でない)

大きな動きを微小な動作に変える

動力源が効率よく働くように速度を変換する。

構造としてはギアやベルトを用いたものが一般的ですがディスクとローラーを用いたものや、ネジ機構用いたもの(これは回転・直動の変換でもある)、リンク機構を用いたものなどがあります。

たとえば、毎分1回転程度の低速で非常に大きなトルクが必要になった場合、このような動力源を作るには、専用のモーターなどが必要になり装置全体のコストが高くなります。ところが減速機を使用すれば通常のモーターなどを使用し減速機を通すことで用意に実現できます。たとえば毎分1500回転で回る通常のインダクションモーターに1:1500の減速機(このように減速比が大きな場合は通常プラネタリーギアを数段組み合わせて使用します。)を用いればごく小さなモーターで非常に大きなトルク(理屈の上では1...続きを読む

Q時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」というのはなぜですか?

日本人はいつから時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」とよぶようになったのでしょうか。
なにがきっかけだったのでしょうか。
---以下参考情報---
ほかの質問の page でも数人のかたが言及していますが、時計数字(I, II, III, IV, V, ...)はローマ数字であって、ギリシャ数字ではありません。
検索エンジン(私は Google を愛用しています)で検索すると、「ローマ数字」が2万件弱に対して「ギリシャ数字」が千件弱、率にして1/20ほど。そして検索結果のなかのおおくの「ギリシャ数字」が、時計数字をさすためにつかわれています。
ちなみに、“roman numerals”が10万件に対して“greek numerals”が500件ほど。率にして1/200で、ざっとみたところ、“greek numerals”を時計数字の意味でつかっている page はみあたりませんでした。時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」というのは日本特有の誤りであるようにおもわれます。
さらには、算用数字(1, 2, 3, 4, 5, ...)を「ローマ数字」とよんでいる page もあります。

日本人はいつから時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」とよぶようになったのでしょうか。
なにがきっかけだったのでしょうか。
---以下参考情報---
ほかの質問の page でも数人のかたが言及していますが、時計数字(I, II, III, IV, V, ...)はローマ数字であって、ギリシャ数字ではありません。
検索エンジン(私は Google を愛用しています)で検索すると、「ローマ数字」が2万件弱に対して「ギリシャ数字」が千件弱、率にして1/20ほど。そして検索結果のなかのおおくの「ギリシャ数字」が、時計...続きを読む

Aベストアンサー

そのような誤用があるとは知りませんでしたが、
私も実際検索してみて、あるわあるわ、少々驚いています。

ギリシア数字で一般に知られているのは、α’β’γ’・・・ですが、
これは(確か)イオニア型と呼ばれるもので、
アルファベットを順に数に当てはめていったもののようです。

ところが、実は、ギリシア数字にはもう1つ、
(確か)アッティカ型(だったかな?)というものもあり、
これはどういうのかというと、

ここには表示できませんが、1が縦線1本、2が縦線2本、3が3本、4が4本で、
5、10、100、1,000は、それぞれそれらに相当する文字を当てて表記するというものです。

つまり、アッティカ(?)型のギリシア数字の表記は、
現在のローマ数字の表記と非常によく似ているのです。

これは不思議なことでもなんでもなく、
そもそも、ローマ文字の由来をたどれば、ギリシア文字を借用した面があり、
(実際はエトルリア人の手を経由していますので、全く同じではありませんが)
数字の表記術も、ギリシアの都市国家によっては
ある程度は似かよった面があったのかもしれません。

ご存知のように、伝統的な歴史学に観れば、
古代ローマというのは、学問・芸術などを生み出すことにおいては、
ギリシアのそれと比して貧弱だったらしく
むしろ、文化的にはギリシアのそれを継承するにとどまったようです。

したがって、ローマ数字が、その原型である(かもしれない)(アッティカ型の)
ギリシア数字を連想させることもあるでしょう。

しかし、ご質問の誤用の原因が、
以上のような歴史的経緯に由来するとも思えませんので、
一応参考程度に・・・。

ちなみに算用数字のアラビア数字(これの由来はインド数字)を
ローマ数字と呼んでいる理由は想像つきません。

そのような誤用があるとは知りませんでしたが、
私も実際検索してみて、あるわあるわ、少々驚いています。

ギリシア数字で一般に知られているのは、α’β’γ’・・・ですが、
これは(確か)イオニア型と呼ばれるもので、
アルファベットを順に数に当てはめていったもののようです。

ところが、実は、ギリシア数字にはもう1つ、
(確か)アッティカ型(だったかな?)というものもあり、
これはどういうのかというと、

ここには表示できませんが、1が縦線1本、2が縦線2本、3が3本、4が4本で、
5、10、...続きを読む

QハーモニックドライブやRV減速機って小売りしてる?

電子工作でロボットなんかに興味あるんですが、ハーモニックドライブとかRV減速機のようなバックラッシの無いコンパクトなサーボユニットって市販、小売りされてるもんなんでしょうか?

まだまだそういう需要にはオーバースペック過ぎて出まわりそうにないんでしょうか?

Aベストアンサー

 
http://astt.co.jp/01nichiden/1/f2.html
個人向けに売ってます
 

Q次の問題教えて下さい 次のあ,い,う,えのうち,1つだけ三角形をかくことができないものがあります。そ

次の問題教えて下さい
次のあ,い,う,えのうち,1つだけ三角形をかくことができないものがあります。それはどれかを答え,そのわけを書きましょう
あ 辺の長さが6㎝,8㎝,10㎝の三角形
い 辺の長さが8㎝,8㎝,10㎝の三角形
う 辺の長さが6㎝,6㎝,12㎝の三角形
え 辺の長さが8㎝,10㎝,12㎝の三角形
答えとわけを教えて下さい
この問題は小学3年生の問題です。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

う 辺の長さが6㎝,6㎝,12㎝の三角形
2つの6cmの辺の長さを足すと12cmになり、
角を3つつくることが出来ません。

QイタリアのSTMという会社が製造する減速機を扱っている日本の商社を教え

イタリアのSTMという会社が製造する減速機を扱っている日本の商社を教えてください。

Aベストアンサー

http://www.huskywest.com/customparts/stmslipperclutch

stm gear でホームページが出ます。
必要事項記入、登録で Japanese Dealer ? 等、連絡を取る。

またアクセス可能になり閲覧が出来ます。

イタリア大使館に連絡すれば情報も得られます。

Q磁気抵抗(MR)効果が大きいとどんな利点があるの?

現在のHDDのヘッドにて実用されているMR効果(GMR)ですが、このMRが大きい
とどんな利点があるんでしょうか?

http://mswebs.aist-nara.ac.jp/center/LABs/hashizume/keyword/gmr.htm
↑このページを見て、気になりだしたことなんですが、この手の分野に詳しい
方是非教えてください。

また、HDDの磁気ヘッド以外にどんな用途でこのMR効果は用いられているので
しょうか?

Aベストアンサー

学生の頃CMR(Colossal MR)をやってたのでちょっと書きます。
材料の研究だったので、磁気ヘッドそのものの研究ではないのですが。。。

結論から言う感度が上がります。
磁気ヘッドというのは磁気センサですので、MRが大きいということは感度が上がることを意味します。

最近は小型のディスク(IBMのマイクロドライブ)も出てきて従来の誘導起電力に依るヘッドでは限界が見えてきました。
尚、磁気記録、磁気ヘッド、磁気センサについては以下のホームページをご覧ください。

磁気記録、ヘッドについては↓
http://www.labs.fujitsu.com/gijutsu/jiki/

磁気センサについては↓
http://www.kkrocky.com/re150_9.htm#Q1-1

が割とわかりやすいと思います。

Qハーモニックドライブ減速機について

ハーモニックドライブ減速機構の用途例について教えてほしいです。
また使用上の注意点などもあったら教えてほしいのですが・・・

Aベストアンサー

ハーモニックドライブの利点として1、大きな減速比がとれる
2、バックラッシュが無い等があげられます
1の減速比に関しては小さなモーターでも大きなトルクを発生できる
見かけ上入力側の位置精度よりも出力側の精度が高くできることがあげられます
2のバックラッシュについては正逆運転時においても精度が確保できることが
あげられます
以上より産業用ロボットに使用されるのが大半ではないでしょうか
この用途では一時はシェア90%を越えていたと思います、最近では遊星減速機を
応用した帝人精機のRV減速機というのが出ておりハーモニック一辺倒では
無くなってはいますが・・・
使用上の注意としては組付けを間違えないことが第一です、フレクスプラインは
以外と弱いので一歯ずれるとアウトです
また入出力軸の取り付けもできるだけ精度をとるようにした方がよいです
以上簡単ですが参考にしてください

Q圧縮式(ターボ)・吸収式冷凍機の利点欠点?教えて!

圧縮式冷凍機と吸収式冷凍機の構造上の違い等は、おおむね理解できたのですが、設置にあたってどちらの方式にするか?
メリット・デメリットは?
環境への配慮面ではどうか?
メインテナンス上はどうか?(経験から:圧縮式(ターボ)の方が吸収式より圧倒的に故障が少ないと思いますが?)。
お教え下さい。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
ひとつの意見として。

現在では、吸収式の燃料代(ガス等)が、圧縮式の燃料代(電気)に比べて相対的に高くなっているので、圧縮式の方が普及していると聞きます。。。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報