ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

こんにちは。

どなたか観葉植物に詳しい方がいましたら教えてください。

斑入りのゴムの木を、日当たりのいい部屋でカーテン越しの光が入る程度のところで育てています。

購入したときから、1鉢に3株植わっていたのですが、最近になって底から根が出てきてしまい、葉もたくさんになって、見た目とっても苦しそうです。

そこで、もう少ししたら植え替えをしようと思っているのですが、大きな観葉植物の植え替えは今までやったことがないので、失敗しないためにも何かアドバイスをいただけたらと思います。

特に悩んでいるのが、3株をそのまま(今の形を崩さないで)ひとまわり大きな鉢に植え替えるか、2株と1株に分けて2鉢作るか・・・です。
最近あらたに生えてくる葉は、光が足りないのか緑色の部分がなく、ほとんど白い状態になってしまっているので、分けて植えたほうがいいのかな?なんて素人ながらに思っているのですが、どうするべきでしょうか?

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

鉢の底から根が出て来ているというのは鉢の中が根で一杯になっている証拠ですので3株一緒のまま鉢から抜いて株の回りの土を1回り軽く落としてから今までより1回り大きな鉢に新しい用土で植え付けます。


時期的には今直ぐでも大丈夫です。
ゴムの木はある程度の日陰にも耐えることができますが新しい葉が白くなるのは日光不足ですので真夏の直射日光は避けますが他の季節はできるだけ良く日光には当てましょう。
下記サイトもご覧下さい。

参考URL:http://www.yasashi.info/ko_00007g.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URL参考にして植え替えに挑戦してみたいと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/01 16:19

うちにもゴムの木があるのですが、たくましく庭で大きく成長しています。

こちらが暖かい地域だから元気なんでしょうね^^。
育て方についてはよく分からないのですが参考になるようなURLがあったので分からなければ質問されてはどうでしょうか?。
お役に立てなくてごめんなさい。

参考URL:http://dictionary.bloom-s.co.jp/kanri/gomu.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLどうもありがとうございました。
色んな植物の特徴が書いてあって便利なページですね。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2005/04/01 16:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴムノキ 元気なく 葉っぱがポロポロ落ちる

1週間以上、暗室に放置してしまいました。
葉全体がぐったりと垂れてしまい、
下の葉を中心にポロポロ落ちていきます。
手で少し力を加えただけでもポリっと取れてしまう感じです。

葉や茎の色は特に変化はないのですが、
とにかく元気がなく、夜間は幽霊でも見るかのようです。
180センチ以上はあるので。

土は湿ったままで、水を吸っていない感じです。
水は渇き気味にあげていましたが、
それまではとても元気でした。

症状と対処法を教えて下さい。
お願い致します。

Aベストアンサー

情報を確認いたしました。先に結論から申しますと、ゴムノキは最悪な
環境下で最悪な管理の元で栽培をされていると感じました。あなたが悪
いと言っているのではありませんから、気を悪くしないでアドバイスを
見られて下さい。

まず置き場所ですが、ゴムノキは熱帯から温帯地域に分布して自生して
いますから、年間を通して十分に光線に当てる事が元気にする秘訣にな
ります。最低でも半日陰(午前中に光線が当たり、午後からは日陰にな
るような場所)になる場所に置き、明るい日陰では生育しません。
カーテンで仕切っても冷気からは防げますが、暖かさを確保する事は出
来ません。カーテンが折角の光線を遮ってしまうので、無駄な事をされ
た事になります。どんな植物にも共通していますが、植物には生長期と
休眠期の2種類があります。生長期は活動を活発にして生育する時期で
すが、休眠期には活動を鈍くさせて仮眠している状態になります。
これはクマなどが冬場に冬眠すると同じです。
ちなみにゴムノキの生長期は4月から9月で、10月は休眠をするため
の準備期間で、3月は休眠から覚めて活動する準備期間になります。
11月から2月は休眠状態ですから、水遣りを頻繁にしたり肥料を与え
たり、植替えなどの作業は一切出来ないと言う事です。
冬場の天気が良い時に屋外に出して光線に当てると言われますが、人間
と植物では暖かさや寒さの感じ方が違うので、人間には暖かいと感じて
も植物には耐えられない寒さと言う事もあります。スヤスヤと眠ってい
る赤ちゃんを叩き起こすと同じですから、生長期に入るまでは5℃以上
を維持出来る室内で越冬させる事が大切になります。
越冬させるために必要な温度は5℃以上ですから、室内外でも5℃以下
にならないように管理をする事です。

水遣り方法は前回に書いた通りですが、元気が無い時には何らかの原因
がありますから、その原因を調べる事が必要になります。
土が常に湿っていないかとか、病害虫が発生していないかとか、置き場
に問題は無いかとか、温度は大丈夫だろうかとか考えるべきです。
元気が無い時に水遣りを多くしても、必要もない水分を与えられるので
すから、根が弱ってしまい根腐れを起こしてしまいます。
休眠期には活動を鈍くしているので、生長期と比べると元気が無いよう
に感じてしまいます。その事を理解して覚えないと、何の観葉植物を育
ても根腐れを起こさせて枯れてしまいます。水遣りをすれば元気になる
と言う考えは、今日限りに捨てましょう。

肥料ですが、あなたの場合は与え過ぎです。水遣りと同様に肥料も与え
れば良いと言う事ではありません。必要とする時期に必要な量を与える
ようにして、与える必要が無い時期は絶対に与えない事です。
肥料は生長期の間だけ施し、緩効性化成肥料(マグァンプK等)を隔月
に置き肥で施します。与えれば与えた分だけ元気になると言う事にはな
りません。与える必要も無い時期に与えると、肥料負けを起こして根を
痛めてしまいます。人間が腹一杯になっている時に、新たに先程に食べ
た物と同じ食事を食べろと言うのと同じと考えて下さい。

4月まで天候が良くても、絶対に屋外に出さない事です。
水遣りも前回に書いた事を守って下さい。

情報を確認いたしました。先に結論から申しますと、ゴムノキは最悪な
環境下で最悪な管理の元で栽培をされていると感じました。あなたが悪
いと言っているのではありませんから、気を悪くしないでアドバイスを
見られて下さい。

まず置き場所ですが、ゴムノキは熱帯から温帯地域に分布して自生して
いますから、年間を通して十分に光線に当てる事が元気にする秘訣にな
ります。最低でも半日陰(午前中に光線が当たり、午後からは日陰にな
るような場所)になる場所に置き、明るい日陰では生育しません。
...続きを読む

Q植え替えしたら枯れそうです

プランターに植えてあったプルーンやサクランボが大きくなってきたので
庭に植え替えようと思い、取り出そうとしたところ密集していたので
根を水で洗い泥をすべて取ってたら植え替えました。
根はほとんど切っていません。

そしたら新芽がだんたん枯れてきました。
このまま枯れてしまうのでしょうか?
水はたっぷりあげてあります。
毎日はあげていません。

水栽培などで根をちっょと出した方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは
植え替えは根や葉が眠っている時期に傷つけないようにするのが基本です。
また、細根は傷つきやすく、そこからしか植物は水を吸えません。
細根以外は、細い根も植物体を支える物と考えて下さい。

で、やっちゃった事はしょうがないので
水をほとんど吸えない状態で、枯らさないために
植物は自衛策として、水が蒸散して出ていく葉っぱを落とそうとするわけです。
人間が手伝ってあげるなら
まず、引き抜かない!また根っこが傷つきます!
植え替えて水をかけた後、棒等で根元の中まで土が入るように突きましたか?
もししていないなら、水やりをしたときにまずやってみましょう。
ぼっこり土が下がったら、根っこは土に当たらず乾いているかもしれません。
周囲にちょっと水が溜まるように穴を掘り
ホースでたっぷり水やりして、水が表面を流れず、土中にしみこむようにしてみましょう。
それから、植物体にも水をかけて蒸散を抑えます。
直射日光が当たるのも、蒸散を促進しますから
寒冷紗等をかけて、葉っぱが元気を取り戻すまで様子を見ます。
不必要な枝葉は、蒸散を抑えるため、
このさい切ってしまうのも手ですが、
あまり沢山切るのも植物体にダメージが大きいので御自分で考えて処置してください。
それから、回復するまで肥料はやらない事!!
肥料は、塩分ですから枯れますよ!

回復すると良いですね。
次回から植え替えするときは、ちょっとネットで調べてみましょう。
時期や注意点も掲載されていると思いますよ。

こんにちは
植え替えは根や葉が眠っている時期に傷つけないようにするのが基本です。
また、細根は傷つきやすく、そこからしか植物は水を吸えません。
細根以外は、細い根も植物体を支える物と考えて下さい。

で、やっちゃった事はしょうがないので
水をほとんど吸えない状態で、枯らさないために
植物は自衛策として、水が蒸散して出ていく葉っぱを落とそうとするわけです。
人間が手伝ってあげるなら
まず、引き抜かない!また根っこが傷つきます!
植え替えて水をかけた後、棒等で根元の中まで土が入るように...続きを読む

Q根づまり処理 鉢は大きくしないとダメ?

こんにちは。
根づまりの処理についての質問です。
調べてみたところ、
根をほぐしたり整理してから大きな鉢に植え替える、とありますが、
それだと成長するごとに鉢を大きくしなくてはならず、
置き場所に困ります。

今年買ってきたマーガレットが既に大きく育っていたので
大きめの鉢に植え替えたのですが、
花が小さくなってきて肥料を与えても変わりがありません。
根づまりが原因かと思ったのですが、これ以上大きい鉢にしたくないし。

そこでお聞きしたいのは、
根の詰まっている部分をカットなどで整理してから、
元の鉢に戻すというやり方をしても大丈夫なのでしょうか?
ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

樹種にもよりますが、盆栽の場合、意図して大きくしたいときは鉢を大きくする(『弛める』と言います。)のですが、だいたいは同じ大きさの鉢、もしくは小さい鉢に植え替えます(『しめる』と言います)

まずは鉢から木(植物)をなるべくそのまま抜いてください。
そして 上または下から 竹棒やピンセットなどを用いて土を落としてください。 このとき太根が出ていたら根をよく観察して小根があるところまで切ってください(だいたい太い根は途中から小根を出しています)。 藤なんかはこのときかなり切手も大丈夫ですが、だいたい松柏(松などの針葉樹)は1/3、そのほかは1/2くらい根を取っても大丈夫です。 松柏以外に関しては『根洗い』と言って水で土を全て落とすこともあります。これによって新しい小根がたくさん出ます(『更新』とも言います)

太根をきるのは 地上部と地下部分は相似に近く、太い根があると枝も以上に徒長する物が出やすいからです。放っておくと 小根を弱らすこともあります。

ご質問者様の言うように 詰まっている部分だけ切って植え替えると、根詰まりを改善することにはなりますが、太根が残ったり、大事な小根を切断することにもなりますので、面倒でも 根をほぐしてから切ることをお勧めします。

それと鉢を大きくすると花には逆効果だったかもしれません。花芽が付くのは植物が子孫を残すためであり、それには『老化』が必要です。根を1/2以上更新したり、鉢を大きくすると 木が(うらやましいことに)若返り、花芽が付きにくくなります。

樹種にもよりますが、盆栽の場合、意図して大きくしたいときは鉢を大きくする(『弛める』と言います。)のですが、だいたいは同じ大きさの鉢、もしくは小さい鉢に植え替えます(『しめる』と言います)

まずは鉢から木(植物)をなるべくそのまま抜いてください。
そして 上または下から 竹棒やピンセットなどを用いて土を落としてください。 このとき太根が出ていたら根をよく観察して小根があるところまで切ってください(だいたい太い根は途中から小根を出しています)。 藤なんかはこのときかなり切...続きを読む

Qゴムの木の増やし方を教えていただけませんか?

ゴムの木を増やしたいのですが、どおすればよいのでしょうか。時期や増やし方とコツなどお願いします。

Aベストアンサー

難しいです。

取り木になりますが、
狙った枝を2~3センチ分くらい、深さは枝によって違うでしょうが、2mm~4mmくらいを削り取ります。
削った部分を包むように湿らせたミズゴケを巻き、黒いビニールなどで覆い、上下を輪ゴムなどで閉じます。
ビニルには小さめの穴を開け、通気性を確保しないと腐ってしまいます。
ときどき(この間隔が難しいんですが)上のほうの輪ゴムをゆるめて給水します。
今の季節なら1ヶ月ほどで発根しますが、ミズゴケを突き抜けるくらい根が生長するのを待って、削り取った部分の真下あたりからばっさり切り取ります。
後はピートモス+バーミキュライト+パーライトなどの軽めの用土に植え替え、用土が乾いたら給水することを繰り返します。

ただ、上記はビニルハウス内で行ったことですので、人間が住む部屋の中で行うときは給水のタイミングは多少早まるんじゃないかと思います。

Q観葉植物の葉がの先だけが茶色く枯れる

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない私にはどうして葉っぱの先だけが枯れてしまうのかわかりません。
別の同僚は「枯れてまっとるがや」と言いますが、植物自体は別段しおれている感じではないのです。

葉っぱは全部で20枚以上あると思いますが、外側のひとまわりの先っぽが茶色い色に変色しています。新しく出てきている葉は、とてもきれいなグリーンで元気です。

どのようなことが原因で葉の先が茶色くなるのでしょうか?

また、枯れかけた見栄えの悪い葉は茎からもぎとった方がいいと言われたのですが、まだしっかりと繋がっているものをもぐ勇気がありません。
しかし、やはり枯れた葉があまり見栄えがよくないのも確かです。
ちゃんと水やりなど、気を配っているのに、ちっとも面倒を見ていないように言われるのも悔しいです。
茎から黄色に変色してもろくなった葉は軽く引っ張るだけで抜けたりするので取ってしまうこともありますが、まだ元気ではあるものの先が茶色くなりかけた葉っぱももぎ取った方がよいものなのでしょうか?

説明が不足している点があるかと思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない...続きを読む

Aベストアンサー

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている花は小さなまま何とか咲いた花が1つだけです。
元気にしてあげたいのですが、どうしたらいいのでしょうか?
[2002.10.10]
A 「スパティフィラム」の葉先の枯れは、根つまりですから植え替え、鉢を一回り大きくしたことは正解です。
悪い腐った根は取り除きましたか。
用土は半分くらい取り替えましたか。
その時にミリオンを入れて根腐れ防止対策は行いましたか。
またマガンプKなどの固形肥料を入れて置きましたか。
植替え後は日陰で管理しましたか。
水は乾いたら上げるようにしましたか。
葉先の枯れた葉は復活はしませんので、その部分を切ってください。
そうすれば,やがて必ず新しい葉が成長してくるはずです。
これからの時期は、少しカーテン越しの日光に当ててもいいです。あんまり日陰に置くと,花つきが悪くなります。
用土になじむのに2週間はかかります。
これはどの植物も同じです。
ときおり液体肥料をあげます。
葉を増やしたいなら、観葉植物用の市販の液体肥料でいいですが、花を目的とするなら、リンサン分の多い液体肥料を2週間に1回水遣り代わりに上げるといいです。
スパティは根がすぐに増える植物です。したがって,すぐに鉢の中が根が一杯になります。
年に1回あるいは2年に1回は植え替えするくらいです。また株わけも必要になってきます。
以上の注意点をもう一度考えてみてください

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~rinmodan/k-drtohei03q_list.html

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている...続きを読む

Qゴムの木の葉が丸まる

今年の7月にゴムの木を購入(4号鉢)しました。下葉が枯れるので根詰まりと思い、5号鉢に植え替えました(鉢の中は根の行き場がないくらいになっていました)。その後、葉は枯れなくなりましたが、葉全体がだらんとなって垂れ下がり、葉が丸まってしまいます。

置き場所は部屋の中の明るい窓辺で、水やりは表面が乾いたら下から水がでてくるまでたっぷりやっています。皿には水をためないようにしています。

ただ、水やりが足りないのか、やりずぎなのかわからなかったため、この一ヶ月くらいは、水をからし気味にしてみたり、それでも元気にならないと、今度は大目に与えてみたりしているので、どっちにしたらいいのかわからなくなってしまいました。

アドバイス、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.2です。
植え替えられたとき、根腐れがないかどうか確認されましたでしょうか?
根腐れを起こしていても、葉っぱがへにゃっとなってしまいます。
どちらにしても水のやりすぎのように感じます。
根腐れの場合は、土が菌類に侵されていると思いますし、肥料あたりの場合は、土に対して肥料が多めだと思いますので、どちらにしても、状態をみながら少しずつ土を替えていってはいかがでしょう。

Qクラッスラ(金のなる木)の葉がポロポロ落ちます。

クラッスラ(金のなる木)の葉がポロポロ落ちます。
暑さでしょうか?7年程前から育てていて手もかからない割に
すくすくと育ってくれたクラッスラの葉が触っただけでも
落ちてしまい、もうすぐ禿げそうです(T_T)
葉の一部は黒焦げのようになってます。
近所で見かける木も黒焦げみたいな葉がありました。

ベランダで風通しは割と良く、東側で朝しか日は当たらない環境です。
対処法が分かる方、教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして。
私も以前に悩んだことがあるので、お力になれればと思います。

前の方のおっしゃるとおり、私も水のやりすぎが原因ではないかと思います。

私は金のなる木を祖父からいただき、その時「葉がしわしわになる位まで、水はやらなくてよし」と言われました。

そうすると花が咲くそうですが、まだ咲かせた事がありません。

この夏本当に暑いですが、水は一週間に一度あげるかあげないか程度です。

ポロポロ落ちた葉っぱを取り除いて、鶏がら状態にすれば、また新しい葉っぱが出てきます。

私も何度もやりました。大丈夫です。冬には凍傷、夏には湿気で何度も痛めつけた金のなる木ですが、

私のいじめにも負けず、元気に育っています。

Qゴムの木が成長し過ぎて困っています

購入時『観葉植物』としか書いてなく正式な名称は分からないのですが、
おそらくインドゴムの木で『アサヒゴムの木』ではないかと思っています。

購入時10cmほどだったのですが年々大きくなり、
春夏の間ベランダで育てていて、
今週から冷え込むそうなので部屋へ入れたのですが
カーテンレールくらいの高さにまで育ってしまいました。

他にもベランダで育てていた植物を室内に入れたので
部屋が植物でいっぱいになり、家族に迷惑がられています。

一番大きなこのゴムの木の置き場所に一番困っているので、
できれば取り木をして、もう少しコンパクトのしたいです。
取り木をする時期ではないのですが、
暖かい室内ならこの寒い季節にも取り木は可能でしょうか?

Aベストアンサー

ゴムの木は丈夫な植栽ですので、バッサリやっても切った下から芽が出てきます。
但し、樹形が変わってしまいますので注意して下さい。

文字で書くよりも動画の方が解りやすいかと思います
you tubeにprotoleaf社が多数投稿していますので御覧になられることをお薦めします

○ゴムの木の再生
○フランスゴムの木の仕立て直し
○ゴムの木の挿し木の仕方

取り木の要領も上記の「ゴムの木の再生」で御覧頂けます。

いずれにしましても、南方系の植物ですので、作業は春になってからの方が宜しいかと思います。
樹形に拘らず、取敢えず邪魔な部分をバッサリやるのであれば、切り口から白い液(ゴムの原液)が出てきますのでミズゴケなどで傷口を覆って置かれれば宜しいでしょう。
小枝であればそのままでも固まります。

Qゴムノキ 取り木と植え替えどちらが先?

5年程放置されていたインドゴムノキを昨年12月頃から育て直しています。
180cm程度のインドゴムで、世話を開始した当初は上部3分の1にも満たない量しか葉が残っておらず、根が土の上に盛り上がっていました。(底から根が出ているかは鉢が重くて確認できません)
今も状態としては同じですが、手入れを続けているうちに新芽が沢山芽吹いて新しい枝が伸びてきています。まだ小さいですが、現在は上部50センチほどのところまで新芽が確認できます。
そこで、鉢の入れ替えと取り木の両方を行いたいのですが、この場合、どちらを先にするのが正解でしょうか?
また、上部50センチのすぐ下から取り木したいのですが、もう少し短くしたほうが成功しやすいでしょうか。
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

北海道との事ですので、秋に取り木した方が良いかと思います。(主幹を取り木する場合)
ただし、幹から枝が何本も出ているようですので、練習、訓練のために5~6月頃わき芽を取り木しては如何でしょう。
練習になりますし、上手く根付けば株を増やせますので。

ゴムの木は、屋内で育てると際限なく成長するので、毎年幹を取り木で小さくして育てるみたいです。
その場合だと、わき芽はほぼ出ないので、幹を小さくするために取り木しているようです。


人気Q&Aランキング