今、日本のプロレスの歴史を勉強しています。
力道山が「日本プロレス協会を設立」以降の流れは、だいたいわかったのですが

1)それ以前はどうだったのかわからないので教えて下さい。

2)また、日本プロレス協会と、馬場、猪木が所属していた日本プロレスは、略称なだけで同じものなのでしょうか?

3)国際プロレスとは誰が設立したどんな団体ですか?

4)さらに、日本プロレスの歴史が書かれているサイト、本などあったら教えて下さい。

質問が多いですが、一つでもいいので教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1)進駐軍の慰問などで



2)同じです

3)日本プロレスの営業部長だった吉原功氏が昭和41年に設立、一時期TBS(テレビ局)のバックアップを得て「TBSプロレス」と名乗った時期もありました。一言で言えば“地味ながら実力派揃い”な団体だったと思います。

4)
このサイトで全て判ると思います
http://members.at.infoseek.co.jp/drmick/home.htm

参考URL:http://members.at.infoseek.co.jp/drmick/home.htm
    • good
    • 0

#1の1)が書きかけでした……



進駐軍の慰問などでアメリカからレスラーたちが来日したのが日本におけるプロレスの始まりと言われています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、回答ありがとうございます。
日本のプロレスは力道山からはじまった
と考えてもいいみたいですね。

お礼日時:2005/04/01 11:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女子プロレス

この間とある動画で、アメリカの人気レスラーと吉田万里子が戦っていて、
吉田が関節技でボッコボコにしている試合をみて思ったのですが、
日本の女子プロレスのレベルは高いのでしょうか?

あと女子プロレスだったらどこの国が一番強いのでしょうか?

今はアメリカとメキシコくらいしか試合を見たことがないので、
ほかに強いところがあれば教えてくださいw

Aベストアンサー

プロレスというくくりでいえば、女子というジャンルが存在するのは日本ぐらいです。日本に情報が入ってこないようなよほどのドインディーであれば別ですが、そもそも女子プロレス団体や、女子だけの興行自体が、ほとんど行われていません。メキシコの場合は男子の興行とミックスで(混合試合も含めて)行われますし、アメリカのWWEではセクシーコンテストと同列程度の試合しか存在しません。格闘技に近い形態で、純粋な競技のような見せ方をしてるのは、日本のみです。そういう意味では、日本ほど技術体系が進化した国はないと言えるでしょう。その土壌で戦えば、基本的に日本人に軍配が上がるのは仕方ないでしょう。ただし、格闘技全般でいえば、他の競技での海外の女性人口は多い(ボクシング、カラテ、ジュードーなど)わけで、そういう純粋なアスリートとの異種格闘技戦などとなれば、分が悪いこともしばしばです。(まあ、これはどちらの競技のルールに合わせるかという問題もありますが)

なお、「鬼嫁」北斗晶が何かのインタビューで「(メキシコ遠征時に)あっちのレスラーは怪我をさせる相手を怖がる。試合前に子どもの写真を見せてきて、暗に手加減してくれと言ってくる。まあ、試合ごとの歩合給だから、欠場すれば収入に響くから、仕方ないとも言えるけど。」という意味合いのことを言ってました。まあ、北斗の攻めは、特に厳しいですからね(笑)

プロレスというくくりでいえば、女子というジャンルが存在するのは日本ぐらいです。日本に情報が入ってこないようなよほどのドインディーであれば別ですが、そもそも女子プロレス団体や、女子だけの興行自体が、ほとんど行われていません。メキシコの場合は男子の興行とミックスで(混合試合も含めて)行われますし、アメリカのWWEではセクシーコンテストと同列程度の試合しか存在しません。格闘技に近い形態で、純粋な競技のような見せ方をしてるのは、日本のみです。そういう意味では、日本ほど技術体系が進化し...続きを読む

Q【プロレス】力道山の興業を仕切ってたのが在日韓国人の実業家だったから。 力道山も最初は朝鮮人というの

【プロレス】力道山の興業を仕切ってたのが在日韓国人の実業家だったから。

力道山も最初は朝鮮人というのを伏せてリングに上がっていたはず。

最初から朝鮮人と名乗ってプロレスやってましたか?

Aベストアンサー

いいえ、日本人としてリングに上がって居ました。

Qプロレスの質問

二つ質問があります。 (1)格闘技などで選手が額を切ったときに塗り込んでいるのは何ですか?出血が止まる?以外にどんな効果がありますか? (2)私はあまりプロレスに興味がないのですが、あるニュース番組で小橋健太選手の闘病・復帰戦の特集をみて少しジーンと来ました。結果は負けだったみたいですが、未だに分からない事があります。プロレスってガチンコ勝負ですか?芝居・演技ですか?また勝敗の結果は、主催者・選手は打ち合わせ済なのでしょうか?避けれそうな攻撃をわざと受けたりしているみたいですが、我慢くらべですか?  プロレスファンの方、愚問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

競技中に傷口に塗るのは、血が流れ落ちないように、特に目にはいらないようにするもので、絆創膏みたいなものです。ただ、絆創膏では、身に付ける物となって認められないので、代用的にあのようなものを使用します。

プロレスに筋書きがあるかどうかについては、ずばり「あり」ます。ないという人は、よほど無知か、希望的に言ってるだけです。暴露本はともかく、アメリカのトップ団体は「筋書きがあるエンターテイメントだ」と公言していますし、そこの元選手はレスラーとして普通に日本の団体にも参戦しています。あちらはショーでこっちはガチだなんてありえません。また、日本の裁判でも、元議員の大仁田氏が、彼の興行に参戦した選手から「打ち合わせにない攻撃をされて怪我をした」ってことで、公式に判決が出ています。
ただ、プロレスの魅力は、ボクシングなどの筋書きがない格闘技とはまったく違う所にありますので、あるからインチキだとか、幻滅というのとは、まったく異なります。まあ、言ってみれば演劇や映画などと同じで、たとえ筋が決まってても、感動は与えられます。

で、かの小橋選手の件は、筋があるとかないとかという問題ではありません。実際にプロレスは激しい競技です。で、そんなことをがん患者がすれば、そういった治療等に問題がある機能数値がドーンとあがります。彼の場合腎臓を摘出してますから、あのからだを作るための激しい練習をしただけで、老廃物のろ過も含めて、かなりの負担があるはずです。医師の許可が出たとはいっても、それはかなり危険なチャレンジであることには変わりありません。それは、筋書き通りにしてるから・・とか何とかという問題ではありません。

そういえば、昔、腎不全で人工透析しながら60過ぎてもリングに上がってるミスター珍という選手がいました。彼の後年の試合は、まあ、はっきり言ってお笑い芸人のステージみたいなものでしたが、そういう状態の人が、一般人でも辛い長距離移動の巡業に帯同して(いく先々の病院で透析)、でもリングで元気に動いてるだけでも、感動がありますし、メッセージとして届く物があるということです。
これを期に、あなたもプロレスの奥深さや面白さがわかっていただけたなら、うれしいです。

競技中に傷口に塗るのは、血が流れ落ちないように、特に目にはいらないようにするもので、絆創膏みたいなものです。ただ、絆創膏では、身に付ける物となって認められないので、代用的にあのようなものを使用します。

プロレスに筋書きがあるかどうかについては、ずばり「あり」ます。ないという人は、よほど無知か、希望的に言ってるだけです。暴露本はともかく、アメリカのトップ団体は「筋書きがあるエンターテイメントだ」と公言していますし、そこの元選手はレスラーとして普通に日本の団体にも参戦してい...続きを読む

Q師匠の力道山と弟子の猪木

アントニオ猪木さんは17歳のとき?力道山からスカウトされてプロレスラーの道に入った。
で、最初、師匠の力道山にしごかれたのは有名な話ですが、途中で力道山は死去しますよね?
結局、何年間くらいしごかれたことになるんですか?

Aベストアンサー

猪木が力道山にスカウトされ、日本プロレスに入団したのは、1960年4月11日です。力道山は1963年12月8日、ヤクザに喧嘩をふっかけて刺され、15日に亡くなります。このとき猪木は力道山の付き人でしたから、まだ「しごかれている」最中でしょう。とすれば、しごかれた期間は3年8ヵ月足らずです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%AA%E7%8C%AA%E6%9C%A8#.E3.83.97.E3.83.AD.E3.83.AC.E3.82.B9.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.81.A8.E3.81.97.E3.81.A6

Q三沢さん事故死で、プロレス団体は危険技を自主規制するのでしょうか?

脳天から落とす垂直落下式などの危険な技を団体側で自主規制かけることで、選手の安全は保たれると思います。
しかし、それではプロレスの面白さが損なわれてしまう。
ファンにとっても、選手にとっても、プロレス団体にとっても、よくないことのように思う。

三沢さんのような悲劇はもうこれ以上起きないで欲しい。
けれども、だからと言って危険技を全て禁止にしたプロレスが見たいとは思わない。
今のこのご時世、プロレス業界は地上波テレビ中継がなくなり、観客が減っています。
危険技を自主規制し、自らプロレス本来の面白さを封印して生き残れるのでしょうか?


三沢さんの悲劇の教訓は、「危険な技をやってはいけない」ではないと思う。
「怪我を押して、無理に試合に出続けることをしてはいけない」ということです。
また、「受け身だけはちゃんと練習し、しっかり身につけておかねばならない」というのは、若手選手への教訓でしょう。
そこらへんを勘違いして、何でもかんでも“規制”すればいいというのは間違っていると思う。
また三沢さんが生きていたら、“規制”に賛成するとも思えません。

三沢さん事故死の影響で、プロレス団体は危険技を自主規制する流れになるのでしょうか?

脳天から落とす垂直落下式などの危険な技を団体側で自主規制かけることで、選手の安全は保たれると思います。
しかし、それではプロレスの面白さが損なわれてしまう。
ファンにとっても、選手にとっても、プロレス団体にとっても、よくないことのように思う。

三沢さんのような悲劇はもうこれ以上起きないで欲しい。
けれども、だからと言って危険技を全て禁止にしたプロレスが見たいとは思わない。
今のこのご時世、プロレス業界は地上波テレビ中継がなくなり、観客が減っています。
危険技を自主規制し...続きを読む

Aベストアンサー

>だからと言って危険技を全て禁止にしたプロレスが見たいとは思わない。

ここに問題があるのでしょうね。
現在のような危険な技がなかった時代のプロレスの方が、現在よりも余程メジャーで、人気があったということは事実ですよね。
いわゆる「昭和のプロレス」には危険な業は必要なかったんですが、十分に人々を魅了できていました。

そして当時のプロレスにはあって現在のプロレスにはない「何か」を埋め合わすために「危険な技」を見せる必要があったわけで、規制した瞬間に、何の魅力もないお遊戯会になりさがってしまう。
ここが現在のプロレスの致命的な欠陥なのでしょう。

例えば、三沢がジャンボを執拗にフェイスロックをかけていた頃、フェイスロックという古典的な技で、十分観客は熱狂できていましたよね。
その試合にあった「何か」がない試合をするしかない現在は、危険な業を使い、それを受けることの見せなければ観客を熱狂できない、そこに問題を感じるんです。

しかし、これ以上単なる技の危険度が上がる一方では、単なる「残酷ショー」になるわけで、そんな意味でもプロレスはもうすでに過去の遺物になりつつあるのではないだろうかと、寂しい思いを持っています。

「凄い」と感じるものが、「技と受け身」にしか感じなくなった観客と、それしか見せられないレスラーの質の低下が招いた結果だと思います。

>だからと言って危険技を全て禁止にしたプロレスが見たいとは思わない。

ここに問題があるのでしょうね。
現在のような危険な技がなかった時代のプロレスの方が、現在よりも余程メジャーで、人気があったということは事実ですよね。
いわゆる「昭和のプロレス」には危険な業は必要なかったんですが、十分に人々を魅了できていました。

そして当時のプロレスにはあって現在のプロレスにはない「何か」を埋め合わすために「危険な技」を見せる必要があったわけで、規制した瞬間に、何の魅力もないお遊戯会...続きを読む

Q馬場猪木以外の力道山の弟子を教えて下さい。

豊登と大木金太郎と山本小鉄は知っているのですが、他の弟子が居たのなら教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

弟子と言う意味では、大木金太郎や山本小鉄のほか、前出の通り、吉村道明、グレート小鹿あたりが浮かびますね。
ほかに、ミツ・ヒライ、田中忠治、田中米太郎、マティ鈴木、マンモス鈴木がいます(日本プロレスに所属し、多かれ少なかれ力道山にコーチされています)。

また、当時日本プロレスに所属した、マシオ駒、松岡巌鉄なども、弟子と言えるほどではありませんが、影響は受けているでしょうね。
さらにマイナーどころだと、渡辺貞三、金子武雄、木戸時夫、玉の川、平野岩吉、長沢日一、宮島富男などが、力道山と同時代の日本プロレスに所属していましたが、力道山にコーチされたことがあるかも含めてよく分かりません。


関係ないですが、ヒロ・マツダ、竹村正明などは、力道山に反発して日本プロレスの主流派からは離れたプロレス人生を送っています。

Q全日本プロレス好きの外国人サッカー選手

スレ違いかもしれませんが、、、。
ちょっと前にTVで外国人サッカー選手が、全日本プロレスのビデオを見て「小さい頃見ていた、懐かしい」みたいな話をしていました。
そこへ藤波たつみが登場して・・・というような演出だったんですが、そのサッカー選手の名前がどうしても思い出せません。
どなたかご存じないでしょうか?確か夜の番組でした。

Aベストアンサー

アレッサンドロ・デルピエロ イタリア人 ユベントス所属 背番号10 ちなみに新日本プロレスですよ。

Q木村政彦と力道山

もし当時の試合が
オクタゴンという場所とルールであったとするならば
どの様な戦いになったでしょうか?

Aベストアンサー

うーん、面白い発想ですね。

木村は、ブラジリアン柔術の元祖みたいなもんですから、今のグレーシーというような洗礼され、規格化された戦いまではいかずとも、それなりの戦法は取ったと思います。
方や、力道も、今では禁止されてるようなガチなかわいがりなんかをくぐり抜けてますから、それなりに喧嘩の対応力もあったのではないでしょうか。相撲独自の瞬発力もあるし。

当時のバックボーンの状態で、なおかつ、現在のような体系化した練習を積んでないとすれば、結構互角だったかもしれませんよ。
現在の体系(結局は、寝せて、馬乗りで、顔面パンチ)で多少の練習を積んだということであれば、木村に技術的な長はあるように思います。ただ、精神面の問題で、本気で顔面殴る覚悟があるか・・・と言えば、やはり力道のほうが有利かもしれない。

ある意味、立ち技VS寝技、K-1VS総合、転向したばかりのミルコVSヒョードルみたいな感じでしょうか。

Q甲子園の応援歌

 甲子園の応援歌にはプロレスの入場曲って多いですよね。「姫路」がUのテーマをやると、「花咲」がイノキボンバイを返したりしていて笑えるんですが。
 懐メロが多い、という質問がありましたけど、みなさまはどんなのがお好きでしょうか? あえてこのカテゴリで聞いてみたくなりました。おヒマな時に。

Aベストアンサー

こんにちは

応援歌になってないと思うが
桜庭の曲がテンポ良くて好きです
「SPEED」
着メロも使っています

ではでは

Q力道山について

力道山はいわゆる在日1世ですよね。
彼は何歳の時に日本にやってきたのでしょうか?

また、1世なら日本語になまりがあると考えるのが普通ですが
彼の日本語もなまりがあったのですか?

Aベストアンサー

彼は日本統治下の朝鮮で生まれています。
学校では当然日本語教育を受けたでしょう。
来日してからも日本人の家庭で暮らしています。
さらに相撲部屋に入門しています。
今の外国人力士を見てわかるように、
24時間日本語浸けの力士生活では、なまりの
ない日本語が話せるようになります。
以上のことから力道山は日本人とほぼ同じように
話せたはずです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%9B%E9%81%93%E5%B1%B1


人気Q&Aランキング