モデルの友人から、
「漢方で激痩せした子がいるよ」という話を聞きました。
その子自身は痩せていてダイエットに興味がないので詳しく聞かなかったそうですが、どうやらそれは内科で処方してくれる漢方で、産後太りをしてしまったママの間では有名とのこと。
どなたか都内で処方してくれる医院と漢方の名前をご存知ではないでしょうか。
飲むと食欲がなくなるそうです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

初めまして。



まず、病院ですが、私は都内に詳しくないので、
検索のヒントになることを書きますね。
まず「女性外来  都内」などで検索してみて下さい。
最近は女性外来などで漢方を扱うところが多くなっているからです。

そう言った病院やクリニックのHPを見れば先生が女医さんであるとか、漢方を処方しているかどうかわかるし、
時間や自分にあいそうかどうか、わかると思います。

あと、少し気になったものですから、
私の知っている漢方についてのお話をさせて下さい。

漢方というと安全なイメージがありますが、
それは正しく処方されてのことです。
基本的に樹の根っこや薬草などを使っていますから、
化学的な物質はありませんし、体には穏やかだと言えます。
でも体質に合わない物を飲めばすれば悪影響がでます。
それは食べ物でも同じですよね。

「せんな」という漢方の材料がありますが、これは過剰に摂取すると強烈な下痢を引き起こします。
強制的に体からちゃんと消化されてない物を出すのですから一時的には痩せます。
でもその危険性から、ダイエット商品として売られている物が(原料として含まれているもの)問題になったこともありました。

さて、お訪ねの食欲が無くなる漢方があるかどうか?
ごめんなさい、それはわかりません(^^ゞ。

ただ水ってノンカロリーなので太らないとされていますが、
漢方の世界で言われる水毒という、体内の水分が多すぎたり少なかったりすることでおこる疾患に当てはめてみると、
体の水分を排出する力(おしっこだったり汗だったり)が弱っている人がどんどん水を飲めばむくみますよね。
そのような人が水を排出する力を高める漢方を飲めばむくみもなくなるし、痩せたと言えるかもしれません。
また便秘症の人にしても便秘が解消されれば、体重的には減るでしょう。
ただそれを痩せるというかどうかは人それぞれです。

漢方は穏やかに作用しながら、体の疾患だったり疾患とまで言えない体の癖(傾向)を正常に戻していく薬です。
ですのである程度の期間続けることが前提となります。

そう考えると医者がダイエット目的で処方してくれるか?
疑問です。

でも他にも漢方を手に入れる方法はあります。
漢方の処方をしている薬局に直接行くことです。
漢方の資格を持っている薬局では、
専門の人がきちんとその人の体質を見極めて処方してくれます。(ただ人による知識の差はあると思います)
そう言うところでは、ダイエット目的の漢方を手に入れることができるかもしれません。
しかも医者で処方されるエキス剤(粉末)ではなく生薬(お茶のように煮出して飲むもの)が手に入ります。
けれど、お値段は医者の何倍にもなります。

小学館から出ている「美肌・漢方塾」という本が初歩的なことから、主に美容面での漢方について分かり易く書かれています。

私も痩せたいです(^^ゞ。
だからこの本を読みました(笑)
そして、痩せるといことはさておき、健康になるための漢方に魅力を感じました。

もし、漢方で激痩せって事があるとしたら、ある程度の期間がかかったであろうと言うとは言えるともいます。
それから、その方が本来痩せているのに体調の悪さから太っていた・・ということだと思います。

漢方といっても薬は薬です。
怖い面があるのも知って下さい。

質問者さんが健康的にダイエットを達成されるのをお祈りしています。

失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も少し調べてみたら、怪しいか、危険か、自分の努力が必要なもの(←当たり前?)なものばかりでした。
漢方とはいえ安易に考えていたようです。

長文に渡りありがとうございました。

お礼日時:2005/04/06 20:44

食欲がなくなるのは「麻黄」という成分ではないでしょうか?


麻黄は中国名で、アメリカでは別名「エフェドラ」「エフェドリン」と呼ばれています。

2年前くらいのゼナドリンやハイドロキシカットなどに大量に入っていました。
日本ではサプリメントとしては禁止されている成分です。風邪薬などには含まれていることもあります。
大量摂取により死者が出たため、今は禁止されています。
私も3年前くらいに使っていましたが、本当に痩せました。
食欲はなくなるし、具合も悪く、軽く鬱な気分になります。
おすすめはできません!
内科で処方されるのもこのような成分が入っていると思います。が生命の危険がある肥満患者でなきゃ処方されないでしょう。
かえって危険ですし。

この回答への補足

>食欲はなくなるし、具合も悪く、軽く鬱な気分になります。

それはかなり嫌ですね。。。
でも、処方された方もモデルなので、内科で処方されたということは違うものかもしれませんね。

補足日時:2005/04/06 14:59
    • good
    • 0

食欲がなくなるのではないのですが・・・


これではないでしょうか?

参考URL:http://plaza.rakuten.co.jp/horico/7002/
    • good
    • 0

お答えではありませんが…


こちら↓を参考に。
http://www.hukuroudou.jp/byouki2.html
激ヤセする物に関しては、あやしいということですが…
肥満度の高い方に対して医師が処方するとあります。
美容目的の場合、標準体重に収まっている方にはあまり効果はないとのこと。

この回答への補足

>美容目的の場合、標準体重に収まっている方にはあまり効果はないとのこと。

BMIで言うと“痩せ”に入るので、効果なしということですね。
ガッカリ。。。

補足日時:2005/04/06 20:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢方薬って胃に刺激強いの?

神経性疼痛で漢方薬と西洋薬の併用治療してます。

最初、かみしょうようさん飲んだら片目だけまぶたがむくみ、胸焼けと食欲不振起こしました。
仕方なく、西洋薬貰ってる病院で胃の調子悪くなったときように貰ってたムコスタ飲んで少しマシになりました。

一週間あけて、疎経活血湯を処方されましたが飲んで2日目でまた少し胃が調子悪くなってきてます。
ムコスタをまた飲み始めましたがすぐに治りません。

ただ今回は、かなり痛みに効いてるので漢方薬やめたくないのですがこれを漢方薬出してる病院に話すと漢方薬自体やめられそうで治療できなくなりそうです(この薬出す前にも投薬やめようかって姿勢だったので、治療したいと出してもらったものです)

西洋薬は、単なる対処療法薬で依存性も強いので治療は、漢方薬かけるしかないのでやめたくないのですがなぜこんなに漢方薬は、胃にダメージ強いのでしょうか?

胃にやさしい同じ系統の薬は、ないのでしょうか?

Aベストアンサー

なぜ始めに加味しょうよう散を使ったのかはわからないので回答をさけますが、

疎経活血湯には胃に負担をかけやすい生薬である地黄が含まれています。そのため服用後胃の不調を訴える場合があります。
食前に服用しているのなら、1月程度食後に服用し体を慣らすという手段もあるのですが、
胃が弱い方はそれでも不調を訴える場合があるので、基本的に医師に相談するのが1番でしょう。

そもそも、漢方薬は現在出ている症状、体質などを考慮して使用するものなので、服用して体調を崩すということは、あなたの体質に合っていない事が考えられます。
体調が悪くなるようなら、きちんとDrへ伝えるようにしましょう。

神経痛に使う漢方薬で胃に負担をかけないような物もありますが、あなたの体質に合っているかどうか分からないので、医師とよく相談されてください

Q痩せてよかったことを教えてください。

あと15kgくらい体重を落としたい(美容体重目標)と思っている者です。(30代前半♀)

ダイエットをはじめてもうすぐ1ヶ月ですが、そろそろマイナス6kgに届こうとしています。

しかし、学生で勉強もすごくハードなため、ダイエットもたまにストレスとなります。甘いものはあまり食べたくはならなくなりましたが、大好きな炭水化物を減らしているので、ちょっときついと思うことがあります。

そこで、ダイエットをしたらこんないいことがあった、という体験談を教えていただけたらとても励みになりますので、実体験を教えていただけないでしょうか。客観的にどうこうだけでなく、ご自身で主観的に、これはよかった!ということだと実感が湧くような気がします。


ちなみに、私は、一般的な効果としては体が軽くなった、動きやすくなった、服の見栄えがよくなったことです。あとは、アトピーの改善、肌の乾燥の改善、眠気がなくなった、くらいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は2年前に27キロのダイエット(75キロ→48キロ)を経験した事があります。
その後、少し太りましたが(笑)

市販の服が入るようになった!これが嬉しかったです。
あと、ダイエット中は肌の調子が良くなった。
食べ物の栄養素の勉強が出来た&料理が出来るようになった。

でもね・・・ダイエット後は摂食障害(拒食で30キロ代→過食60キロ)になりました。
「もうこれ以上太りたくない!」って願望が強すぎるようになっちゃって。
ダイエットには(忍耐力も含めて)メンタルな面のケアも大切という教訓を得ました☆
他に得た教訓は、結果を焦らずにゆっくりと痩せる・・・かな?

Q睡眠薬のかわりの漢方薬

・大柴胡湯(だいさいことう)
・黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
・柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

・三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)
・加味帰脾湯(かみきひとう)
・加味逍遙散(かみしょうようさん)

・帰脾湯(きひとう)
・酸棗仁湯(さんそうにんとう)
・抑肝散(よくかんさん)
・柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)


薬ではなく漢方で睡眠をとりたいと思っています。
上記が薦められた一覧なのですが、
こんなにたくさんあったら正直わかりません。
上記の中で睡眠に効果が大きいのは
(ぐっすり良く眠れる)どれになるのでしょうか?

睡眠薬の副作用の
『むくみ』も、本当に困ります。。。。。

漢方に精通されていらっしゃる方、
助けて下さい。

Aベストアンサー

どなたに勧められたのでしょうか?
上記漢方薬には、実証(体力のあるタイプ)の人に用いる薬と、虚証(体力のないタイプ)の人に用いる薬が混在しています。
上から書かれている三黄瀉心湯までは実証の人に用いる薬で、下のほうに書かれている薬よりもきついと考えてください。
体質に合わない薬を飲むと、効果がないばかりか変な副作用が出ますので注意してください。

漢方薬ばかりは、素人が聞きかじった程度では到底理解できる世界ではありません。
何十年も経験を積んだ漢方医でさえ、完璧に使いこなすことは難しいのです。
まず、体力(スポーツの世界でいう体力とはまた違います)がある実証タイプか、体力のない虚証タイプか、代謝機能が亢進しすぎたために起こった病状(陽病)か、低下したために起こった病状(陰病)かなど見分けないといけません。

ただ、虚証に用いる薬を実証に用いてもさほど副作用が出ませんので(その逆は危険)、加味帰脾湯以下はご自身で勉強されて試してみるのも悪くないかもしれません。
一般的に漢方の睡眠薬として扱われているのは、酸棗仁湯です。
気分をリラックスさせる効果がありますので、一度試されてはいかがでしょう。

私見ですが、上のほうに書かれている、大柴胡湯・黄連解毒湯・柴胡加竜骨牡蛎湯・三黄瀉心湯などの薬が合うタイプは、不眠症の人には比較的少ないと思います。

最後に・・・漢方薬は医者よりも漢方を専門に扱っている薬局の先生のほうがはるかに知識や経験が豊富ですので、最初は漢方薬局で相談されることをお勧めします。
自分に合う薬がわかれば、病院で出してもらうこともできますので・・・。

どなたに勧められたのでしょうか?
上記漢方薬には、実証(体力のあるタイプ)の人に用いる薬と、虚証(体力のないタイプ)の人に用いる薬が混在しています。
上から書かれている三黄瀉心湯までは実証の人に用いる薬で、下のほうに書かれている薬よりもきついと考えてください。
体質に合わない薬を飲むと、効果がないばかりか変な副作用が出ますので注意してください。

漢方薬ばかりは、素人が聞きかじった程度では到底理解できる世界ではありません。
何十年も経験を積んだ漢方医でさえ、完璧に使いこなすこと...続きを読む

Q生理痛がひどく、ピルを飲むとやわらぐという話を聞き、検討しようと思って

生理痛がひどく、ピルを飲むとやわらぐという話を聞き、検討しようと思っています。
人から、ピルを飲むと体が妊娠状態になりカルシウムの摂取がよくなり骨太になったと聞きました。
実際そのように摂取しやすくなるものでしょうか。私は現在30歳で数年の間に妊娠もありうるのですが
歯が弱く、もしピルにそのような作用があるのであれば、カルシウム摂取により今より丈夫になるのではと考えます。
 そのようなことは実際ありますか?また、ピルを飲むことに対しての副作用などあるものでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。ピルユーザーです。
私も同じく、生理痛がひどくて婦人科を受診し、ピルの服用を決めました。

低用量ピルには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが含まれますが、卵胞ホルモンには骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ効果が期待できるそうです。
女性は、閉経後に骨粗しょう症になる人が多いそうですが、これは卵胞ホルモンが減少することも一つの原因になっているそうです。
ピルの嬉しい効果と言えると思います。

カルシウムも大切ですが、将来の妊娠に備えるなら葉酸を摂った方が良いですよ。
ピルを服用中は排卵が起きませんので、体が妊娠しているのと同じ状態になります。
排卵を起こす前(=ピルを止める前)から葉酸を摂取していると、妊娠した時におなかの赤ちゃんが神経管閉鎖障害になる確率が低くなるそうです。

ピルの副作用については、こちらのサイトが参考になると思います。
ピルの最大の副作用は血栓症ですので、血栓症予防には気を遣った方が良いと思います。
また、グレープフルーツジュースにはピルの効果を強くしてしまう効果があるそうですので、注意が必要です。
このサイトは、低用量ピルの基本的な事がたくさん載っていますので、一度覗いてみて下さいね。
http://www.finedays.org/pill/reaction.html

こんにちは。ピルユーザーです。
私も同じく、生理痛がひどくて婦人科を受診し、ピルの服用を決めました。

低用量ピルには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが含まれますが、卵胞ホルモンには骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ効果が期待できるそうです。
女性は、閉経後に骨粗しょう症になる人が多いそうですが、これは卵胞ホルモンが減少することも一つの原因になっているそうです。
ピルの嬉しい効果と言えると思います。

カルシウムも大切ですが、将来の妊娠に備えるなら葉酸を摂った方が良いですよ。
ピルを...続きを読む

Q体臭(頭皮・口臭)に、漢方をすすめられたが・・・

前回、周囲に口臭と頭皮の臭いがかなりキツイと指摘されたが、病院でも原因不明で、
自分でも自覚するくらいの臭いに、もう外を歩けないと言うことをこちらで相談したら、

・臭いは西洋医学では治らないから、漢方を処方してもらっては?
・細菌感染をしているかもしれないから、殺菌しては?
・肝臓か、腎臓が悪いかもね。

という大変ありがたいアドバイスをいただきました。
これまで何年も悩んでいたのは、内臓が原因だったのかと、かなり希望が見えました。


というのも、私はこれまで、シャンプーは病院で薦められたものを使い、洗い方も指導されているし、

歯ブラシも表面用の平らのものと、歯肉用の先端極細毛と、歯間用のフロスの三つを使い分け、マウスウォッシュもつかっているので、

表面上のケアは最善を尽くしているのに改善されないということは、これはもっと根本的な原因だろうなと、自分でも思っていたからです。


しかし、漢方専門店に行っても、「臭いに利く薬はわからない」といわれてしまいました。
内科にも行きましたが、「うちは漢方扱ってないから」とろくに検査もせずに、大腸の水分を整えるフルボキシルカルシウムだけ処方されて帰されました。

そのあと、自分で調べた限りでは、

(1)私は「内臓に熱が溜まりやすく、そのせいで末端が冷える」タイプの「ニセ冷え性」なので、ナスなどのおなかを冷やす食べ物を採るなど、お腹の熱をとる方が良いということと、

(2)たまにですが副鼻腔炎(蓄膿症)になるので、その関係で(鼻から)匂ったり、ドライマウスになりやすくて匂ったりするのかもということでした。

(3)あとはアトピー体質なので、真菌?カンジダ?か何かに感染しているのかもしれません。
(皮膚科の医者は特にきれいだけど・・・などと言っていましたが)

そんな私は一体どの漢方を飲めばいいのでしょうか。

また、どのような検査をすれば、臭いの原因(腎臓・肝臓が悪い)などが分かるのでしょうか。

何らかの細菌に感染しているとすれば、どこにいけば(口と頭皮を)除菌できるのでしょうか。

どれか一つでも構いません。

このままでは一生ひきこもりになってしまいそうです。どうか助けてください。

前回、周囲に口臭と頭皮の臭いがかなりキツイと指摘されたが、病院でも原因不明で、
自分でも自覚するくらいの臭いに、もう外を歩けないと言うことをこちらで相談したら、

・臭いは西洋医学では治らないから、漢方を処方してもらっては?
・細菌感染をしているかもしれないから、殺菌しては?
・肝臓か、腎臓が悪いかもね。

という大変ありがたいアドバイスをいただきました。
これまで何年も悩んでいたのは、内臓が原因だったのかと、かなり希望が見えました。


というのも、私はこれまで、シャンプーは病院で...続きを読む

Aベストアンサー

診察時に医師が体臭をちゃんと嗅いで異臭を確認しているのだろうか?というのが質問内容から感じたことです。

体臭の問題は実際の体臭と自臭症(じしゅうしょう)というメンタルなものに大別されます。

自臭症(じしゅうしょう)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%87%AD%E7%97%87

体臭の悩みの難しいところは、通常では臭わなくても特定の条件下で異臭を発するケースもあるので診察時にその条件が再現できないと見逃されてしまう。

特に生き死に直接関係しないアトピーなんかだと対症療法で内服の抗アレルギー剤とステロイド軟膏と保湿剤を処方して終わり。
まして客観的な数値や目に見えない体臭ともなればその手の専門家以外は扱いが悪くなるのは致し方ないかもしれないですね。

俗に難病と言われる人達の共通する苦労は、自分の本当の病名を診断できる医師を探し出す事だと思います。
大抵が原因は不明で片付けられている。

体臭に関しては結構TV番組でも取り上げられている事が多いものです。
そういった特集の中にはその病気の専門家の医師が解説で呼ばれている事も多いので貴重な情報源となります。

例えば
所さんの目がテン! 「気になる体臭の科学」
http://ameblo.jp/thinkmacgyver/entry-11362591140.html
所さんの目がテン! 「気になる体臭の科学」 その2
http://ameblo.jp/thinkmacgyver/entry-11364118653.html

トリメチルアミン尿症で体臭が魚のニオイになった女性|ザ!世界仰天ニュース
http://tv-blog.blog.so-net.ne.jp/2012-10-24-2

魚臭症候群,魚臭症,トリメチルアミン尿症,Trimethylaminuriaの日本におけるホームページ
http://homepage2.nifty.com/hiroshi_yamazaki/index.htm



まず試して損のない対策

ミョウバンの体臭予防法について
http://www.gomiclinic.com/oldlog/lg0316.html

この中で取り上げているミョウバン風呂はアトピーに対しても皮膚トラブルの予防になります。
消臭効果があって雑菌の繁殖を抑えてくれるからです。
実際に残り湯を浴室の壁に掛けておくだけでカビが生えにくくなります。


頭皮の臭いに関してもシャンプーなどが原因である可能性もあります。

皮膚の上の嫌気性菌
-化粧品,シャンプー,石鹸,尿素クリームという虚構-
http://www.wound-treatment.jp/next/essay/026.htm

では,洗髪はどうしたらいいのか?
http://www.wound-treatment.jp/next/wound377.htm

私自身もアトピー体質でフケに悩んでいたけど、余程の汚れがない限りは温水のみで洗髪するようにしたらかなり改善した。
ついでに濯ぎにミョウバン水(洗面器にペットボトルのキャップ1杯の原液を入れて後はお湯で薄める)をリンス代わりにしたら結構髪の櫛通りも良くなりました。

口臭に関してオーラルケアはしっかりされている様なので、やはり食生活の改善なんだけど。
臭いの素によって摂るべき食材が微妙に異なるから・・・

食物繊維は沢山とるは基本でしょうけど、実際には摂っているつもりでも足りていない事の方が多いみたいです。
ダイエットしているって方でも詳しく聞くとカロリーだけ減らして栄養バランスなんか考えてない人が殆どだしね。

あくまでも参考程度

診察時に医師が体臭をちゃんと嗅いで異臭を確認しているのだろうか?というのが質問内容から感じたことです。

体臭の問題は実際の体臭と自臭症(じしゅうしょう)というメンタルなものに大別されます。

自臭症(じしゅうしょう)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%87%AD%E7%97%87

体臭の悩みの難しいところは、通常では臭わなくても特定の条件下で異臭を発するケースもあるので診察時にその条件が再現できないと見逃されてしまう。

特に生き死に直接関係しないアトピーなんかだと対症療法で内服の抗...続きを読む

Q激やせで困ってます

異常なヤセで悩んでいます。私は子供の頃からヤセ体質だったのですが、七年くらい前からさらにヤセて現在の身長は153センチ、体重は28キロです。病院で何度も検査をしましたが異常なしで、体の不調もありません。先生には「体質ですね~」と言われました。食がかなり細いので太れないのかもしれないけど、できればあと10キロは太りたいと思っています。とにかく少しでも太りたいのですが、どうしたらよいのかさっぱりわからなくて悩んでいます。よいアドバイスをいただけたらと思います。

Aベストアンサー

太りたい旨、医師には相談済みでしょうか?
健康を維持しつつ太るなら、医師や栄養士に相談してみてはどうかと思います。

不健康な生活をしてでも体重を増やしたいというのであれば、
生活習慣を見直して改悪?できそうな所があれば改悪ですかねえ。

・噛む回数を減らす(満腹感を感じにくくし、食べる量を増やす)
・これまで「お腹が空いたから食べる」だったなら「食事の時間だから食べる」を意識して生活する
・腹八分目で済まさず、腹には一二分目まであると信じる
・おやつを食べる(ポテチはカロリーのわりに満腹感が少ない気がする)
・寝る前に何か食べる
・運動量を減らす
・食事の内容を見直し、脂身の多い肉、チーズ、バターなどを使う/デザートを用意する
・デブの呪文を唱える(席を立とうとした時にすかさず「まあいいや」)

Q小青竜湯(漢方の対鼻炎薬。粉末)と、デパケン200mg(てんかん予防と

小青竜湯(漢方の対鼻炎薬。粉末)と、デパケン200mg(てんかん予防として処方)を併用しても問題ないでしょうか。

なかなか診察のための時間を確保できず、主治医にはまだお尋ねしておりません。
医療従事者または事情にお詳しい方のご回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

専門家であってもこの場で「問題ないですよ」ということは規定に抵触するおそれが有ります。
実際に目前に居るわけではないですからね。

やはり時間を割いて、主治医の方に聞いてみるのがベストでしょう。
また「小青竜湯」の他にも鼻炎に効く漢方薬が有りますから、飲み合わせとしてベストなものを選ばれた方が良いでしょうね。

Q漢方について

ワタシの知人が、今、遠方の薬剤師から、月に1度漢方の処方を受けています。
1ヶ月分処方されて、それが終わる頃電話をし、体調等を説明した上で、
同じ漢方を処方してもらったり、また、調合を少し変更してもらったりしているようです。

ワタシ的に考えて、漢方医なんて今はいくらでもいるし、近場の漢方医にかかって、
その上で処方して貰った方がいいのでは?と思うのですがどうなのでしょう?
最近、薬局の薬剤師が相談処方するのがはやっているのでしょうか?
それに関して、医者ではないと言うデメリットはないのでしょうか?

ちなみに知人はその薬剤師を、ネットで調べて有名だったから、お願いしてる、んだそうです。
薬剤師から、しかも電話相談だけで漢方を処方されることと、実際、漢方医に診て貰うこと。
どんなことでもいいので、ご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

医師は診察して診断をし、その上で処方を行うことが許された唯一の職業です。これに違反しますと医師法の規定から処罰されます。現在行われている薬剤師による体調説明/調合という行為は実はこの法令に厳密に考えて抵触しています。ですが薬剤師には症状を聞いて、その症状が効能に含まれている薬剤を提示することが認められていることから、聞いた症状から薬剤を(新たに作り)提示するという実に乱暴な論理でこれがまかり通っている現実があります。最近、漢方も危険だという(実に当然なんですが)ことが知られ始めていますが、現状漢方は安全だという神話が根強く信じられていて、消費者トラブルとしても多く上がらないため厚生省/法務省など怠慢で動いていない状態なんです。
これは薬剤の個人(代行)輸入/並行輸入の問題にしても同じです。ですから医療者の目で見ればこうした漢方調合薬剤師というのは法律を守らないものとしてしか映りません。法律すら守れないものが医療者としてのモラルを完備しているかどうか…考えるに難くはありません。

漢方医であれば、症状を「言葉」だけで確認することはありません。絶対にありません。むしろ言葉など要らないといってもいいくらいです。全身を眺めることに始まり、脈をとりおなかを触り、舌を確認し、およそ考えられる外部から確認できる情報を使って総合的な判断をすることが漢方医の妙です。これらには私たち一般医師が参考にすることが山ほどあります(もちろん漢方医と称するおよそ漢方医とは呼べないような怪しい方々もいます…が、素晴らしい漢方医は皆同じく診察をおろそかにすることなどありません)。この診察を除いてただ徒に生薬の処方を行えば、漢方薬は十分毒薬でありその害は西洋薬剤の比ではありません(なにせ治験もソコソコに使われちゃっているものですから)。なのでそのリスクを知っているかどうかが問題なんです。漢方医はいくらでもいると言う部分にだけは賛成できません(日本に本格的な漢方診断を出来、かつ一般診療を行っている医師は皆無です!)が漢方医、あるいは自分の限界を知っている医師(漢方に積極的に取り組んでいる)以外からの処方は怖いことだと感じます。なにせ副作用が起こったときなど薬剤師には何の対処も出来ないのですから…。

医師は診察して診断をし、その上で処方を行うことが許された唯一の職業です。これに違反しますと医師法の規定から処罰されます。現在行われている薬剤師による体調説明/調合という行為は実はこの法令に厳密に考えて抵触しています。ですが薬剤師には症状を聞いて、その症状が効能に含まれている薬剤を提示することが認められていることから、聞いた症状から薬剤を(新たに作り)提示するという実に乱暴な論理でこれがまかり通っている現実があります。最近、漢方も危険だという(実に当然なんですが)ことが知られ...続きを読む

Q漢方の新薬

個人的に不思議に思っているのですが、漢方の新薬って、どんどん作られているんでしょうか。

いわゆる西洋医学の新薬は、シロウトの私でも「まぁ、今度はこんな薬ができたの・・」と思うくらい、年々歳々新しいものがでています。

「では、漢方は?」と思うのですが、アトピーとか花粉症に効果がある漢方薬って耳にしますが、アトピーとか花粉症って、そんなに伝統的な疾患ではないと思うんです。そしたら、新しく作られた漢方薬なのか、従来のものをちょっとアレンジしたものなのか・・・新薬が作られているとすれば、「漢方はすぐに効くものではなく、体質改善をしていくものだ」という話をよく耳にしますが、長期にわたる服用の末、効き目がようやく確認される薬の治験は、どんなふうにおこなわれるのでしょうか。

私自身、気管支炎で漢方のお医者さんに行って、長期にわたり毎日土鍋で薬を煮出しながら、不思議に思ったんです。

Aベストアンサー

【引用】 中国人科学者が研究開発した抗エイズウイルス漢方製剤「復方SH」を使用した臨床実験がこのほどはじめて行われた。
今年3月からタイ・チェンマイの病院で「復方SH」の臨床実験を3ヶ月間行ない、エイズ患者28人のうち9人で体内のHIV-1が減少し、16人で体内のHIV-1の増殖が抑えられるといった成果がみられている。実験結果から、「復方SH」は安全で、他の薬剤を服用した際にみられた副作用もみられないということが明らかになっており、その価格も同種の薬剤の1/10程度であるという。http://www.ekanpou.com/news/n-13.asp

新しくできた復方SHは臨床実験は三ヶ月だったみたいですがその他の薬はもっと長く臨床実験をしたのかもしれません。
アトピーとか花粉症とかいった疾患は最近増えてきたものですがこの疾患用の漢方薬を作ったわけではなく従来のものをアレンジしたものだと思います。
漢方薬は西洋薬と違いその症状を治すというわけでなく、
体を元の状態へ戻すということを行います。
だからアトピー用とか花粉症用とかいった薬はありませんがその人の症状、体質に合った薬を出したのだと思います。
漢方では気・血・水の三要素の乱れによって病が起こると考えられております。だからアトピーなり花粉症といった疾患名にはこだわらず気・血・水のバランスだけを考えて治療します。

>長期にわたる服用の末、効き目がようやく確認される薬の治験は、どんなふうにおこなわれるのでしょうか。

これは中国四千年の歴史で長年治験してきています。
西洋薬でもその効果、副作用が本当にわかるのは市場に出てから。つまり患者に投与してその効果を見ることで効果が確認されます。
ただ、ちょっと違うのは漢方では気・血・水のバランスがどうなるか?ということだけについて効果をみているのだと思います。

>この本では漢方薬の殆どは効果どころか安全性すら、全く確認されていない、という問題点が指摘されています。

それは西洋薬について同様のことが言えます。
新薬を厚生省に通す時にいろいろと動物実験やら人体実験を行いますがその時に新薬が通るようにその副作用情報などを甘く書き換えてしまうことがあります。
最近発売された「ガチフロ」といった薬などは市場に出てから重大な副作用が確認されました。
市場にでてから副作用、相互作用が確認されるということはよくあるみたいです。

>これについては、「行われていない」という回答になろうかと思われます。
漢方薬を服用して効果がなければ、大抵の人は途中で止めるでしょう。これらの人は途中で止めたから治らなかったという事にされます。それでも辛抱強く続けた人でもそのうち寿命がつきるでしょう。しかし何人かは、薬の効果か偶然かしりませんが、治癒する事もあるでしょうから、治るまで服用を続けた人はみんな治った、薬は効いた、となるわけです。

これは日本やアメリカだけのことだと思います。
中国の人はほとんど漢方薬を服用しています。
治らなかったらばそれは証が間違っているか生活習慣を根底から直す必要性があるのだと思います。
ただ、漢方にも治せるものと治せないものとがあって何でも治療できるわけではありません。
西洋薬にも同様のことが言えると思います。

東洋医学は確かに迷信めいた科学的でないところがあります。ですが西洋医学も根底は経験則に基づいています。
新薬を開発するときに作用部位に作用するからその薬が効くと言っていますが体全体で考えてみると実は効かなかったりすることがあると思います。

この薬を飲んだら効いた。
それがなぜだかわからなくても治ればいいのではないでしょうか?

【引用】 中国人科学者が研究開発した抗エイズウイルス漢方製剤「復方SH」を使用した臨床実験がこのほどはじめて行われた。
今年3月からタイ・チェンマイの病院で「復方SH」の臨床実験を3ヶ月間行ない、エイズ患者28人のうち9人で体内のHIV-1が減少し、16人で体内のHIV-1の増殖が抑えられるといった成果がみられている。実験結果から、「復方SH」は安全で、他の薬剤を服用した際にみられた副作用もみられないということが明らかになっており、その価格も同種の薬剤の1/10程度であるという。http://www.ekanpou.co...続きを読む

Q漢方薬について

 口内炎が頻発して困っています。漢方薬に頼りたいのですが、近くに漢方薬に詳しい病院や薬局がありません。ネットで購入しようと思っています。
 症状は 口内炎は頬の内側 唇の内側 舌の側面によくできます。
      口内炎ができる時はのどが非常に乾きます。いくら飲んでも解消されません。
      口内炎ができる時は舌がとても巨大化してむくんで、歯にあたって痛いです。
      口内炎ができていると排尿の回数が減ります。
      少し食べすぎたかな・・・と思うとすぐ口内炎になります。
      一度口内炎になると2週間は治りません。
 どなたか詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

漢方薬をネットで購入するのはお止めになった方が良いと思います。
近くに薬局や病院がないという程度の理由で漢方薬をネットで購入するのは危険です。
漢方薬は症状や病名や勘所で選んで良いしろものではありません。
貴方の口内炎がどういう病因でもって、何処の氣がどうなって、寒熱が発生しているのかを見極めて服用しなければ、効かないばかりか反って悪化する事すらあります。

口内炎が出来る際に尿量が減るとの事ですが、太陽小腸経の熱証の可能性があります。
食べ過ぎるとすぐ出来るのであれば胃の陽虚で太陰経は虚している可能性があります。
そうすると胃には陽気を補う必要がありますが、回答者の中にある黄連解毒湯は陰虚の薬で胃虚には使い難いのです。あなたの胃が陰虚なのか陽虚なのかという一点でさへ処方する方剤が異なるのです。
ネットで判別出来ないのです。
交通費を使ってでも、口内炎の病理を判別出来る薬剤師か医師を捜すべきです。
因みに専門という肩書きに惑わされない事が肝要です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報