「教えて!ピックアップ」リリース!

【国民年金を掛けている人は国民の義務であるはずの国民年金の納税を50%は掛けていないそうです。これってもう国民が年金制度が破綻していて国にうんざりして掛けていないのではなく払えなくなっているのでは?】

A 回答 (6件)

2020年度の国民年金の加入者1449万人のうち、規定の保険料を納めたのは726万人で、実は全体の50%ほどしかいない。


残り42%にあたる609万人が、納付猶予や全額免除を受けている。
さらに残りの8%の115万人は未納者です。
おっしゃるように、払えない人が約半数います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みんなありがとうございました

お礼日時:2022/07/05 17:38

間違い無いです。


国民年金よりも生活保護受給者のほうが良い生活ができ、医療費もかからず、長生きできますから。
こんな不平等が無くならない限り、年金を納める人は増えません。

 将来、年金が無く、生活できなければ生活保護受給申請するだけの話し。
 もう、日本に国民年金など不要。
 生活保護受給者の一人勝ち国家。
    • good
    • 0

国民年金には、障害年金があります。


生まれつき、10代で障碍者になった人は、
1円も払わずに、20歳から年金をもらいます。

若くして、交通事故や病気で障碍者になった人は、
その時から、年金を受け取ります。
お金を納めていません。

破綻しているから、
納めていないわけではありません。
    • good
    • 0

国民年金は税金ではないよ。


基本的なことが理解できないようですね。
    • good
    • 1

ソースは?

    • good
    • 1

> 国民年金の納税を50%は掛けていないそうです。


意味がよくわかりません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング