新築予定で現在進んでいるプランのことでお尋ねします。キッチンの後ろにパントリーがあり、高い基礎を生かして、その下に地下収納を作る話があります。湿気から守る為、ユニット(?)を入れるそうです。6個入りの卵パックのような形なので壁面は平ではありません。最大2.8畳ほどです。入り口はパントリーからでキッチンの床下収納と同じような蓋を開けて入る形で、高さは1.2メートル位になります。キッチンの床下収納でさえうまく使えない私ですが、このような収納を上手に使う方法はあるのでしょうか?何を入れたらいいのかも分かりません。収納はあればあるほどいいと思いますが、当然それなりのお金もかかり、本当に必要か悩んでいます。皆さんのご意見(何でもいいです)、体験談等お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

収納はあればあるほどいい・・・というのは私もそう思います。

しかし、床下収納は使い勝手が悪く、私はあまり利用しておりません。でも2.8畳もの床下収納があるのであれば、けっこういろんなものが置けるのでは?
と思います。お勧めとしては飲み物(ワインやペットボトルなど)です。これがけっこう場所をとりますので・・・。30~50cmごとに棚を設けたりすると、よりたくさんのものが収まっていいと思いますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国土交通省告示第566号の基礎の補強は必要??

木造2Fに増築を検討中です。建令137の2-1ロに該当するのですが、既存部の基礎は現在、・地盤30kN・布基礎立上りH300厚120・底盤厚150
・配筋ok なのですがそれでも基礎の補強は必要と読み取れるのですが補強は必要になりますか??
また既存部と増築部の繋ぎ目の規定はありますか??

Aベストアンサー

NO.3です
先日、検査機関で確認を取り増築を致しましたので参考になればと思います。
添付の図解の考え方ですが、
繋ぎ部分には少なからず、柱が存在して抱き合わせの施工をすると思います。柱の下には土台が必要で、土台の下に基礎の立ち上がりがあります。既存部分に平行もしくは直角に土台が突き当たる施工をしなくてはなりません。
鉛直荷重は地盤に直接伝わるように・・・といいながら、既存基礎とアンカーで繋ぐのは、平面的なズレを起こさないように補強するのだと・・・
図のような施工方法(平行)の方が、接する部分が多く水平に対する耐力は大きいと思いますが、立ち上がりの無い方向(直角)で接するとしたら、ベース部分にアンカーがあれば良い訳です。
と・・・教えていただきました。
一度、検査機関の担当者と打ち合わせをされてはいかがでしょうか?

Qキッチンの床下収納

キッチンに床下収納がある方にお聞きしたいのですが、
活用してますか?してませんか?
活用してるひとは、どんなものを収納されていますか?
使っていない方は、どうして使わないんですか?かがむのがしんどいとか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

買いだめした、醤油、サラダ油、ビールが入っています。
やはりないより便利ですよ。

でも、うちには幅50センチ、棚9段の食品庫があり、これはめちゃめちゃ活躍しています。
米、調味料、缶詰、パスタ、ラーメン、コーヒーの買い置き、乾物、ラップ、じゃがいも、玉ねぎ、おやつ。
子供達は一日に一回はこの食品庫をのぞきます。

それに比べると床下は面倒なので、あまり頻繁に出し入れしない背の高いストックの食品が入っています。
地震のニュースが流れると、ウォーターのペットボトルを買い込み、ストックします。
ビールを入れていたのをある日主人に見られて、それから時々盗まれます。これは失敗です(-.-);

Q排煙の緩和 告示1436号について

31m以上の建築物の2階に店舗を計画する場合に、告示1436号4号ハは適用できますか? 
それとも告示1436号4号ニの緩和が適用ということになるのでしょうか?(31m未満の階も含め建物すべてに告示1436号4号ニを適用する)

Aベストアンサー

建築物の防火避難規定の解説
によれば
告示1436号4号ハは
見込みの通り31m超の建物の31m以下の部分も含む
と解釈してますね
告示1436号4号ニは
31mを超える部分のみ対象と解釈してます。

解説本によればですが。。

確かに条文だけだとややこしいですね
高さ三十一メートル以下の建築物の部分

Q浴室下の床下の湿度対策 床下収納は・・・?

築30年の戸建です。
床下を調べてもらったところ、リビング下などは乾燥していて問題ないが、浴室下は湿気がすごく、カビも生えている、とのことでした。
通風孔はありますが、浴室のあたりだけ空気の流れが悪いそうです。
まずはカビ処理をしてもらう予定ですが、状況がそのままではいずれまたかびてくるのではないかと思います。
そこで全くの素人考えでふと思ったのですが、浴室近くの洗面所の床に床下収納を作り、時々それをはずして空気の入れ替えをするなんてのはどうなのでしょう?
時々と言っても、そう頻繁にはできないでしょうから、年に1-2回とか。
それでは全く解決しないでしょうか。
あるいは、むしろ他の問題が生じてくるでしょうか。
このような事情に詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

築30年とのことですので、ユニットバスではないようですね
その場合、腰壁はブロック下地でモルタル下地の上、タイル貼り。床は、土間コンクリ上にタイル貼りですね。

この場合、お風呂の水は、床や壁のタイル目地、モルタルにに浸透して床下に染み出しています。お風呂の入口周りも水が染み込んでいますので、入口下の土台や脇の間柱など下部は腐りやすくなっています。
このことは、旧来の作り方でどうしようもないことです。

効果的な対策は無いと思います。
多少効果があるとすれば、土台部分に風を送り、毎日湿ってしまう木部を乾かすことです。
通風が悪いとのことですので扇風機(小さいもの)を床下に置いて延長コードなどを利用して洗面所でスイッチのON・OFFを定期的にするのが良いかと思います。
床に穴を開けて室内に床下の空気を流入することは良いことではないのでやめた方がいいです、洗面所室内が湿気てしまいます。

築30年とのことですので、お金をたくさん使うことはやめた方が良いかと思います、そのお金の分の効果が期待できる商品は無いですよ。

Q緊急告示病院の定義

病院のHPなどを見ていると
「救急告示」や「緊急告示」を受けていたりする
病院があります。

自分なりに調べたところ
「救急告示」については、ようするに救急車で搬送される患者を受け入れられる
病院であるようだということがわかりました。
(「救急病院等を定める省令」って法律?をみました)

でも、「緊急告示」についてはわかりませんでした。
どなたか定義を教えてください。

また、これらの告示を受けていることで
その病院が信頼できる病院であると判断してもよいものなのでしょうか。
(たとえば、施設が充実している、医療スタッフが充実しているなど)

Aベストアンサー

 「緊急告示」は「救急告示」の誤用であろうと思われます。
(例)
http://www.kawasaki.kanagawa.med.or.jp/content4-1.html
「救急告示」は、まず、保険所に申請し、申請を受けた都道府県が次の4つの条件を満たしているか否かを審査し、承認するかどうかを決定します。
1.相当の知識及び経験のある医師が常時診療に従事していること。
2.手術室、麻酔器、エックス線装置、輸血及び輸液のための設備、その他事故の負傷者の医療を行うために必要な施設、設備があること。
3.救急車が入りやすいこと。
4 空きベッドがあること。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Brown/4651/syoukai.htm

Qキッチン床下収納

御世話になっております。

以前にも同じ質問内容で沢山の方から回答を頂いたのですが今現在でもまだ解決に至らず、再度お知恵をお貸し頂きたいと思い投稿いたしました。

平成18年9月に新築したマイホームのキッチンにある床下収納の蓋が、どうやっても床鳴り??します。
新築当初は、営業さんに「これはこうゆうものですので。多少は諦めてください。」的に言われ本心では納得いかなかったのですが、とりあえずそのままで過ごしていました。
しかし床下収納の場所がコンロとシンクの中央あたりにある為、料理中頻繁にその蓋の上を移動し、その度『ミシミシ』『ギィ』と鳴るのでどうにも我慢できなくて、半年くらい経った頃補修をお願いしました。

初めはたしか床下収納の枠とか(蓋の方も床の方も)取り換えたりして音が収まった時期もあったのですが、しばらくするとまた鳴り出してました。
私が、気になってドライバー片手に色々チェックしてみた時は、蓋の方の枠とフローリングの板を留めていたネジがいくら締めてもクルクル回ってしまう状態だったのでこれを指摘して最初のより長いネジで留めてもらいました。その際ネジ穴にボンドのようなものを注入してありました。

その補修後、完璧に鳴らないわけではなかったのですが許容範囲でしたのでとりあえずそれでしばらく過ごしました。(半年くらい)

ですが、また最近鳴り出したんです(泣)しかもゆっくり蓋に乗ると『ギ…ギィ…ギュウ…』みたいにとても新築の家とは思えない音が鳴ります。
もう本当ウンザリです。
根気良くまたHMに電話して補修をお願いしたら、蓋の裏の補強?の金具が枠と干渉しているようだとの事で(そんなの初めの時点で直せよってキレそうになりましたが)ずらして留めただけでした。
でもやっぱり鳴ります。乗ると鳴るんです。もう私の方が泣きたいです。

HMに蓋の裏の金具を増やして欲しいとお願いしたら(今は2本です)追加になるのでお金がかかりますと言われました。
なんかおかしくないですか??音さえ鳴らなきゃ希望しない物なのに、私がお金を払って付けてもらうって…。
「もうこうなったら床下収納はやめて普通のフローリングにして!!」って勢いで言ってしまったのですが、補修でどうしても直らない場合はそれもアリのようです。多分費用はうちでもたなくて良いと思いますが、金具で追加取るって言うなら床下収納とったら差額返して!って言いたくなります。…べつにちゃんと使える物なら使い続けたいんですし。

今週末また大工さんを連れてその方と相談する事になっていますが、今後どう対応したら良いでしょうか。
入居して3年目、もういい加減決着をつけたいです。
そもそも同じ時期に新築した方の家ではこのような不具合は皆無です。(他の事ではあっても)全然音なんか鳴りません。鳴らなくて当然の筈なのに、何回もこの件でHMに苦情を入れて補修をさせているとなんだか悪い事をしているような気になってしまいます。(私シツコイなぁ…と)
とりあえず現在までは、枠を取り換え、蓋のフローリング部分の板を取り換え、ネジを取り換え、金具をずらす…等々したのですが、これ以上どうしたらよいでしょうか。HMが対応できる範囲で解決策を教えていただきたいと思います。

本当に困っています。宜しくお願いいたします。

御世話になっております。

以前にも同じ質問内容で沢山の方から回答を頂いたのですが今現在でもまだ解決に至らず、再度お知恵をお貸し頂きたいと思い投稿いたしました。

平成18年9月に新築したマイホームのキッチンにある床下収納の蓋が、どうやっても床鳴り??します。
新築当初は、営業さんに「これはこうゆうものですので。多少は諦めてください。」的に言われ本心では納得いかなかったのですが、とりあえずそのままで過ごしていました。
しかし床下収納の場所がコンロとシンクの中央あたりにある...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。

<キッチン床下収納の鳴き>
 まず始めにおことわりしておきます。答えにならないかもしれません。
 床下収納は点検口を兼ね、床下への出入りに使うため、出来れば残したほうが良いと思われます。

 (1)床下収納を取り付ける床は基本的に水平である必用があります。

 (2)床下収納を取りつける部屋の床は、施工する前に床下収納の場所を特定しておきます。場所に拠って、大引きや根太の向き、フローリングの張り始めと、途中の繋ぎ目の関係を予め決めて施工を行います。

 (3)床板の柄は、床下収納の蓋でも、完璧に(100%)ズレがない様に施工し、既に(2)で決定してあるので、蓋の上では横方向の繋ぎ目が無い状態になります。当然、フローリングの一列、一列の継ぎ目も床下収納の蓋の上では限りなく少なくなるよう(2)で決定してあります。

 (4)床下収納の開口した部分の外周は、根太を根太の下に入れ、ガチガチに補強します。場合に拠っては更に大引きを入れ、既に3尺間隔で入っている大引きに交差させ留めます(更に間に束を入れる場合もあります)。これで、端に乗っても床が撓(たわ)まなくなります。ここで床が撓むようだと、床鳴りの原因になります。
 1尺間隔の根太の間には、根太を入れ込んで埋めます(このようにしないと、床下収納の外枠フレームを受ける18ミリ前後×30ミリ前後の補強桟が確実に固定できません)。
 この開口の大きさは、外枠フレームより確実に2ミリ大きく切り抜き、角度は正方形でなくてはなりません(90度です)。

 (5)上記の補強桟を木工ボンドを併用してビスで確実に取り付けます。この時、床上から所定の寸法で確実に取り付ける必要があります。寸法が出ていないと、フレームが床板より上に上がったり下がったりで、フレームが撓んでしまいます。ここも床鳴りの原因になります。
 枠を付属のビスで取り付けますが、精度が出ていれば、ビスはきつく絞める必用はなく、ビスの座彫りに埋まればそれ以上絞める必要はありません。絞めすぎるとフレームが撓んできて床鳴りの原因になります。
 この外枠フレームを留めるためのビスが、ずれて、或いは斜めになってしまっては非常に問題となるので、その様な事にならないように予め軽く下穴を穿(うが)っておきます。

 (6)蓋の部分は、蓋のフレームの内寸に対して1~2ミリ小さく切断します。緩みは2ミリまででそれ以上は不可となります(蓋のフレームが大きく撓んでしまいます)。
 床板の厚さは基本的に15ミリなので12ミリの場合は3ミリの下駄をはかせます。確実に15ミリでないとビスを絞めた時フレームが撓んだり、転んだりします。
 蓋の角度も確実に正方形(90度)とします。ビスを取り付ける場合、やはり絞めすぎには注意が必要となります。フレームが撓むほど締め付けてはいけません(捻れてしまいます)。やはりこの部分のビスも(横、下)予めした穴を穿っておきます。
 蓋の裏の補強金具は、フローリングの種類(幅)に拠って、ビス穴とビスが足りない場合があるので、その場合ビスを別途購入します。
 補強金具からのビス留めはフローリング1枚に対して片側2本づつ左右で4本留めます(もちろん補強金具は2本あります、ビスも倍になります)。後から金具にあけるビスの位置は、左右と2本の補強金具の間で、フローリングの横方向に対して揃わないように微妙に調整します。これを怠ると無垢の堅木のフローリングの場合割れる可能性があります。当然ですがビスの下穴は穿っておきます。これで、蓋の上を歩いても撓まなくなります。

 (7)取っ手の部分は(6)で既に切り取ってあるので取り付けて終りです。

 上記のように作られた床下収納であれば踏み鳴りは発生しません。摩擦係数の高い(裸足やゴム底)足で斜めに強く押したり引いたりすれば、蓋と床フレームの緩みの分は動きますが、通常普通に上を歩く場合には気になりません。
 床が水平で、取り付け、施工精度が出ていて、床(フレーム)が撓んでいず、蓋の補強が確りしていれば、踏み鳴りは発生しません。

 撓みを発見する方法は、人が蓋の中央に乗り、飛び上がる直前の屈伸運動をしている状態(足の裏は床から離れていない)を、他の人に観てもらうとよく分かります。交代でおやり下さい。
 その時音がするのであれば、撓みに拠る音なので、撓みをなくす補強工事が必要となります。

 床下収納の四隅を順番に上から指で軽く押していって、何処かで(対角線に)音がするのであれば、床の捻れ、ビスの絞めすぎに拠るフレームの捻れ、開口の制度不足、何れかだと思われるので、補修工事の施工者に伝える必要があります。

 蓋のフレームと床に取り付けれられているフレームの隙間が均等ではない場合、精度が不足しています。やはり、補修工事の施工者に伝える必要があります。

 これらは、質問者さんの御宅を担当された現場監督にも伝える必要があり、大きな声で言ってはいけませんが、
 「あんたの顔の前に付いている二つの穴は何なんだ?只の穴なら銀紙でも丸めて詰めておけ」と小さな声で言ってあげて下さい。

 私もある時期HMの下請け(孫請け)をしていましたが、現場監督は基本的に何も分かっていないので(何人かいる中の)施工者に拠っては、この様な不具合が往々にして発生します。悲しい現実ですが・・・。
 社内検査もしているはずなんですがねぇ~・・・。何処をみたんでしょうねぇ~。

 こんにちは。

<キッチン床下収納の鳴き>
 まず始めにおことわりしておきます。答えにならないかもしれません。
 床下収納は点検口を兼ね、床下への出入りに使うため、出来れば残したほうが良いと思われます。

 (1)床下収納を取り付ける床は基本的に水平である必用があります。

 (2)床下収納を取りつける部屋の床は、施工する前に床下収納の場所を特定しておきます。場所に拠って、大引きや根太の向き、フローリングの張り始めと、途中の繋ぎ目の関係を予め決めて施工を行います。

 (3)床板...続きを読む

Q国土交通省告示

平成17年国土交通省告示第503号に記載されている告示文章を調べたいのですが・・・教えてください

Aベストアンサー

平成17年国土交通省告示第503号で検索したらでてきました。
http://www.kojintaxi-tokyo.or.jp/dat/tutatu/kh170221.pdf

Qキッチンの床下収納庫の場所について

新築について話を進めているものです。
キッチンの床下収納庫の場所を雑誌などで見ると
シンクの前だったりコンロの前だったりとキッチンの前の床についていることが多いですが、今の住まいでは、油がはねたり、水が飛んだり、食材がこぼれたり、子供がジュースをこぼしたり、などするために
ビニール製のキッチンマットを引いていてすごく助かっています。すぐ汚れは拭くようにしてますが、とりあえず拭き(あまりにも忙しいときもあるので)後でしっかり拭くと言うのが日課です。
そこで質問なのですが。

1)キッチンの床下収納庫は上から水やジュースをこぼしたりした時、中にしみこんだりしないのですか。

2)フローリング(天然木ではない)の上にマットを引きたいのですが、そうすると収納庫が隠れてしまいます。皆さんはマットなどは使用してないのですか。
マットを使用しない場合、フローリングの汚れには
相当気をつけていらっしゃいますか。

3)どんな物を入れているのでしょう。
根菜類やお米のストックなどには使えるのでしょうか。

床下収納庫を使用したことがなく、雑誌を見るたびにこの場所だとマットが引けないと、頭を抱えています。よろしくお願いします。

新築について話を進めているものです。
キッチンの床下収納庫の場所を雑誌などで見ると
シンクの前だったりコンロの前だったりとキッチンの前の床についていることが多いですが、今の住まいでは、油がはねたり、水が飛んだり、食材がこぼれたり、子供がジュースをこぼしたり、などするために
ビニール製のキッチンマットを引いていてすごく助かっています。すぐ汚れは拭くようにしてますが、とりあえず拭き(あまりにも忙しいときもあるので)後でしっかり拭くと言うのが日課です。
そこで質問なのですが。

...続きを読む

Aベストアンサー

適度な温度が維持できる床下収納庫は重宝しますよ
我が家は左右スライド式で5つの収納に分かれています
頻繁に使う真ん中には野菜
1つ横にはお米や味噌、端には梅酒や漬物ですね

1)のジュースなどは浸み込まないような継ぎ目に設計しました

2)のマットは我が家は絨毯をひいてますが、切れ目を入れて蓋と絨毯を張り合わせてます。

設計からなら1)のご不安は施工会社に伝えれば解消ですね。

キッチンの床下収納以外にも廊下を床下収納に使ってる友人がいます
釣りとスノボーが好きなので、廊下の床板を外すと長い収納箱が出てくる仕組みになっています。

収納は多い方が良いと思いますよ。

イロイロと頭を悩ませられてる事でしょうが
住みやすい新築を建てられる事を願っております。

Q排煙に関わる告示

現在 既存不適格建築物の法規チェックをしております。
そこで、排煙に関する告示の改正について、疑問があります。
昭和47年告示33号3のイ~ニ が
平成12年告示1436号の四のハの(一)~(四) にあたる
ということがわかったのですが、イ~ニのそれぞれが(一)~(四)のどれにあたるのかがわかりません。
古い告示が閲覧できるWEBページも検索したのですが、検索のしかたが悪いのかヒットできません。ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのまま、
「昭和47年告示33号3のイ」が「平成12年告示1436号の四のハの(一)」に
「ロ」が「(二)」に
「ハ」が「(三)」に
「ニ」が「(四)」に当たります。
甲種防火戸・乙種防火戸が防火設備に変更などはありますが、同じ規定です。

Q壁面収納(システム収納)の裏のコンセントの位置

リビングに壁面収納(システム収納)を考えています。
そのとき、壁のコンセントはどこに設置すれば、壁面収納ユニットにうまく接続できるのでしょうか?

※壁面収納ユニットには、TVやゲーム機を設置予定です。コンセント口もあるようなタイプを希望しています。

Aベストアンサー

拙宅のリビングはキュビオスのシステム収納です。
TVをおくのであれば、TVの裏側左下または右下に設置するのが一般的ではないでしょうか?
拙宅はアンテナ線、LAN、電源コンセントのついているものにしました。接続は問題ありません。
ハウスメーカーと壁面収納メーカーに要望を伝えれば大丈夫だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報