「教えて!ピックアップ」リリース!

〜べきだった、という過去論はあまり好きではありませんが

安倍さん襲撃事件において、日本のSPの行動は正しかったのでしょうか?

ネットの記事を見ると、銃弾があたったのは二発目
二発目が放たれるまでに2から3秒程度の猶予があったと思います

最初の発泡音がした後、音のなったほうを見るだけで、誰も安倍さんに駆け寄って守ろうとはしていなかったように見えます

つまり、状況把握を優先したため、脳死での防衛行動ができていなかったのではないでしょうか?

A 回答 (17件中1~10件)

SPの対応は誤っていたと思います。

スキマだらけの警護でした。

犯人山上は安倍元総理の入後から襲撃しています。人は後ろには目が無いと言う事を忘れていたお粗末な警備体制でした。背後から極悪人山上が近づいているのを許した上、山上が真後ろから一発目を発射する迄、警護は安倍元総理と同じ方向を見ていました。大きな失点でしょう。更に、警備に熟練していれば一発目で異常と思い元総理を壇上から降ろすなど庇うべきですが、離れすぎてました。周囲の素人と一緒に何事かと思っていたとしたら警護失格です。二発目まで3秒もあったそうですが、機敏な判断が求められるSP、プロならば犯人山上を取り押さえ、同時に元総理は壇上から救出出来た筈です。結果論では済まされません。今後、要人の警護は警護を徹底的に熟知したプロがすべきです。
    • good
    • 7

おっしゃるように、対応が誤っていたと思います。


一方、謎のネトウヨ理論では、札幌地裁の判決が影響したと言うのですが、それはデマに過ぎないでしょう。そもそも、元首相など大物の街頭演説は、聴衆と距離を取って行われます。2019年の札幌の件は、駅前ロータリーを利用して最前列でも20mほど距離がありました。そこからヤジを飛ばした男が、警察官により後方に排除されたのです。

警察はさすがにネトウヨではないので、ヤジを飛ばしながら「近付く」から排除したのである、とは主張しませんでした。ヤジに対して安倍支持者から怒号が上がり危険だったため、ヤジの男を避難させたのであると主張しました。これに対し判決は、現場の動画に怒号がないことから、警察の主張を不自然と指摘しました。
まあ、このヤジの人は排除された後も動き回って、警察官を多数引き連れた状態で大回りして、選挙カーの裏側の歩道(前述の駅前ロータリーと反対方向)にも行ったらしいです。そこだと20mより近いのですが、また排除されました。
つまり、判決を簡単にいうと、「20m離れていてもヤジれば強制的に排除」は表現の自由の侵害ということです。その後のことは侵害と言ってません(拘束はされなかったものの、警察官にべったり付きまとわれた)。

ネトウヨさんが、この判決により「不審者を排除出来なくなる」というのは、事実に反する捏造でしょう。今回の奈良の場合、札幌と大幅に異なり、安倍さんに約5mの距離まで近づく犯人を見逃していました。警察官がべったり付きまとっていませんでした。
だいたい、要人警護とはまた別の、よくある職務質問(都会では多い)でさえ、警察官は不審者にべったり付きまといますよね。

聴衆と距離を取って演説している政治家に、黙って数メートルの距離まで近づく人は不審者です。奈良で安倍さんは、巨大な交差点の中央の安全地帯みたいな所で演説していました。
他方、20m離れた最前列からヤジる人は、不審者というよりも表現の自由を行使しているのです。
    • good
    • 0

SPがあかんですねぇ


警護のそばに配置して、360度監視せな
それと予防の為に制服警官配置せなあかんでしょ
    • good
    • 9

普通は、対象周囲を警視庁派遣SP、その周囲を地元県警察SP、さらにその周囲を警備機動隊、そして民衆の前方に制服警察官を配置します。

対象や聴衆の数によって、増減はあります。

都市部では周辺から見下ろす位置にビルがあるので、事前の見回り、歩道橋上などでの警戒、地上からの警戒などもあります。日本では銃撃よりも物を投げつけることへの警戒の意味が大きいです。

日本のSPは暴漢の接近、物の投げつけに対する警戒をしています。銃やボウガン、爆発物の投げ込みには、ほぼ対応できません。

>最初の発泡音がした後、音のなったほうを見るだけで、誰も安倍さんに駆け寄って守ろうとはしていなかったように見えます

警視庁SPと県警SPの連携不足というか、他人事意識でしょうね。
    • good
    • 0

sp以前に、奈良県警の杜撰さが問題。



あの男が、射程距離まで、接近できた自体が
問題で、奈良県警が、いい加減だったと言う事だろう。

一切のいい訳は出来ない。

SPも、気の毒だが、責められるべき。
背後を警戒する人間が必要だった。

奈良県警は、昔から不祥事が多く、全員、首の据替を
するべきだろう。
    • good
    • 7

背後がら空き、一発目の発砲音がした時点で銃声と認識できなくても安倍さんの盾になりに行く事はできた気がする。


というかそれがSPの通常対応だと思う。
山上がいたのは『関係者以外立入禁止』エリアだったという情報も出てきてるし、事実なら恐ろしいですね。
    • good
    • 8

1発目の銃声音の時にSPは驚いている映像が流れていましたね、、



そして2発目も群衆と共に驚いていた。

そら守れないでしょう あれじゃ
    • good
    • 10

No9です。


安倍さんは、他でも妨害をされていたようです。

【安倍総理の演説妨害するサヨク、千葉・新潟に続いて札幌でも一般人に説教されるwwwww】
https://mona-news.com/archives/73141835.html


【またもサヨクが安倍総理の演説妨害→聴衆の男性が「選挙妨害するな」と一喝して拍手があがる→安倍総理「選挙は民主主義の原点だから法律を守ろう」】
https://mona-news.com/archives/73088410.html


【安倍総理の演説妨害するサヨクを通りすがりのおばちゃんが一喝 「うるさいわよ!警察の人やめさせなさい!」】
https://mona-news.com/archives/72990091.html
(冗談抜きで頬骨でっぱった奴ばっかだなw)


しかし日本人の国民の民度は「彼ら」より上だったようです。
「SPの対応は誤っていなかったか」の回答画像10
    • good
    • 0

警備員やSPの練度に問題があるのは事実だと思いますが、


この事件では以下の事も考慮するべきだと思います。
それらが原因だとしたら、今後も起きる可能性は残り続けます。


この選挙以前に札幌で以下の事件が起きています。

1:札幌で安倍元総理演説中に男がプラカード持ってヤジを飛ばしながら近付く
2:警備中の警官が男を離れた場所に移動させる。
3:マスゴミ&人権やら自由が大好きなごりっぱな人達が「表現の自由の侵害」と騒いで訴訟を起こす。
4:札幌地裁:場所させたのは移動したのは人権侵害と判決。
5:4により、不審者を排除出来なくなる。
6:安倍元総理が撃たれる。


警察官の行動ですが、警察法では犯人の身柄確保が最優先ですが、拳銃使用は規制最優先で、拳銃使用も定められた手順を踏まないと処罰されます。
警官は犯人が発砲しても、個人の判断による即時の対応はできません。
(銃を構えただけでその相手を撃つ事はできません。)

更に、前述の判決で、警察の行動は更に制限されてました。

今回の件ですが、仮に銃を撮り出す前に犯人を制止してたとしても、犯人に「ヤジを言いたかっただけだ。表現の自由を妨害された!」と主張されたら、また警察の方が悪者にされていたでしょう。





これが、民○党や○産党へのヤジだったら、右翼による選挙妨害と報道されていたと思う私は、差別主義者のレイシストなのでしょうか。
「SPの対応は誤っていなかったか」の回答画像9
    • good
    • 0

警視庁SPは防弾盾を持っていなかったのか不思議。

奈良県警の私服は警戒していない。ぼーと立っている。背後を気にしていない。目を動かしていない。周囲の危なそうな奴を職質していない。
県警本部長はクビだろう。
    • good
    • 8

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング