色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

アメリカが仕掛けた3S政策(スクリーン、スポーツ、セックス)というのに目を向けさせ、政治に目を背けるようにした。詳しくは以下の文章を読むといい。トルマーン大統領は日本人を猿と称し、見下すような書き出しだ。
あなたはどう思うか?

「アメリカが仕掛けた3S政策(スクリーン、」の質問画像
教えて!goo グレード

A 回答 (5件)

当時はね、人種差別は当たり前でした。



東京オリンピック(1964年)の時ですら
米国黒人は、選挙権を与えられませんでした。


○ フランクリン・ルーズベルトはオランダ出身で、「有色人種への差別が格別に強かった」と、ニューヨーク州ハイドパークの大統領私邸で会談した英国のロナルド・キャンベル公使は本国に書き送っている。キャンベルが、この会談の席上、ルーズベルトから打ち明けられたのが「劣等アジア人種」の品種改良計画だった。

「インド系、あるいはユーラシア系とアジア人種を、さらにはヨーロッパ人とアジア人種を交配させ、それによって立派な文明をこの地に生み出していく。ただ日本人は除外し、もとの島々に隔離して衰えさせる」
    • good
    • 0

ガセネタの流布はやめましょう。

ご質問の画像の文章は、戦前の反ユダヤ本の焼き直しに過ぎません。下記の国立国会図書館の資料をご覧ください。

博多商工会議所『猶太展解説』、昭和17年2月10日発行
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1456269/16?t …
〔引用開始、15ページ〕
九. 猶太(ゆだや)の三S政策
(1) 三Sとはスクリーン、スポーツ、セックスの頭文字をとったものでこの三者を利用して猶太思想への同化、道徳の破壊、家族制度の廃頽、社會秩序の撹乱等へ誘導しやうといふのである。
〔中略、16ページ〕
(3) 此の動物化された人類を奴隷としてその上に君臨しやうと云ふのが猶太の世界革命工作である。
〔中略、20ページ〕
(1). スポーツに熱狂せしめる事に依って青年を必要なる問題から遠ざけると彼等は議定書中に云って云〔原文ママ〕る。
〔引用終り〕

以上のように、これは反ユダヤの宣伝書です。文中の「議定書」とは『シオン賢者の議定書』をさし、反ユダヤの偽書として有名です。
そして、ご質問の画像の文章もこれに酷似しているではありませんか。トルーマンがこんな反ユダヤ本の受け売りをするとは思えません。枢軸国の口吻を真似するなど、アメリカ大統領のすることではありません。「トルーマンの有名な言葉」とおっしゃいますが、日本で捏造されたものでしょう。

1936年(昭和11年)に日独防共協定、1940年に日独伊三国同盟が結ばれ、日本でもナチスの反ユダヤ主義を受け売りする者がいました。そもそも、ご質問者はそのトルーマンの言葉とやらの原文(英文)を提示できますか?
    • good
    • 1

偽造だと思います。

下記URLも有りましたので・・・
「探したのですが、この言葉には出典がありません・・・・」
http://asanagi987.blog27.fc2.com/blog-entry-9976 …
    • good
    • 1

>トルマーン大統領は日本人を猿と称し、見下すような書き出しだ。




それすら「あなた達」の工作の結果では?

「ヴェノナ文書」によれば、ルーズベルトとトルーマン政権にはソ連の意志が働いていました。

戦時中に米陸軍がソ連の暗号を解読した結果、アメリカの官庁や知識人やメディア関係者に広範囲にソ連のスパイが存在していることが明らかになった。

1950年2月にアメリカ上院で、共和党のマッカーシー議員が、「205人の共産主義者が国務省職員として勤務している」と告発した。

ルーズベルト政権では、ワシントンの連邦政府内部に常勤スタッフだけで2百数十名、正規職員以外で300人近くのソ連の工作員、あるいはスパイやエージェントがいたことがベェノナ文書で明らかになった。



当時のソ連と日本は満州で国境を接して緊張状態が続いていました。
大陸ではソ連は日本と対している毛沢東や蒋介石に支援をしていました。
「アメリカが仕掛けた3S政策(スクリーン、」の回答画像2
    • good
    • 1

要約:だから中国様や韓国と仲良くしよう。



敵の中に不和を醸成するのは、共産主義者の常套手段。

「アメリカが仕掛けた3S政策(スクリーン、」の回答画像1
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼日時:2022/07/06 14:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング