三月の頭に父の知人から平成六年式 ホンダ シティCEfitのAT車を譲り受けました。今走行距離80000kmで走り自体には特に支障はありませんがATの変速時のショックが気になります。
前オーナーの方から聞いたところATFは未交換とのことです。ホンダ車の場合このような場合でもATF交換してもよいと聞いたのですが、どうなのでしょうか。また、交換可ならば3回くらいに分けてしたほうが良いのでしょうか。

A 回答 (6件)

あなたの仰るとおり、今まで一度も交換されていない車の場合は、何回かに分けて交換した方が良いですね。



理由は一度に交換してしまうと、今までなじんでいた部品のなじみが取れたり、新油効果で付着していた異物が取れてしまい、この異物がAT制御機構内に入り込み悪さをする事が考えられますので、一度に交換してしまうのは良くないのです。

また交換はディーラーでよく相談の上で行なって下さい。
もしかするとATF交換によってトラブルが出ないとも限りませんので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>また交換はディーラーでよく相談の上で行なって下さい。
そうですね。ディーラーに行った際に分けるかどうかも含めてしっかり話し合いたいと思います。

お礼日時:2005/04/01 11:57

こんにちは。



そのATシフトレンジは6ポジションですか?それとも7ポジションですか?

6ポジションなら、間違いなく2軸式です。

ホンダのATは基本的にはマニュアルミッション車と同じく平行2軸式常時噛み合い式のレイアウトで一般的なほかのメーカーと違ってプラネタリキャリヤを使っていません。各ギヤの背面にギヤを出し入れするクラッチが付いてると思えばわかりやすいです。

ですので、不具合としてはプラネタリキャリヤを使っているタイプと比較すると独立して不具合がある可能性が有るので、磨耗に対しては耐久性があると思います。

年式、走行距離から言って、それほど酷に走行していないと判断しますので、内部の磨耗も心配されるほど、ひどくないと思います。ATオイルの量と状態を点検後(焦げ臭いなど)、特に問題なければ交換してかまわないと思います。

別けなくても、全量交換して大丈夫だと思います。出来ればホンダ純正ATオイルを交換することをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。私のATは6ポジションです。
>ATオイルの量と状態を点検後
さっき自分で見たところ、焦げ臭い等の以上はとくにはありませんでした。
分けるかどうかはディーラーに行って相談の上決めます。

お礼日時:2005/04/01 12:09

ホンダのATの特徴である「常時噛合い平行3軸方式」の場合、ATFは純正でなければ適合しないと思います。

ATFはディラーで交換して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ATFはディーラーで交換するつもりです。

お礼日時:2005/04/01 11:51

gky68さん、こんにちは。



私も5万キロでATF交換はディーラでしました。
8万キロでもしてくれると思います。
ただ、変速時のショックは軽減されるだけかなぁと思いますが・・・。
その場ですぐ交換してくれますよ!
ディーラーのひとに聞いたのは、ATF交換を1度もしたことない車は交換によって異常が発生することもないことはない、と言っていました;
なので、一度オイルの状態を見てもらったほうがいいと思います。
問題が生じるとATF交換も手遅れになります。お早めに!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>ATF交換を1度もしたことない車は交換によって異常が発生することもないことはない
そうです。それが気になるので数回に分けたほうがいいのかな?と思っているわけです。
今度の休みの日にディーラーに行ってきます!

お礼日時:2005/04/01 11:49

ホンダ車に限らず、10年以上経った年式、走行距離からするとATFは一度交換した方が良いでしょう。

ただし、それで必ず変速ショックが消えるわけではないので、ご注意を。(ショックの大きさが小さくなるとは思いますが。)
ATF交換は分けて出来るものではありません。
ATF交換はホンダのディーラーで受けてください。ガソリンスタンド等でも行っていますが、おすすめしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。交換はディーラーでの予定です。
>ATF交換は分けて出来るものではありません。
そうなのでしょうか。整備士の友人によると、年数・距離によってはATFは数回に分けたほうがいいと聞いたのですが。

お礼日時:2005/04/01 11:42

変速時にショックが感じられ、気になるほどならばATFオイルの交換をした方がいいと思います。

80000キロ走行車とのことですが、今後も2~3年乗られるならば交換されることをお勧めします。燃費も違ってきますしね。私もホンダ車に乗っていますが、4万キロ時点で交換しました。交換は1回です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。やはり交換したほうがよさそうですね。

お礼日時:2005/04/01 11:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QATFオイル交換について

私は、ホンダ車のエレメントに乗ってます。

先日、ガソリンスタンドでATFオイル交換をしたのですが、全量交換と言うことで15リットル使用したことになってます。

後日、整備手帳を確認しましたところ、交換時は、3.1リットルと記載されておりました。

何故、こんなに実際に使用された量と記載されている量に違いが出てるのでしょうか?

オイルを循環させて綺麗にするのに必要な量が15リットルで、トランスミッションの中に残るオイルの量が3.1リットルとの解釈でよろしいのでしょうか?

初歩的な質問かと思いますが、お分かりになる方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ATFのオイル交換には二通りあります。

まずは質問者さまが受けた吸引式オイル交換。
これはATFのゲージの所から吸い取って、同じゲージの所から入れます。
基本的にATFは減ることはないので漏れてない限り吸い取った量と同じ量を入れます。
他の方達が仰る通り一度で全部綺麗になることはありません。
何故ならばATFにはオイルの通り道があり、一回入れ替えるごとにエンジンを回して入れたオイルと残っているオイルを入れ替えてエンジンを止めてATFの交換をします。
これを合計で3回やるのが基本です。
なので、必要ATF量の3倍のATFが使用したオイルになるわけです。

ここで問題なのは5回のATF入れ替えをしたか余分に入れすぎたのかだと思います。
ATFの量はゲージを抜いて綺麗なウェス(これ大事)等で拭き取りゲージ差し込み口に入れ直して点検してみてください。
ゲージの範囲内であればATFの量は大丈夫です。
この場合は5回入れ替えをしたのだと思います・・・多いですね。
次からは交換前に説明を受けた方が良いと思います。


次にエンジン下から抜く方法です。
この方法は古いATFをほぼ完全に抜くことが出来ることと、使用するATFの量が少なくて済む事が利点です。
しかし、この方法でATFの交換する場合、ドレンプラグ等のパッキンを交換する必要があります。
パッキンには車種ごとに色々なものがあるのでガソリンスタンドのような千差万別な車種を扱うお店ではやっていませんし、オイルの量を多く売りたいという思いもあると思います。

結果としてはディーラーなど頼んで下からATFを抜く方が良いように思えますが、吸引タイプの方がATFの抜き残しが少なく交換後も綺麗だったりします。
また、一般的なATF交換の方法も吸引式です。

ATFのオイル交換には二通りあります。

まずは質問者さまが受けた吸引式オイル交換。
これはATFのゲージの所から吸い取って、同じゲージの所から入れます。
基本的にATFは減ることはないので漏れてない限り吸い取った量と同じ量を入れます。
他の方達が仰る通り一度で全部綺麗になることはありません。
何故ならばATFにはオイルの通り道があり、一回入れ替えるごとにエンジンを回して入れたオイルと残っているオイルを入れ替えてエンジンを止めてATFの交換をします。
これを合計で3回やるのが基本です。
なので、...続きを読む

QATF(オートマフルード)を交換しないとどうなりますか?

ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???しかしディーラーに交換を相談するとかならず、2万キロ事に交換していないなら今更交換すると詰まってしまうかもしれないそれなら不具合が出るまで交換しない方がいいとの回答。いったいATF(オートマフルード)を交換しないとどうなるのでしょうか?そもそもその役割すらすらないのですが・・・よろしくお願いします。

Aベストアンサー

≪こんにちは。以前、某自動車メーカーの開発耐久実験にいたものです≫

【ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???】

なぜ2万キロごとに交換した方が良いのか…

人間の任意のタイミングで手動でギアを変えるMT(マニュアルトランスミッション)に対し、AT(オーマチックトランスミッション)は運転者のアクセルの踏み込み量・路面の勾配・積載量等々、それら全てを機械で計算し、非常に複雑かつ密集した蟻の巣の様な油路をバルブで切り替え、自動でギアを変速する構造になっています。
その潤滑油・作動油であるATFが、走行を重ねる事により劣化し不純物(磨耗鉄粉等)が増えると、油路のバルブの動きがスムーズでなくなり変速ショックが大きくなってきます。又、バルブやギアを動かす時の摺動抵抗も増大する為、燃費も悪くなります。
この劣化したATFを交換せず走行を続けると、更に不純物が増え潤滑性能が低下する為、バルブやギアの磨耗が進行し、その磨耗した部分を劣化したATFが埋める様に入り込み部品と部品とのクリアランス(隙間)を正常保つ役割をする様になります。
この様な状態が進行した状態でATFを新品に交換すると、磨耗した部分を埋めていた劣化したATFが洗い流され、クリアランスが正常に保てなくなり、部品と部品とのクリアランス過大によりバルブが正常に作動しなくなったり、油路に血栓の様に固まった不純物が取れ他の油路を塞いだり…等々、様々な不具合が発生してしまうのです。
従ってこの、部品の磨耗が進行する前の状態。=2万キロ走行毎の交換が必要、という事なのです。


【ATFを交換しないとどうなるのでしょうか?】

ATFを交換しないとどうなるかは上記の通りですが、今の国産車ならば全く交換しなくても10万キロまでは変速ショック増大や燃費悪化等の症状は出るものの、普通の走行をしている限りATが壊れる事はまずありません。
あなたの車はすでに14万キロも無交換という事なので、ディーラーの方に言われた通り交換はしない方が賢明です。
この先、ATが壊れた時にはもう走行距離も15万キロ超になっているでしょうし、車自体も寿命時期に近づいているので、高いお金を出してAT交換するより新車を購入した方がいい…という事になってしまうでしょうが。

≪こんにちは。以前、某自動車メーカーの開発耐久実験にいたものです≫

【ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???】

なぜ2万キロごとに交換した方が良いのか…

人間の任意のタイミングで手動でギアを変えるMT(マニュアルトランスミッション)に対し、AT(オーマチックトランスミッション)は運転者のアクセルの踏み込み量・路面の勾配・積載量等々、それら全てを機械で計算し、非常に複雑かつ密集し...続きを読む

Q10万キロ超えた車のATF交換はしない方がいい?

平成9年 ステップワゴン 4WD、走行10万キロです。
エンジンが温まらないうちだけの症状ですが、
走り始めに1速から2速に変速する時に、少しだけですが、
空ぶかしのようになってからギアが入る感じになります。
ほんの1秒くらいですが、滑りの兆候だとは思います。

ギアPからRや、DからRとかのギアが入るタイムラグはありません。

そこで質問なのですが、ミッションオイル(ATF)を交換しようと
イエローハッ○へいったところ、10万キロを越えた車はATF交換はできません。
交換すると返って症状が悪化したり、すべってしまう。と言われました。

そうなんでしょうか・・・

違う整備工場の人には、交換した方がいい。
そんなこと言うのはクレームが怖いだけで、すれば改善されるかもしれないとも言われました。

一応まだ交換していないのですが、交換はどうおもわれますか?
またどのようなオイルを使うとよいとかありますか?

無責任回答で結構ですので、自分ならどうするか教えてくださいm( _ _ )m

Aベストアンサー

 う~ん、個人的にはATF交換賛成派なのですが。
 イエローハットさんは、ANo.2の方も言われてますが、交換しても「症状が改善されない」事を想定しての事だと思います。

 まずホンダのディーラーさんで、yu2000riさんのステップワゴンが圧送循環式のATF交換機で全量交換できるか聞いてみてください。
 OKであれば交換してみるのもありではないでしょうか。

 あと安心感はディーラーに比較するとかなり下がりますが、GSなら大抵どこでも安価で交換してくれますよ。(お勧めはしませんが…)

QATFについて。2

以前のATFのアドバイス有難うございました。
それでお聞きするの忘れてましたので再度、教えてください。
ホンダディーラーでATFを交換した場合、オイル代、工賃は如何ほどかかるのでしょうか?
あと、エンジンオイルみたいにホンダ純正のオイルでも種類があるのでしょうか?
夏すぎに車検がありその際に交換しようかと思ってたのですが近いうちにオイル交換をするので予算があればその時に一緒にお願いしようかと思いまして。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

●以前、某メーカーの開発耐久実験業務に携わっていた者です。

●まずはATF(オートマチック・トランスミッション・フルード)について・・・

人間の任意のタイミングで手動でギアを変えるMT(マニュアル・トランスミッション)に対し、AT(オーマチック・トランスミッション)は運転者のアクセルの踏み込み量・路面の勾配・積載量等々、それら全てを機械で計算し、非常に複雑かつ密集した蟻の巣の様な油路をバルブで切り替え、自動でギアを変速する構造になっています。

その潤滑油・作動油であるATFが、走行を重ねる事により劣化し不純物(磨耗鉄粉等)が増えると、油路のバルブの動きがスムーズでなくなり変速ショック(=ギヤが変わるときに前に比べるとカクンという感じになるときがある)が大きくなってきます。又、バルブやギアを動かす時の摺動抵抗も増大する為、燃費も悪くなり、冷却性能も低下するので、急加速の繰り返しや高回転を連続的に使用する高速道走行時に、オーバーヒートを起こしやすくなります。

この劣化したATFを交換せず走行を続けると、更に不純物が増え潤滑性能が低下する為、バルブやギアの磨耗が進行し、その磨耗した部分を劣化したATFが埋める様に入り込み、部品と部品とのクリアランス(隙間)を正常保つ役割をする様になります。

この様な状態が進行した状態でATFを新品に交換すると、磨耗した部分を埋めていた劣化したATFが洗い流され、クリアランスが正常に保てなくなり、部品と部品とのクリアランス過大によりバルブが正常に作動しなくなったり、油路に血栓の様に固まった不純物が取れ他の油路を塞いだり…等々、様々な不具合が発生してしまうのです。

従ってこの、部品の磨耗が進行する前の状態。
=2~3万キロ(車種やメーカーにもよる)走行毎の交換が必要、という事なのです。
*その車の説明書、又は整備記録簿を参照方。

●ATFを交換しないとどうなるのか・・・

ATFを交換しないとどうなるかは上記の通りですが、今の国産車ならば全く交換しなくても、10万キロまでは変速ショック増大や燃費悪化等の症状は出るものの、普通の走行をしている限りATが壊れる事はまずありません。

あなたの車はすでに11年目・75,000kmという事なので、もし今まで1度もATFを交換していないのであれば、交換しない方が良いと思われます。
ただ、交換しないにしても、ATFの量が規定量入っているかの確認はしてもらいましょう。
もし交換しない選択をされたのなら、優しい運転(急発進・急加速・超高速走行をしないという意味)を心掛け、ATへの負担を軽減させてあげると良いと思います。

交換した方が良いかは、信頼のおけるディーラーの整備士に直接(営業マン等を介さず)聞きましょう。

●ATFの種類

ATFは必ず純正品で、且つその車種に指定されているオイルを使用して下さい。
(車と同メーカーのディーラーなら、そのオイルを使用してくれます)

理由は、非常に緻密な構造のATの部品や性質に合ったATFを使用しないと、故障や早期劣化等のトラブルを引き起こす可能性があるからです。
*粗悪な社外品(車用品店等のATF)と交換して起きたトラブルは、メーカー保証外です。

純正オイルは、過酷で多様な耐久試験にも合格した、最も信頼性の高い物なのですよ。(しかも安価)

●ホンダディーラーでATFを交換した場合、オイル代、工賃は如何ほどかかるのでしょうか?

車種によって違うので一概には言えませんが、オイル代+工賃で7000~18000円位です。

ホンダのディーラーに電話して車種と型式を伝えれば確実な価格が分かりますよ。
値段を比較したいとか妥当な価格か知りたいのでしたら、数件のディーラーへ電話し同じ質問をすれば大体の見当は付くでしょうね。
*ディーラー間では、価格に大差はありません。

●以前、某メーカーの開発耐久実験業務に携わっていた者です。

●まずはATF(オートマチック・トランスミッション・フルード)について・・・

人間の任意のタイミングで手動でギアを変えるMT(マニュアル・トランスミッション)に対し、AT(オーマチック・トランスミッション)は運転者のアクセルの踏み込み量・路面の勾配・積載量等々、それら全てを機械で計算し、非常に複雑かつ密集した蟻の巣の様な油路をバルブで切り替え、自動でギアを変速する構造になっています。

その潤滑油・作動油である...続きを読む

QATF ホンダは難しい?

質問です

ATFの補充を考えていますが、(なぜか下限ギリギリ) 過去の質問を見ると
「ホンダ車はATFは純正を」というコメントをみました。

質問ですが 

なぜ ホンダ車はATFの交換がシビアなんでしょうか?

私が持っているATFオイルは赤いオイルです
ホンダは白いオイルでした


ホンダ以外ならば赤のATFオイルを入れても問題ないでしょうか?


ご存じの方がおられましたらお教え下さい

Aベストアンサー

ホンダのATは、他メーカーと構造が違い、MTに近い構造になっています。またATFの粘度も他メーカーと違います。
このため、汎用のATFは使用するとトラブルが発生しやすいです。

ホンダに限らず、エンジンオイルと違いATFはミッションの構造で要求される性能が異なるため、基本的には純正ATFを用いるのが無難です。
CVTもATFとは別のCVTFを使いますし、そのCVTも種類によってCVTFが異なるため、純正でも幾つか種類があったりもします。

QオートバックスでATF交換をしたら、17000円ぐらいかかりました。 前はそんなにかかった覚えはない

オートバックスでATF交換をしたら、17000円ぐらいかかりました。
前はそんなにかかった覚えはないのですが

Aベストアンサー

1万7千 円は高いと思います。
私の車2005年式8万キロのワゴンRをディーラーでATF交換して貰った時はATF5L交換で約9千円
プラスオイルパン脱着、ストレーナ清掃で合計1万7千円でした。

QATFが壊れて、困っています。

こんばんは

以前、故障の事では、皆さんに、ご親切にお答えいただきまして、ありがとうございました。

またまた、故障しました。

トヨタのデュエット、5年6カ月、65000キロで、初めてATFオイルを,交換してもらいました。

が、その後、スタート時、エンジン音ばかり高くて、スピードが上がらず、40キロ位になると、エンジン音が、やや静かになり、普通にスピードが、でるように、なってしまいました。

おかしいので、交換してもらったスタンドで、音を聞いてもらったところ、ATFエレメントを交換(25000円)すれば直るといわれました。

納得できないので、無料で直してもらいたい、と言ったら、詳しく調べるので、車を預けてもらいたい、というので、預けました。

返事は、Oリングの不具合・ブレキバンド(2つ共、ATFのなかの部品)の緩みが原因で、ATFエレメントでは無く、オイルの交換でも無いと言います。(ATFオイルの交換機を製造している人が、音を聞いたでけで、わかったそうです)

対策としては、ATFをそっくり替えるしかないといいます。
ビビルト品(中古で、整備された物)だと、10万円で、交換します、と言っています。

ATFって、こんなに早く壊れるものなんでしょうか?

ビビルト品で、だいじょうぶなんでしょうか?

またこの車は、3年目から、オイルエレメントの不具合・ライトのスイッチの故障・エンジンマウントの割れと、毎年故障が発生しています。

これって、普通のことなんでしょうか?
異常なんでしょうか?
欠陥車なんでしょうか?

車の機械について、さっぱりわからないので、教えて下さい。

こんばんは

以前、故障の事では、皆さんに、ご親切にお答えいただきまして、ありがとうございました。

またまた、故障しました。

トヨタのデュエット、5年6カ月、65000キロで、初めてATFオイルを,交換してもらいました。

が、その後、スタート時、エンジン音ばかり高くて、スピードが上がらず、40キロ位になると、エンジン音が、やや静かになり、普通にスピードが、でるように、なってしまいました。

おかしいので、交換してもらったスタンドで、音を聞いてもらったところ、ATFエ...続きを読む

Aベストアンサー

元整備士です。
無茶をされましたね、4万km以上ATFの交換経験がない場合はもう交換しない方がいい場合があります。新しいATFの洗浄作用でスラッジ等が剥離、遊離して油圧回路にはいるとATが壊れる危険性が有るからです。
私は、65,000kmだと説明して基本的には断っていました。壊れても責任もてませんので
もしそれでも交換したい場合は、フィルターの同時交換とオイルパンの下の磁石に付着した金属の除去も同時に行います。※かなりの予算が必要ですが・・・

どちらが悪いかというと難しいですが、ここまで放置したユーザー責任だと思いたいです。

#3の解説です。
ATF(Automatic Transmission Fluid)
Fluidがオイルの意味ですのでATFオイルという表現は
オートマチックトランスミッションオイルオイルになります。

Qオイル交換、ディーラーorオートバックス、どちらが良い?

トヨタ車に乗っています。
エンジンオイル交換はディーラー、オートバックス、どちらが良いでしょうか?ちなみにオイルは純正オイルと決めています。

値段的、技術的、その他の面でどうでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

ディーラーで整備士をしていました。
何度かオイル漏れするとお客様から相談されて点検すると、エンジンオイルのドレンボルトからの漏れで、原因は毎回交換する必要のあるドレンボルトのパッキンを再利用した事が原因でした。
あと、パッキンを交換しないので漏れをとめる為通常より強く締め付けた為ねじ山がなめてしまいオイルパンの交換をするはめになった事もありました。
ショップによってパッキンの交換をしない店もあるようです。
純正オイルを使うのなら安心感もあるディーラーの方が良いと思います。

QATFの量の入れすぎについて メカニックや車に詳しい方

15年式の110系マークII 2.5ターボに乗るものです。先日こんな事
がありました。車を2月下旬に購入し、距離も4万キロ走っていたので、ATFを交換しました。(自分でカー用品店勤務)最初エンジンをかけた状態で量をチェックしたところ本来の位置より10センチくらい多めにはいっていました。その後10リットル交換をし再度量を確認したところ最初と同じくらいの量だったので、もともと多いいかな?と思ってはいたのですが、とりあえずその量で先日まで走っていました。つい先日車をショップに預ける為、静岡から東京まで高速で行きました。出発前に洗車をしていったのですが、高速クルージングを楽しむ為に140~170キロくらいで飛ばして走行していました。少し休憩と思い、サービスエリアでオーバーヒートを少しでも防ぐ為、ボンネットをあけ冷やそうと思って開けたら少し変な匂いがしました。気にせず後ろを見ると、トランクやら後ろほぼ全面が油が飛んでいたんです。最初はガソリンかと思ったのですが、どうやらATFの匂いがしました。下回りを覗いてみると(車高が低いので真ん中まではよく見えなかったのですが、俗に言う油まみれっぽくマフラーをつたいにじんでる感じがしました。車を買い何度か下回りはみているんですが、いままではそんな事はありませんでした。そこで知識のある方に質問です。ATFの量を入れすぎた場合、ゲージ棒以外に抜ける場所はあるんですか?個人的には普段そんな速度では当然走らないですから、高速走行することで、ATFオイルが膨張し、元々量が多かったからどっかからあふれ出て、マフラーをつたって後ろにでてきたのではないかと?そんなことは考えにくいですか?それともやはりどこか漏っていますかね?教えてください。

15年式の110系マークII 2.5ターボに乗るものです。先日こんな事
がありました。車を2月下旬に購入し、距離も4万キロ走っていたので、ATFを交換しました。(自分でカー用品店勤務)最初エンジンをかけた状態で量をチェックしたところ本来の位置より10センチくらい多めにはいっていました。その後10リットル交換をし再度量を確認したところ最初と同じくらいの量だったので、もともと多いいかな?と思ってはいたのですが、とりあえずその量で先日まで走っていました。つい先日車をショップに預ける為、静岡から...続きを読む

Aベストアンサー

仰る通り、入れすぎたATFがブリーザーから吹いてしまったのです。

ATは密閉されていると思われているようですが、実際は内圧が高くなった時の為に安全弁のようなもの(ブリーザー)が存在します。
今回は、アバウトな交換でATFが多い所に高速を長時間走って内圧が上がりブリーザーから吹いた...と言うことです。
街乗りではそこまで内圧は上がらなかったので吹かなかったのでしょう。

スティックに目盛りが刻んであると思いますが、あれを超えていると今回のような事になります。
ATFの温度により、どのあたりまで入れるかは整備要領書にキチンと書かれていますから厳守しなくてはいけませんよ。
交換した翌日等、車が冷えている状態でもう一度確認するべきでしたね。
マトモに作業している所では、出来るだけ冷えた状態で最終確認をしています。

今回は下周りを洗浄して様子を見てください。
もしかすると、弱っていたシールが破損して漏れが発生している可能性もありますから。

Q純正オイルの方がいい?

フィットに乗ってます。こだわって100%化学合成油を新車の時から入れてるのですが、やっぱりホンダが製造した車だからホンダ純正オイルの方がいいんでしょうか?詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

>回答ありがとうございます。

いえいえ、私も勉強する前はカストロール等の高価な化学合成油を使ってましたから。(^^:)
ちゃんとした知識のある人ほど、純正品を使用すると思いますよ。

粗悪な社外品やディーラー以外の下手な整備士の整備が原因で故障して、メーカー保証がきかなくなるより、毎回同じディーラー(購入した店)で整備した方がいいと思います。

>今までもったいない事してたんですね、オイル交換のたびに1万円近くいっちゃうので高いなと思ってたんですよね、

1万ですか・・(驚)
それだけあれば、トランスミッションのオイル(AT車ならATF、MT車ならMTF)も交換出来ますよ。

>これからはディーラーで交換します。

担当の整備士さんに色々相談してみるといいと思いますよ。
「この人だ!」と思ういい整備士さんが居たら、指名するのも手です。
親切で腕のいい、信頼出来る整備士さんに出会えるといいですね。(^-^)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報