最近、村上春樹さんの本を読んでみたいなぁと思ったのですが、どの本から読めばいいのかわかりません。
文庫をどれか一冊購入してみようと考えています。それで皆さんのお薦めの村上春樹さんの文庫本を教えて欲しいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

3つの理由から、「海辺のカフカ」をお薦めします。



一つは、hakurakuさんが高校生である事。この小説の主人公は15歳の少年です。「風の歌を聴け」は良い小説ですが、時代背景が古い。「羊をめぐる冒険」は「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」を読んだ後に順番に読む方が面白さが増します。「ノルウェイの森」は現代の恋愛観からは共感しにくい部分があると思います(それを考慮しても素晴らしい小説ですが)。

2つ目は、村上春樹の醍醐味は、超長編小説にあると思われるから。

3つ目は、今とてもトレンディである事。今本屋に行くと、「海辺のカフカ」が至る所に平積みされています。

「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」か「海辺のカフカ」がお薦めですが、以上の理由から「海辺のカフカ」をお薦めします。

補足ですが、村上春樹の本ではずれはないと思いますので(ジャンルを問わず)、とりあえず本屋に行って、出だしの気に入った本を買うという方法もあるのではないでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧な解答ありがとうございます。
「海辺のカフカ」はたしか最新作でしたね。この前本屋さんに行ってきたのですが、平積みにされてました。さすがですよね(笑)
某文庫のサイトで立ち読みができたので「海辺のカフカ」をよんでみたのですが、圧倒されました。すごいです。

お礼日時:2005/04/04 19:11

私、彼がデビューした時、高校生でしたので、リアルタイムに彼の作品を読んで来た者、です。



デビュー作「風の歌を聴け」
「1979年のピンボール」
「羊をめぐる冒険」
この3連作、です。

ちなみに、その後、「ノルウェイの森」、も抑えておいて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な解答ありがとうございます。
リアルタイムに読んできたなんて、すごいですね。時の流れを感じました(笑)
「風の歌を聴け」「1979年のピンボール」「羊をめぐる冒険」の三部作ですか、覚えておきます。
「ノルウェイの森」は人気ですね。やはりヒットしたからでしょうか。 

お礼日時:2005/04/04 19:15

自分が初めて読んだのは「海辺のカフカ」です。


それまで読書自体全くしなかったのですが、
この本を読んで以来すっかり読書家になりました。
読みやすいですし、いろいろな解釈ができておもしろ
いですよ。文庫化されたことですし、よかったら読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な解答ありがとうございます。読書の魅力にはまってしまったんですね!おめでとうございます。
「海辺のカフカ」は、主人公が私と同じ十五歳ですね。年齢が同じと言うことは、感情移入もしやすいでしょうし。お金と時間に余裕があったら購入しようと思っています。

お礼日時:2005/04/04 19:21

#3の方も上げてますが私も


『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』
がお奨めです。
私も一番始めに読んだ村上春樹さんの本です
独特な世界観で、引き込まれる感じでした。

どちらかというとマイナーですが、読みやすい気も…
2つの話が交互に書かれていて、その二つの物語が
不思議な繋がり方をしていきます…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な解答、ありがとうございます。
『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』ですか。上・下とあるので、読み応えありそうです。
amazonの紹介文を読んでみたところ、私の好きな感じの世界観だったので、読んでみよう思います。

お礼日時:2005/04/02 07:34

自分も初めて村上春樹さんを読んでいるのですが、


「ノルウェイの森」、今もうすぐ読み終わるところです。
確かに官能的なとこが好みが分かれるかもしれませんが…。
次読むとしたら「スプートニクの恋人」も読んでみようかなと思っています♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な解答、ありがとうございます。
「ノルウェイの森」は有名な本ですよね。当時ベストセラーになりましたし。昔興味を持って読んでみようとは思っていたのですが、結局読みませんでした(汗)
今考えたら、読んだ方がよかったかな、と思います。

お礼日時:2005/04/02 07:42

自分も初めて村上春樹さんを読んでいるのですが、


「ノルウェイの森」、今もうすぐ読み終わるところです。
確かに官能的なとこが好き嫌い分かれるかもしれませんが…。
次読むとしたら「スプートニクの恋人」も読んでみようかなと思っています♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な解答ありがとうございます。
「ノルウェイの森」は興味があるのですが、官能的なところが受け付けないというの可能性もあるんですよね。十五の女子には刺激が強いかな、とか思います(馬鹿)
でもヒット作であり、皆さんも薦めてくれますので、読んでみようと思います。

お礼日時:2005/04/04 19:19

私は、高校生のときに『ノルウェイの森』を


読みました。
当時は性描写が露骨で、官能小説にしか
思えませんでした。
それから大学の3年まで村上春樹は一切読まな
かったのですが、友人の家で『ノルウェイの森』を
見つけて、借りて再び読みました。
それ以来、村上作品の面白さにはまってしまい、
年中読んでいる状態です。いろいろな本を
読まねばと思いつつ、なかなか抜け出せません。

ということで、私は『カンガルー日和』をオススメ
します。短編集です。
長いものがいいなら、『羊をめぐる冒険』かな。
いわゆる「鼠シリーズ」の3作目なのですが、
『風の歌を聴け』と『1973年のピンボール』
は初めての方には読みにくいかなと思うからです。

村上作品はいろいろな年代で響き方が
違ってくるので、一度読んでわかりにくく
ても、もう一度読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な解答、ありがとうございます。
『カンガルー日和』に18もの短編が収まっているそうですね。これはすごいと思います。18の短編が一冊の本にまとまっているという事に驚きを感じました。
「羊をめぐる冒険」、シリーズものだったんですか。それは知りませんでした。
私は短編も長編もどちらも大好きなので、お金と時間があれば読んでみようと思います。

お礼日時:2005/04/02 07:52

『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』も割とおすすめできると思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な解答ありがとうございます。
No.7の方にもオススメしていただきました。二つの物語が絶妙に絡み合う、という説明文(amazonより)にとても惹かれています。皆さんにオススメしていただいたなかで、一番気になっている小説です。

お礼日時:2005/04/02 07:55

内容は、あえて書かないでおきますね。

お楽しみを奪いかねないので(^.^)

「ノルウェイの森」:代表作ですね。上下巻構成なので少し長い作品です。
「風の歌を聴け」:デビュー作。結構短い作品です。
「スプートニクの恋人」:個人的に、とても好きな作品です。雑誌の「ビターな小説特集」に紹介されてました。その通り、ビターな内容です。

参考になれば、幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な解答ありがとうございます。
「風の歌を聴け」、タイトルから引き込まれそうです。カッコイイですよね。デビュー作だそうですが、巧妙な情景描写は折り紙付きみたいですね。
「スプートニクの恋人」は、友人が薦めてくれた本です。ビターな内容ですか(笑)いいですね。

お礼日時:2005/04/02 08:06

やっぱり最初は「ノルウェーの森」じゃないですかね。


代表作ですし、あえて内容は書かないですが私は泣きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な解答ありがとうございます。
「ノルウェイの森」は人気ですね。露骨な性描写に目を瞑り、読んでみたいと思います。たくさんの方がオススメしていたので、さぞかし素晴らしい作品なんでしょうね。

お礼日時:2005/04/02 08:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上春樹はノーベル文学賞をとれると思いますか?

本日午後8時にノーベル文学賞が発表されますね。

村上春樹が有力候補として取りざたされていますが
村上春樹はノーベル文学賞をとれると思いますか?

また、村上春樹のライバルは誰になる感じでしょうか。

Aベストアンサー

ダメでしたね、、期待していただけに残念です。

「ノーベル文学賞にカナダのアリス・マンロー氏」
http://www.cnn.co.jp/world/35038372.html

Q村上龍、村上春樹

 ふたりとも今の日本を代表する作家さんですが、作品は何冊か読みましたが、どちらもいまいちピンときませんでした。

 おもしろいだけの作家さんなら他にもたくさんいると思いますが、この二人はがとりわけ高く評価されているポイントはどのあたりにあるのでしょうか?

 「だったら読まなければいい」などの回答はなしでお願いしまます。
 主観的な感想でかまいませんのでおねがいします。

Aベストアンサー

 村上春樹さんについてはあまり読まないので答えられませんが、村上龍は割と読むので村上龍が評価されている理由について私の考えを書きます。
 村上龍の書いた小説はほとんど読んでいますが、読んでいるときに面白いと感じたことはあまりありません。質問者さんもおっしゃるように面白さでいうならば、村上龍より面白い人は他にもたくさんいると思います。ただ村上龍の本を読み終わった後は、人生において何を最重要とするべきなのかなどをよく考えます。自分だけではあまり思いつかないこと、他の人が言わないことを言うから評価を受けているのかもしれません。
 他には描写がうまいからということがあるのかもしれません。「インザミソスープ」という小説で人を次々と殺していく場面があります。書いてある文字を読んでいるだけなのにまるで目の前で人が殺されているような感覚になり、本を読んでいて初めて気持ち悪くなったことを覚えています。
以上二つの点で評価されているのではないかと私は思っています。もの凄く個人的な意見なので参考程度でお願いします。

 

Q村上春樹の著作ですきなのは?

最近、久しぶりに村上春樹の
世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランドを
読んでます。

そこで、
村上春樹の本を読んだことがある人で、
村上春樹の著作の中で好きな本はなんですか?

それと、その本のどの部分が良かったとかを
コメントしてください。

ちなみに私は、大体よみました。

Aベストアンサー

彼の本は大抵読んでます(読んでいない物の方が少ない)

私なりの意見としては、
「風の歌を訊け」から「羊をめぐる冒険」の3部作は、
当時新鮮で映像がくっきりと浮かぶ描写、シンプルだけど非常によく出来たストーリー、直ぐに虜になりました。
その場の空気が行間から自分を包み込む様な雰囲気がありましたね。
時代的にも(私が読んだ時の)年齢的にもジャストだったんでしょう。
でも「ダンス・ダンス・ダンス」でケチがついた感じです。
90年代に80年代のあの空気はもうありませんでした。

「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」で頂点を迎え、
未だそれを超えられない気がします。

もう彼の作品を読んでもわくわくしないし、
すべてが3部作とまるで変化がなく、読むたびにガッカリさせられます。

主人公の「僕」が彼の作品では全部同じ人物に思える。
唯一違うのは「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」

よって村上春樹は3部作と「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」、
あと数本の短編のみで十分で、それ以上読んでも時間の無駄です。

彼の本は大抵読んでます(読んでいない物の方が少ない)

私なりの意見としては、
「風の歌を訊け」から「羊をめぐる冒険」の3部作は、
当時新鮮で映像がくっきりと浮かぶ描写、シンプルだけど非常によく出来たストーリー、直ぐに虜になりました。
その場の空気が行間から自分を包み込む様な雰囲気がありましたね。
時代的にも(私が読んだ時の)年齢的にもジャストだったんでしょう。
でも「ダンス・ダンス・ダンス」でケチがついた感じです。
90年代に80年代のあの空気はもうありませんでした。

...続きを読む

Q村上春樹の本で…

うろ覚えなのですが、たしか村上春樹の本の中に、
「神を超越した絶対神」みたいなもののたとえとしてカタカナ名のものが出てきて、それは宗教か哲学的にも実際使われている名称で、その部分が書かれてるところがすごく名文だった気がするのですが本の名前も文章も思い出せません。あやふやな聞き方で申し訳ありませんがご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

シンボリズム…?
羊をめぐる冒険に出てきた気がしますが手元に本がなく文章が確認できません…あやふやでごめんなさい

Q村上春樹さんにファンレターを送りたい。

 村上春樹さんにファンレターを送りたいと思って、もう幾日か経つのですが、いまだに
どこに送れば良いのか?
どうやって送ればいいのか?
そもそも村上春樹さんにファンレターは送れないのか?
分かりません。

 ご存知の方、実際に村上春樹さんにファンレターを送ったことのある方、上の質問と、ファンレターを送る時の注意点を教えてください!お願いします。<m(__)m>

Aベストアンサー

わかりました。

もしよろしければ、聞きたかったですが、
聞かずにおきますね。

絵を同封して、ご自分なりの意見?質問を
素直に書いてみたら、
ご本人から、お答えがくるかもしれないですね。

村上さんは、自分の本を読んでくれている
一人一人の人を、大切にしてるし心の奥で
つながっていると、感じてくれているとおもうときが
あるので。

よい結果、なんらかの結果が得られると
よいですね。
ご検討をお祈りしております。

Q小説「マークスの山」 一冊の単行本にするか、改正版の上下巻の文庫版にするか?

初めて読もうと思うのですが(VHSを10年前くらいに見た)、どちらがいいですか?
文庫は長いな~と思うのですがマークスの心理描写がやわらかく描かれて人間味が出ているとamazonレビューで見ました。
でも単行本の方が殺人鬼らしくてすっきりしていて読みやすいとありました・・・
両方読めばいいんですけど、そこまでの心の余裕がありません・・・
まあ持ち歩くには文庫がいいですが。

やや神経が細い性格でちょっとメンへラーですが、それだったらどっちが感動しますか?
「カッコーの巣の上で」とか「めぐりあう時間たち」「海の上のピアニスト」などの暗い繊細な映画が好きなタイプの29歳男です。

Aベストアンサー

私は断然単行本派です。
文庫本ではマークスの病状が重く描かれており
とある登場人物との心の交流が本当にあったのか
その人を大事に思っていたのかがかなり微妙で
単に精神病の重い人の犯行?という印象になってしまいました。
感動という面では単行本だと思うんですけど・・・・。
私は、文庫より単行本の方が、マークスの人間味を感じましたよ。

他、名台詞?が文庫版ではなくなってたりしてます。
やっぱり単行本の方が臨場感があっておすすめです。
(持ち歩くなら文庫ですけど)

Q村上春樹さん的小説

こんにちは。
私は村上春樹さんの『羊をめぐる冒険』などが好きなのですが、
こういった傾向のお話で、おすすめな本(村上春樹さん以外で)があれば教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

いいですねえ。初期の村上春樹さん。
僕も大ファンです。もちろん、その前の『風の歌を聞け』や、『1973年のピンボール』も、読んでいるんですよね。

僕個人の趣味に近い部分なんで、toto5さんがそう感じるかどうかはわかりませんが、似ているなと思ったのは、吉本ばなな、小川洋子(初期のもの)、佐藤正午(特に『ジャンプ』)あたりでしょうか。参考になれば幸いです。

Q村上春樹の本

自分は村上春樹の本が大好きで結構集めて読んでるんですが一つ質問です。例えば自分は最近「海辺のカフカ」を読んでとても面白かったんですがいまいちこの話がどのような事を訴えているのか分かりませんでした。「海辺のカフカ」に限らず「ノルウェイの森」なども読んでとても面白かったんですがそこがいまいち分かりませんでした。それは自分の国語力が足りないからでしょうか?また今後もっと村上春樹の本を楽しむにはそういったところも理解できた方がいいんでしょうか?なかなか意味分からん質問ですが誰か御回答願います。

Aベストアンサー

えーと。僕は 春さん は「トレンディドラマ」だと割り切っているので。春さんの恋愛モノとか読んだ後に、何か刺激を受けたり考える材料にしたりはしない。

読書にも色々棲み分けがあるし、読んでる瞬間だけを楽しむ本もあれば、読んだ後考えさせられる本もあれば、目的を持って知識のために読む本もある。一つの読書でこれら三要素が全て詰まってるのは、あまりない。

だから春さん の恋愛小説に限っては、メッセージ性を期待していない。ただ春さん の●『アンダーグラウンド』文春とか●『約束された場所で』だけは例外。この本は、本当に色々と考えさせられたし。この作家の、懐の深さを感じたのは認める。

春さん の恋愛小説は、雰囲気とか情景を楽しむ事に特化した小説だと、僕は捉えている。なんかアルバムを見返す様なノスタルジックな気分に浸りたい時とか。一方、社会派ドキュメンタリー風味の小説を望むなら 村上龍 だな。龍さん の小説には、これから考えるべき問題がたくさん詰まってる。

Qお薦めの村上春樹の小説は何でしょうか

お薦めの村上春樹の小説は何でしょうか

私はまだ村上春樹を読んだことがありません。生活も少し忙しい中で読むのでたくさん読めません。どなたかこれは読んだほうがいいよとか、1冊読むならこの本だよ、とか理由をつけてご推奨をお願いします。

Aベストアンサー

村上春樹さんというと『ノルウェイの森』(上下2冊)が有名です。
が、有名な作品だからと言って皆が皆『ノルウェイの森』を好むかと言うとそうでもないと思います。
好みが分かれるところ。私は嫌いではありませんが一番好きな作品ではありません。

ストーリーがはっきりしていて、特にファンでなくても読みやすいのは、

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(上下2冊)
『羊をめぐる冒険』(上下2冊)

です。
紹介やあらすじはネット検索してみてください。私はこちらの路線のほうが好き。

上下2冊も読めない・・・・・という場合は、初期の短編も良いかもしれません。
『蛍・納屋を焼く・その他短編』(新潮文庫)をお薦めします。
独特の雰囲気としみじみした感じ、村上春樹らしさもあると思います。

以上、個人的な感想です。
最近の作品のはあまり読んでいません。そのうち『1Q84』も読むつもりですが未読。

Q村上春樹のノルウェイの森について

本書ノルウェイの森の主人公が愛読するグレイトギャツビィ
という本は実在するのでしょうか?gooで検索かけても出ません。
もし読んだことのあるかたは出版社とその購入法をおしえていただきたいです。

Aベストアンサー

フィッツジェラルドの「華麗なるギャツビー」で検索してみてください。
Yahooのショッピングサイトでも販売されています。
ロバート・レッドフォードが主演した映画も素敵ですよ。

参考URL:http://search.shopping.yahoo.co.jp/books_search?p=%B2%DA%CE%EF%A4%CA%A4%EB%A5%AE%A5%E3%A5%C4%A5%D3%A1%BC&f=0


人気Q&Aランキング