毎日平穏に暮らせる事に感謝して、手を合わせ拝みたい気持ちがあります。結婚前は里に仏壇があり朝晩手をあわせていましたが、主人も私も末っ子で家に仏壇がありません。
毎年頂いてくる家内安全のお札にお茶やご飯をお供えして、朝晩手を合わせています。その時、心の中では自然と亡くなった父を思い浮かべたりしています。
それでお聞きしたいのですが、現在仏壇のない家で、亡くなった父を含めご先祖様に手をあわせるにはどうしたら良いのでしょうか?写真を飾りお供え等したいのですが、主人の父と私の父と並べても構わないのでしょうか?又、お札と一緒にしてはいけないでしょうか?
それと、主人の母が仏壇を新しく購入したいと言っています。事情があってお墓参りに行けないのですが、供養の気持ちで買ってあげても良いでしょうか。又、買う時期はやはりお盆まで待った方が良いでしょうか。
専門家の方からみたら非常識な質問かもしれませんがご回答よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

素晴らしい日本人の心をもっておられるのですね。



僕は専門家ではありませんが、
宇宙学でこの世とあの世(霊界)の道理を学んでいる者です。

>写真を飾りお供え等したいのですが、主人の父と私の父と並べても構わないのでしょうか?又、お札と一緒にしてはいけないでしょうか?

一般には知られていませんが、
「霊界通信」というものがあります。

それによりますと、
仏壇や仏間に長いこと写真を飾られるのは
霊界にいる先祖霊にとっては、
後ろ髪を引かれる思いがするとのことです。
霊界には霊界の修行があります。
写真等を飾られるとこの世(物質界)に未練を残すこととなり、
霊界での修行の妨げになるとのことです。
これは多くのお霊さんが語っていますので確かです。

但し、子孫が亡き先祖を思い起こし、
感謝と共に手を合わせてくれるのは、
この上もない喜びだそうです。
ですから、喜びの心の波動が霊界から還って来て、
子孫の幸福につながるわけです。

仏壇は先祖霊との心の交流の場
(目に見えないテレパシー電話だと思えばいいのでは!)
ですので、
基本的に御札等は必要ないように思います。
しかし、まあ風習にあわせて・・・、
ということでいいかも知れません。

>それと、主人の母が仏壇を新しく購入したいと言っています。事情があってお墓参りに行けないのですが、供養の気持ちで買ってあげても良いでしょうか。又、買う時期はやはりお盆まで待った方が良いでしょうか。

良い思いは、即実効すべきだと思います。
お盆を待つ必要性は何もないでしょう。
「善は急げ!」というではないですか!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

土日は自宅でパソコンを開かないためお返事がおそくなりました申し訳ありません。
『但し、子孫が亡き先祖を思い起こし、
 感謝と共に手を合わせてくれるのは、
 の上もない喜びだそうです。』
と書いて下さったのをみて何だか涙が出る位嬉しく思いました。特に父は私が幼い時に亡くなっておりますので、ただでさえ後ろ髪を引かれてしまうかもしれないなという気持ちがあります。
あえて写真は置かずに、心をこめて手をあわせようと思います。
お仏壇は他の方からもご回答いただいていますし、有難くさっそく購入する事にします。
本当にありがとうございました。
宇宙学のお勉強、頑張ってください。

お礼日時:2005/04/04 12:47

宗派によって拝み方は変わってきますから


1・まず自分の宗派を知ります。
2・その宗派のお経の本を手に取ります。
3・お経の本の中、信徒としての作法など詳しく載っているところを読みます。
それで わかると思いますよ。

お仏壇とは阿弥陀様の家。仏様をおまつりするところです。家のお仏壇は仏様をまつり、亡くなった人はお墓でまつります。
お仏壇に位牌や写真を供えるようになったのは、人は亡くなったら仏になるので『阿弥陀様も仏(亡くなった人)も「仏様」だからお仏壇へ』という気持ちからだと思います。

亡くなったお父様たちの写真を並べても良いと思います。毎朝、家族が飲む前の水だけでも写真の前にお供えしておくと良いですネ。下げる時は植物にまくと良いです。

仏教は、形にこだわりません。朝・夕と手を合わせ、ありがたく思って過ごすことが大切ですね。
お仏壇の購入するなら、時期は「善は急げ」です。いつでも、早いほうが良いでしょう。お盆だけでなく仏様と縁のある日にお仏壇をお迎えすることは良いです。

家で供養されるなら、写真にお水を供え、心から手を合わせると良いですネ。
五供をすると また良いでしょう。線香・水・灯(ろうそく)・花・ご飯のことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

土日は自宅でパソコンを開かないため、お礼がおそくなりまして申し訳ありません。
お仏壇とお墓の違いがはじめてよくわかりました。そういう違いがあったのですね。五供も知りませんでしたので、さっそく実行します。
善は急げという事で、さっそくお仏壇は購入することに致しました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/04/04 12:36

こんにちは。


お仏壇の事は分かりませんが・・・

お父様方のお写真を並べるのは構わないと思いますが、
お写真などが無くても、「ここにお父さんが居る」と思って、自分の一番落ち着く場所にお茶などを置かれるだけでも良いですよ。私も祖父のお社は我が家にありませんが、神職をしている伯父に同じように教わって、毎朝お茶を上げて、その時に「おはようございます。今日も1日宜しくお願いします。」夕方にお茶を下げる時に「今日も1日有難うございます。家族みんな元気でしたよ。」とお礼を言っています。心の拠り所があると言うだけで、何となく安らげますよね。

あと、ちょっと気になったのですが、お札と言うのは、お寺で貰うものですか?神社で貰うものですか?それによって手の合わせ方って違うと思いますし、祀る(飾りません)場所にも多少の決まりはあります。神札でしたらお茶は供えませんし、きちんと二礼二拍一礼で参拝します。それと、祖霊と神様は違いますので、神札にお父様を思うのは、ちょっと道筋が違うかもしれませんね。
何処のお札かを、再度調べられた方が良いと思いますよ。

確かに思う気持ちって大切ですよね。
でも、普通に生きている人に対してだって、ある程度のマナーや礼儀と言う物はあります。思う心があるだけでマナーも守らず押し付けても、相手には何も伝わらないのは、神様や仏様、ご先祖様や生きてる人だって同じだと思いますよ。難しく考えなくても良いけど、最低限の祀り方は知っておくと良いかもしれませんね。

直接の回答でなくて申し訳ありませんが・・・
何かのご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

土日は自宅でパソコンを開かないため、お礼が遅くなりまして申し訳ありませんでした。
お札は主人が厄年の時に厄除けのお札を頂いた所で、
その後も毎年お返しして、新しいのを頂くという事を続けております。窓口の方に聞いたのですが『感謝の気持ちがあれば何でもよい』としか答えていただけず自己流でいましたが(そうですね、祀るですよね)改めて調べてみます。
おっしゃる通り、気持ちはあるのにそのやり方が間違っているのではないかという不安が、そもそも今回の質問の発端でした。今回皆様に教えて頂いた事を参考に自分でも調べてみます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/04/04 12:29

専門家ではありませんが・・・素晴らしいことですね。


今の時代、そうそうあることではないと思います。
ぜひ、そのお気持ちを持ち続けてください。

さて、お尋ねのことですが・・・それほど気を使わなくても
よいのではないかなと思います。

お父さん達のお写真を並べても、お札を置いても問題は
ないと思います。
ただ、お札はその年の「吉方」に飾ることと言われるものも
ありますよね。

お仏壇も、貴方がそのお気持ちで購入されるのであれば、ご先祖様たちも
喜ばれていることでしょう。
お盆とかそういう時期は気にしなくても良いと思います。
お家がお世話になっているお寺はありますか?
そちらに相談するのが一番だと思います。
仏壇には仏様に入っていただかなくてはいけないので、
お坊様に拝んで頂かなくてはいけませんので。

あと、仏壇屋の口車で「あれも、これも」買わなくても
大丈夫ですからね。
ネットショッピングで充分だと思います。
家に据付けたら、お坊様に自宅までお願いして
拝んでいただいたらよいと思います。
お布施は、5000~1万円くらいかな?
私はそうしました。

なんにしろ、ご先祖様の供養は「気持ち」が大切だと私は思います。
何かの形を持って拝みたい・・・というのであれば、般若心経などいかがですか?
短くてとても良い言葉が刻まれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

土日は自宅でパソコンを開かなかったため、早々にご返答いただきながらお礼が遅くなりまして申し訳ありませんでした。
そうですね、ちょっと気を使いすぎているかもしれません。皆様のアドヴァイス通りお仏壇はすぐに購入します。お布施の金額は見当もつかなかったので大変参考になりました。口車には気を付けます。知らなかったら全部の口車に乗っていたと思います(笑)。
般若心経にもふれてみます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/04/04 10:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新日本円札の人物配置のいきさつ

なぜ、新しいお札の人物配置がそのようにきまったのでしょうか。
いきさつをご存知の方がいましたら是非教えてください。

Aベストアンサー

疑問 >人物配置のいきさつ でしょうか?
それとも選ばれた理由でしょうか?

選ばれた理由の一部でしたら参考URL

参考URL:http://www.mof.go.jp/kaiken/my476.htm

Q毎日、神棚仏壇にご飯をお供えするのですが、 母がお供えしたら、早く下げないといけないと言うのですが

毎日、神棚仏壇にご飯をお供えするのですが、
母がお供えしたら、早く下げないといけないと言うのですが
、早く下げないといけないのですか?

Aベストアンサー

自分たちが食事を終えるくらいまでは上げておいて良いかと思います。
食べ終わったら、神棚、仏壇から下ろしてきて・・・どうしていますか???
我が家は下ろしてきたごはんをジャーに入れて、残っているごはんとともに昼、夜に食べますが、中には線香臭いご飯は食べたくないとか言ってゴミに捨てる人も居ますよね、どちらでしょうか?
家族がごはんを食べ終えてから下げて、ジャーに入れても米一つ一つが硬くはならず、回りと一緒ですので、そのくらいにしています。
ジャーに入れたのが周りの米と違和感が有るくらい乾燥しているなら、もっと早くかな。

Q出羽三山のお札の祀り方について教えてください。

私の地方では、毎年年頭に世話役の人が出羽三山のお札(おふだ)を配ってくれます。
そのうち、牛の絵が描いてあるお札は火伏せ(火の用心)のお札だということが分かったので、台所に貼ってあります。

しかし、もう一枚 大黒様のような人物が描いてあるお札の使用目的が分かりません。
どんなご利益があって、どこに貼るのが正式な祀り方なのでしょうか。

知っている方がいらっしゃたら教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは

こちらが火よけですね
http://mikumanosoma.seesaa.net/article/112156596.html

普通に祭ってあるようです
http://blog.goo.ne.jp/gatti_forest/e/9f683325872edc78f89f0c2ec2174afa

Q仏壇に手を合わせるときに。

よその家に、線香をあげに行った時に
仏壇に手を合わせて拝みますよね。
そのとき心の中でどんなことを
念じるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 亡くなった方を知っているとか、その方のあの世での幸せを祈るなどという場合は心の中で、日頃の口語で語りかけてあげればいいと思いますし、特別に供養するような言葉もないような場合、それに、これといった宗派も分からず、お経の一部分なども知らない場合は、ただ心を無にして静かに手を合わせてあげているだけでもいいと思います。

Q次の千円札・五千円札・一万円札に出て欲しい、歴史上の人物は?

2004年に千円札・五千円札・一万円札が一新され、千円札は夏目漱石から野口英世に、五千円札は新渡戸稲造から樋口一葉に、一万円札は旧札に続き福沢諭吉ですが、もし次に千円札・五千円札・一万円札を一新する場合、歴史上の人物は誰に出てきてもらいたいですか?

過去のお札に出ていた人物でもかまいません。

Aベストアンサー

使える肖像画や写真があるかどうか疑問ですが、

伊能忠敬、(大日本沿海輿地全図)
間宮林蔵、(間宮海峡・樺太を島と確認)
杉浦千畝、(日本のシンドラー)
上記3名の偉人ですね、

政治家や軍人を紙幣の肖像に使うべきではないと思いますが
上杉鷹山公も加えたいところです。

Qお墓や仏壇の前で手を合わせたとき、何をお祈りすればよいのですか?

実は子供の頃からの疑問なのです。
お墓や仏壇の前で手を合わせたとき、何をお祈りすればよいのですか?
特に、生まれる前に無くなった親戚や、知り合いのお墓参りなどもそうですがよくわかりません。
神社ではないのだから願い事を祈願するのもおかしいし、安らかにとか、念仏を唱えるとか。
皆様どうされていますか?

Aベストアンサー

kokirikoさん,こんにちは。

私の場合は、お祈りと言うより「お話」をしています。
私の祖父・祖母はすでに他界していますが、子供の頃たくさんかわいがってくれた記憶があるので、近況報告や自分が元気であることを手を合わせて心の中でお話をしています。
最後に「自分と家族をいつまでも見守ってください」と言って終わります。

直接は知らない親戚のお墓参りの時にでも、やはり同様です。
例え知らない人であっても、お話をされれば喜ぶと思うし、亡くなった方と同系の血を引いているのですから、話をしても問題ないと思います。

全く知らない人のお墓参りの経験は無いんですが、やはり初めて会うなら自己紹介をして、「よろしくお願いします。また来る機会があったらまたお話しましょう」などの言葉で話を終えると思います。

私の考えでは、亡くなった方はさみしいので、現世の人達の話を聞くのを楽しみにしてると思いますし、なかなか普段話しをする機会が無いので、お墓参りの時だけでも色々話をしようと思っています。

Qお札を縦にした時の天地はドッチ?

祝儀・不祝儀を問わず、のし袋にお札を入れる際は縦に入れる事になりますが、「正しい天地」ってあるのでしょうか?
色々検索しても「正しい天地」に関して記載しているサイトは見つけられません。

「推測」や「だから私はこうしている」を含めて、お教え下さい。
因みに私は、漢数字額面が下で人物が上になるように入れています。

Aベストアンサー

祝儀袋に入れるときお札を普通に横にしたときの
左側を上にします。つまり人物が下にきます。
不祝儀袋の場合は裏向きにして、
やはり左側を上にして入れます。
ですから裏ですが人物が上になっています。
これだけをみれば「正しい天地」はないように考えます。

Q亡くなられたご主人はなんと言う?

奥さんが亡くなられた場合、御令室といいますが、御主人が亡くなられた場合はなんと言うのでしょう?

Aベストアンサー

弔電等を出す時は、そのまま「ご主人様」と出します。

「ご主人様のご逝去を悼み・・・」のように。

参考URL:http://sogi-iso.jp/jouhou/sougi08/bunrei/bunsho/bunsho01.html

Q教えて!!★外国のお札の肖像にどんな人々が選ばれてきたか

過去・現在問わず。特に韓国・中国・アメリカのお札情報が知りたいです。その他、西欧・南米・アフリカどこでも構いません。たくさん知りたいのです。

できれば以下の点もご協力頂けると幸いです。
●どれぐらいの期間流通したか
●どんな風貌か、髭・メガネ・服装・帽子・中年・初老などなど
●どんな功績を残した人物か、どれくらいの知名度かなど

Aベストアンサー

韓国を始め、東アジアの貨幣は、下のサイトをご覧下さい。
さて、私は韓国に住んでいますので、韓国のお札の人物の知名度を書きます。
1万ウォンの世宗大王は、ハングルを作った王様として、韓国で知らない人はいません。最も尊敬する人物、という質問には、100ウォン玉のイー・スンシン将軍と共に、1、2位に上がります。
5000ウォン、1000ウォンの人物は、韓国では有名な学者で、小学生の読む偉人伝にも必ず登場しますので、名前は、韓国人ならだれでも知っているでしょう。が、詳しい功績などになると、あまり知らない、という人が多いかもしれません。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~ft8k-ymuc/asia-e/korea.coin.html

Q仏壇へのお供え

亡くなった母に喜んでもらうため、今後きちんとお供えをしたいと思っています。

子供の頃、田舎の祖母の家に行った時、仏壇に祖母はお供えしていました。
食べ物は時々変えていたにせよ、ずっとそのまま置いてあり、いずれ捨てていたのだと
思います。

一般に昔の日本人は、自分たちが食事をとる前に必ず先に仏壇にお供えをしたと聞きます。

質問ですが、下記のいずれが適切でしょうか?
(1) 自分が食べる前に必ずお供えして、そのまま置いておく。
(2) 自分が食べる前に必ずお供えして、しばらくしたら食べてしまう。
  (そのため自分が食べる量を、お供えの分あらかじめ少な目に設定する?)
(3) 時々でいいからお供えをして、そのまま置いておく。
(4) 時々でいいからお供えをして、しばらくしたら食べてしまう。

個人的には、お供えしても(身体をなくした)故人には届かず、自己満足のような
気がして、また食べ物を置いて劣化し捨ててしまうのがもったいなく、上記でいうと
(4)をやるかやらないか、というのが現状です。 
それでいて母が好きな物を私が食べると、「ああ、これお母さん好きだったけ。ごめんね~」
と罪悪感を抱きながら食べることになります。(やはりお供えは必要という感覚)

上記4つのナンバリングにあてはまらずとも、何か適切なお供えの方法について、
アドバイスを頂けましたら幸いです。 

亡くなった母に喜んでもらうため、今後きちんとお供えをしたいと思っています。

子供の頃、田舎の祖母の家に行った時、仏壇に祖母はお供えしていました。
食べ物は時々変えていたにせよ、ずっとそのまま置いてあり、いずれ捨てていたのだと
思います。

一般に昔の日本人は、自分たちが食事をとる前に必ず先に仏壇にお供えをしたと聞きます。

質問ですが、下記のいずれが適切でしょうか?
(1) 自分が食べる前に必ずお供えして、そのまま置いておく。
(2) 自分が食べる前に必ずお供えして、しばらくしたら食べ...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ちよくわかります。
私もお供えについては色々悩みます。
忙しいとついついおろそかになって、「ああ、お供えしなかった」と罪悪感を持ち、しばらくは続けるのですが、また同じことの繰り返しです。

最初は(1)でしたが、しばらく経つと(2)、最近では(4)になりました。
以前、「仏様には湯気をあげればよい」と聞いたので、温かいものをお供えして、冷めたらさっさと下げ自分で食べます。
(1)(3)は、そのまま置いておくと、それを食べる気にはなれず、そうかと言って捨てるのも勿体ないし、悩むので止めました。

私が以前、新聞で見かけた「季のうた」をご紹介しますね。
秋山さんという女性が詠んだうたですが、それを村上譲という方が紹介していたものです。
とてもいい歌だと思いますので、読んでみてください。
以下、記事の原文のままです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

『供養とは 思い出すこと 春の雪』 (秋山真由美)

降るそばから消えて積もることのない春の雪を見ながらの感慨だろう。
真冬の南国には少ないが、春になってよく降るのが淡雪である。
何となく哀れを誘うその白さに触発されて、思い出すのは故人たちの面影であった。
供養とは、仏・法・僧または死者の霊に供物を捧げることと考えていたが、思い出すだけでも供養になると気づいたのだろう。
いやむしろ大乗仏教では堂塔の供養より精神的供養を力説する。

             村上 譲(作家・評論家)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

私はこれを読んでから気持ちが楽になりました。お供えをしなかった、怠けたことによる罪悪感が消えて随分適当になりました。
自分の生活が第一で、時間がないときは無理をしないことにしました。
私があれこれ悩んだら、故人は喜ばないのかなって思いました。
一番大切なことは、「供物を捧げること」ではなく、「故人を思う気持ち」だと気がついたんです。
他人から見たら、「仏さまに失礼な!」と思われるかもしれませんが、自分が良ければそれで良しと開き直ってます。
わずかでもご参考になれば幸いです。

お気持ちよくわかります。
私もお供えについては色々悩みます。
忙しいとついついおろそかになって、「ああ、お供えしなかった」と罪悪感を持ち、しばらくは続けるのですが、また同じことの繰り返しです。

最初は(1)でしたが、しばらく経つと(2)、最近では(4)になりました。
以前、「仏様には湯気をあげればよい」と聞いたので、温かいものをお供えして、冷めたらさっさと下げ自分で食べます。
(1)(3)は、そのまま置いておくと、それを食べる気にはなれず、そうかと言って捨てるのも勿体ないし、悩むので止めまし...続きを読む


人気Q&Aランキング