パン教室・手作りパンの集中講座(短期)で教えて下さるところあったら教えてください。お願いします。 

A 回答 (1件)

さきほど(2)で回答したものです。


検索マシンで「パン教室」で検索すると色々出てきます。
それで近場のところに通ってみては?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく調べてみます。ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/06 10:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q集中力・記憶力・理解力や間違いや失敗をしない方法を教えてください。

40歳を過ぎて転職をして失敗ばっかりしている。数字の記入ミス・電話での聞き間違い・取り扱い商品が覚えられない。
思い込みが激しいのか確認をしてるつもりだが間違ってる。
脳が退化してるのでしょうか?
この年齢でも、もっと集中力・記憶力・理解力や間違いや失敗をしない方法があったら教えてください。

Aベストアンサー

NO1です。
続きでしたね・・

私は指差し確認をしています。
これは効きますよ・・

まあ、意識の意識化・・の実践版・・と言うことですね。

先ずは覚えようと言う事が一番大切でしょう・・・
しかし、それだけでは不足・・

話それますが、脳が記憶をする順序と言うものがあります。
一回で覚えてしまうこと・・それは命の関係する事です。
恐怖と言い換えても良いかも知れませんね。
説明の必要もないでしょう。

次には感情を結びついた記憶です。
これも説明の必要はないでしょう。

その次には、脳が必要と判断したものです・・この時脳が必要と判断するのは、健在意識ではないですのでご注意を・・
いわゆる潜在意識でなので・・

脳は何を持って必要と判断するのか、命・感情・と先ほど書いた順序です・・ここまでは同じ。

その次に脳が必要・あるいは重要と判断するのは、同じ事を何度も繰り返されることを重要・あるいは必要なことと判断します。
それも当然の事と言えば当然の話ですね。
繰り返されること・・必要か使用頻度が高い・・と言うことですから。

この繰り返しの事を、ある分野では過剰学習(余分と言う意味ではないです念のため・・繰り返しの意味です)などと言って、機械的に繰り返す事を勧めてもいるのです。

覚えられないのではなく、繰り返し・・復習の回数が足りないだけ・・とも言えます。
子供(赤ちゃん)が言葉を覚える時には、一度や二度の繰り返しではありません。
無限とも思える繰り返しの果てに、言葉なりを覚えて行きます。
大人になると、その様な経験を忘れてしまっているだけ・・
大人になると、妙に利口になって、分かった・分かった・・と分かったつもりが記憶したことと錯覚をしてしまう・・その様なことだと思います。

記憶の基本は復習・・繰り返しです。
効率よく・・それは指差し確認・・意識の意識化・・です。

後はあなた次第。

参考になれば・・

NO1です。
続きでしたね・・

私は指差し確認をしています。
これは効きますよ・・

まあ、意識の意識化・・の実践版・・と言うことですね。

先ずは覚えようと言う事が一番大切でしょう・・・
しかし、それだけでは不足・・

話それますが、脳が記憶をする順序と言うものがあります。
一回で覚えてしまうこと・・それは命の関係する事です。
恐怖と言い換えても良いかも知れませんね。
説明の必要もないでしょう。

次には感情を結びついた記憶です。
これも説明の必要はないでしょう。

...続きを読む

QQCにかかわるテスト【資格】があったら教えてください。

タイトルの件、ごぞんじの方いらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

ん? QC検定のことですか?
http://www.jsa.or.jp/kentei/qc/qc-1-1.asp

Q株でお薦めの書籍やwebページがあったら教えてください。

はじめまして!最近株をはじめた初心者です。

まだまだ知らないことばかり、皆さんが初心者の頃はどのように株の勉強をされたのでしょうか?

もしお薦めの書籍であったり、webページ、読んでためになった投資家の伝記などあったら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

臆病者のための株入門
http://goo.gl/4MT4HD

類書よりも視野が広いので最初に読むことをお薦めします。

Qわが社で会社案内を製作することになりました。良い製作会社があったら教えてください

会社案内をこの度製作することになりまして、上司から、依頼する製作会社の候補調査を命じられました。
上司が挙げた条件として・・・
1.クライアントと綿密なインタビューをした上で企画をしてくれる
2.デザイナーが有能で、こちらのイメージをきちんと形にしてくれる
3.印刷までした上で納品してくれる

この3つを挙げました。
2に関しては「高級感の漂う会社案内にしたい」ということで、具体的なイメージとしては、特1級ホテルなどで製作しているパンフレットなどの、ラグジュアリーな(?)イメージとのこと。こういったこちらの意見をきちんと理解してくれる、コミュニケーション能力とデザインのセンス、両方を兼ね備えたデザイナーさんがいれば、そこに頼みたいということです。

実際自分でインターネットを使って調べてはみたのですが、どこも似たようなイメージしか受けず、「ここ!」というところがなかったのでこちらでお聞きすることにしました。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私が受けたいのですが・・・・笑)
ネット上でよさそうな所を2~3社探し、見積りを取ってみてはいかがですか?
また、過去に作った物を見せてもらい1番しっくり来る所に注文を出すとか・・・・

Q不良品・不具合・エラー・ミス・事故発生時の対応

業種によりますが、例えば製造業で製造現場の製品に不良品が出た場合、
医療現場で誤薬があった場合などさまざまな“事故”があると思います。

そんな時どのように是正、改善するようにしていくか、そのプロセス、その時使用する書類の名前とか業種とともに教えて下さい。

※不良品・不具合・エラー・ミス・事故をまとめて“事故”と呼びます

業種:
事故の種類:(例)不良品発生
使う書類:
事故発生時の改善プロセス:

上記のように教えて下さると勉強になります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 どのような帳票(様式、書式)を使って処理するか、その名称は会社によって違いますから、そんなものは言っても意味がありません。ここでは是正・改善のプロセスを明らかにしておきます。なお、不良品・不具合・エラー・ミス・事故をまとめて「意図せぬ結果」と呼んでおきます。

(1) 意図せぬ結果の内容の確認
 意図せぬ結果がどういうものなのか、事実関係を含めてその内容を正確にかつ漏れなく把握する。

(2) 意図せぬ結果の発生の直接的原因の特定
 それが発生してしまった直接的な原因を調査して特定する。この場合、決して発生に至る経緯や経過の説明(弁解)に終始しないように注意すること。

(3) 意図せぬ結果の発生の真の原因の特定
 意図せぬ結果の発生を許してしまった会社のシステム(仕組み)的な欠陥や弱点を調べて特定する。これには「なぜなぜ分析」をするのがよい。たとえば教育訓練不足(あるいは周知徹底不足)を原因とするのは不可(それは何かの結果であって原因ではない)。教育訓練不足(あるいは周知徹底不足)に至った会社のシステム(仕組み)的な欠陥を原因として突いたものならOK。

(4) 意図せぬ結果の処置(応急処置)-修正(手直し)
 意図せぬ結果に応急的に対応し、とりあえず(第一段階として)問題を収束させる。たとえば不良品の場合はすべてを回収し良品を納め直す。あるいは弁済する。

(5) 意図せぬ結果の波及範囲の特定と処置
 その意図せぬ結果が関係している範囲(原因を共通としている範囲など)を調査し、問題・被害の拡大を回避するための必要な手を打つ。たとえば不良品発生の原因が設計(あるいは作業者の仕事の質)にあるのなら、同じような設計手法(あるいは作業者)を用いて作られた他の全製品に対して問題ないかどうかを総点検し、必要な手を打つ。

(6) 是正処置(再発防止)案の評価・判定
 意図せぬ結果の原因((2)と(3))を除去する再発防止策を検討する。この再発防止策は意図せぬ結果の発生を許してしまった会社のシステム(仕組み)の不備を直す(ソフトウェア的)か、装置的なもの(ハードウェア)の導入・改良のいずれか(あるいは両方)にする。決して人の規律や注意力に依存したものになってはいけない(たとえば、そのようなミスが今後発生しないように関係者全員に周知徹底する、ではダメ)。そのような是正処置案で実効が上がるか、実施して引合うかを評価し、実施可否を決定する。

(7) 是正処置の実施
 意図せぬ結果の原因に手を打つ。つまり(6)で決定した是正処置を確実に実施する。

(8) 実施結果の記録
 とった処置とその結果を記録する。

(9) とった是正処置のレビュー
 とった是正処置が効いて類似の意図せぬ結果が再発していないかを調べ、その有効性を検証する。

 なお、(1)~(8)まですべて記録としても残す必要があります(その都度記録すること。後で思い出しながらの記録は不可)。また、特定の個人の責任を追及する場に決してしてはいけない。

 どのような帳票(様式、書式)を使って処理するか、その名称は会社によって違いますから、そんなものは言っても意味がありません。ここでは是正・改善のプロセスを明らかにしておきます。なお、不良品・不具合・エラー・ミス・事故をまとめて「意図せぬ結果」と呼んでおきます。

(1) 意図せぬ結果の内容の確認
 意図せぬ結果がどういうものなのか、事実関係を含めてその内容を正確にかつ漏れなく把握する。

(2) 意図せぬ結果の発生の直接的原因の特定
 それが発生してしまった直接的な原因を調査して特定す...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報