アコースティックギターのスチール弦なんですけど、あれはなんども緩めたり、締めたりすると、緩めたときでもきれることはあるんですか?今まで変則チューニングをするのに、第一弦をよく一音下げてて、今までに何度も切ったんですけど、上げすぎできれたとおもってたら、今日、回したときは下げたときに切れたような気がして、、、

A 回答 (5件)

実際に切れている事例があるのですから、緩めた時にも切れることはあるのでしょう。


一応、その時にどこで切れたのかを見て、その原因を判断するのが良いと思います。

切れた部分がギター本体のどこかに接触している部分だったとすれば、その切断部が接触していた部分(ペグポスト・ナット・サドル・ブリッジ等)に切れる原因があった可能性も考えられます。 バリが出ていたり、磨耗してエッジになっている部分などがあれば、その部分が弦の一箇所に集中的にダメージを与えて切れた可能性もあるでしょう。
また、ペグポストへの弦の巻き方によっては、折り曲げた部分が加工硬化していて、変形に弱くなっており、力が加わって切れると言うこともあり得るでしょう。 折り曲げた部分が、ペグを巻き戻されることで、もう変形して追従できない方向に力を加えられて切れることも、ないとは言えません。
そうした原因が思いあたらなければ、単に弦の寿命が尽きていて、張力の変化に弦が追従できなくなったので、自然と切れたと考えるのが妥当だと思います。

いずれにしても、比較的フレッシュな弦で、継続的に同じような症状が出ないのであれば、そう気にすることでもないと思いますよ。 もしフレッシュな弦が、何度も繰り返し同じ様な切れ方をするのであれば、ギター本体や弦の張り方・扱い方などを一度点検しておくのが良いでしょう。

参考になれば…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい内容、ありがとうございました。一度点検しておきます。

お礼日時:2005/04/02 01:20

 もちろん緩める際にも切れることがあります。

弦を張り替えて1ヶ月くらい、特に3弦のストリングポストのあたりで切れやすいようです。
    • good
    • 0

経験上、下げたときに切れたことはないし、そういう話も聞いたことはないですが、弦が切れるというのはナットやブリッジ上をすべるときの摩擦や、ピッキングによる傷やサビなど弦にかかるストレスが原因ですから、ペグを回してテンションを変えるのも厳密に言うと弦が変形していることになり、ストレスのひとつになると思います。


したがって、締めても緩めても(伸ばしても縮めても)程度の差はあるかもしれませんが、ストレスがかかる点においては同じだと思いますので理屈ではあり得るでしょうね。
でもあまり聞いたことがないので、切れたときはびっくりしたでしょうね。
    • good
    • 0

エレキギターですけど、張って緩めてを何度も繰り返していたら切れたことがあります。

(張って、暫く経った弦ですが)
針金を何度も曲げたり伸ばしたりすると切れるので、それと同じかと思っていました。
    • good
    • 0

弦を張るときは、ねじれないようにしていますか?



弦が切れる場所は、いつも同じ部分ですか?

ちなみにどこのメーカーの弦でしょうか?
(安いモノだとそういう事があったような・・・)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング