教えてください。私は暴行事件の被害者です。今日示談の交渉があるのですが、私は代理を立てます。委任状を書くのですが、住所記載は必須ですか?また、その委任状は相手(加害者)が持って帰るんですか?相手に私のことあんまり知られたくないんです・・・。ご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

代理人は、相手から見れば本人と同じと思って下さい。


ですから、委任は、何時、何処の、誰が、何を、誰に
と云うことを記載する必要があります。
住所のない委任状は、相手からみれば、何処の人の委任かわかりませんから、「即、無効」とはなりませんが、認められない委任状となりそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですよね・・・。やっぱり住所記載は必要ですよね・・・。委任状が相手に持ち帰られないのであれば、住所を書こうと思います。

お礼日時:2005/04/01 13:35

もう遅いかもしれませんが、AさんがBさんに「委任します」と言って、BさんがAさんに「承諾しました」と言えば、委任状がなくても、Bさんはもう立派にAさんの代理人です。

委任状を作成するかしないか、また、作成する場合委任状に何を書くかは、法律上は自由です。今回の場合、相手が納得してくれそうなら、委任状を作成しないか、作成してもあなたの住所を書かないという方法を採用すれば良いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。そうだったんですね・・・。とりあえず示談の前に、代理人に会うので、住所を書いたものと書いてないものと2部作成してもっていってみます。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/01 15:16

委任状は相手方に「提示」するだけです。

 代理人は弁護士ですか? 或いは身内の人? 全く関係ない第三者だと、弁護士法に抵触する気もするのですが(有料の場合)?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。代理人は、事件のときに一緒に被害を受けた者です。口頭では相手に私が示談の場にいないということは伝えてあります。委任状、持っていかれないと聞いて、安心しました。

お礼日時:2005/04/01 13:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故の加害者になってしまいました。示談とはどのような意味を指すので

交通事故の加害者になってしまいました。示談とはどのような意味を指すのでしょうか。

三又の交差点内の事故で私8割・相手方2割の出会い頭の衝突事故を起こしました。
この割合については、保険会社と警察から伝えられました。

私の車はパンパーが大きく凹み、自走が危険な状態でレッカーで修理工場まで運んでいただきました。
修理費用は13万円ほどになります。私自身は無傷の状態です。
相手の車は5センチほどの亀裂が入りました。自走は可能です。
相手は首に軽度のむちうちの怪我を負いました。病院に行き、よくなってきているそうで、保険会社より
示談になります。、といわれました。書類はまだ保険会社から送られてきていません、が送られてくる予定です。

警察署の方とも話をしました。
人身事故ではなくて対物にしたいんだけど、私たちは書類をつくる側で、関与できないので
相手とよく話して、あとは保険会社にまかせて・・いろいろなことがはっきりしたら、また連絡くださいね、
という内容のことを言われました。

示談、っていうのは、(裁判を起こさないよ) という意味ですよね。
示談になったとしても、相手の方がわざわざ「罰を軽減して」と言ってくださらない限りは、
相手が病院に行ったなら、人身事故として、罰金も減点も当然ですよね?罰金はインターネットで調べたところ、15万円とありました。

どちらにしても加害者ですので、覚悟はできているのですが、ショックで落ち込んでいる上に、
「示談」の意味そのものが分からなくて、無知なのでさらに不安なのです。
申し訳ありませんが、回答をお願いいたします。

交通事故の加害者になってしまいました。示談とはどのような意味を指すのでしょうか。

三又の交差点内の事故で私8割・相手方2割の出会い頭の衝突事故を起こしました。
この割合については、保険会社と警察から伝えられました。

私の車はパンパーが大きく凹み、自走が危険な状態でレッカーで修理工場まで運んでいただきました。
修理費用は13万円ほどになります。私自身は無傷の状態です。
相手の車は5センチほどの亀裂が入りました。自走は可能です。
相手は首に軽度のむちうちの怪我を負いました。病院に行き、...続きを読む

Aベストアンサー

示談と減点と罰金のことはANo.1さんがおっしゃる通り最後に判ることで何も言えません。

経験的には相手が通院か入院中の早い段階で1度訪れた方がいいと思います。
相手も初期のうちは事故直後には予想だに出来なかった苦労で
理性が崩れやすいと思います…。
2度程お会いすれば、人となりが大たいお分かりになると思います。
相手の要求とご自分に何ができるかをお互いに精査してください。
交通裁判になった時に費やす時間と労力と苛まされる期間は
周囲にとっても苦境であり、それに比べれば示談で相手の回復の
流れに沿って終了するほうが、遥かに周囲も気苦労が少なくて済みます。

加害者となった場合には、被害者に対して出来ることは、謝罪の意思
を伝え続けることと、金銭的な対価に集約されます。
交通裁判になっても国庫に支払う事や、費やす時間は被害者に還元されないものばかりです。
なぜなら被害者の体の回復は被害者自身でしか出来ないからです。
加害者がいくら送り迎えや世話を手配しても、苦痛や心労はご本人の
意思でしか回復できません。あとは保険屋の担当さんが心無い一言や所作を呈さない良い担当であることを望むばかりです。

通常は被害者が加害者の不幸を望むことはない善意の人だと思うのですが、
中には合った途端、会話の何かが触ったのか憎さ100倍で
豹変されることもあります。
ただ数少ない経験上ですが、一度、良い方向に成ったこともあります。

悪いことが契機となった縁ですが、人の縁だと思って
お付き合いさせて頂ければ幸いであると、教訓になったと、
前向きに過ごされることを願います。ご家族の時間を大事になさって
ご自愛ください。

示談と減点と罰金のことはANo.1さんがおっしゃる通り最後に判ることで何も言えません。

経験的には相手が通院か入院中の早い段階で1度訪れた方がいいと思います。
相手も初期のうちは事故直後には予想だに出来なかった苦労で
理性が崩れやすいと思います…。
2度程お会いすれば、人となりが大たいお分かりになると思います。
相手の要求とご自分に何ができるかをお互いに精査してください。
交通裁判になった時に費やす時間と労力と苛まされる期間は
周囲にとっても苦境であり、それに比べれば示談で相手の回復...続きを読む

Qお金の貸主から委任状をもらって相手(借主)と交渉。この委任状は法的に効果(意味)がありますか?

父が貸している金銭について、息子である私が父から「委任」を受けて相手(借主)と交渉しようと思います。
委任を受けた私の権限は法律的に意味のあるものですか? 通用しますか?

父が、ある人物に何回かに渡ってお金を貸しましたが、期限がすぎても少しづつしか返ってこないものがあるようです。
そもそも、何通かある借用書が手書きで文言があいまいだったり、担保をとっていなかったりなど、いろいろ問題があります。
高齢でお人よしの父にまかせておいてはラチがあかない(そもそも相手に積極的に返済を迫っていない)ので、代わりに私が行動を起こして、父が生きているうちに早く決着をつけたいと思います。
もちろん訴訟を起こすことも念頭に、まずは債務の内容を書面で相手にきちんと確認させることから始めて、公正証書を作成したり、抵当権を設定したり、保証人をつけさせたりなど、相手と交渉していきたいと考えています。

しかし、一度相手と接触したところ相手は「私はあくまでお父さんから借りたのだから、これは私とお父さんとの関係だ」というような口ぶりでした。

貸主の地位を私が父から譲り受ければ問題ないと思いましたが、いわゆる債権譲渡って税金も含めてかなりコストがかかるんですよね?(父が貸している金額もかなりの高額ですし)
だから債権を回収するための手段として父から債権譲渡してもらうのは無理そうです。

そこで、ある人から「お父さんから委任状をもらえば?」とアドバイスを受けました。
実は、当初 私自身も「委任」ということも考えたのですが、今回のような場合は「委任」を受けても “法律的” には効果を発揮しないのではないか(事実上の意味はあるかもしれないが)と思っていたのでした。

一般に「委任状」の存在は知っていますし、「委任」とか「代理」とかの法律上の意味もだいたいわかっているつもりです。
訴訟代理人である弁護士は、依頼者から「委任」を受けてすべての権限を持って相手と交渉する、ということも知っています。

ただ 今回、私が父から「今回の契約に関するすべての権限を子供に委任する」との「委任状」をもらった場合、これは相手に対して法律的に意味(効果)のあるものでしょうか?
相手が「名義人(貸主)はお父さんなんだから、君の言うことは聞かない。お父さんとしか話さない。」と言ったときに、父からの「委任状」を持っていることとの関係は法律的にどうなんでしょうか?

<追記>
書面上の名義人ですが、たとえば弁護士だと「○○の訴訟代理人 ○○弁護士(弁護士の押印)」ですよね?
今回、かりに交渉の法的権限(?)が私にあるとしても、再確認の契約書、公正証書、抵当権設定契約などにおける名義人は「父の名前(父の押印)」であって、契約上「私の名前(私の押印)」が出るわけではないですか?

父が貸している金銭について、息子である私が父から「委任」を受けて相手(借主)と交渉しようと思います。
委任を受けた私の権限は法律的に意味のあるものですか? 通用しますか?

父が、ある人物に何回かに渡ってお金を貸しましたが、期限がすぎても少しづつしか返ってこないものがあるようです。
そもそも、何通かある借用書が手書きで文言があいまいだったり、担保をとっていなかったりなど、いろいろ問題があります。
高齢でお人よしの父にまかせておいてはラチがあかない(そもそも相手に積極的に返済を...続きを読む

Aベストアンサー

あなたが父から委任を受けて、父の代理として相手と交渉あるいは取引等をすることは可能です。
法的にはあなたと父との間で委任契約を結びます。その中で代理権を付与してもらいます。
委任の内容としては、父の債務者に対する金銭消費貸借契約上の一切の権限を付与するとしてもらえばいいでしょう。
その委任契約書の内容、あるいは代理権を付与した内容の委任状を相手に提示すればいいのです。
疑うなら父に電話で確認してもらってもいいでしょう。

記名債券譲渡の話しも出ていますが、これは贈与ではなくて、父から債権をあなたが買い取るものですが、債務者との債権の内容がはっきりしていれば可能ですが、あやふやな場合は債権譲渡の内容もまたあやふやとなってしまいますので好ましいとは言えません。

まずは、あなたが代理人となって債務確認書を作成しようとされているのはいいことだと思います。

追加で質問があればどうぞ。

Q交通事故の示談(特に示談書への署名)の意味

事故が起き、警察や保険会社への手続きを済ませ、修理等も完了した段階で、示談書を書くわけですが、
少しながら不満があった場合、「示談書は書かない」ことは可能ですが、書かないことがどれだけの力を持つのでしょうか?

逆に、加害者である場合は、示談書がそんなにも必要でしょうか?

さらに、示談書さえ書かなければ、今後の体やクルマ等の不具合原因が事故と証明出来た場合、示談するまでは、相手側にその保証を求めることが出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

参考になるかどうか、参考程度に読んでいただけたらと思います。示談書は、ひとつの区切りをつけるため、さらに今後について示談書を作成するものではないでしょうか?内容によって、示談書に応じる応じないが発生し、なかなかまとまらなかったりすると思います。ですので、ただ書かないでずるずると引っ張っているとそのうち、示談書にも応じてくれなくなってしまう危険性があると思われます。被害者の場合、早く示談書をまとめて相手に印鑑をついてもらうことが先決ではないでしょうか(今後のことも含めて示談書に記載しておく)、そうしないと、今後の保障をしてもらえなくなると思います。逆に加害者の場合、被害者の条件に納得出来ない場合、示談書になかなか応じない場合があると思います。示談書を書かないでそのまま、自然消滅(表現が適切ではないとおみますが)になりかねないと思います。被害者であれ、加害者であれ、今後のことを考えれば、早く示談書を作り、今後どうするかをはっきりさせておいて方が、あとあともめなくていいと思うのですが、いかがでしょう?

Q委任状による代理人と委任者の権限

契約に際して、委任状により代理人を定めています。
委任者Aを、代理人B(Bは、Aの支社)とします。

契約者はA、代金の請求者はB、支払い先口座はAと考えて、
代理権限を下記のとおりとして書類を作成しましたところ、
契約、請求、受領に関して一切の権限を委任しているのであれば、
すべて(契約者・請求者・受領者)Bとなるのではと言う考えの人がいました。
代理人を定めても、委任者自身がすることは問題ない(委任者の権限に制限がでない)と思っていたのですが、代理権限の定め方によって違いがでてくるのでしょうか。

契約の締結及び契約に関する一切の権限
代金の請求及び受領に関する一切の権限

Aベストアンサー

 代理は、代理人の行為が本人に帰属するという制度です。Aが本人、Bが代理人、Cが契約の相手だとすると、BがAの代理人としてその代理権の範囲内で、Cと契約を締結すれば、その契約の効果は本人に帰属することになります。つまり、AとCとの間で契約が締結されたことになります。
 ですから、Cが代金を払う相手先は、BではなくあくまでAになります。もちろん、AがBに代金受領の権限を与えてることも可能ですが、それはCがBに代金を払えば、CはAに代金を弁済したのと同じ法律効果が生じるということであって、Aは代金支払請求権の債権者なのですから、Aが代金を受領する権限は当然ありますし、CがAに代金を支払えば、それは有効な弁済です。
 余談ですが、債権回収の方法の一つとして代理受領というのがあります。たとえば、BがAに対して貸金返還請求権を有している場合、AがBにCからの代金受領の代理権を与え、Bが代理人としてCから代金を受領し、BのAに対する貸金返還請求権とAのBに対する受領した代金の返還請求権と相殺することにより、貸金の回収をするというものです。この場合、CがAに代金を払うと意味がないので、Bに払うようにCから同意を得るのが通例ですが、たとえCがAに対し代金の払いをしても、代金の弁済としては有効です。ただし、Bに損害が生じれば、BはCに対して損害賠償請求をすることができます。
 ですから、Bに代金の受領の権限を与えたとしても、Aの代金受領の権限が失なわれるものではありません。

民法

(代理行為の要件及び効果)
第九十九条  代理人がその権限内において本人のためにすることを示してした意思表示は、本人に対して直接にその効力を生ずる。
2  前項の規定は、第三者が代理人に対してした意思表示について準用する。

 代理は、代理人の行為が本人に帰属するという制度です。Aが本人、Bが代理人、Cが契約の相手だとすると、BがAの代理人としてその代理権の範囲内で、Cと契約を締結すれば、その契約の効果は本人に帰属することになります。つまり、AとCとの間で契約が締結されたことになります。
 ですから、Cが代金を払う相手先は、BではなくあくまでAになります。もちろん、AがBに代金受領の権限を与えてることも可能ですが、それはCがBに代金を払えば、CはAに代金を弁済したのと同じ法律効果が生じるということで...続きを読む

Q免責証書(示談書)の言葉の意味がわかりません(>_<)

交通事故に遭い、ひとまず物損のみ示談の方向となりました。保険会社より示談書が送付されたのですが、一部意味がわからない事があり、教えていただきたく質問させていただきます。
“私(乙)は下記事故により生じた物件損害につき、○○保険会社より下記金額を受領する事により、甲(加害者のことです)その他すべての賠償義務者に対する損害賠償請求権(甲の保険契約にかかわる免責金額部分の請求権は除く)を破棄すると共に、今後裁判上、裁判外を問わず何ら意義の申立て、請求をしません。”
と書かれていたのですが、この中の、
『甲の保険契約にかかわる免責金額部分の請求権は除く』の意味がわかりません。
どなかたお詳しい方がいらっしゃいましたらご返答の程よろしくお願い致しますm(__)m!!

Aベストアンサー

皆様の回答どおりです。

すこしかみくだいて記載いたします

「(○○保険会社より下記金額を)とある金額=「物損の損害額」であれば
甲加害者の保険契約には対物賠償に免責金額がついていないでしょうからまったく気にしなくて良いと思います

これが「(○○保険会社より下記金額を)とある金額<「物損の損害額」
ということであれば
甲加害者の保険契約には対物賠償に免責金額が設定されている(上記の差額)と考えられます
その差額分は甲加害者から直接もらう費用であり、
万一、以後払われないようなことがある場合には、
その部分に限って
「裁判上、裁判外を問わず意義の申立て、請求」をできるということです

通常そのようなケースの場合には、
事前に保険会社の支払担当から説明があるはずですので
そうでなければ特に心配の必要はないかと思います。

Q用地買収 委任状提出は法的に必須ですか

法律関係については自分で調べる程度の知識しかない素人です。


現在自宅および前面の私道がある公共事業のため起業者(地方行政機関)より収用手続き(土地収用法に基づく)を行う方向で話が進んでいます。

登記上、自宅土地・建物については私の親と所有権を一部共有していますが、前面私道については親のみが所有しています。

私道については権利所有面積が全くの他人(=隣近所)と按分となっており、宅地を接収するのであればおのずと私道所有の権利も同時に接収するのが当然だろうと考えてあえて所有権を親と共有していませんでした。

近年、親が病を患い自分でこれらの交渉にたずさわる事が物理的に不可能となり、すべての交渉を実子である私が行うことになりました。


今回、行政機関より上記私道については今後の収用にあたり権利所有者本人の代理として私が交渉・手続きにあたるのであれば委任状に印鑑証明を添えて提出するよう請求がありました。


先に書いた自分自身の考えとして当該宅地から最寄りの公道にアクセスする為にはこの私道を利用するしか手段がない点と、すでに複数回行政機関側と書面による連絡をとりあった際に交渉は一本化して私が担当する旨を知らせているので委任状は出したくないのが本音です。


尚この私道は建築基準法で云うところの42条2項道路で、他に1件実用上は接していますが法的には私の自宅のみが接道しているロケーションになります。

また、他の私道権利所有者(登記されているかた)は自宅などの土地については収用対象となっておらず、宅地・私道ともに対象なのは私のところのみです。


このような場合も委任状は法律上相手に提出する義務があるのでしょうか。


できましたら、必要・不要いずれの場合であっても根拠となる法律があれば不躾ながらご教示いただければ幸いです。

法律関係については自分で調べる程度の知識しかない素人です。


現在自宅および前面の私道がある公共事業のため起業者(地方行政機関)より収用手続き(土地収用法に基づく)を行う方向で話が進んでいます。

登記上、自宅土地・建物については私の親と所有権を一部共有していますが、前面私道については親のみが所有しています。

私道については権利所有面積が全くの他人(=隣近所)と按分となっており、宅地を接収するのであればおのずと私道所有の権利も同時に接収するのが当然だろうと考えてあえて所有権を親と...続きを読む

Aベストアンサー

この問題は、提出する義務の有無の問題ではなく、netdiverさんの権利を保証するか否かの問題です。
提出しなくてもかまいませんが、そうすれば、法律上父親の発言が相手に伝わらないだけです。
父親がnetdiverさんに委任していないのに、行政がnetdiverさんの発言が父親の発言と同様に扱うことはできないです。
そのようなわけで、父親がnetdiverさんに委任すれば、行政としてはnetdiverさんの発言は、所有者である父親の発言となるので(民法99条)、netdiver さんの発言が保証されるわけです。
なお、「交渉は一本化して私が担当する旨を知らせている」と言いますが、それは、一方的な通知に過ぎず、父親の権利義務をnetdiverさんに委任していることにはならないです。

Q交通事故の示談で合意出来ない場合はどうなりますか。

20年位前に子供が自動車と接触したのですが、現場検証の警察官から示談を進められました。結局示談にはしなかったのですが、示談の意味がよく分かりません。示談とは当事者同士が話しあってお金で解決することだと思うのですが、金額で合意出来ない場合はどうなるのでしょうか。

Aベストアンサー

20年も前ということですが、その後どのような決着にしたのでしょうか?

一般論として言うと、示談は話し合いで「和解」することです。双方が納得する方法や金額(しぶしぶ納得というケースも多いでしょうが)で、紛争を終了させます。

しかし示談が不調に終わると、あとは法廷に持ち込んで裁判官の判断を仰ぐことになります。当然賠償を受ける側が提訴することがほとんどなので、被害者側が訴訟手続きをすべて行なわなければなりません。

裁判官の判断は、損害金額を算定し、事故の責任割合に応じた賠償支払いを決定することになります。
ただ、損害金額は被害者が考えているほど高い金額にならないことも多いので、裁判費用を考えれば、結局示談したときの金額と大差ないということもしばしばあるようです。

Q建物滅失登記を委任する場合の委任状について

中古住宅を購入し、建物を解体後新築することになりました。
土地の所有権の移転は司法書士さんにお願いしました。
建物については所有権の移転登記をせずに滅失登記をする事になりますが、滅失登記は費用節約のために自分でやってみようかと思っています。
建物の名義が売主さんのままなので、売主さんから委任状をいただいくのですが、委任状は当方で用意することになりました。
市販の委任用紙などでもいいそうですが、委任事項はどのように書いたらいいのでしょうか。
売主さんの印鑑証明書は必要なのでしょうか。
ほかに何か気を付けたほうが良い点などがあればお教えいただけると嬉しいです。

どうぞよろしく回答お願いいたします。

Aベストアンサー

委任を受けて滅失登記を済め場合は、委任者の実印を押印した委任状と、印鑑証明書が必要になります。

委任状の書き方については、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www2.sala.or.jp/~popular/meshitu.htm

Q示談書の書き方

不倫され、相手に慰謝料請求します。示談でいいみたいなのですが示談書の書き方分かりません。教えて下さい。
旦那とは別れていない場合慰謝料いくらが妥当ですか?
相手の女はバツイチで養育費払ってない人です。
示談書が出来たら必ず支払ってくれるのですか?
もし示談書を書いた後から、弁護士つけると言われたら示談書意味なくなりますか?

Aベストアンサー

示談書ができても、慰謝料は相手が払う気がないと強制はできません。
また、これには法的な拘束力がありませんから、弁護士が出てくれば最初からやり直しになります。

示談書を作成する場合は、できれば公正証書での作成を薦めます。
これは、裁判の判決と同様の効力がありますから、「執行認諾文(書)」が記入されれば、訴訟なしに強制執行(差押え)ができます。

1)不貞行為があったこと
2)誰と誰が不貞行為をしていた
3)慰謝料金額(相場は、弁護士に相談してください。)
4)一括か分割かの取決め
5)双方の署名捺印

Q株主総会の委任状をさらに委任することは可能ですか?

定時株主総会を召集するのですが、代表取締役が欠席することになってしまいました。
すでに株主には召集通知を送り、委任状は集まってきているのですが、すべて「代表取締役に委任する」という形になっています。
代表取締役が欠席する場合、代表取締役は株主から委任された議決権をさらに他の取締役に委任する、というのは法律上問題があるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

でも良く考えると

代表取締役が欠席でも・・・委任者が委任されて議決権の賛否を決定すれは問題ないです

代表取締役は事前に賛否を委任されているのだから行使しれは良いのです

行使して欠席すれは良いのです


人気Q&Aランキング

おすすめ情報