誘導電動機の特徴を教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

誘導電動機は、電流の磁気作用を利用して、電気エネルギーを動力に変える働きをする回転機です。



誘導電動機の特徴は、構造が簡単で寿命が長いことです。

性質は、回転数が周波数に依存すること、負荷が重くなると必ずしも周波数と同期せずスリップがあることなど。
種類は、大きく分けると単相交流で使用する単相交流誘導電動機と三相交流で使用する三相交流誘導電動機に分けられます。

ご質問は、電気・磁気それから交流などを勉強された上での質問でしょうか。
できれば、今どこまで勉強され、どのような目的で質問されたのかを書かれると、より質の高い役に立つ回答が出るかと思います。

この回答への補足

誘導電動機でもかご型、高滑りかご型、巻線型誘導電動機がありそれぞれ長所、短所があります。それぞれの特徴(長所、短所)は参考書でしらべ、一般的な誘導電動機の特徴もikkyu3さんの回答でわかりました。
質問は電気、磁気、交流などは一通り勉強した上での質問ですが、高校レベルの知識であるので高等な知識はもっておりません。しかし誘導電動機の原理はだいたいわかります。
さらに質問ですが誘導電動機の負荷トルク特性に対する対応のしかたもわかりましたら教えて下さい

補足日時:2001/09/07 15:20
    • good
    • 0

誘導機の弱点のひとつに起動トルクが大きく取れないことがありましたが、インバーターの発達で一種の同期モーターと組み合わせて低速でも大きなトルクを得られるものが出てきています。

最近の電車(山手線や京浜東北線など)で使われているように、起動時に大きなトルクが必要な用途(以前は直流機を使用していました)でもVVVF制御(Variable Voltage Variable Friquency)を利用することで可能になってきました。
    • good
    • 0

補足をありがとうございます。


ずいぶん勉強されたようですね。説明がしやすいのと同時に責任が重くなりました。実用上大変重要な再質問だと思います。

負荷トルク特性は、モータの選定や実用上大変重要です。
負荷トルク特性について、横軸が速度、縦軸がトルクのトルク曲線の図を、お持ちだとして説明します。
例えば、三相誘導電動機では、起動時(原点)に、かなりのトルクがあり、負荷のトルクに打ち勝って加速するに従い右上がりの緩やかな曲線になり、同期速度の少し手前で最大トルクになります。これを過ぎるとトルクは、急に減り始め同期速度になるとトルクは、0になる。このような曲線になっています。

そこで、負荷トルクをこの図に重ねて書いたとき、起動トルクと定常回転の間のすべての点で上記曲線にカバーされる必要があります。
起動点では、負荷トルクが起動トルクを下回らないと起動できません。
最大トルクを超え同期速度の少し手前で、電動機のトルクと負荷トルクが同じになった点で、安定運転が出来ます。

なお、誘導電動機のトルク曲線の形は、機種・大きさ(定格出力)および設計仕様により、かなりの違いが有ります。考え方は、上記で参考になると思います。
また、実際の負荷のトルクが、どのような直線または曲線になるかは、負荷の性質により、一概には、言えません。例えば、液体や空気などを攪拌するときと車を動かすようなときのことを考えて見てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分の資料と照らし合わせてみました。ikkyu3さんの解説どおりでした。なかなか難しいものです。どうもありがとうございました。またこのような質問をするかもしれません。その時よろしかったらおねがします

お礼日時:2001/09/08 12:39

tooffさんのおっしゃる通りだと思います。

あと日本では単相と三相があって単相は回転を始めさせるために(起動させるために)、コンデンサーが必要とか
    • good
    • 0

簡単に箇条書きしますと、


・トルクが小さい
・高速回転が可能
・周波数でも、回転数を変えられる。
・交流電力が必要

 こんなものでしょうか?
 誰かフォローをよろしく。
    • good
    • 0

誘導電動機がモーターを意味している事はご存知ですよね?


その上でのご質問となるとかなりの専門家なのでしょうか?
だとしたら、失礼にあたるので私の回答は無視してください。モーターの特徴といってもあまりに種類が多いので一概に書けません。ごめんなさい 下記URLをご参考に

参考URL:http://www.kitashiba.co.jp/sei/seihin/ahp/osiete …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特徴と特性について

特徴と特性って似たような言葉なんですが、意味としては違うみたいなのです。
特徴はあるものの特有の部分ということはわかったんですが、特性がよくわからなくて・・・。
特徴と特性の違いって何なんでしょうか?

Aベストアンサー

特徴というのは、「他のものと比べて目立っている点」ですよね。
「特性」については、心理学では特別な意味を持つ専門用語でもあるのですが、
辞書にのっている一般的な用法についてお話しますね。

http://dictionary.goo.ne.jp/index.html
この辞書サイトでは、「特性」とは
 あるものに特別に備わっている性質。特有の性質。特質。
 例文「火に強い―を生かして耐火用とする」
と書いてあります。
一方「特徴」は
 他のものと比べてとりわけ目立つ点。そのもの特有の点。特色。
 例文「目元に―がある顔」
と書いてあります。


「特性」という言葉は、「特徴」という言葉に比べて
あるものの持つ具体的な性質に特に注目し、
それについて記述するときに使うことが多いと感じます。
「ワックスの水をはじく特性が、フロントガラスを見やすく保つ」
などです。しかしこの場合は「特徴」でも通じないことはない。

しかし、「特徴」とは明らかに違う点がある気がします。
すなわち、「特性」という言葉は、
その性質についての具体的な説明がある場合か、
その具体的性質へと注意を促す場合以外には、使うことができない、ということです。

本などで確認した訳ではないのですが、ネットでの用例を見て、
私は以上のように考えています。

特徴というのは、「他のものと比べて目立っている点」ですよね。
「特性」については、心理学では特別な意味を持つ専門用語でもあるのですが、
辞書にのっている一般的な用法についてお話しますね。

http://dictionary.goo.ne.jp/index.html
この辞書サイトでは、「特性」とは
 あるものに特別に備わっている性質。特有の性質。特質。
 例文「火に強い―を生かして耐火用とする」
と書いてあります。
一方「特徴」は
 他のものと比べてとりわけ目立つ点。そのもの特有の点。特色。
 例文「目元に―...続きを読む

Q誘導電動機の機械出力はPoですが、誘導電動機のPとは何の出力の事なのでしょうか

誘導電動機の機械出力はPoですが、誘導電動機のPとは何の出力の事なのでしょうか

Aベストアンサー

>Po(機械出力)=P2(二次入力)

なにか間違ってないでしょうか?

一次入力(交流電力)が固定子に入って,固定子で発生する鉄損,一次銅損,漂遊負荷損
が差し引かれたのが二次入力。

二次入力は回転子に入る入力,そこから風損摩擦損(機械損)と二次銅損を引かないと
機械出力(軸出力)にならないですけど。

ここで言われるPとは一次入力を言っているのかと思いますが,御質問内容からは
判断しかねます。

Q用語の意味について

旋削加工は旋盤加工と同じ意味でとっていいのですか?
それと、切削加工の中の1つとして旋盤加工があると考えていいのですか?
自分では、「切削加工の特徴=旋盤加工の特徴」と意味をとってしまうのですが、やはりそんなことではないのでしょうか?

Aベストアンサー

旋盤と旋削はやることが違います。

旋盤は円柱の試料を回転させ、それに刃(バイト)を当てて削り太さを変えます。
そして旋削は刃(フライス)を回転させ、試料から斜めに当てたりして、ねじの谷の部分を作ります。

特徴としては、
旋盤は円柱の試料を回転させ垂直に刃を当て削って、細くしたりローレット加工といって滑らないようにでこぼこを作ったりできる。

旋削は試料は動かす必要がないので、チェーンソウみたいなものを使って溝を掘ったり、かんなみたいに表面を削ったり、歯車の谷を作ったりでき、旋盤よりも複雑で細かく、具体的な事ができる。試料にいろいろな角度で刃を当てることができる。

こんなとこかな。

Q無負荷の三相誘導電動機の周波数に対する電流と出力

三相誘導電動機をインバーターを用いて、無負荷状態で周波数に対する回転速度を計ると、インバータの周波数を増やすと途中まで増えていた電動機の一次電流と一次出力の値が次第に下がって来ますがどうしてなのでしょうか?

周波数が増えるにしたがって回転速度と一次電圧が増えていくのは分かりますが、
電流と出力が途中から下がっていく理由がわかりません。

ちなみにインバータの入力電圧は200V、周波数は10Hz→60Hzと変化させました。

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>電動機の一次電流と一次出力の値が次第に下がって来ますがどうしてなのでしょうか?
誘導電動機の等価回路は、1次コイルと2次コイルとを空隙を設けて対向させて、2次側を回転させることができる変圧器と考えることが出来ます。
そこで無負荷特性は、変圧器と同様に考えて、電圧を変えずに周波数だけ上げていったとします。
磁束密度は、周波数と反比例しますから、磁束密度は下がり励磁電流と鉄損電流は減りますから、1次電流は減少します。
1次出力とは、なにか良く分りませんが「インバーターの出力=電動機の入力」のこととしますと電動機の入力は、電動機の入力電流掛ける入力電圧ですから減少します。
もし、これが実効電力のこととしても磁束密度が下がっていけば、鉄損や銅損が減少しますから、下がります。

>周波数が増えるにしたがって回転速度と一次電圧が増えていくのは分かりますが、
1次電圧がひとりでに増えることは、有りません。周波数が上がると回転が上がりますから、確かに逆起電力は、上がりますが、電動機の電圧を決めているのはインバーターですから、インバーターが、その様に作られているのでしょう。
>電流と出力が途中から下がっていく理由がわかりません。
無負荷時では、前記のように電流と無負荷電力が下がっていきます。
途中からになる理由は、上記のようにインバーター電動機の励磁特性に合わせて周波数があがるとき一旦電圧が上がるように作られているせいと思います。たとえば、10Hz→50Hzまで電圧をあげていき、あとは60Hzまで一定電圧にする。

ちなみに、ご質問では、電動機の定格が60Hzで200Vとしますと10Hzから実験開始では、電動機の鉄芯が飽和しないようにかなり低い電動機の1次電圧になっていませんでしたか。
ちょっと分りにくいかもしれませんが、周波数に対して電動機の電圧を決めているのは、インバーター(の設計の考え方)です。

>電動機の一次電流と一次出力の値が次第に下がって来ますがどうしてなのでしょうか?
誘導電動機の等価回路は、1次コイルと2次コイルとを空隙を設けて対向させて、2次側を回転させることができる変圧器と考えることが出来ます。
そこで無負荷特性は、変圧器と同様に考えて、電圧を変えずに周波数だけ上げていったとします。
磁束密度は、周波数と反比例しますから、磁束密度は下がり励磁電流と鉄損電流は減りますから、1次電流は減少します。
1次出力とは、なにか良く分りませんが「インバーターの出力...続きを読む

Qどういう意味でしょうか

The most characteristic feature of her work is her brush style.
このmostの使い方なのですが、
most famousとかならわかるのですが、ここでは=famousなのでしょうか...
most featureとはどういう意味でしょうか
最も特徴的?

Aベストアンサー

characteristic という形容詞の最上級として
most characteristic です。
これも「特徴的な」で、feature も「特徴」で日本語ではダブりますが、
英語としては feature を修飾する、「特有の、典型的な」
という意味の形容詞と考えればいいです。

彼女の work を最も的確に表している特徴。

Q誘導電動機について

二重かご型誘導電動機の原理について簡潔に教えてください。後、普通かご型誘導電動機はなぜ大容量のものが無いのですか?

Aベストアンサー

かご型誘導機では、すべりの大きな起動時に大電流が流れます。
この対策として、導体を二重にして、内側に低抵抗の導体を、外側に高抵抗の導体を入れたのが二重かご型。

すべりの大きいときには、回転子インダクタンスの効果(表皮効果と類似の効果)で外側の高抵抗導体に主に電流が流れ、高い二次抵抗で運転し、突入電流を抑えます。

定常速度になって、すべりが小さくなると、内側の導体にも電流が流れ、二次抵抗が下がります。

Q文章を意味を教えてください。

経験的蓋然性でコメントするのは匿名掲示板の特徴

これを分かりやすく言うとどういうことなのでしょうか?
蓋然性の意味を調べても、全然理解できません。

Aベストアンサー

個々人の体験に裏打ちされたもので、しかも、その体験上、たいていは、そのようなことであったということ。
したがって、個々人の生活様式が特殊であったり、つまり、個々の生活環境などの違いによって、万人には、必ずしも当てはまらないということ。

蓋然性とか、蓋然的などというのは、よく、学術(科学)論文などにおいて用いられる言葉。
必然というには、ちょっと誤弊がある場合、または、7、8割りがた真実なのだろうと考えられる時、これを用いる。

Q三相誘導電動機の回転子巻線電流周波数について

三相誘導電動機の回転子巻線電流周波数について質問します。

今、定格周波数60Hz 8極の三相誘導電動機があるとします。
ここで、すべりが1のとき、回転子巻線に流れる電流の周波数
は60Hzのようです。
 私が考えるに、極数が8ですので、回転磁界が回転する周波数
が15となり、回転子巻線に流れる電流の周波数も15となるように
思えるのですが、間違ってますでしょうか。

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

8極の誘導機について、ちょっと模式的なイメージを作ってみます。

輪ゴムのような輪っかを考えます。
この輪っかにNとSを4個づつ(計8個、というのは8極なので)等間隔にくっつけます。
結果、45度おきに、N,Sが並んだ輪っかができます。
便宜上、このNSをN1,S1,N2,S2,N3,S3,N4,S4と番号をつけます。

この輪っかを輪っかの中心を軸にして、毎秒15回回します。
これを固定した回転子のある1点から見ると、N1は一秒間に15回通過します。が、N1が通過してつぎに再度N1がくる前に、S1,N2,S2,N3,S3,N4S4が順番に通過していきます。
という具合に、輪っかが1回転する間に、固定した回転子の1点から見える磁極はN1→S1→N2→S2→...→S4→N1と4回NSを繰り返し、結果、一秒間あたり15*4の60回NSの繰り返しがあることになります。

で、この繰り返しに対応して、誘導電圧や誘導電流も発生しますので、毎秒60回繰り返す、60Hzの交流電圧、電流が誘導されます。

Q「特徴」と「特長」

 同音異義語の使い方で、お知恵を拝借したくて質問させていただきます。
 小学3年生の国語の問題文のなかに、
「たてがみが見事だという特長を持つ動物が、おすライオンだ」
 という文章がありました。
 私は「特長」という言葉は「とくに長所となる部分」という意味に解釈しており、この場合は「ほかの動物と比べて大きな差がある部分」という意味の「特徴」を使うべきではないかと思ったのですが、どちらが適当でしょうか?
 良い機会ですので、娘に「特徴」という言葉も一緒に教えておくべきかと思ったのですが、使い方の違い等について、明確に説明しきる自信がなく、少々困っています。
 言葉の使い方に詳しい方の助言をお待ちします。

Aベストアンサー

どちらにも解釈できるような問題を提供する側に問題があるような気がします。文面から見ると「特徴」がふさわしいと思いますが、「特長」が間違っていると断言できないような気もします。国語の問題は算数のようにはっきりとした答えがないことが「とくちょう」ではないでしょうか?

Q巻線形三相誘導電動機についてなんですが・・・

お世話になっています!!おかげで、大変助かっています。そこでまたまたお世話になるのですが・・・

今回は、タイトルの通り、巻線形三相誘導電動機についてなんですが、二次抵抗を変えることによって、速度制御ができることはわかったのですが・・・

(1)同一すべりにおける場合、端子電圧とトルクの関係はどのようになっているのでしょうか??

(2)巻線形IMの始動法について教えてください。

(3)巻線形IMには、ほかには、どのような速度制御法があるのですか??


以上です。ひとつだけでもいいので教えてください!!
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

No.1のymmasayanです。
回答の(3)にミスがありました。

No.2さんの言われている通りセルビウス方式があります。
二次巻線の抵抗制御では二次巻線の電気は全部熱になって放散されますが、
セルビウス方式では、二次側の電力を取り出して電源に戻してやる(回生という)
ことで省エネになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報