「教えて!ピックアップ」リリース!

なぜ東名高速は右ルート左ルートと分ける必要があったのですか?甚だ疑問です。

A 回答 (4件)

こんにちは。



これは元々片側2車線だった区間を3車線に増やすに辺り、

▪️カーブが続く区間だった。
▪️トンネルがあり拡幅が難しかった。

こういう事情から、上り線を別に建設した新ルートに移し、空いた旧上り線を下り線の右ルートに改造したのです。

車線数を増やしたい思いと、費用を抑え、早く渋滞を解消したい意図からなので、ご理解下さい。
    • good
    • 1

そもそも東名高速は高速の中でも最も利用者が多く、


慢性的な渋滞に悩まされていました。
新東名が出来てからも混雑は続いており、
そこで道路の拡幅が図られてきましたが、それが出来ない箇所がありました。長いトンネルがあるところです。
トンネル内だとそう簡単には広げられませんからね。
というわけで、車線を増やすのではなく短めのバイパスを作ることにしたわけです。
    • good
    • 0

最初から分ける計画ではなかったです。



山間部で上り下りが多く、トラックなんかによる渋滞が多かったから、交通量を増やす必要があった。
車線を増やす手もあるけど、トンネル(結構多い)は簡単に広げられないし、工事で通行に影響出るのを避けたいので、別の道を作った。
ってな経緯だったハズ。
    • good
    • 0

渋滞解消に分けないと建設出来なかった。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング