素人の質問ですいません。

花粉症とアトピー性皮膚炎は共にアレルギー反応だと聞いています。
原因が違うのだと思いますが、同じアレルギー反応なのに症状が似ていません。
両者の根本的な違いは何でしょうか?

また将来、花粉症の症状が変化してアトピー性皮膚炎のように変貌してゆく可能性があるでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

花粉症:


花粉が原因で出るアレルギー症状
鼻水のこともあるし皮膚炎のこともある。
頭痛が出たりとにかく不快である。

アトピー性皮膚炎:
アトピーになる前に食べ物や花粉症が原因で皮膚炎になる必要があります(なりたくなくてもなってしまう場合ね笑)。

◆その湿疹が『こじれて治らねー!!』って状態=慢性の皮膚炎がアトピー性皮膚炎です◆

単純にアレルギー反応だけなら「蕁麻疹」「水泡」「痒い」で、薬を飲んだり塗ったりすればすぐ治ってしまうことが多いです。


>花粉症の症状が変化してアトピー性皮膚炎のように変貌してゆく可能性があるでしょうか?

花粉症でどこかが痒くて掻き壊して、治らない泥沼に入っていまったら、それもアトピーです。


原因というか、絶対条件としては「アレルギー体質」であることですね。一番上とダブりますが、

花粉症:「アレルギー体質の人が花粉に反応した」こと。

アトピー:「アレルギー体質の人が何かに反応した結果、皮膚炎が治らなくなった」状態。

違いがわかりますかねぇ…(しつこくてすみません)

参考URL:http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/03/
    • good
    • 0

yoshinobu09さんこんにちは。


花粉症とアトピー性皮膚炎はお聞きのとおり共通のアレルギー反応です。

花粉症は、アレルギー性鼻炎に分類され、花粉が原因となって起こるものを花粉症と呼びます。
アトピー性皮膚炎もアレルギー反応の結果起こり、原因としてダニ・ハウスダスト、食品があります。

両者は症状が出るところが違いますが、類似のアレルギー反応ですので花粉症をお持ちの場合、アレルギー体質の素因があるということでアトピー性皮膚炎になりやすい可能性はあります。また反対の場合でも同じです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q花粉症とアトピー性皮膚炎

毎年、3月から6月ごろまでの間にアトピー性皮膚炎のような症状が
現れ、顔や体がかさかさになり痒くなります。また、目のかゆみもあります。
アレルギー値を測ったところ、スギ花粉の値が異常に大きいという結果が
出ました。花粉症の症状で肌が荒れるというものはあるのでしょうか?
くしゃみや鼻水は全くありません。また、もし花粉症だとすればひどく
なる時期を前にして予防をしたいのですが、花粉症予防の抗アレルギー剤
についてどういうものなのか、どこでもらえるのか(皮膚科or耳鼻科)
を教えてください。また、千葉市近辺で良い医師、病院等がありましたら
教えてください。

Aベストアンサー

花粉症様症状が出なくても、杉花粉によるアレルギー性の皮膚炎は起こりますし、季節性もあるようですからその可能性は高いと思います。将来的に花粉症に進む可能性もかなりあるかと思います。花粉症に限らず、抗アレルギー剤は、ヒスタミンの受容体をブロックするものが主体です。症状が起こってからより、予防的に内服した方が効果的です。処方は、内科・耳鼻科いずれでも受けられます。又、皮膚が主体であれば、皮膚科での処方も可能です。

Qアトピー性皮膚炎について

私は半年前ほどから、体の節々にアトピー性皮膚炎が発症し悩まされていました。
そして、つい2週間ほど前から陰嚢湿疹まで姿を現し始め、やばいと感じた私は
本格的にそれらについて調べ始めました。
すると、割と早い段階でそれらの原因が腸であるということを知りました。
それから私は腸に有益なものや有害なものを調べ、今以下のことを実施することにしました。

・肉(牛、豚、鶏など)を避ける          ・たんぱく質は魚介類、大豆製品で摂取する
・牛乳、乳製品(ヨーグルト以外)を避ける   ・毎日ヨーグルトを欠かさず食べる
・白砂糖を避ける ・食物繊維を多く摂取する
・発酵食品を多く摂取する            ・一度に複数の種類の発酵食品を摂取する
・酸味の強い果物を生で食べる         ・マーガリン・コーヒーを避ける
・食物繊維やビタミンなどを多くふくむお茶を飲む
また、腸以外のことであれば、出来るだけ汗をかくのを避けるようにしています。

現在、上記のことを意識して行っているのですが、
上記に記しているもの以外でこれもやったほうが良い、
またはこれはやめたほうが良い、というものがあればアドバイスお願いします。
ちなみに、私は奈良県在住なので海を使った治療法はなかなか難しいと思います。

私は半年前ほどから、体の節々にアトピー性皮膚炎が発症し悩まされていました。
そして、つい2週間ほど前から陰嚢湿疹まで姿を現し始め、やばいと感じた私は
本格的にそれらについて調べ始めました。
すると、割と早い段階でそれらの原因が腸であるということを知りました。
それから私は腸に有益なものや有害なものを調べ、今以下のことを実施することにしました。

・肉(牛、豚、鶏など)を避ける          ・たんぱく質は魚介類、大豆製品で摂取する
・牛乳、乳製品(ヨーグルト以外)を避ける  ...続きを読む

Aベストアンサー

Th1を障害するものについては明らかとなっていませんから断定はできません。
ただ、同じI型アレルギーの喘息の研究では数種のウイルスの報告があります。
以下のページは厚生労働省関係のページですが、RSウイルスやライノウイルス感染が喘息に関係するとあります。
http://www.allergy.go.jp/Research/Shouroku_01/15_odajima_01.html
http://www.allergy.go.jp/Research/Shouroku_01/15_morikawa_01.html
理論などにつきましては、アレルギー ハスミワクチンで検索をかければわかると思います。
費用ですが、前回記しましたものは初診料と2ヶ月分(12本)のアジュバントを含めた金額です。その後に追加するアジュバントは税別で1本1000円です。基本的には5日ごとの皮下接種で1ヶ月に6本使いますので、6000円と消費税と送料です。初診が済めば何ヶ月分でも送ってくれます。
先ず初診時の2ヶ月分を使用されて様子を見られれば、かゆみがなくなるなど実感が得られますので、あと2ヶ月分を追加手配すれば慢性化していないあなたの場合は簡単に治癒すると思います。

白血球は、全身をパトロールし、体内の異物(ウイルスや細菌、またがん細胞など)を認知し排除する免疫を司る細胞です。
アジュバント(免疫促進物質)は免疫刺激によりその白血球の活性化をなすものです。
これまでに当時中学3年になる私の息子や、小学1年の女児など十数名が使用し2ヶ月でかゆみがなくなり治癒を見ています。
治癒期間はIgEの量により異なります。ピンク肌で慢性化されているお方はIgE量が10000IUを超えています。その場合はかゆみがなくなるまでに半年から1年かかっています。

アレルギー以外の病気には、該当する抗原が入っているアンプルをアジュバントと合わせて使用しますので、2本1組のワクチンとなります。抗原は数十種類があります。
アレルギー治療には抗原を使用しませんのでアジュバントのみの使用です。アジュバントはドイツ語でマリグナーゼと申します。アンプルにはその頭文字のMと記されています。

>アトピーになっているほぼ全ての人が甘い物や肉類が大好きというのを聞いたことがあります。まさに腸に悪い物ですね(笑)
についてですが、それらの食べ物を多く摂取するということは、白血球が生息する血液の状態が悪くなるから、白血球は十分な働きが出来なく、ウイルスなどの認知力が弱まり、色々な病気にもなりやすい・・ということです。
その意味で、ハスミワクチンをされるとしても、スナック菓子やチョコレートなど、あなたがおっしゃる食べ物を極力少なめにする方が最もワクチン効果が出ることは確かです。

免疫の理論は難しく、とくにアレルギーのメカニズムは理解しがたいものです。多くの医師がいますが、アレルギー専門医でない限り・・科と看板は上げていても免疫の理論など詳しくありません。
あくまでも血液内の病気ですから、海水療法や温泉など、皮膚にどうのこうのして治せるものではありません。
色々と調べて免疫の理論を知り、またハスミワクチンの内容を知ることは、将来ご自分にとっても有意義なことと思います。

なお、奈良にお住まいでしたら、大阪に協力医がおられますのでそちらから手続きが可能でしょう。
先生は免疫理論についてはそれほど詳しくないかと思われますし、アトピーなどに有効とはご存知ないかもしれませんが
希望すれば手続きしてくださると思います。
http://www.tanaka-cl.com/vaccine_02-2.html
以上です。

Th1を障害するものについては明らかとなっていませんから断定はできません。
ただ、同じI型アレルギーの喘息の研究では数種のウイルスの報告があります。
以下のページは厚生労働省関係のページですが、RSウイルスやライノウイルス感染が喘息に関係するとあります。
http://www.allergy.go.jp/Research/Shouroku_01/15_odajima_01.html
http://www.allergy.go.jp/Research/Shouroku_01/15_morikawa_01.html
理論などにつきましては、アレルギー ハスミワクチンで検索をかければわかると思います。
費用ですが、前...続きを読む

Q医薬品以外で、アトピー性皮膚炎に効く物は?

医薬品以外で、アトピー性皮膚炎に効く物を教えてください。私の知る限りでは竹酢液を薄めて塗ったり、入浴時に患部にあら塩を塗ってから湯をかけ流す、という方法ですが、この他にも有効な方法があれば教えてください。複数の方法があればできるだけ沢山の方法を教えてください。

Aベストアンサー

知人にひどいアトピーの方がいましたが、食べ物に気を付けるようになって本人も驚くほど肌がよくなりました。
添加物の多いものをとらないようにしたそうです。

出汁はめんどくさくても鰹節や昆布からとったり、コンビニ弁当、菓子パンをやめたり。。

お役に立てれば光栄です。

Q花粉の量とアレルギー反応

花粉症の症状と、花粉の量には関係があるようです。

でも花粉症ってアレルギーですよね?
アレルギーだったら自分の免疫機構が出すものだから、
花粉が少量でも症状は変わらず出るはずだし、
逆に多量でも症状は変わらないんじゃないんですか?

どなたか、回答お願いします。

Aベストアンサー

花粉症はアレルギーですよ。
花粉の中に含まれているたん白質に対する抗体が体内ででき、体内に入った花粉(たん白質)を異物として認識し、排除しようとしてヒスタミンなどが誘導され各種症状がでます。

>アレルギーだったら自分の免疫機構が出すものだから、
>花粉が少量でも症状は変わらず出るはずだし、
>逆に多量でも症状は変わらないんじゃないんですか?
この理論がよくわからん、なぜそう思ったのでしょうか?

花粉症はI型アレルギーと言われ即時型アレルギーとも呼ばれています。
花粉に対する抗体は通常IgE抗体と言う種類の抗体ができるのですが、産生されたIgE抗体は肥満細胞に結合し、細胞に結合したIgE抗体に対する抗原(花粉中のたん白質が)がくっつくとその肥満細胞は活性化されます。


活性化した肥満細胞はヒスタミン、ロイコトリエン、血小板活性化因子等をだし、これらの物質ががI型アレルギーの症状をだします。
その症状は例えば鼻水や鼻づまり、くしゃみ等です。

この場合花粉(抗原)が多いとそれだけ活性化される肥満細胞が増えるので、入ってくる抗原量が多いほど症状は酷くなります。
別に一つの抗原が入ってきて、全身の肥満細胞が活性化するわけではありません。


アレルギーだったらっ…と書かれてますが、基本的にはどんなアレルギーだって抗原量に応じて症状が増減します。
ちょっとの量でも激しい症状が出る場合もあったり、少ないと症状が出にくい場合があるだけです。


反応が速やかに起こるので即時型、アナフィラキシー型である。

花粉症はアレルギーですよ。
花粉の中に含まれているたん白質に対する抗体が体内ででき、体内に入った花粉(たん白質)を異物として認識し、排除しようとしてヒスタミンなどが誘導され各種症状がでます。

>アレルギーだったら自分の免疫機構が出すものだから、
>花粉が少量でも症状は変わらず出るはずだし、
>逆に多量でも症状は変わらないんじゃないんですか?
この理論がよくわからん、なぜそう思ったのでしょうか?

花粉症はI型アレルギーと言われ即時型アレルギーとも呼ばれています。
花粉に対する抗体...続きを読む

Qアトピー性皮膚炎と粉ものについて

慢性的なアトピー性皮膚炎ですが、完治させたいと思い、食事療法+運動などを始めました。多くの本やウェブサイトで、パンや焼き菓子など”焼き固めた粉もの”は避けるべき、と書かれていますが、オーガニックな原材料を使用していても”粉ものはNG”と言われる理由はなぜでしょうか。腸に負担をかける、と一文だけ説明されている本はありましたが、詳しく教えていただけると助かります。

また、昼夜は玄米食ですが、朝食にオーガニック・ミューズリーを食べています。ミューズリーに含まれる、オートフレークや小麦フレーク、小麦ブラン、玄米フレークなどは、あまり問題ないと考えていいのでしょうか。

一般論や経験談でかまいません。
よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

栄養士です。

その一文だけでは、言わんとする背景が分からないですが、推測で書きますね。

食べ物は口の中に入ると、
消化酵素によって食べ物は吸収できる形にまで分解されて、
腸から吸収されます。

ここで注目したいのは、「消化酵素」です。
あらゆる消化酵素は「加水分解酵素」と言って、、、
「水を加えて、食べ物を分解させる酵素」なんです。
つまり水分が必要なんです。
しかし粉ものには水分が含まれていませんし、焼いていたらなおさらですね。
結果として、腸は負担を強いられます。

でもここで疑問が生まれます。
水を飲みながら、食べたらいいのでは……?と。
消化酵素が薄まってしまうので、やはり腸は負担を強いられます。
食事中は一切、水は飲まない方がいいですよ。飲むなら食事前か空腹時ですね。


私の経験則と哲学で言えば、、
粉ものを含めた乾燥したものを食べると、水分が足りないので体から供給されるように思います。
消化酵素を作り出す細胞はその近隣から水分をもらい、貰われた細胞はその外側から水分を貰い、……
そうこうしていると最後は皮膚から貰う事になります。
皮膚はもう貰う相手がいなくなり、結果乾燥します。
(おそらく乾燥タイプだと思い、乾燥の話をしました。湿疹などはまた別の原因ですが、、、)


消化酵素を助けてくれる水分は「唾液」と「食べ物に含まれている水分」です。
唾液が沢山出ると言う事はそれだけ咀嚼している事ですから、胃腸に負担をかけません。

栄養指導や自分の人体実験での経験則から言えば、
オーガニックであろうと、粉である以上、あまり関係ありません。
最も大切なのはいかに「自然の摂理にいかに沿った生活をするか」です。
日本人なら和食が最も良いと思います。
しかしながら、楽しみも大切なので自分の体の声を聴きながら、たまには食べてもいいと思います。

私も小さい頃、花粉症やアトピーで悩んでいました。
花粉が飛ぶ時期なんて、眼が紫になるまで掻いていました。
顔も手も真っ赤でヒリヒリでもう死にたくなるほどでした。
その当時は薬を多用していました。
しかし薬は一時しのぎでしかありません、
namacha07さんのように日々の食事の積み重ねによって、
体質が良くも悪くもなると気付いてから良くなっていきました。

namacha07さんが早く良くなる事をお祈りしています。
しかしゴールのないマラソンのようなものなので、精神的ストレスも溜めてしまうかもしれませんが、
自分のペースで頑張って下さいね。

栄養士です。

その一文だけでは、言わんとする背景が分からないですが、推測で書きますね。

食べ物は口の中に入ると、
消化酵素によって食べ物は吸収できる形にまで分解されて、
腸から吸収されます。

ここで注目したいのは、「消化酵素」です。
あらゆる消化酵素は「加水分解酵素」と言って、、、
「水を加えて、食べ物を分解させる酵素」なんです。
つまり水分が必要なんです。
しかし粉ものには水分が含まれていませんし、焼いていたらなおさらですね。
結果として、腸は負担を強いられます。

でもここで疑...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報