↓こんな感じで、6回路分のスイッチのオンオフをする回路です。
CH1 100000100000
CH2 010000010000
CH3 001000001000
CH4 000100000100
CH5 000010000010
CH6 000001000001   1がオンで、0がオフ
つまり、1-2-3-4-5-6-1-2-3-4-5-6-…と、6番まで来たらまた1がオンになるという回路です。3V200mAが開閉できるか、出力できるぐらいで、可変抵抗や可変コンデンサーで、リレースピードを変えられる回路です。
いろんな本を読みましたが、FF回路や、SSR?とか…分かるようで分からず、応用ができません。
けっこう難しい回路になってもかまいません。IC,TRなどの使用部品名もお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ちょっと手元に規格表が無いので具体的な品番が出ないのですが、



8つの出力を順番にLOにできるICがあるはずです。
で、これの7番目(出力としては6番。0を数える為)の出力を
そのICのりセット端子に接続してください。
こうすると、6番目の出力まで行って、7番目に行くタイミングで
リセットされて1番目に戻ります。

次に出力の処理ですが、適当な1Aクラスのパワートランジスタを
出力に接続してください。
で、そのコレクタを抵抗でプルアップしておけば、ここで論理が
逆転して、コレクタには順番で1が出ます。
ただし、これでは電流を喰いすぎますから、
ICをオープンコレクタで動作させて、1kΩ程度の抵抗で
プルアップしておいてから、
VCCとIC出力の間にPNPトランジスタ(0.5Aクラス)を入れ、
そのコレクタとアース間にリレーを用意すると、ONの時だけ
リレーが動作するので、電流消費を抑える事ができます。

一方、カウンタICにはクロックが必要です。
これはNE555(555もしくは7555なら皆使えます)が
便利です。
これの抵抗を動かせば周波数(=周期)は変わります。
詳しくは、規格表を見てください。
ただし、規格表の式のとおりには発振しないので
多少、カットアンドトライが必要です。

このとき、各出力の1の幅が変わってしまうことがあります。
そういう場合は、555とカウンタの間に、1/2の分周回路を
入れて下さい。
これはFFの基本的な使い方ですから、教科書の類を見てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答、説明ありがとうございました。
消費電力や分周回路のことまで考えていただき、うれしい限りです。

お礼日時:2001/09/06 17:24

私もICで回路を組むのが良いと思いますが、リレーと抵抗とコンデンサで順次点滅をする回路が載っている本がありましたので紹介します。



誠文堂新光社
図解初歩のエレクトロニクス製作集 泉弘志著

「4灯用リレー式AC点滅器」という記事ですが、これが応用できるでしょう。
第1版が昭和47年8月という古い本です。 入手できないかもしれませんが参考まで。
(最近はコンピュータ関係の本が増えて、こういう本にお目にかかれないのは寂しいものです)
    • good
    • 0

>ICやTRも爆発するんですか?


簡単に爆発しますよ。ニキシー管ドライバIC(耐圧約100V)の変わりに間違えて普通のドライバーIC(耐圧15v)をつけたりしたとか.
ドライバ-トランジスタ(エミッターをグランドに落として使用)のコレクター結線がVCCとつながっていた(コレクター抵抗がショートしていた)とか
一番恐いのが.
スイッチングレギュレーターが絶縁されてなくて.AC100Vがまともにかかって.RS-232C関連部品が...パラレルIO関連部品が...
ですね。自分で作る場合に.懲りたのでスイッチングレキュレーターを一切使わない電源を専用に用意しましたが.これ負荷がopemすると.暴走するのです。ダミーロードをかけることに気がつくまで時間が必要でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり規格や回路設定をちゃんと確かめて、よーくテスト(ショート、誤配線等の確認)してから作動させるのが、肝心と言うことですね。
肝に命じておきます。

お礼日時:2001/09/09 00:20

ttlやc-mosを使うのでしたらば.負荷電流を気をつけてください。


必要に応じて.今の番号はわかりませんが.トランジスタで増幅しないと.200maなんて流せません。せいぜい1-2MA.大電流のドライバーTTLで20maでしょう。ドライバーICを使うか.トランジスタで増幅する(HFEが極端に小さくなるので.部品選定に要注意)かしてください。

あっ間違えた.でICやトランジスタのプラスチックカバーを爆発させても仕方ないですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうなんですか、やっぱり気をつけないといけませんね。
NO.4の方の「数個のIC」の内わけはこれらだったわけですね。

とこれで、ICやTRも爆発するんですか?
電解コンデンサーなら爆発すると聞いていますが……。

お礼日時:2001/09/07 03:55

TTLやCMOSに「シフトレジスタ」と言う石があります。


シフトパルスのたびに8ビットや4ビットのデータがシフト
していきます。 最初のデータをセットする回路や波形成型
等があり 1石とまではいかなくとも数個のICで組めると
思います。 ロジック回路の基本回路なので回路集などの書籍を
あさればけっこう載っていると思いますよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そんな回路もあるんですか……さては、僕の持ってる本が古かったのか?うーむ。
いろいろ知らないことが……早速探してみよう。
勉強になります!

お礼日時:2001/09/06 22:22

3V200mAくらいでしたらPICマイコンを使って組んでみるのも


一つの手かと思われますがどうでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
PICマイコン!確かにいけると思いますが、自分が今のところ扱えるのは、アイシー(それもすごく簡単なやつ)どまりなんです。すみません(汗)
やっぱりわかると便利ですよね……これを機に少し勉強しようかな…。

お礼日時:2001/09/06 18:05

チャンネル数が合うかどうか.疑問ですが


オムロンのシーケンス関連部品で.回転式のリレーで同様な回路があったかと思います。(検索してください)
時間で循環させる回路は.遅延リレー(設定した時間遅れて接点が変化するリレー)を2個組み合わせて.パルス発振器を構成します。
チャンネル数が合わない場合には.回路が複雑になるので省略します。必要ならば.補足をください。簡単に言えば.シフトレジスターを作ります。


ところで.交流ですか.直流ですか?出力回路は?.どちらでも困らないようにリレー回路で答えました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。いろいろ探したんですけど、そんなリレーもあったんですね!?ぜんぜん知りませんでした。
早速オムロンのHPを見てみたところ、(edogawaranpoさんの言わんとしている物かどうかわかりませんが)確かにありました。6回路のものもありました。ありがとうございました。
確かに交流か直流かでぜんぜん変わりますね(汗)説明が足りませんでした。
直流です。

お礼日時:2001/09/06 17:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリレー回路について

1入力2接点のような単純なリレー回路の構造や特性などについて教えてもらえないでしょうか。またリレー回路について詳しく載っているようなサイトなどを知っておられたら教えてください。
それと、リレー回路にダイオードを並列接続する理由も詳しく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リレーの寿命、特に接点の劣化が重要です。
カタログ等に記載される定格容量以上の負荷をかけますと、寿命は極端に短くなります。on→offの際、10倍程度のサージ電圧が発生します。そのときに、接点にスパークが見えるのですが、最悪接点を溶着させることがあります。逆に酸化被膜を作って、電気が流れないという症状を引き起こします。
直流回路では、ダイオードを逆に接続して、発生するサージを逃がしています。
交流回路では、他の方がおっしゃる通りです。

Q2.0×10^-6(c)の正電荷および、-1.0×10^-6の負電荷を

2.0×10^-6(c)の正電荷および、-1.0×10^-6の負電荷をもつ二つの小球A,Bをa(m)話して固定する。電位が0となる点の位置を求めよ。

こういう問題なのですが、僕は電位が0になる点が3つできる(Aの左に一つ、AとBの間にひとつ、Bの右側に一つ)とかんがえたのですが、間違いでしょうか。

解説よろしくお願いします。

Aベストアンサー

間違いです
Aの左側には電位が0の点は出来ません
考え方はプラスの電荷Aはとマイナスの電荷Bの大きさ比は2:1ですね
電位が0になるのはこの線分ABを2:1に内分する点と外分する点の2点に出来ます
つまりAから2a/3離れた点
Aから2a離れた点
の2点です

計算で出すと
Aを原点とすると
・B点より左の点の場合
Aが作る電位はk*2.0*10^-6/r[V]
Bが作る電位はk*(-1.0)*10^-6/(a-r)[V]
ある点の電位はこれらの合計なので
k*2.0*10^-6/r + k*(-1.0)*10^-6/(a-r)[V]
問題はこれが0の位置を求めることなので
k*2.0*10^-6/r = -k*(-1.0)*10^-6/(a-r)
2/r = 1/(a-r)
r=2a/3

・B点より右の点の場合
Aが作る電位はk*2.0*10^-6/r[V]
Bが作る電位はk*(-1.0)*10^-6/(r-a)[V]
ある点の電位はこれらの合計なので
k*2.0*10^-6/r + k*(-1.0)*10^-6/(r-a)[V]
問題はこれが0の位置を求めることなので
k*2.0*10^-6/r = -k*(-1.0)*10^-6/(r-a)
2/r = 1/(r-a)
r=2a
(前提条件にこれらの点電荷は直線上にありAが左、Bが右にあると付け加えます。)


補足
ほとんど同じですが考え方をもう一つ
2つの円を想像してください
円の大きさは電荷の大きさの比です
今回の場合2:1です
この円は符号は逆ですが同じ電位の大きさを表しています。
それなので円を大きくしていきぶつかったところが電位が0です
円を大きくしていくと外接する時と
Aの円にBの円が内接する時の2回ぶつかる事が分ります

間違いです
Aの左側には電位が0の点は出来ません
考え方はプラスの電荷Aはとマイナスの電荷Bの大きさ比は2:1ですね
電位が0になるのはこの線分ABを2:1に内分する点と外分する点の2点に出来ます
つまりAから2a/3離れた点
Aから2a離れた点
の2点です

計算で出すと
Aを原点とすると
・B点より左の点の場合
Aが作る電位はk*2.0*10^-6/r[V]
Bが作る電位はk*(-1.0)*10^-6/(a-r)[V]
ある点の電位はこれらの合計なので
k*2.0*10^-6/r + k*(-1.0)*10^-6/(a-r)[V]
問題はこれが0の位置を求めることな...続きを読む

Q制御盤をきれいに拭くには何か液を使っていますか

制御盤の設計をしています
メラミン系塗装の制御盤をきれいに拭くには溶剤か他の何かを使用しますか

Aベストアンサー

シンナーやエーテルなどを使えば、ひどい汚れも落ちますが、
意外と使えるのが青い液体の「ガラスマジックリン」
乾いた雑巾に含ませて拭くと想像以上に結構綺麗になります。
水性ですので害もないので、是非試してみて下さい。

Q回路の電位を求める問題の解説が分からないので教えて下さい 1: 式5、6で求める電位差を「aとb」と

回路の電位を求める問題の解説が分からないので教えて下さい

1:
式5、6で求める電位差を「aとb」と「aとc」としていますがなぜ「aとb」と「aとc」なのでしょうか。片方が「aとb」ならもう片方は「aとd」になるような気がしますが適当なのでしょうか

2:
式6でV3=40+V2としておりますがどういう考えでこのようになるのでしょうか。
式5で左側のループで100=V3+V1と考えているのだから右側も40=V3+V2よりV3=40-V2となるのではないのでしょうか
そもそもV3には電源40Vから右側のコンデンサに掛かっているV2を引いた電圧がかかるのでやはり40V-V2となるのではないのでしょうか

Aベストアンサー

>なぜ「aとb」と「aとc」なのでしょうか
「aとd」で式を立てると
40=V3-V2
ですが、これは⑥と同じ式です。つまりどっちでも同じです。

>40V-V2となるのではないのでしょうか
電圧の向きをよく見ましょう。40VとV2は同じ向きです。

Q制御盤の学習方法

設備設計をしている(機械系)のですが、
制御盤の知識がほとんどありません。
制御盤の知識を学習する方法(本orWEB)など
おすすめの方法がありましたら教えていただけませんか?

Aベストアンサー

実際に出来上がって運用している制御盤が最も(まさに活きた)教材になります。

制御盤といっても多種多様ですから、お望みのものを書籍やWEBで探されるのは難しいのではないでしょうか。
(もちろん、シーケンスや計装の基礎知識は必要かと思いますが)
図面と現物を見比べて、どのような材料や器具を使っているのか、内外部の配置はどうなっているのかを実際にご覧になるのがいちばん勉強になると思います。
その時、設計者の考えや実際に使っている方の感想をお聴きになればなお良いでしょうね。

直接の回答ではなかったかもしれませんが、ご参考までに。

Qこの回路(問54で右側の回路)で充電後、S1→S2の順にスイッチを切った時のC1の電気量の 考え方は

この回路(問54で右側の回路)で充電後、S1→S2の順にスイッチを切った時のC1の電気量の
考え方は最終的に放電し、C1の下側の極板とC2の上の極板にあった電荷が中和し、孤立した極板部分は初期電荷0なので放電したら0になるのではないのでしょうか?

Aベストアンサー

>なぜ直列接続なのに電荷の大きさが違うのでしょうか。
S1が閉じた状態では抵抗が並列に繋がっているので
直列とはいえません。

電荷が等しくなるのはC1とC2の節点に接続
されている極板の電荷の合計が0になるから。

S1が閉じていて、電荷の出入りが可能な
状態では成り立ちません。

Qコントロールセンターと制御盤

どなたか教えてください。

よく、プラントなどにコントロールセンターが設置されていますが、
コントロールセンターと制御盤の違いは何でしょうか?
また、制御する対象によって、コントロールセンターがいい場合と、
制御盤がいい場合があるのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

またまた登場しました。

【追加1点目】
そのように認識しています。ただし、焼損と言う単語は印象が悪いので使わず、ダメージとか劣化が宜しいかと・・・

【追加2点目】
主回路外部接続方式はJEM1195によれば3種類あります。また、ケーブル選定は短絡電流も考慮したサイズゆえダメージは少ないと考えますがMCCB2次の電線MCCBのAT値で選定することが多く、ケーブルよりはダメージの確率が大きいとはずです。

【追加3点目】
CC電源送りが増えることが悪いとは言っていません。このようなことになりますと認識ください。

【追加4点目】
走行式の機械は運転し易いように移動する装置の上に動力制御盤が設置される場合が多く、複数の電動機(上下・左右・前後など)で構成されるため通常キャブタイヤケーブル1本で電源を供給することが多いです。

PS:文章だけでのアドバイスの難しいですね・・・

Qある回路にv=100sinωt(v)の電圧を加えたところi=50sin(ωt-π/6)(A)の電流が

ある回路にv=100sinωt(v)の電圧を加えたところi=50sin(ωt-π/6)(A)の電流が流れた
この回路の消費電力P、皮相電力S、力率cosΘをそれぞれ求めよ


電気回路の問題なのですがわかるかた教えてください

Aベストアンサー

インピーダンスの絶対値は2と言うのはすぐに解ります。
電流はwtに対してn/6進んでいることもわかります。
wとnの実数を用いれば、P、S、cosθが解ります。

Q産業機器停止時における制御盤の冷却ファンについて

工場勤務のものです。回答のほど宜しくお願いします。

早速ですが、私の勤める工場には数々の「制御盤」があるのですが、機器が稼動、非稼動問わず、常に「制御盤」内の「冷却ファン」が稼動しております。

質問は、『産業機器停止時、制御盤の冷却ファンを止めたいが考えられる問題は』です。

止めたい理由は『省エネ』『経費削減』対策です。

*工場内は産業機器停止は比較的涼しいです(23℃くらい)。

*制御盤メーカーと、この件で打ち合わせを行いたいと思いますが、何か良い案及び考え等ありましたらあわせて宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 
盤の電源を切っても盤の中で温度が上がってる器機の温度は急激に下がりません。
だから、電源断と同時にファンも切ると盤内部の温度が上昇し器機に影響を与える事が危惧されます。
省エネを考えるならファンの回路にオフディレータイマーを入れて盤の電源を切った後で設定の時間経過後にファンの電源が切れる様にするのはどうですか?

ディレー時間は盤メーカと打ち合わせて十分な冷却時間を検討して下さい。

 

Qアルミ材A6063S-T5とA6063-T5

見積依頼図面に材料:A6063S-T5と指定していますが、加工先の中国メーカーに聞いてみたらA6063S-T5がありませんとの回答だった。A6063-T5ならありますと。両者は違う物でしょうか?

わかる方がいらっしゃいますか?
かなり困っていますの、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 Sとは押し出しの意味で材質ではなく形状ですから、アルミサッシや角材、パイプなど押し出しで作られたA6063はみなA6063Sですから同じです。押し出しとは断面が同一形状の長物になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報