FMラジオ局の営業職に興味があります。いろいろな書物で調べると、製作・音響・アナウンサーなどの職業はその仕事内容などある程度詳しく書かれているのですが、営業職はあまり詳しく書かれていません。
 FMラジオ局の営業職はどのような内容の仕事をするのでしょうか。体験談、苦労話などありましたら聞かせてください。また、そのような経験をなさった方の本などがありましたらお教え願えないでしょうか。
 よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

まず、そのFM局が専属代理店形式にしてるか否かによって大きく異なりますね。

いわゆる、枠やスポットのクライアントを取るのをすべて代理店に任せるというものです。キー局・ローカル局問いませんね。
その場合、主な仕事は代理店と局との「パイプ役」になります。代理店の営業との同行や企画資料の集配、販促企画の立案と提示、さらには接待などなど…。
大抵代理店に対して専属の営業担当者がいるものです。会社の規模によって、人数はさまざまですが。

次に局の営業部自体が顧客をもっている場合。
新規開拓もしますが、ある程度出来上がってる市場なので、昔からの顧客に対してアプローチをしかけるのが主な仕事となります。これは、通常の営業と変わりませんね。
ただ、この場合、上に書いたのと同じこともこなさなくちゃならないので大変です(苦笑)。
    • good
    • 0

では、"他の人”です。

(営業職では無いので一般人としています)

売るのはCMを含む宣伝企画です。
番組3ヶ月、CM何本、イベント何回。のような形で、
相手の予算と目的に応じて提案します。

代理店、それからスポンサーの両方を回りながら、
御用聞き 兼 新規提案を続けます。
ここらへんは普通の営業とそんなに変わりません。
違いがあるとすると放送事故の時の処理ぐらいでしょう。
一刻も早く連絡すると共に、適切な事故処理をしなければなりません。

苦労するとすると、媒体価値が低いという理由で出稿してもらえない
場合でしょう。
今、大名営業が通るのは、東京のFMでは1社しかありません。
J-WAVE以下は中波3社に負けている状態です。
そのJ-WAVEは最近営業職の中途採用をしました(すでに終わった)

本は、無いでしょうね。書いたら取引先に迷惑が掛かりますから。
    • good
    • 0

詳しくはないですが、簡単に。


営業職は、「売る」仕事ですね。
FMラジオ局に限らず、放送局が売るものは何か?
それはいわゆる「CM枠」です。その売ったお金で、番組は制作されます。
なので、営業職は各企業を回り、番組のスポンサーになってもらうということが第一の仕事です。
詳しいことは、他の人の回答に任せます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q営業職の方々:営業先の分布図(マップ)を作ってどこに、営業先が点在しているか一目で分かる地図を作成したいと思っています

長いタイトルですが、今後まわる営業先が広範囲になり、一目で営業先がどの辺にあるか分かるマップを作成したいと思っています。最終的には紙ベースのもので持って歩きたいと考えています。イメージとしては、書店で売っている折りたたみ式のマップみたいにエリアごとになっていて、そこにたとえば赤の●シールを貼ってプロットしていくような感覚です。できればネットでそういう地図がエリア選定して手に入ればいいなぁと思っています。みなさんはどうしていますか?いろんな方のアイデアを教えていただければうれしいです。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

白地図というのがありますので(市販もしてます)
そーいうのをお使いになるのがよろしいかと

ネットならここ
http://www.freemap.jp/

Q事務職から営業職へ

今の職場で、8年目に入ります。
基本は経理、仕入処理や売上等や集計、雑務の一般事務ですが、5年ほど前からあるものの手配関係に抜擢され、営業事務を兼務しており、段々と上っ面だけ詳しくなって、今ではお客様に営業と間違われるほどになりました。
そんな中、訳あって会社の上役が私の部署に週何日かいらっしゃるようになり3ヶ月程たち、私の仕事っぷりを直に見るうち、私をこのまま事務にしておくのは勿体ないから営業にならないかとゆうお話が出ました。
今の一般事務の仕事ははたから見たら単純で簡単そうに見えるかもしれませんが、数字を扱うとても大事なことをしていると、私なりにプライドを持ってしていますし、好きです。
その一方、営業事務が度を越してきてかなり営業っぽいことをしているのに、評価は事務…とゆう不満も正直あるので、営業になること自体はそれほど抵抗はありません。
新しい分野で勉強や努力が増えるのも仕方ないと覚悟してます。
ただ、次のことが気になります。
(1)定時に帰れず、今年5年生になる一人娘に寂しい思いをさせることが増えるのでは?
(2)成績でボーナス等の収入が左右されるのでは?

私は母子家庭なので、お金が左右されるのはかなり困りますし、すでに今の状態でもたまに出張やら残業で娘を一人でご飯とゆうこともにあるしよ状況です。
少しは上司にも上の2大問題は話しており、(1)は自分の仕事次第、(2)はそうでもないとか言ってましたが、宛になりません。
自分をここまで買ってくださってる上役の提案を断ることのリスクも大きい気がして、ほぼ決まっているようなものかもしれませんが、実際同じような経験をされた方や女性の営業職をされている方でアドバイスがあったらお聞きしたいです。

娘に相談したら、「ママとご飯を食べられない日が増えるのは寂しいけど、ママがそんなに認められているなら勿体ないからやってみたらいいよ」と、大人びた回答がまた悩ませます。。。
ちなみに私の会社は大企業ではありませんが、色々と女子の待遇は良い方だと思いますし、居心地もいいと思います。
定年までお世話になりたいと思っています。
宜しくお願い致します。

今の職場で、8年目に入ります。
基本は経理、仕入処理や売上等や集計、雑務の一般事務ですが、5年ほど前からあるものの手配関係に抜擢され、営業事務を兼務しており、段々と上っ面だけ詳しくなって、今ではお客様に営業と間違われるほどになりました。
そんな中、訳あって会社の上役が私の部署に週何日かいらっしゃるようになり3ヶ月程たち、私の仕事っぷりを直に見るうち、私をこのまま事務にしておくのは勿体ないから営業にならないかとゆうお話が出ました。
今の一般事務の仕事ははたから見たら単純で簡...続きを読む

Aベストアンサー

確かに難しい問題で悩むところですね…。
私は男性ですが、元々はSE&ユーザーサポートをしていましたが、30歳を過ぎてから営業職になりました。その理由は、昔に今は亡き父から「男は営業を経験すべき」の言葉と、体力的にもSEのような夜遅くまでの仕事や徹夜仕事をいつまでも出来ないと思ったからです。
営業とは、人との接し方や社会の常識を身に付け、そして度胸を付けることであり、視野や人間の幅を広げてくれる職種だと思います。

しかし、営業は過程ではなく結果である売り上げが全てですから、建前ではノルマは設定されていなくても、売れる営業と売れない営業とでは査定に大きく影響するばかりではなく、売れなければ会社に居場所がなくなってしまいます。
経験上で申し上げれば、いくら今まで客先で営業と間違われようが、本当に営業になれば全く違うということです。今まで普通に言えていたことが営業では言えないこともありますし、今まで言えなかったとを言わなければ売れないのが営業です。

質問者様の業界が分かりませんが、例えば生命保険会社などでは女性の方が向いているのかも知れませんが、男性営業が多い業界ですと苦労するような気がします。
私の業界はほぼ営業は男性ですが、中には女性もいました。女性の場合、言葉は悪いですが、美人局的な存在にもなりかねません。女性の営業が来たということで、男性では門前払いされる場合でも話だけは聞いてくれる場合が少なからずあります。そこで次回のアポを取って、先輩や上司の男性営業を伴って饒舌な営業トークで契約に持っていく。この場合の成績は女性営業の物になるのか2分されるのかは会社によって違うでしょうが、女性の営業としては面白くありませんよね。

そこで一番気になるのが、質問者様が心配されている(1)と(2)の件です。上司は言葉を濁して言っているようですが、どちらもその通りだと言っているのですよ。
そもそも定時で帰る(帰ることが出来る)営業などいませんし、営業が成績でボーナスの額が変わらないのであれば、誰も必死で営業などしませんから。

営業に転向するということは、それなりの給与(営業が他の職種より給与が高いのは当たり前)は与えられるでしょうが、その分リスクも高いということです。
先にも申しましたが、営業で売れなければ社内で居場所が無くなります。居心地がいいのは今の職だからだと思います。
ですから、少なくとも営業で成績が上げられなかった際には、元の職種に戻してもらう約束をしてもらった方が良いと思いますよ。

母子家庭で、定時に帰ることが出来なくなり、成績でボーナスが左右される。質問者様の営業をやってみたいというお気持ちと、営業職のリスクをよく考慮した上で判断してみてください。

悪いことばかりを書き連ねましたが、良いことは書くまでもないことですから。

確かに難しい問題で悩むところですね…。
私は男性ですが、元々はSE&ユーザーサポートをしていましたが、30歳を過ぎてから営業職になりました。その理由は、昔に今は亡き父から「男は営業を経験すべき」の言葉と、体力的にもSEのような夜遅くまでの仕事や徹夜仕事をいつまでも出来ないと思ったからです。
営業とは、人との接し方や社会の常識を身に付け、そして度胸を付けることであり、視野や人間の幅を広げてくれる職種だと思います。

しかし、営業は過程ではなく結果である売り上げが全てですから、建前...続きを読む

Q営業とは?アドバイス下さい!30歳にして、初めて営業職につきました。初めは新鮮で、楽しかったの

営業とは?アドバイス下さい!

30歳にして、初めて営業職につきました。
初めは新鮮で、楽しかったのですが、
半年過ぎた今は、イライラで、ストレスが半端ないです。クライアントからは文句言われ、スタッフは、言うこと聞かないし!
バカバカしくなってきました。でもまだ辞めれません。生活もありますし。営業経験のある方、上手くやっていくコツはありますか?
ちなみに派遣会社の営業やっています。
人を売るのはシンドイ。

Aベストアンサー

自分が相手の気持ちになってみて、買ってみたいなあと思えるものでないと、買いませんよね。
この人になら、なんでも相談できる人でないと、相談しませんよね。
この人には信じてもらいたい人でないと、信じたくありませんよね。
ある意味、宗教団体の教祖様とかは、なんで買ってみたいとか、相談したいとか、信じたいと思うのは、そうした人間性なんだと思います。
まずは、信じてもらうこと、相談されてもらうこと(あるいは話しやすいこと)、それから買ってみたいと思える、「安心感」を与えることなのかもしれません。

Q事務職から営業職にかわる?

事務職から営業職にかわることがあるとしたらどんな理由が考えられますか?

またこういう事は頻繁にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

私の友人ですが、車のディーラーで事務職から営業職に異動しました。

彼は、事務職でありながら、自分のコネクションを生かし、
営業マンより売上を上げ、月間売上1位になっただそうです。

会社が事務職より営業職の方が向いていると判断したんじゃないですかね?

また、話が上手いという理由で製造職から営業に異動した人間も知っています。

QFM局の収益

某FM局は、営業外収益が営業利益と同等くらい稼いでいますが、営業外収益って大きいところで言うとどんな事業なのでしょうか。
因みに、営業利益は広告収入のことでいいのでしょうか。

Aベストアンサー

局によって違いますが、一般的には雑収入、受取利息があります。補助金収入、株券売却益等が考えられます。営業利益は、広告等の収入から営業経費をを差し引いた金額です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報