最新閲覧日:

ジェットコースターで満車時と空車時はどちらが速いんでしょうか?同じだよって聞いた事があるんですがそれもなぜだかわかりません。知りたいです。

A 回答 (4件)

計算間違い。

V=V’=√(2gh)ですな。

空気抵抗を考えるとしたら粘性抵抗と慣性抵抗のどちらもかんがえなくてはいけないのかしら?
摩擦力=μNでいいね(Nは角度によって変わりますが、これは高校レベルで求められますね。但し、楕円でなく、円の場合ですが。)
ここは問題文を作り直さなければなりませんな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
単純に考えたら重い方が速いって
気がしたんです。
計算で出てくるんですね。ほとんどわすれてますが・・・

お礼日時:2001/09/06 18:59

エネルギー保存の法則で


位置エネルギー+運動エネルギーが常に一定であることは
わかりますか?

位置エネルギー=mgh  ←mは質量、gは重力、hは高さ
運動エネルギー=1/2mv^2 ←mは質量、vは速さ

ジェットコースター(質量m)がhの高さから降下する直前は
位置エネルギーが mgh
運動エネルギーが 0  ←動いてないので、

ジェットコースターが一番下まで来てまた登り始めようとする瞬間は
位置エネルギーは 0  ←h高さが0メートル(基準値)
運動エネルギーは 1/2mv^2

そしてエネルギー保存の法則により

mgh + 0 = 0 + 1/2mv^2

となります。
ジェットコースターの速さvを求めるには式を変形して

v^2 = 2gh

となります。よってこの式からmが消えました。
つまり、速さは m つまりジェットコースターの質量に
関係ないということです。

ただ、実際には若干の摩擦がありますが、
同条件ですので、変わらない答えが出ると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
速さはジェットコースターの質量に
関係ないということですね。
あと摩擦が出てくるとまた
ややこしくなってくるんですね。

お礼日時:2001/09/06 19:13

コースターの質量M、人の質量mとする。

最高点の高さをhとする。
1.人が乗っていないとき。
Mgh=(MV^2)/2⇔V^2=gh⇒V=√(gh)…(1)
2.人が乗っているとき。
同様に、V’=√(gh)
∴V=V’
これは空気抵抗や摩擦力が働かない場合です。
働く場合やりませんが、おそらく簡単な微分方程式で解けるでしょう。
    • good
    • 0

ニュートンの法則かな?


だけど実際、空気があるので、
空気抵抗や、軸、接触抵抗などで、最高速は満員の方が少し早いんではないでしょうか?

ちなみにスキーの滑降でも、体重は大きく影響するそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そういえば、プールの滑り台は
体重が多い人のほうが速くて勢いが
ありました。

お礼日時:2001/09/06 19:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ