プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

太陽光エネルギーの熱変換効率は東芝の19%がやっとですが、これが50%を越えたら永久運動になりますか?

A 回答 (7件)

太陽の寿命があと50億年しか無いのに?

    • good
    • 0

太陽が光り続けると考えると永久機関とも言えると思います。


宇宙空間で常時太陽光エネルギーを受ければ変換効率が50%でなくても永久運動に近いと言えると思います。
地上はソーラーパネルが夜には機能しませんが、蓄電して利用できると考えると同様と思います。
永久運動の意味が人為的に燃料を入れなくても動くと考えると、水力、風力、地熱なども同じではないでしょうか?
参考意見です。
    • good
    • 0

永久運動って何?


永久機関の言い間違い?

永久機関とは、外からエネルギーを与えなくても、
何らかの仕事をし続ける装置のこと。

因みに火力発電の最新式のものは
エネルギー変換効率が50%を越えてるが
永久機関とはいいません。
入力したエネルギーの一部を捨てて残りを電気に変えてる
だけです。
    • good
    • 2

No.3 です。



>どっちよ?

100% を超えたら永久機関になります。
ただし、「100%を超える」ことは不可能です。

そのぐらい、自分で考えて判断してね。
    • good
    • 0

100% を超えたら永久機関になります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

どっちよ?

お礼日時:2022/07/12 23:16

「永久機関になるか」と言う意味であれば、たとえ熱変換効率が100%になったとしても永久機関にはなりません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

どっちよ?

お礼日時:2022/07/12 23:17

シリコン系の太陽光発電では、理論上の変換効率は29%が限界と言われています。



シリコン系以外の材質ならそれ以上のものも可能ですが、コスト的に引き合うか(採算がとれるか)どうか、です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング