「今ある論理体系以外の論理体系は存在しない」ということを証明した人がいると聞いたのですが……。
 一体誰がどのように証明したのでしょうか。僕のまったくの記憶違いの可能性もありますので、そのときにはその旨を教えていただきたく……。
 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

それって、多分「命題論理」及び「第1項述語論理」における完全性定理のことじゃないですかね?もし「それだったら、ゲーデルという物凄い論理学者が証明しました。

「今ある論理体系以外の論理体系は存在しない」というものとは違うんですが、このように誤解される可能性はあります。

論理で重要になるのは「完全性」といわれるある性質と、「無矛盾性」です。又「完結性」なる性質もあります。

論理記号を使う事で、論理記号と命題の関係そのものの働きを、その論理語(記号)だけで全て定義出来るというのが「完結性」です。短くいえは、論理は、論理語だけで公理化出来るということです。

無矛盾性というのは、文字通り論理規則が矛盾しないことです。矛盾すると、例えば、「Aである」と「Aでない}が同時に結論として導かれるが故に無内容になります。普通、論理はその働きが無矛盾であることが前提になります。

論理では「真理値」というものがあって、「真」か「偽」で決定されます。感覚的に申せば、その推論の内容が確信的に妥当であるか、明らかに間違っているか、を示します。普通、ある論理式が与えられた時に、その式が論理規則によって「真である」か「偽である」が確実に求まることが、望ましいものです。つまり「太郎君は生きている」ことが、真か偽か、確実に決まるようなものです。そしてどのような式(定理)が与えられてもそれが間違い無く、その体系の中だけで「真」か「偽」のどちらかで求まるような体系は「完全性」を持つといわれます。

ゲーデルは(詳しく述べませんが)「命題論理」と「第一項述語論理」について、その「完全性」を証明しました。「多項論理」や「様相論理」についてはそのような性質が無く、よって「不完全性」と言われます。一般の数学の基礎になるような自然数論も上の意味で「不完全」です。

「完全な論理体系は、命題論理と一項述語論理以外存在しない」というのだったら、それはゲーデルという人が証明した驚異的な結果です。

でも、「今ある論理以外の論理体系は存在しない」という言葉を、文字通り解釈すれば、「そりゃそうだ」ということになるでしょう。「今生きている人間以外に生きている人間はいない」といっていることと同様ですから。

彼が「完全性定理」をどう証明したかについては、長いので、論理学の教科書を紐解くことをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 大変詳しい解説ありがとうございます。

 たぶんこのことをいっているのだと思います。

お礼日時:2002/09/17 20:38

率直に申しまして、科学的(論理学的見地も踏まえて)には、その陳述そのものは無意味です。

つまり、比喩的に、メタ証明論的に申せば、その証明は不可能です。
「理論体系」と言うのは内包的なものであり、その「理論体系」で理論の宇宙を作る事は出来ますが、その「理論体系」の外(宇宙)に関しては何も言えはしないのです。
確かに、我々が現在使っている理論体系(と言っても様々な階層がありまして、
唯1つではないのですが)、非常にリーズナブルでこれ以外にあるとはとても考えられないと言うのは、心情的にはよく理解できないこともありません。
しかし、それ以外に無いと言うのは、(繰り返しですが)、使っている「理論体系」では、何も言えないとしか言いようがありません。
    • good
    • 0

「論理体系」って何のことで、どんなのが「今ある論理体系」なのか、ここんとこをはっきりしないとどうにもなりません。


 なんて言っても始まらないのは分かってるから、一般論をやってみましょう。

 論理は人間の推論を抽象化・規則化したものです。何も「どんな命題でも証明できる(完全性)」「必ず正しい答がでる(無矛盾性)」という性質を持つ必要はありません。実際、人間の推論はよく誤ります。
 そういう意味で、論理体系なんてナンボでもあり得ます。特に、義務・権利・偶然・必然・知識・信念・憶測・因果関係・帰納(思いこみ)などなどを取り扱える論理(様相論理と言います)はまだ発展途上です。
 また「証明の能力は限られているけれど、機械的に推論を行うのに適している」という論理だってありますし、そのバリエーションもいろいろ考えられるでしょう。
 かくて、「今ある論理体系以外の論理体系は存在しない」ということを証明した人が存在しないことが証明できそうな気がします。

 なお、不完全性定理は直接関係ないと思いますが、質問検索で幾つかヒットしますよ。
    • good
    • 0

ゲーデルの不完全性定理のことでしょうか?


ゲーデルは、今ある理論体系の正当性を証明することはできない、ということを証明したらしいのです。つまり、1+1=2は絶対に正解だと言える理論はないということらしいのですが、私あまり良く理解できてませんのでここらへんのところの説明はできません。
 回答になってませんね、ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 簡潔な解説ありがとうございます。

 たぶんこのことを耳にしたのだと思います。

お礼日時:2002/09/17 20:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブール代数の論理式の計算について

ブール代数の計算についての質問です。

x*y1'*y2 + x*y1*y2'(ただしx'はxの否定をあらわす)

上記の式の最簡積和表現はどのようになるのでしょうか?
まずxで括り出して

x*(y1'*y2 + y1*y2')

と変形できますよね?
そうすると、y1*y2'というのは(y1'*y2)'になります。
ブール代数の公理で「x + x' = 1」というのがあったので

x*(y1'*y2 + y1*y2')
= x*(y1'*y2 + (y1'*y2)')
= x*1
= 1

となり、常に値が1ということになってしまいます。
元の式を考えるとこれはおかしいですよね。
どこで計算を間違ったのかご教授お願いします。

Aベストアンサー

間違っている箇所だけですが、まず、

> = x*1
> = 1

これが間違ってますね。 x * 1 = x です。(*は論理積ですよね?)
また、

> そうすると、y1*y2'というのは(y1'*y2)'になります。

も間違いです。ド・モルガンの法則

(a * b)' = a' + b'
(a + b)' = a' * b'

を考えてみてください。

Q科学で存在が証明できないモノは存在しない、と唱える方へ。

以前、とある大学の教授が、宇宙から来た空飛ぶ円盤や
霊の存在は科学では証明できない。よって存在しない。
と力説されまして、私は以下の様な質問を致しました。

「アナタに知性はありますか
 良心はありますか
 責任感はありますか
 信念はありますか
 教養はありますか
 …あるのならば、科学でその存在を証明してクダサイ」

その教授は、怒って退席されました。
科学に明るい方で、この教授と似た考えをお持ちの方、
私の問いに答えてクダサイ。

尚、実際に霊やUFOが存在するか否か、
の議論には関心がありません。

Aベストアンサー

#17です。面白い議題をありがとうございます。

>そういうもの=事象、と考えると、私の理解を越えます。

私の文章の中で、そういうもの≠事象です。
"そういうもの"というのは「知性、良心、責任感、信念、教養」を差します。
"事象"とは「ある人がいいアイディアを言う。」と言うようなことです。


>なぜ「ない」モノを切り取るコトが出来るのか。

これはとても深い内容だと思います。
まず一つ、我々は「言葉」を使って思考していると言うことを考慮に入れなくてはなりません。
思考は常に言葉に縛られています。
そしてその言葉の意味を学習や経験から習得しています。
次に自分の行動を、教育された「言葉」に当てはめて評価しているのです。
最後にその行動の起因となる感情を「~心」「~感」などと定義づけます。。
今はどうか分かりませんが、私が小学生の頃には「道徳」と言う授業がありました。
子供に善悪を教えています。宗教教育にもその側面があります。
だから、育った環境によって、「良心」は変化します。
イスラム原理主義者の良心と呼ばれるものをを、私は理解することが出来ません。

そして二つ目、言葉が無かった時代、どうやって言葉は生まれたか。
これはまだ研究中なのではないでしょうか・・・(逃げ逃げ)

ただ一ついえることは、知性、良心、責任感、信念、教養は全て評価だということです。可・不可、有り・無しの応用であり、相対的なものです。
#無知な人間がいるから物知り人間がいる。
(皆が同じ知識を持っていたら、教養という言葉は無かったかもしれない。)

#頼まれたことをやる奴とやらない奴がいる。
(やることが当たり前という行動しか出来ない種族なら、責任なんて言葉は生まれなかったかもしれない。)

#善悪(良い・悪い)とは、自分たちの集団にとって、利益になるか不利益になるかということに起因します。味方を殺すのは罪になりますが、敵を殺すと英雄になれます。

また、我々日本人にとって、無視できないのが外来語です。
多くの言葉が中国(漢語)から輸入され、その概念を学び、思考のバリエーションを広げました。
もちろん、英語だってそうです。プライバシーと言う言葉を知ってから、日本人は孤独化していったのでは?
と大袈裟ですが思います。

言葉があるせいで、我々の心や感情は数パターンに分類分けされ認識されてしまうのです。
新しい言葉を知ることで、思考世界が広がります。
(認識学とかそういうジャンルの話になると思います。)

これって科学と言うより哲学かなあ。
夜も遅いので駄文になっているかもしれませんが、
なぜ駄文か・・科学的に証明出来るはずです・・・・・。

#17です。面白い議題をありがとうございます。

>そういうもの=事象、と考えると、私の理解を越えます。

私の文章の中で、そういうもの≠事象です。
"そういうもの"というのは「知性、良心、責任感、信念、教養」を差します。
"事象"とは「ある人がいいアイディアを言う。」と言うようなことです。


>なぜ「ない」モノを切り取るコトが出来るのか。

これはとても深い内容だと思います。
まず一つ、我々は「言葉」を使って思考していると言うことを考慮に入れなくてはなりません。
思考は常に言...続きを読む

Q論理代数(ブール代数)の問題ですが…

X=(A+B)・(A+C)+B・(A+C') ※C'はCバー

ブール代数の公式等を利用して変形し、簡単化するとA+Bになるらしいのですが、惜しい(と思う)所まで行くんですが出来ません。

なるべく式などを省略せずに教えて頂けませんか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2で回答した者です。

補足にある点で
>X=A(1+C+B+B)+B(C+C')
>※1を足せば全て1になるので
>X=A+B
>でも宜しいでしょうか?
そのとおりです。
公式およびブール代数の満たす計算方法が解れば、たいしたことのない演算です。

Q論理回路の負論理が理解できない

論理回路の負論理がなかなか理解できません。
「H」なら 「0」
「L] なら 「1」
ということは分かるんですけど。

論理回路の「Not」の記号は出力部分に丸がありますよね?
これは負論理を表すのですか?
例えば、私の考えはこうです。
この「Not」に「H」を入力すると、出力は「L」になります。
入力は正論理だから「H」は「1」を表します。
出力は負論理だから「L」は「1」を表します。
入力が「1」で出力が「1」??
となってしまうわけです。
「NAND」や「NOR」も同様です。

そもそも実際の回路上で負論理と正論理がどのように使われるのかあやふやな感じです。
実際の回路は「H」と「L」の世界なわけで、そこに「0」や「1」が何時出てくるのかなと...

長文でごめんなさい。
どなたか私の疑問を解消してください。

Aベストアンサー

電圧が高い方がHで低い方がLですね。
1と0は論理の「真」と「偽」ですから、
 正論理の場合は、Hなら1でLなら0
 負論理の場合は、Hなら0でHなら1
ということです。

例えば、RESETという信号を持っているICがあるとしましょう。
リセットの状態が論理的に真(1)です。
この信号がHの時にICがリセット状態になるのならこの信号は正論理の信号です。
逆にLの時にICがリセットされればこの信号は負論理の信号です。
回路図でICのこのピンの信号は負論理ですよ~と明示したいときに○がついてます。

普通に回路を見るときは正論理・負論理を気にすることはないと思います。すべて正論理で考えて○=NOTでもあまり不都合はないのでは?

Qブール代数を使った論理式の解き方

(A+B)・(A・C+A・B)・(A+C)
上記式をブール代数の公式等を用いて簡単にしなさいという問題ですが、

文字の上に-(読み方忘れてしまいました、インバース?)
・問題
・解答
・理解できないところ
をPDF添付ファイルで記入してあります。

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

これは式の書き間違いです。

上にバーがつくAを¬Aと書くことにします。
6行目の一番右のところから書くと
A・C+(¬A+¬A・C+A・C)・B=A・C+( ¬A・(1+C)+A・C)・B=A・C+(¬A・1+A・C)・B
となります。

つまり、7行目一番左のところの¬A・(1・C)は¬A・(1+C)の書き間違いです。

Q作業記憶と参照記憶について

 作業記憶と参照記憶についてお尋ねします。作業記憶はある試行内でのみ有効な情報の記憶ですが、参照記憶とは何でしょうか。いまいち参照記憶について理解できていません。
 あと、作業記憶と参照記憶の例を教えてください。

Aベストアンサー

作業記憶と、参照記憶はそれぞれ、
短期記憶と長期記憶に置き換えられます。

すなわち、一夜漬けで覚えたテスト範囲の英単語などは短期記憶であり、

毎日、生活している空間内の、風呂やトイレの場所などは、長期記憶に保存されていることになります。

Q論理回路(ブール代数)について

学校の課題にこの論理式を簡単にせよという問題がありまして解こうと思ったのですが一つだけ全くわからない問題がありじっくり考えたのですがそれでもわからずこのままだとわからないまま終ってしまうのでそれは嫌なのでもし宜しければときかたと答えを教えていただきたく思います。
問題なのですが
F=(Aバー×Bバー×Cバー)+(Aバー×Bバー×C)+(A×Bバー×Cバー)+(A×Bバー×C)+(A×B×C)
(問題には×と()は書いていないのですがこれを書かないとややこしくなると思って書きました。それとバーのラインが表せないのでバーと文字で表記させて頂きました。)
ご解答お願いします。

Aベストアンサー

以下では否定を~で表します。

A~B~C~ + A~B~C + AB~C~ + AB~C + ABC
= A~B~C~ + A~B~C + AB~C~ + AB~C + AB~C + ABC
= A~B~(C~ + C) + AB~(C~ + C) + AC(B~ + B)
= A~B~ + AB~ + AC
= B~(A~ + A) + AC
= B~ + AC

というわけで答えは「B~ + AC」です。
なお、他の方々は「B~ + ABC」と回答になっていますが、これも間違いではありません。
(ベン図を見れば一発でわかりますよね?)
一応、「B~ + ABC」から「B~ + AC」への変形を記述しておきます。

B~ + ABC
= B~(1 + AC) + ABC
= B~ + AB~C + ABC
= B~ + AC

Q自分の前世の記憶が無いことから 魂そのものには意識は無いと思うのですが 魂=意識 自我でなくてはいけ

自分の前世の記憶が無いことから 魂そのものには意識は無いと思うのですが 魂=意識 自我でなくてはいけないのでしょうか? 統合情報理論では魂を否定していますが

Aベストアンサー

この世の中に生を受けているという事は
貴方が望んだから生まれています。

この事をまず理解して下さい
勝手に両親が生んだのでは無いです。

貴方が望んだから
貴方の指導霊と一緒に考えて
貴方を上手く育ててくれると思われる両親を選んで
再生してきています。

ですから人生の意味は
本来なら貴方が一番良く解っていないといけない事ですが
生まれて来るときに忘れるようになっています。

忘れるのは、生まれてから起こる色んな事を
あらかじめ解っていたら真の成長にはならないからです
テストの問題が先に解っているような物だからです。

そして貴方は一旦忘れる事にも同意しています。
そして今があるのです。

人生の目的のヒントは
貴方の性格、両親や家族にある問題または特異性
今までに色々経験した嫌な事、
これらの事が
今回に人生で貴方が経験し克服すべき問題(テーマ)で
一つだけではないです。

Q哲学的論理学(英: Philosophical logic)は有用ですか?

大昔は数学やその他の学問も哲学に包含されていたそうですが、歴史が下るにしたがって、各学問分野が独立しつづけ、現代は哲学が扱う分野は残り少なくなっている様に思います。

アリストテレスやフレーゲが哲学の一分野として開発した論理学(Philosophische Logik, Philosophical logic)は、数学の集合論やブール演算が開発された現代においてもなお有用でしょうか?

質問1:集合論とブール演算を熟知している人が、哲学的論理学を学習して初めて可能になる論理・論述はあるのでしょうか?
質問2:命題論理あるいは述語論理で記述(論述)できるが、集合論とブール演算では表現できない「何か」があれば、その一例をご教示ください。

哲学の学生、数学の学生、哲学や数学の教員、それに市井の哲学愛好者など古典論理学や記号論理学に知見のあるかたよりアドバイスいただれば幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2, No.6です。
 数学において証明ということができる理由は、数学が自己完結していることにあります。ユークリッドの公理主義を徹底して洗練した、ヒルベルトらによる形式主義の成果ですね。数学という言語を使って何が言えるか、ということだけを問題にしている。用語が現実世界とは全く無縁であることによって、現実の経験とは完全に切り離されているんです。そのためには、現実の経験とは無関係に、しかも自己撞着に陥らないで用語(概念)を導入する仕組みが必要不可欠である。論理と集合論がその基礎を与えていて、すなわち集合を素材にして、さまざまな概念が構成されるという仕組みです。
 これが数学基礎論です。哲学をやるのに大いに助けになる。いや、哲学やる人には数学基礎論を必修にしたっていいぐらいじゃないか、と思います。

 というわけで、島内剛一「数学の基礎」の前半を(全部は分からなくたって気にしないで)とにかく通読なさることをお勧めしよう。数学の仕掛けの構造が、ドロドロした歴史的背景なんざ無視して、奇麗に整理されているからです。これを一通り理解した上で、それでもどうしても溺れてみたいのならドロドロに入ってみれば良いかと思います。

> 理学部の数学科に行かなきゃイケなかったかな。

 数学科に学費払うまでもなく、良いテキストがあれば独習で足りると思いますただね、歳を取ると根気と集中力が落ちるのがヤバいんだよな。

こちらもご参考になるやも知れぬ。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/43691.html
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/3290945.html
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/3948315.html
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7423274.html

No.2, No.6です。
 数学において証明ということができる理由は、数学が自己完結していることにあります。ユークリッドの公理主義を徹底して洗練した、ヒルベルトらによる形式主義の成果ですね。数学という言語を使って何が言えるか、ということだけを問題にしている。用語が現実世界とは全く無縁であることによって、現実の経験とは完全に切り離されているんです。そのためには、現実の経験とは無関係に、しかも自己撞着に陥らないで用語(概念)を導入する仕組みが必要不可欠である。論理と集合論がその基礎を与...続きを読む

Q微小な領域に存在する水分の存在の測定法?

今、骨にレーザーを照射して照射有無で骨に含まれる水分量の変化があるかどうかを測定するような実験を検討しています。細かい数値までは必要ないのですが水分変化をしりたいのですが、なにか手軽に調べる方法はないでしょうか?詳しい方がおられましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> FTIR(赤外線分析装置)はありますが、このことでしょうか?

そうです。最近の IR は大体 FT 方式ですね。ただ,普通の FTIR では測定は出来ないと思います。微小エリア(とは言っても 1 mmφ ですよね)の反射配置測定が出来るようなものでないと…。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報