一年に一回のワクチン日は今度の日曜日なんですが
先日からヒートになりました
数週間ワクチンずれても良いでしょうか・・


あと、4月といえば狂犬病注射ですよね~
ワクチンと狂犬病注射の間隔って空けないとダメでしょうね・・

去年はワクチン予定日に打てたので
狂犬病まで1ヶ月空いてましたが・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

miyusanさん こんにちは。



ワクチンの接種の日にちは、多少ずれても大丈夫ですよ(#^.^#)。
目安として、ちょうど1年後の何月何日頃と証明書等に記載されているだけで、数週間ほどならずれてもOKだそうです。
私も、以前諸事情でワクチンの接種日がずれる事があったので、獣医さんに同じ事を確認した事があるんです(^_^;)。

あと、混合ワクチンと狂犬病の予防接種はずらした方が良いそうです。
できれば、1ヶ月ほど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

やはり、ワクチンと狂犬病は間空けた方が良いんですね解りました

お礼日時:2005/04/02 13:22

ワクチンなら大丈夫です。


仔犬ならちょっと問題有りですが、年に1回ということは成犬ですもんね。

予定日なので必ずこの日って訳ではありません。
大幅なずれはよくないですが、数週間であれば平気です。
妊娠や体調によっては数ヶ月ずれる事もありますし、老犬では負担になることもあるのでずらすこともあります。

混合ワクチンと狂犬病ワクチンはできれば別の方が良いです。
感染率からみて優先的には混合ワクチンでしょう。
狂犬病は極端な話、今年度中に打てば問題ないのです。
どこの病院でも大体扱っていますから、焦らなくても大丈夫です。
そうは言っても海外からの輸入動物の増加等の影響で狂犬病はいつ入ってもおかしくありません。
必ず接種して下さいね^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

はい、今年4歳のワンちゃんです
今までずれたことがないので質問させていただきました・・ヒート終わってから接種に行くとします

お礼日時:2005/04/02 13:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q犬の白ぽい鼻水

うちの犬シーズ5才がここ3週間ほどずっと白いような青いような鼻水がでています。左鼻からいつもでていて、量は舐めてしまうのでわかりません。けど食欲もありいつも通り元気です。
しかし何かのサインかとも思って心配です。元気なのでそのうち治るだろうと思ってたのですが、治りそうもなく病院に行こうか悩んでます。
犬のこういう鼻水は危険なのでしょうか?

Aベストアンサー

危険かどうかは判断しかねますが・・・

鼻水は鼻腔内に侵入してきた異物(花粉や埃、細菌などの微生物)を外へ押し出し、鼻腔内を清潔に保つための役割をもっています。
異物を外へ押し出したら、鼻水は役割を終わって止まりますが、ずっと出続けるということは鼻腔内に異物がとどまり続けている事によって起こると思われます。
小さなゴミの類の異物が鼻腔内に刺さっているとか、細菌やウィルスなどが鼻腔内に感染していたりすると、鼻腔内が刺激されることによって鼻水が出ことがあります。
その他には花粉症などのアレルギーが原因の事もあります。
サラサラした鼻水はアレルギー、黄色っぽかったりドロっとした感じだったらウイルスによる事が多いです。
その他の病気や酷い歯周病が原因の場合もあります。

いつも通り元気とはいえ、3週間も続いているというのは普通の状態ではないと思いますので、病院へ行って診察してもらう事をお勧めします。

Qワクチン接種・狂犬病注射

去年の4月22日生まれのダックス、2回ワクチン接種して8月に狂犬病の注射したのですが次のワクチンと狂犬病の注射はいつごろがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

8月で良いとおもいます
狂犬病は年に一回なだけなので
無理に集団接種でなくても良いですよ
家は病院で接種してます
自治体から督促状が来ますが無視しても大丈夫です
知人は1月に接種してますよ

Q犬が怖くて鼻水を垂らすことはあるのでしょうか?

昨日、2匹目の犬を買い、家に連れてきたのですが、
1匹目の犬の方が怖いのか鼻水を垂らしまくります

新しい子を部屋に入れると鼻水が止まり、新しい子を出して近くに居たりすると
途端に鼻水が垂れます

風邪かとも思うのですが、くしゃみもせきもなく、鼻水だけです
検索してもあまり出てこないので、よくわからない状態なのですが・・・

犬が怖くて鼻水を垂らす事はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

犬は人の言葉を喋れなくっても、心はあるのですから色々感じていること考えていることがあります。

涙もろい人と一緒ので、涙腺が緩んでくれば鼻水が垂れます。

目脂が多かったりする様だと花粉症などアレルギーかもしれません。

個人的な印象だと、鼻ぺちゃ犬は、平常心だろうが、風邪だろうが、鼻水が垂れている様な気がしますので犬種によっても違いがあるのでは。

Q子犬の狂犬病ワクチン注射の副作用について

実家の両親が子犬を飼い始めましたが、
狂犬病ワクチン注射の副作用について心配しています。
副作用は普通はないものなのでしょうか。

しかし、毎年毎年なぜ狂犬病の予防接種は打たなければダメなのでしょうか?
狂犬病に一度かかってしまうとどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

非常に広範囲に渉る話しですので、ご質問からはみ出す部分が出てきますが、出来るだけ簡潔に書きます。

>副作用は普通はないものなのでしょうか。

薬剤ですから副作用ゼロということはありません。
ほぼ全ての薬剤が何らかの副作用を持っていますし、これは人間用でも同じです。
ご質問は狂犬病ですが、それ以外の混合ワクチンであっても副作用はあります。

狂犬病予防接種についても、実際に年間数頭の犬が亡くなっています。
ただ日本全国で狂犬病予防接種を受けた犬、それに対しての割合ならば率として低いのは確かです。(ただし予防接種の副作用としてみると多いです。同じ率が人間用の薬で出たら大問題になります)
リンクは農林水産省の副作用データベースです(http://www.nval.go.jp/asp/se_search.asp)
狂犬病をキーワードに検索するとデータを見ることが出来ます。

問題は全体の率よりも『自分の飼い犬に副作用が出たとき、それは飼い主にとって100%』という事です。
この点については信頼できる獣医さんで予防接種を受けることでリスクを軽減できます。
『注射後に最低三〇分程度は帰宅せず医院に留まり、体調に異常が無いか診察を受けてから帰宅する』ということですね。
また獣医師の診察により『健康上予防接種をうたない方が良い』という判断が下された場合、注射を延期できます。
ですので信頼できる獣医さんにお願いすることが大切になります。
流れ作業的な接種で無く、しっかりと診察を受けてあげた方がより好ましい対応になるということですね。

>しかし、毎年毎年なぜ狂犬病の予防接種は打たなければダメなのでしょうか?

尤も大きくは『狂犬病予防法という法律で(予防接種が)犬を飼う”義務”になっている』という点があります。
なぜ法律で定められているかというと『日本が狂犬病清浄国であり続けるために』です。
狂犬病は全哺乳類が感染します。
犬に対して予防接種が義務づけられているのは、(犬)→(人)という感染経路をたどることが非常に多いからです。

全哺乳類が感染するというのは、海外からの船便や航空便に紛れ込んだ動物が感染しているという可能性もあるということです。(港に停泊していた船舶から感染動物が上陸した時点で、感染拡大の危険があります)
そして世界的に見ると狂犬病清浄地域は極一部です。
同時に清浄地域のほどんどが島国。もしくは他国と陸で繋がっている場所が極一部です。
ですので、現在日本が狂犬病清浄国であるのは、海に囲まれているという立地条件と『検疫により持ち込ませない』という努力のたまものでもあります。

ところが哺乳類の中には、ネズミやコウモリという小型の動物がいます。
これら動物が検疫をすり抜けて入ってきた場合を考えて、犬に予防接種が行われています。

>狂犬病に一度かかってしまうとどうなるのでしょうか?

(人間も含め)狂犬病を発症すると決定的な治療法は無く、ほぼ100%死亡します。
犬が発症した場合は、それ以上の感染が広がることを避けるため、各都道府県知事に任命された予防員(獣医)により殺処分されます。(正確には、予防員の判断で殺処分できる。また殺処分の決定を飼い主は妨げられないということです)
ですので、万が一、狂犬病が上陸した場合は愛犬を守るという意味もあります。
詳しくは厚生労働省のページを(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/)


狂犬病予防接種そのものにも、色々と問題はあります。(議員の間でも何度か法律見直しの声が上がっています)
箇条書きで。
60年以上、日本での感染例がないというのは検疫で防止できる証明。
薬剤原価に対して、接種料金が異常に高い。(業界利権、金銭目的が疑われている)
発症前(噛まれた)段階ならば、暴露後ワクチンで発症を防げる。(感染拡大阻止ができる。ただし暴露後ワクチンを常に一定数備蓄しておく必要が出てくる)
副作用リスクが、十分に飼い主に伝えられていない。

書かせて頂いたのは一部ですが、こういった問題が指摘されています。
『今後どうすべきか?』というのは個々人がしっかりと考えるべき事ですし、もしも法律に不満があるならば署名という方法で法改正の必要性を国会に訴えていく方法があります。

非常に広範囲に渉る話しですので、ご質問からはみ出す部分が出てきますが、出来るだけ簡潔に書きます。

>副作用は普通はないものなのでしょうか。

薬剤ですから副作用ゼロということはありません。
ほぼ全ての薬剤が何らかの副作用を持っていますし、これは人間用でも同じです。
ご質問は狂犬病ですが、それ以外の混合ワクチンであっても副作用はあります。

狂犬病予防接種についても、実際に年間数頭の犬が亡くなっています。
ただ日本全国で狂犬病予防接種を受けた犬、それに対しての割合ならば率として低い...続きを読む

Q白い大きな犬の家


「白い大きな犬」の家
白い「大きな犬」の家
白い大きな「犬の家」
の他も含めて

犬が白いのか大きいのか
家が白いのか大きいのか

不明です
以下の場合どのように表現したらいいでしょうか?

1.家が大きく家が白い
2.犬が大きく家が白い
3.家が大きく犬が白い
4.犬が大きく犬が白い

Aベストアンサー

1.家が大きく白い場合
修飾語(うしろの語を詳しくする言葉)と修飾したい言葉(被修飾語)をなるべく近づけて
「犬の白い大きな家」
2.犬が大きい場合
途中に句読点を付けます。
「大きい犬の、白い家」
3.家が大きく犬が白い場合
 2と同様に考え、「白い犬の、大きな家」
4.犬が大きく白い場合
「白く(て)大きい犬の家」。「・・・の、家」は不自然ですから、もっと明瞭にしたい場合「家がある。それは白くて大きい犬のものだ。」のようにすればより確実ですが、普通、前者のもので通じると思います。
こういうことですよね。

Aベストアンサー

その犬や噛まれた人が狂犬病を発症すれば、ほぼ死に至るといわれています。
「狂犬病予防法」があります。

Q乳濁色の鼻水が・・・(犬)

はじめまして。
家で犬を飼っているのですが(Mダックス・14歳・オス)
最近その子が鼻が乾いているにも関わらず鼻水がでます。またその鼻水というのが乳濁色で乾燥すると人間の鼻のカスの様に固まっている事があります。
何か異常が考えられるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
ご存じのように、普通のイヌの鼻汁は透明でさらさらしたものです。白く濁っているということですから、何か異常が起こっていると考えるべきでしょう。
一口に「鼻水がでる」といっても、病気は様々です。鼻炎でも、ウィルス性のもの、細菌性のもの、アレルギー性もの、あるいは異物が鼻の奥につまっている場合などあります。目や口の病気や、腫瘍なども考えなくてはいけない病気の一つです。
獣医さんに連れて行って、一度検査するべきだと思います。通常は鼻汁を詳しく顕微鏡で観察し、鼻の部分のレントゲンを撮ります。それでも原因の判別ができないときは、詳しい血液検査などを行う場合があります。
早く良くなるといいですね。

Q狂犬病の予防注射について・・

先日保健所から、狂犬病の予防注射のハガキが
届きました。去年に5月から飼いはじめ、去年は
すでに市で実施している注射の日程が過ぎていたので、
病院で注射をしたのですが、今年はどうしようかと
考え中です。
どちらも料金は変わらないようですが、何か違いは
あるのでしょうか?例えば衛生面など・・。
みなさんはどうしていますか?
参考までに教えてください。

Aベストアンサー

狂犬病の集合注射に時期は過ぎてしまいましたが、かなり誤った情報もありますので、少し書かせてください。

まず、日本で狂犬病検疫の対象になっているのは「犬 猫 アライグマ キツネ スカンク」です。そしてすべての哺乳類が感染します。日本での例は1956年の6頭以来ないということですが、実際には1970年にネパールで犬に噛まれ帰国後発病というのが最後となっています。噛まれないと感染しないのかとか、猫のほうが感染源となりやすくないのか、というものは調べると分かりますので検索してみてくださいね。ワクチンについてはアメリカで考え方が変わってきているようです。毎年する必要があるかどうかは今後変わってくるかもしれません。また、残念なことにこの注射のせいで亡くなってしまうわんちゃんの報告例は多数あります。

注射の代金ですが、同じところもあるかもしれませんが、集合注射と病院での接種は違うのが普通です(いくつかの病院に問い合わせた結果です)。病院の場合はあとで届けを出さないといけないこともあります(病院で代行してくれるところもあります)。注射の内容は同じです。地域もしくは病院によっては4月の該当する2週間とか、1ヶ月とか、4月~5月といった期間限定で安く(といっても集合注射よりは高いのが普通です)済むところもあります。料金については病院しだいですので、気になるようでしたら事前に問い合わせてくださいね。

集合注射の場合はどうしても流れ作業的になりますので、こわがりのわんちゃんは不向きかもしれません。飼い主さんが気をそらせてあげたりするといいかもしれません。衛生的のためか、皮下注射ではなく筋肉に打つことが多いようです。安く、待ち時間が少ないというのが利点でしょうか。
それに対して病院での接種は、接種前にきちんと診断してもらえる、接種以外のことも対応してもらえるというのが利点でしょうか。

ちなみに私は集合注射に行きました。

狂犬病の集合注射に時期は過ぎてしまいましたが、かなり誤った情報もありますので、少し書かせてください。

まず、日本で狂犬病検疫の対象になっているのは「犬 猫 アライグマ キツネ スカンク」です。そしてすべての哺乳類が感染します。日本での例は1956年の6頭以来ないということですが、実際には1970年にネパールで犬に噛まれ帰国後発病というのが最後となっています。噛まれないと感染しないのかとか、猫のほうが感染源となりやすくないのか、というものは調べると分かりますので検索してみてくださいね。...続きを読む

Q室内犬がくしゃみ、鼻水!?

最近うちのMダックス(生後、半年)がひどくはないですがたまにくしゃみをしたり少し鼻水が出てるような気がします。
犬に風邪などあるのかな?
あせって病院に行くような病気でしょうか‥。
同じような経験者いませんか?
すぐ診察してもらいに行きましたか?

Aベストアンサー

はじめての冬ですからね
気温の変化についていけてないのかもしれませんし
埃かもしれない、アレルギーかもしれないし

うちのがくしゃみや鼻づまりのような時には日に日にひどく
なければワクチンや狂犬病などの問診の時に話しますかねぇ

私が行くのはペットショップ・サロンが併設している動物病院
なので暇な時は行けば獣医さんが挨拶に来てくれるので
その時に相談したりとかしてます

ただ、結膜炎は様子をみてたら目やにがひどくなって可哀想な
事をしました・・・・
犬は辛い事を言えないし我慢強いので飼い主の観察と判断が
大事としか・・・

人間でも病院で鼻水の色などを聞かれますよね?
犬も同様で動物病院でうまいことくしゃみをしない可能性も
あるので観察して鼻水の色や回数などをチェックして獣医さん
に説明してください
またくしゃみの様子を動画で撮影して獣医さんに見せるのも
分りやすいです

鼻が黒いし鼻水を舐めちゃうので観察や撮影が難しいし辛そう
なのに撮影してるのが心苦しいのですけどね

Q注射器の使いまわし(狂犬病予防注射)

引っ越してきてはじめて今の地域で狂犬病の集団予防接種を受けました。
タイトルにもあるように驚いたことに今日受けた狂犬病の予防接種ではシリンジと注射針の交換は一切行われていませんでした。

白衣を着た獣医さんがすでにワクチン?の入ったシリンジを手に持ち針を消毒するでもなく、体重を確認することもなくそのまま次から次へと打っていきました。(見ているだけでも5,6匹)
初めは手続きをしていて他の方が受けているところを見ていなかったので気が付かなかったのですが、我が家の犬が接種が終わったときにまだシリンジにワクチンが残っているのでおかしいと思いその後の様子を見ていて分かったのです。
加えてこちらで別の方が質問されていた回答の中にディスポーザブルの針では複数回使うと犬が痛がるとありましたがまったく痛がることも無く接種後注射跡を確認するとその部分が水をかけたようにぬれていて本当に接種したのかどうかも不安です。

今住んでいる所は最も近い獣医さんでも40分以上かかる山間地です。近所の方の様子を見てもフィラリアの予防や狂犬病以外のワクチン接種を受けている人はほとんどいないような地域なのでどなたも不信感を抱いている様子も無く役場の方も了解している様子でした。

毎年フィラリアの予防をするときには検査をしてもらってからお薬はいただいていますが、使いまわしのシリンジや注射針で感染する可能性のある病気はどんなものがありますか?今のところ変わった様子はありませんが、すぐに検査をした方が良いでしょうか?
また役場の方にはどのように改善をお願いしたら良いのでしょうか?

長くなってしまいましたが義務として受けた注射なのに病気になってしまうのではととても心配です。
アドバイスよろしくお願いします。

引っ越してきてはじめて今の地域で狂犬病の集団予防接種を受けました。
タイトルにもあるように驚いたことに今日受けた狂犬病の予防接種ではシリンジと注射針の交換は一切行われていませんでした。

白衣を着た獣医さんがすでにワクチン?の入ったシリンジを手に持ち針を消毒するでもなく、体重を確認することもなくそのまま次から次へと打っていきました。(見ているだけでも5,6匹)
初めは手続きをしていて他の方が受けているところを見ていなかったので気が付かなかったのですが、我が家の犬が接種が終わ...続きを読む

Aベストアンサー

獣医師です。
この件はいくつかの問題点を含んでいると考えます。
1.複数のイヌに対して同じ針を使用しているのか?
2.そもそもワクチン自体を確実に接種しているのか?
3.その場にいた担当者(行政の人間)も暗黙の了解としてそれを黙認しているのか?それともただ単に気付いていないのか?

同じ針を使用してもフィラリアは感染しませんが、医療の根本的な原則として同じ針を異なる個体に使用しないという条件がありますので、
やはり問題だと考えます。

県の獣医師会に問い合わせれば、その当日担当していた獣医師まで特定できると思われます。
たまたまその獣医師だけがそういった行為をおこなっているのか?それとも(こちらの方が大きな問題なのですが)その地区の獣医師会ではそれが常識化、慣例化してしまっているのか?
針の使いまわしよりも、ワクチンをきちんと接種していない可能性(空打ちと呼ばれたりします)があるとすれば、これは大きな問題です。
県の獣医師会を通り超えて、日本獣医師会にまで持っていってもいい話かも知れません。

いずれにせよ、うやむやにせずきちんとした説明を受けられるべきだと思います

獣医師です。
この件はいくつかの問題点を含んでいると考えます。
1.複数のイヌに対して同じ針を使用しているのか?
2.そもそもワクチン自体を確実に接種しているのか?
3.その場にいた担当者(行政の人間)も暗黙の了解としてそれを黙認しているのか?それともただ単に気付いていないのか?

同じ針を使用してもフィラリアは感染しませんが、医療の根本的な原則として同じ針を異なる個体に使用しないという条件がありますので、
やはり問題だと考えます。

県の獣医師会に問い合わせれば、その当日担当...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報