プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

確定申告についての質問です。
今年の3月頃まで会社員として働いていたのですが途中から個人事業主として7月まで働いていました。
8月からはまた会社員として働くのですが
新しく働く会社で源泉徴収票の提出を求められているのですがどうしたら良いでしょうか
また、この場合確定申告は自分でしなければならないのでしょうか?

A 回答 (4件)

>新しく働く会社で源泉徴収票の提出を…



それは、同年中に他社で給与を得ている途中入社者はまとめて年末調整をする義務が、会社に課せられているからです。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …

3月に退職して社の源泉徴収票を提出します。

>途中から個人事業主として7月まで…

「給与所得」ではありませんから、源泉徴収票は関係ありません。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …

>この場合確定申告は自分でしなければ…

原則として必要です。

ただ、この間に「(事業)所得」はいくらほどありましたか。
収入でなく「所得」ですよ。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …

これがもし 20万以下で次の要件全てを満たすなら、確定申告の義務はありません。
(1) 本業で年末調整を受ける
(2) 給与総額が 2千万以下
(3) 医療費控除その他特段の事由による確定申告の必要性も一切ない
の三つすべてを満たす場合限定の話です。
一つでも外れるなら事業所得がたとえ1万円でもすべて申告しないといけません。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …

ただし、この 20万以下申告無用の特例は国税 (所得税) のみの話で、住民税 (市県民税) にこんな特例はありません。
よって、要件に合って確定申告をしない場合は、別途、市役所へ「市県民税の申告」をする必要性が浮上してきます。
ご注意ください。

税金について詳しくは国税庁の「タックスアンサー」をどうぞ。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …
    • good
    • 0

いちばんスッキリと処理できるのは…



「今年の3月頃まで会社員として働いていた」分について(今年の1月以降に実際に振り込まれた給料について)、その源泉徴収票を新しく働く会社に提出します。

個人事業主として働いていた分は、新しく働く会社にあえて通知することはなく、自分で確定申告することにします(もし新しく働く会社から問われたら、そのように説明します)。

そうすると、今年の年末調整では個人事業主として働いていた分は反映されませんから、来年3月中旬までに自分で確定申告をして、納税額を補正しないといけません。

確定申告のしかたは、来年2月頃からその地域の公民館のような公的施設で確定申告の説明会が何度か開かれますから、意識的にその情報を知るようにして、そこで書き方の指導を受けてください。確定申告の用紙もそこで受け取れます。
    • good
    • 1

以前の会社の源泉徴収票を提出する。

自営業の決算書はたぶん受け入れないと思います。新しい会社は12月に源泉徴収票を作ると思います。
来年2月の納税申告でその源泉徴収票と自営業の所得を納税申告します。申告は自分ですが、税理士使うこともできます。納税期間に税務署の申告コーナーに源泉徴収票と自営時の決算書類を持って出向けば教えてくれます。
    • good
    • 0

近くに商工会があるとおもいます。

わからないことは細かく教えてくれますよ。聞いてみたらいいかも^ ^
もし確定申告が必要な場合もやり方教えてくれますし、お金が一万ちょっといると思いますが、優しく丁寧です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング