村上春樹の「風の歌を聴け」を原作にした、「風の歌を聴け」という、古い映画を観たいのですが、方法はあるでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんばんは。



DVDでてないんですね。

ビデオは発売されていますがなかなかレンタルにも置いてないかもしれないですね。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1 …

http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r7 …

大きいレンタル店で探してみて下さい!
    • good
    • 0

 1・2か月位前だと思いますけれど、スカパー!及び各地のケーブルテレビに配信している「日本映画専門チャンネル」で放送しており、録画しました。


 この手のチャンネルは同じ素材を結構頻繁に放送しますので、そのうちまた放送されるかもしれません。
    • good
    • 0

アマゾンで検索してみたのですが、どうやらビデオが出ているようです。

(現在は在庫切れみたいですが・・・。)
価格は4725円で監督は大森一樹です。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005F …
    • good
    • 0

ビデオで出ているはずです、レンタルで借りれるかどうかはわかりませんが探してみてください

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上春樹の「風の歌を聴け」の初出と初版を教えてください。(西暦で)

村上春樹の「風の歌を聴け」の初出と初版を教えてください。(西暦で)

Aベストアンサー

初出は、『群像』昭和54年/1979年6月号
初版は、昭和54年/1979年7月25日

芥川賞のすべて・のようなもの「村上春樹-芥川賞候補作家-」
http://homepage1.nifty.com/naokiaward/akutagawa/kogun/kogun81MH.htm

風の歌を聴け 村上春樹 講談社
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1163671

Q古い仁侠映画の主題歌、挿入歌について

古い任侠映画の主題歌・挿入歌を津田耕次さんが沢山歌っていたと聞きました。具体的に出来るだけ多くの映画タイトルを教えて頂きたいです。また、一番急いで知りたいのは、津田さんの歌う兄弟仁義(セリフ入り)が使われている映画があるのか?です。曲自体は、非売品だと思いますが存在します。遊侠伝シリーズは有名だと思いますが出来るだけ大量の情報をお願いします。

Aベストアンサー

検索サイトのgoogleで津田さんを検索すると関連したページがかなりヒットするのですが、「兄弟仁義」に関しては何も手がかりがないみたいですね。

いっそのことクラウンレコードに問い合わせてみてはどうでしょうか?
ボクもまれにレコード会社に商品に関して直接問い合わせることがあるのですが、担当者には親切な方もいて、いろいろと教えてくれる場合もありますよ。

非売品に関してですが、レコードの全盛期には有線放送やラジオ局へ、宣伝してもらうためのプロモーション盤を渡していました。当然ながら非売品です。
今でも中古CD屋に「見本品」とはいったCDが並ぶのは、音楽ライターやら、ラジオ局へ渡したものが流れてくるのだと思います。

レコードの場合、のちに普通に売られる盤とは、プロモーション盤は録音時期が異なったりして、演奏が違うということもありました。
任侠映画に津田さんの歌が実際に使われたのかどうかは、よく知りませんが、クラウンレコードが独自に非売品レコードを作って宣伝展開に使った、ということはあるのかもしれません。

ちなみにジャスラック(音楽著作権協会)に登録されている津田さんの曲は122曲で、その中に兄弟仁義はありませんでした。
下記、その検索ページですが、津田さんの名前を入れて参考にしてみて下さい。

http://www2.jasrac.or.jp/cgi-bin/db2www/jwid040.d2w/report

検索サイトのgoogleで津田さんを検索すると関連したページがかなりヒットするのですが、「兄弟仁義」に関しては何も手がかりがないみたいですね。

いっそのことクラウンレコードに問い合わせてみてはどうでしょうか?
ボクもまれにレコード会社に商品に関して直接問い合わせることがあるのですが、担当者には親切な方もいて、いろいろと教えてくれる場合もありますよ。

非売品に関してですが、レコードの全盛期には有線放送やラジオ局へ、宣伝してもらうためのプロモーション盤を渡していました。当然なが...続きを読む

Q村上春樹「風の歌を聴け」

村上春樹「風の歌を聴け」

どなたか教えてください。とても気になっています。
村上春樹の「風の歌を聴け」の文庫版65から66ページに
「優れた知性とは二つの対立する概念を…」
「嘘だ」
「夜中の3時に目が覚めて、腹ペコだとする」
というようなやりとり(ジョーク?)が出てきますが、
どうしても意味が分かりません。

春樹ファンの方、「風の歌」をお持ちの方、
どうか意味を教えてください。

なおカテゴリ違いでしたら、ご指摘ください。

Aベストアンサー

深い意味では無いんじゃないかな?
冒頭の、優れた知性は対立する二つの概念を同時に抱えながら、機能を発揮していく~
という話の流れがあって。
夜中に腹ペコな状態と冷蔵庫には何も無いという補完し合わない状況があるとすると。
その状況に知性だけで自ら折り合いをつけて、十分に自分を満たせるのかい?と。
そういう下らない比較級に落とし込んで、監督の言葉を笑い話にしたんじゃないかな☆

Q立川シネマシティ午前10時の映画祭で、松本清張原作の『砂の器』を今観て来ました。 小説は読んでません

立川シネマシティ午前10時の映画祭で、松本清張原作の『砂の器』を今観て来ました。
小説は読んでません。
小説も映画も両方ご覧になられた方おられますか?
小説と映画は、かなり違いますか?
まぁ自分で読めば良いのでしょうけど、映画の印象が強過ぎて…!

Aベストアンサー

印象は全く違いますね。
映画の方はハンセン氏病のことをしっかり描いています。
また、和賀英良は原作ではシンセサイザー奏者で、あまり音楽家っぽくない。
映画の方がピアノ演奏が効果的。
一言で言えば映画のほうがいい。

何度も何度もテレビドラマになっているが、そのどれも映画に影響を受けつつ、独自の世界を作っている。
そういう意味でも、この映画は素晴らしい。
もっとも個人的にはテレビドラマの方が、長い分、しっかり描けていて、好きだ。

Q村上春樹「風の歌を聴け」

恥ずかしながらお聞きします。
村上春樹の、「風の歌を聴け」という小説の中の、「優れた知性とは二つの対立する概念を同時に抱きながら、
その機能を十分に発揮できる、そういったものである」…
という部分の隠喩がわかりません。なぜ鼠が大笑いしたのか教えてください。

Aベストアンサー

自信はないですが、回答がないようなので。

ご質問の箇所は鼠が誰かの文を引用しているところですね。
「優れた知性とは二つの対立する概念を同時に抱きながら、その機能を十分に発揮していくことができる、そういったものである」

これに対して主人公が反例を持ち出します。
「夜中の3時に目が覚めて、腹ペコだとする。冷蔵庫を開けても何も無い。どうすればいい?」
と。
つまり、腹ペコのままでいるか、腹を満たすために何らかの行動を起こすかのどちらかを選ばねばならない。『二つの対立する概念を同時に抱』くことはできないし、ましてや 『その機能を十分に発揮していくこと』なんてできるわけがない。

このことに鼠も気がついて大笑いする、そういったことだと思います。

ただ、この箇所、なんでもないエピソードのような部分ですが、この小説全体に微妙に関わっていそうですね。
というのは、登場人物それぞれが明確に対立する概念をもち得ないでいる「不毛」さ、ものうげさ、生きる目的の喪失がこの小説の主要なテーマであると受け取れるからです。

あるいは前時代に対する痛烈な批判。
1960年代が熱き政治の時代(対立するイデオロギーの時代)であったのにひきかえ、70年の安保闘争不発は醒めた時代の始まりだったわけです。主人公はデモに参加して前歯を折られながら心はうつろです。

私は先に『喪失』と書きましたが、これは正確でない。初めから目的などないからです。失うものは元からない。
そうしてただ、過ぎ去る時間へのやるせないほどのノスタルジー。

そういったことが言えるのではないかと思います。あくまでご参考に。

自信はないですが、回答がないようなので。

ご質問の箇所は鼠が誰かの文を引用しているところですね。
「優れた知性とは二つの対立する概念を同時に抱きながら、その機能を十分に発揮していくことができる、そういったものである」

これに対して主人公が反例を持ち出します。
「夜中の3時に目が覚めて、腹ペコだとする。冷蔵庫を開けても何も無い。どうすればいい?」
と。
つまり、腹ペコのままでいるか、腹を満たすために何らかの行動を起こすかのどちらかを選ばねばならない。『二つの対立する概念...続きを読む

Q「この世界の片隅に」という映画を観に行こうと思って居るのですが、原作を読んでから行くのと、原作を読ま

「この世界の片隅に」という映画を観に行こうと思って居るのですが、原作を読んでから行くのと、原作を読まないで行くのとどちらが良さそうですか?原作も読んで、映画も観に行った知人が私の周りに何人か居るのですが、ある人は「原作読まないと何言ってるかさっぱり分からないよ」と言い、またある人は「原作読んでからだと面白さが半減するよ」と言っています。どちらが良いのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

私は「原作読んでからだと面白さが半減するよ」派ですね。「原作読まないと何言ってるかさっぱり分からないよ」という人は、よっぽど映画やドラマや小説などを観たり読んだりしない人なのではないでしょうか。

原作漫画は現在本屋で売られてるのは上・中・下巻になってるもので、その長さなので当然映画に全部は収まりきれず、省かれたり変更されたりしたエピソードがあります。実際私は、映画→原作→再び映画という順にして正解だったなと思いました。

Q村上春樹『風の歌を聴け』の初版本に価値は出ますか?

最近、村上春樹の新作が異常に売れて話題になってますね
僕が持っている村上春樹の本にデビュー作の単行本『風の歌を聴け』1979年7月25日第一刷(初版本)があるのですが、これは今後価値が付く可能性はありますか?
初版で価値が付くのは三島由紀夫までと言われていたこともあったそうですが

Aベストアンサー

少なくとも200年は経たないと、価値は出ないでしょう。

 かの村上春樹のデビュー作といえども、初版の発行部数が多いために、希少価値に乏しいからです。彼がノーベル文学賞を受賞したとしても、その価値はさほど変わらないでしょう。

 しかし、自費出版などの事情により、極端に発行部数が少なければ、まったく話は別です。大量生産による、印刷・製本技術が高まった現在では、メジャーデビュー作の初版本の価値は、日付とサイン入りでも、なかなか高まりません。

Q映画「風立ちぬ」を観た方へ

こんにちは。
今更ですがジブリの映画「風立ちぬ」を観た方、ご意見をお聞かせ下さい。

映画の中で本庄というキャラクターが「仕事に専念するために所帯を持つ。これも矛盾だ。」と言いましたが、私はなぜこれが「矛盾」なのか分かりません。
時代が時代ですし、当時は所帯を持つ(お嫁さんをもらう)と、ご飯は作ってもらえるし身の回りの世話は全てしてもらえるし、余計なことは妻に任せて言葉通り仕事に専念できますよね?ちっとも矛盾していないじゃないか?と思うのですが…

くだらない質問で恐縮ですが、大好きな映画なので、細かいところまでつい気になってしまいます。
皆さんはどう思われますか?

Aベストアンサー

男性が「余計なことは妻に任せて言葉通り仕事に専念」していたのは、昭和3~40年代の高度経済成長期です。『風立ちぬ』の時代には、わりとお父さんは定時に帰ってきて、大黒柱として家族と食卓を囲んだり、家庭の大事な決め事をしたり、休日には息子と遊んだり、力仕事をしたりしていたのですよ。

お嫁さんがご飯や家事を一手に担っていたのは、家電品がなかった当時、それだけ家事に時間を要したからであり、それとて女中が嫁の傘下にいた家庭も多かったのです。

単に男女の役割が明確に分かれていただけで、男性は男性で所帯内で活躍していたのです。まったくの余談ですが、江戸時代の町民の男性などは、かなり子煩悩だったようですよ。

Q村上春樹『風の歌を聴け』本文の英訳について

村上春樹さんの『風の歌を聴け』の英訳本があります。
訳者はAlfred Brinboumさんという方です。
この方の訳し方についての質問です。

まず、村上さんの原書には
「昼の光に、夜の闇の深さがわかるものか」
とあります。
この文は、普通に考えれば「昼の光(という明るいもの)に、夜の闇(絶望の比ゆ表現)の深さがわかるものか」くらいの意味かと思います。ニーチェの言葉を少しもじったものです。

それで、Brinboumさんの訳だとこれが、
"Are we to know the depth of nihgt by the light of day?"
となっています。
意味がまったく違うんじゃないかと思ったのですが、いかがでしょうか。

これだと「夜の闇を、昼の光によってわれわれが理解することなどあるだろうか?」
という意味合いになるような気がします。
つまり理解する主語が「われわれ」になってしまっていて、「昼の光」は手段になってしまっています。
完全な誤訳かと。

本書を読んだことがあって英語に詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただければと思います。

村上春樹さんの『風の歌を聴け』の英訳本があります。
訳者はAlfred Brinboumさんという方です。
この方の訳し方についての質問です。

まず、村上さんの原書には
「昼の光に、夜の闇の深さがわかるものか」
とあります。
この文は、普通に考えれば「昼の光(という明るいもの)に、夜の闇(絶望の比ゆ表現)の深さがわかるものか」くらいの意味かと思います。ニーチェの言葉を少しもじったものです。

それで、Brinboumさんの訳だとこれが、
"Are we to know the depth of nihgt by the light of day?"
となって...続きを読む

Aベストアンサー

結論から言うと、「完全な語訳」とは言えないと思います。「大胆な意訳」とは言えますが。

まず、文学などのフィクションや娯楽においては、「意味を伝える」ことよりも、「原語の読者が味わうのと同じ感動を、訳語の読者に味わってもらうこと」が重視されます。

さて、「昼の光に、夜の闇の深さがわかるものか」は、文法的には確かに、主語が「昼の光」であり、「昼の光」を擬人化していると言ってもいいわけですが、伝えたい世界観は、「明るい世界しか知らない者に、闇の世界を理解できるものか(理解できないはずだ)」的な雰囲気ですよね。

「Are we to know the depth of night by the light of day?」も世界観は同じだと思うんです。つまり、「昼の光の中でのみ生きていて、それしか知らない者(昼の光自身を含む)にとっては、夜の闇は知りようもないだろう」という感じの世界観ですね。したがって、言ってみれば、この小説全体を見れば結果オーライ、みたいなところがあるわけです。

それに、ご存知の通り、村上春樹は英語が堪能で、のちのお抱え翻訳者であるジェイ・ルービンとは丁寧にやり取りしながら自身の作品の英訳版完成を見届けているようですが、意外にもこうした細部にはこだわっていないのです。例えば、ルービンが訳した『ノルウェイの森』には「キュウリ」と「キウイ」の言葉遊びのような細かい技がちりばめられていますが、英訳版ではこうしたエスプリは片っ端から無視されていて、その分、読者が物語の世界観にすんなりと乗り続けることができます。

また、「文芸春秋」2010年5月号でルービンが語ったところによると、「(私ルービンが訳すうえで投げかける)ほとんどの疑問点について彼(村上)から返ってくる返事は『適当にしてください』というものだ。これは"いい加減"という意味ではなく、Do whatever worksという意味である」そうです。「Do whatever works」とは「うまくいくなら、どうとでも」というニュアンスですよね。一方、同記事でルービンは、村上が「編集者の判断で(略)あまりにカットされ」たのを嫌って「これではぼくのものじゃないみたい」と言ったそうです。

ちなみに、ウィキペディア情報ではありますが、村上自身はこうも語っているようです。「バーンバウムは一種のボヘミアンなんです。(略)フラフラして暮らしている。彼はある場合には自分の好きなように訳すんです。正確かどうかよりは、出来上がりのかたちを重視する。だからわりに自由自在にやって、部分的に削ったりもする、勝手に(笑)。」と。ついでに言うと、文春の記事でルービンはバーンバウムの「僕」と「私」の訳し分けを「脱帽」と評価しています。

末筆ながら、私は『風の歌を聴け』を読みはしましたが、内容は忘れました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%A0

結論から言うと、「完全な語訳」とは言えないと思います。「大胆な意訳」とは言えますが。

まず、文学などのフィクションや娯楽においては、「意味を伝える」ことよりも、「原語の読者が味わうのと同じ感動を、訳語の読者に味わってもらうこと」が重視されます。

さて、「昼の光に、夜の闇の深さがわかるものか」は、文法的には確かに、主語が「昼の光」であり、「昼の光」を擬人化していると言ってもいいわけですが、伝えたい世界観は、「明るい世界しか知らない者に、闇の世界を理解できるものか(理解できな...続きを読む

Q村上龍原作。SixtyNine(69)の曲。

このあいだ村上龍原作の『69』の映画を見たのですが質問させてください。映画のなかで主人公たちがフェスティバルを開くのですが、そこで主人公率いるバンドが演奏していた曲がすごく印象に残ったので教えてください。

そのほかにも映画に出ていた曲や、1969年当時のおすすめのアーティストがいれば教えていただけるとうれしいです!

Aベストアンサー

映画の中でバンドが歌っていたのはエリッククラプトンギターを担当した伝説のバンド、クリームの「Sunshine of your love」だと思います。あとオープニングはWhite Roomという曲らしいです。69年当時は自分が生まれる十数年前なので分かりません。


人気Q&Aランキング