私はないと思いますが、そういうことを言っている人
がいるらしいのです。
まさかとは思いますが、ご存知の方、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ありえます。

分限処分というものです。

もっとも過去には、健康上の理由などで個人的にこのような処分になったものはいますが、組織改変などで一斉に行われたことはありません。

自衛隊法には次のように定めています。
(身分保障)
第42条 隊員は、懲戒処分による場合及び次の各号の一に該当する場合を除き、その意に反して、降任され、又は免職されることがない。
1.勤務成績がよくない場合
2.心身の故障のため、職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えない場合
3.前2号に規定する場合のほか、その職務に必要な適格性を欠く場合
4.組織、編成若しくは定員の改廃又は予算の減少により、廃職又は過員を生じた場合

質問の趣旨は、第4号に該当する場合でしょう。たとえば旧軍の山梨軍縮とか宇垣軍縮のような事態です。

分限処分の場合は、懲戒処分などと異なり名誉ある除隊ですから、当然退職金や若年退職給付などが支払われます。したがって余程のことがない限り、経費的に実施は難しいのでしょう。現状において部隊の縮小などが現実に行われていますが、定年退職や任期満了退職などによる減少で対応しているようです。

もちろん可能性は否定できません。国鉄、専売公社、電電公社、郵便局の例があるからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。
今までの回答を読んでみると、自衛隊のリストラとい
うのは制度上ありうるが、但し実際に一般の会社のよ
うな辞め方をさせられることは、無いとは言えないが
少ないようだと自分なりに解釈しました。
質問をこれで打ち切らせていただきます。

皆さん、有難うございました。

お礼日時:2005/04/04 23:12

 リストラとは、事業内容の再編成のことですよね。


 その方法は、吸収・合併、不採算部門の整理、人員整理ですが、民間企業とまったく同じとは言えませんが自衛隊においても同じようなことは行われています。
 民間企業における吸収・合併、不採算部門の整理は、自衛隊において部隊の改編という形で行われ、その際、定員の精査が行われます。国家公務員すべてに言えることですが、今日、人員の純増は認められませんので、大体において減員となっています。
 自衛隊の場合、全体としての隊員数が多く、一般の公務員にはない非任期制隊員という制度もあることから退職する人員も多く、先ほどの減員分は、採用数の加減により補うことができます。そのため、今までは目に見えなかったと思います。
 ただ民間企業におけるリストラと非任期制隊員の退職とでは、制度上、その性格を異にしているものですが、その組織に残りたいと思う当事者にとれば、意に反して離職しなければならないという意味で同じです。
 また、他の国家公務員と異なり、自衛隊法第42条第4項には、「組織、編成若しくは定員の改廃又は予算の減少により、廃職又は過員を生じた場合」には、隊員の意に反しても免職できる旨の規定があることから、今後の政治情勢の如何によっては、自衛隊員の大幅人員整理もありえる話です。
 したがいまして回答は、「民間と同じリストラはないが、似たようなことは行われており、政府(国民)がリストラしたいと判断したら行うことはできる。」だと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。非任期制隊員の退職は制度
にのっとった退職のようなので、一般の会社のような
突然やめさせられるリストラとはちょっと感じが違う
ようですね。
近い将来退職することを前提に入隊するようですから
一応本人は承知しているのでしょう。在隊中に居心地
が良くなって辞めたくなくなっても仕方ないですね。

お礼日時:2005/04/04 23:04

関係ないですが米軍などでは、太りすぎると軍人にふさわしくないとして解雇されます。


しかし、ある程度出世すると太っても解雇されません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。やっぱ太ってちゃ軍人は務
まりませんよね。

お礼日時:2005/04/04 22:50

リストラと厳密にいえるかどうかはわかりませんが、職種部隊の改編で行われます。

10年前位に新規採用が激減しました。また私がそうだったのですが、任期制隊員の継続任用が厳しくなって、3度目以降の任用が厳しくなって肩たたきされました。非任期制隊員(陸曹)でもだいぶ前部隊改編で誰かが辞めなければならなくて、能力や勤務成績に差がなくて最後には体力検定の差でやめさせられた話も聞きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。いろいろな事情で辞めざる
を得ないこともあるのですね。一種のリストラと言え
そうですね。

お礼日時:2005/04/04 22:47

先日、国家公務員と地方公務員にはリストラがないことを回答した者ですが、個人的にも気になったので調べてみました。



自衛隊の身分保障に関しては、次の法律が根拠になるかと思います。

・自衛隊法第42条 身分保障

ということで、自衛隊員も簡単にリストラはされないことがわかりました。

ただし、自衛隊員は普通の公務員と違って身体が資本ですから、任務が遂行できなくなるほどの大怪我や、能力的に任務に耐えられないということがあれば、分限免職の適用が一般の公務員より厳しいといったこともあるのかな?とも思います。自衛官の方々は労働基本権が認められていませんから、組合が助けてくれるというわけでもありませんしね……(この辺りは「自信なし」でお願いします^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。法律上ではリストラは無い
わけですか・・・ しかし後の方の回答を読んでみる
と・・・ 体が資本の自衛隊・・ 体力が無い人は最
悪の場合除隊がありえそう。これって一種のリストラ

お礼日時:2005/04/04 22:43

無いと思いますが、防衛大学の卒業生が自衛隊に入る人数が少なくなっているし、僕が知ってる時点では自衛隊の定年が今はどうか知りませんが、53歳と聞いたことがありますね。


トータルの人生を考える方が増えてきたような印象です。
的外れでごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。53歳定年とは若いですね。
こんな年齢じゃ余程の技術がないと再就職もおぼつき
ませんね。

お礼日時:2005/04/04 22:38

世界が平和になれば、必要ないと思います。

この回答への補足

回答有難うございました。
ちょっと回答の意味が分からなかったのですが、自衛
隊そのものの要・不要という意味ではなく、隊員その
もののリストラがあるのかなということです。
(会社のリストラと同意)
質問の仕方が悪くてすみませんでした。

補足日時:2005/04/02 03:11
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【北朝鮮が生物化学兵器を日本に投下する場合は自衛隊は九州側に戦力の主体を置くべきか北海道側に主戦力を

【北朝鮮が生物化学兵器を日本に投下する場合は自衛隊は九州側に戦力の主体を置くべきか北海道側に主戦力を配置すべきでしょうか?】

Aベストアンサー

九州に自衛隊の主力を展開できるだけの広さはありません。
海上自衛隊の主要任務はシーレーン防衛であって、守るべき海上交通路は太平洋側です。したがって海上自衛隊の主戦力は北朝鮮で何かあったとしても太平洋側に配置されるでしょう。
展開させるとしたら迎撃のための高射部隊で、他は災害対策と似たような対応になるでしょう。
生物化学兵器が使われた後、自衛隊は対応を支援するでしょうが、主体となるのは地元の一般の医療機関と保健機関になります。
あなたが想像するような対応はされません。

Q青森のキリストの十字架が切り倒されされた件、清盛塚の地蔵が倒された件ご存知の方教示下さい

次の二つの事柄についてご存知の方居られましたら、どのような事でも結構ですのでご教示戴ければ幸いです。
・青森にあるキリストの墓の十字架がチェーンソーで切り倒されるという事件。
・神戸の清盛塚に祀られている地蔵群が何者かによって倒された事件。
カテ違いでしたら申し訳ありません。

Aベストアンサー

僭称キリストの墓(十来塚)の木製十字架が倒されたのは、2003年です。行為者は判明していません。
なお、十字架が木製であることからわかるように、つい最近観光用に立てられたものです。また、墓を由来づけているのも空前の偽書、竹内文書であり、昭和以前に遡るものではありません。

Q自衛隊の戦力

自衛隊の戦力って世界的に見てどこの国と同程度の強さなんでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

○予算
日本は国防予算で世界第二位

○装備
兵器の質と量。
自衛隊の装備は、英軍よりも1.5倍くらいは大きな「軍隊」である。

○兵力(兵士の数)
日本の兵力は、アジアで、中国、インド、北朝鮮、韓国、パキスタン、ベトナム、インドネシア、台湾、タイ、ミャンマーに次いで第11位である。米国とロシアを加えたとしても第13位になり、アジア地域30カ国の中では、決して小さい規模ではない。

兵力はそれほど大きくないが、装備含めた軍隊としての規模は英軍よりも上であるようです。

但し、実践経験が全く無いことのネックはあるようです。例えば戦車は車両数は多いが、所有の70%は74式という旧式戦車。高機動多目的装輪車がFRP製で、戦闘時の防弾製が非常に劣っていて、戦闘時の運用に適さない等です。

Qニューオリンズとイタリアを繋ぐ○○、ご存知ですか!?

質問です。
ジャズ発祥の地、アメリカのニューオリンズと、ヨーロッパのイタリアの共通項やつながりがあれば教えていただけませんか?
「歴史的なつながりがある」、「イタリア生まれニューオリンズ育ちの著名人がいる」、「名産品が同じ」、その他何でも結構なので、情報提供お願い致します。

Aベストアンサー

「ニューオリンズ イタリア」で検索したところ、

イタリア料理に欠かせないタバスコはニューオリンズ生まれ

とのことです。

参考URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/staff/hokubei/h_12.html

Q実戦経験なしの自衛隊の戦力

自衛隊は世界最高レベルの戦力を保有していますが、実戦経験がないという弱点があります。軍事組織にとって実戦経験とはどれぐらい重要な地位を占めているのでしょうか?

Aベストアンサー

日本の防衛は、まず海や空で行われます。
こうした作戦の場合、どの程度の国が実戦経験があるのでしょうか?むしろ、海軍や空軍にはろくな訓練を施していない国の方が多いと思います。
確かに陸上戦は貧弱なゲリラ戦を含めれば、あちこちでやっています。兵士を鍛えるだけなら、簡単でしょう。しかし、航空戦はアメリカ軍やロシア軍ぐらいしか、十分な経験がありません。海での戦いとなると、アメリカの独壇場でしょう。(イギリスとアルゼンチンも1980年代にドンパチやりましたが、両国がアメリカに勝るとは思えませんし、)
また、海や空の戦いは、科学技術力の要素が大きいですよね。レーダーやセンサーで索敵して、ミサイルを敵に命中させるのです。訓練による経験でも、相当役に立つはずです。

訓練の頻度やレベルでは、自衛隊は中国や北朝鮮よりも密度が濃いはずです。燃料代もかかるし、艦船や航空機はある程度稼働させると整備点検や補修が必要です。自動車の車検と違い、軍事装備の点検整備には時間がかかり、そうライフサイクルにおける稼働時間の比率は意外に低いんです。そうなうと、装備の信頼性や耐久性が、実動戦力に響きます。

それに、海上自衛隊は実は旧日本海軍の伝統を受け継いでいます。それは技術面においてもです。たとえば、掃海のノウハウ、艦船のダメージコントロール(敵の大砲を食らっても、被害を最小限にとどめて、戦闘を継続したり、帰港して修理を受ける技術)、またダメージコントロールを最大限に引き出せる艦船の設計思想などです。

航空自衛隊はF-X問題が長引いて心配ですが、しかしパイロットの訓練時間の長さは十分ですし、戦闘機の稼働率も世界トップクラスです。また、レーダーの性能やミサイルは、すでに述べたように勝敗を分ける重要な要素ですが、電子産業が得意な日本はこうしたアビオニクス(航空電子)でも高い技術を持ち、独自の装置やミサイルも開発しています。

さらに、自衛隊はリムパックやレッドフラッグなど米軍やその同盟国による共同訓練、在日米軍との連携も図っています。陸上自衛隊も、アメリカに行って火器の性能試験や訓練を行うことがあります。その中で、米軍から現代の戦闘におけるノウハウも吸収しているはずです。

油断は禁物ですが、そう心配することもないと思いますよ。
ただ、ゲリラ戦やテロは、自衛隊だけではなく、警察や地方行政、社会の対応能力も問われるので、こちらはやや不安ですね。東京は、石原都知事がその辺の心配をしていて、自衛隊を街中に出させて、訓練を実施しているみたいですが。。。。

日本の防衛は、まず海や空で行われます。
こうした作戦の場合、どの程度の国が実戦経験があるのでしょうか?むしろ、海軍や空軍にはろくな訓練を施していない国の方が多いと思います。
確かに陸上戦は貧弱なゲリラ戦を含めれば、あちこちでやっています。兵士を鍛えるだけなら、簡単でしょう。しかし、航空戦はアメリカ軍やロシア軍ぐらいしか、十分な経験がありません。海での戦いとなると、アメリカの独壇場でしょう。(イギリスとアルゼンチンも1980年代にドンパチやりましたが、両国がアメリカに勝るとは思...続きを読む

Q過去にご自身のブログで『ファミレスで夜遅くにたむろしている大学生らしい

過去にご自身のブログで『ファミレスで夜遅くにたむろしている大学生らしい人を見ると、「社会出ればいいのに」と思ってしまう』と発言した方がいるのですが、侮辱罪に値しませんかね?やはりこういう、個人の日記における勝手な偏見による無責任な発言は無視するべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

特定個人を名指ししているわけでないなら侮辱罪にはならないでしょう。
単に個人的思想を述べたにすぎません。
それが侮辱罪なら評論家やコメンテーターは仕事が出来ません。

Q航空自衛隊の戦力について

現在の航空自衛隊の戦力は十分足りているのでしょうか?足りない装備とかありますか?あと人員も足りているのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。

物理的な存在(装備)ではないけど・・・

旧帝国軍以来の伝統芸で、国家レベルの「戦略」がありませんね。
あと、Rules of Engagement(ROE、交戦規定)の不存在も国家の軍事組織としては大問題。
ROE不在ということは、組織的な軍の体を為していない=ただ重武装の愚連隊と言っていいレベルなんですけどねぇ。

Q皆さんご存知ですか?

東京神田に会社を構える 株ケイバイネットワーク(株タツミ)に関する
知っている事なんでも構いません情報下さい。 お願い致します。
(怪しい会社)

Aベストアンサー

怪しいかどうかは知りませんが・・・

とりあえず、googleで検索した結果が16件。
正式なホームページがありましたので、参考URLを載せておきます。
(参考URL1:http://www.cnet-ta.ne.jp/keibai/)

不動産の競売(ケイバイ)は、各地方の裁判所ごとにおこなっていると記憶しています。
(参考URL2:http://www.mjmj.co.jp/keibai.html)
それを全国ネットで行うという発想は、確かにすごいことかもしれません。
(参考URL3:http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ryunosuke/5967/geodiary.html。下の方の12月29日に記載)

ただし、競売の世界に入るわけですから、競売の正しい知識(法律的なことや、実際に起こっている問題など)を持って取り組むべきだと思います。
(参考URL4:http://www.plaza008.jp/kyoubai.htmlなど)

最後に、QNo.340681を22日に締め切って、24日に再質問では、ちょっと気が早すぎませんか?
(参考URL5:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=340681)

参考URLは、文字数の制限(?)で、1と2の2つしか載せられませんでしたので、その他の参考URLはコピー&ペーストか、直接アドレスを記入して見てください。

参考URL:http://www.cnet-ta.ne.jp/keibai/,http://www.mjmj.co.jp/keibai.html

怪しいかどうかは知りませんが・・・

とりあえず、googleで検索した結果が16件。
正式なホームページがありましたので、参考URLを載せておきます。
(参考URL1:http://www.cnet-ta.ne.jp/keibai/)

不動産の競売(ケイバイ)は、各地方の裁判所ごとにおこなっていると記憶しています。
(参考URL2:http://www.mjmj.co.jp/keibai.html)
それを全国ネットで行うという発想は、確かにすごいことかもしれません。
(参考URL3:http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ryunosuke/5967/geod...続きを読む

Q日本は、戦争放棄をしましたが、自衛隊がいるので、戦力はすごいということを聞きました。 実際、今、戦争

日本は、戦争放棄をしましたが、自衛隊がいるので、戦力はすごいということを聞きました。
実際、今、戦争(?)をするかもしれない、北朝鮮や、いろんなことで関わってくる、中国と韓国。
領土のことで問題がある、ロシア。
無いとは思いますが、アメリカ。

整理すると、北朝鮮と、中国、韓国、ロシア、アメリカ。
上記の国と戦争する場合、勝てるのでしょうか?


また、今一番戦争が起こりそうな国を教えて下さい。


質問が多くてすいません。

Aベストアンサー

アメリカは武力の使用を躊躇しない国で、他の国よりも豊富な実戦経験やそれに基づいた武力の運用実績があります。
兵器の質に関しても全てにおいてトップクラス、本格的な空母機動部隊を世界でただ一つ運用している国です。
通常兵器で戦う場合、ある1国対アメリカなら、他の国は敵わないでしょう。

ロシアは兵器の質についてはまあまあです。ただ訓練その他で兵の質が劣るという噂がありますね。
ロシア極東軍では空自機1機に対してロシア側は3機で当たれといわれていることもあるようです。
ロシア海軍もその活動は往時に比べると活発とは言えず練度も不確かさがありますね。

中国はよく判りませんね、最新兵器らしきものがあるもののカタログスペックは良いけれど、本当の実力は故障が多いなど問題を抱えているようです。
日清戦争時と同様に今でも軍閥があると言われて中央政府の指示が徹底されるか、またそれがどの程度なのかわかりません。

韓国は、兵器の質は表面的には良い米国製を揃えてはいるものの、消耗部品の十分な補給が無く共食い整備が主流となっていると言われています。
また、少子化の為、部隊の指揮官は兵の親に気を使わなければならいという、武力の運用上、ヘンテコな負担を強いられているようですね。
一応、米日と同じイージス艦を保有していますが、積んでいるシステムが旧式で、弾道弾に対応していません。
また、国自体がかなり北に侵食されていて、情報が北にダダ漏れという話も聞きますね。

北は、通常装備その他はWW2時代の骨董品が多いですね。ただ、航空機やミサイルではある程度脅し用に効果があるものがあります。

他のどの国に対してもそうなのですが、日本は海上自衛隊と航空自衛隊とが対処して優位になければならず、
陸自が登場する本土決戦になると形勢は不利な状況となってしまうので避けないとならないです。

海自の潜水艦は通常動力としては世界最高性能なので、露中韓北レベルでは大きな戦力になると言われています。
海自の水上艦艇も他国との共同訓練などで高い評価を受けているので、私見ですが空母のない米と同等と見ていいと考えます。
また、30年程昔の空自は訓練時間が少なく米軍には敵わないと言われていましたが、今は米も手こずるパイロットが多いとされています。

日本の近海で戦う様に海自・空自とも想定しているので、相手の国で…という戦力の作り方にはなっていないですが、
今の想定の状況なら米以外とは優位に戦えると考えます。

アメリカは武力の使用を躊躇しない国で、他の国よりも豊富な実戦経験やそれに基づいた武力の運用実績があります。
兵器の質に関しても全てにおいてトップクラス、本格的な空母機動部隊を世界でただ一つ運用している国です。
通常兵器で戦う場合、ある1国対アメリカなら、他の国は敵わないでしょう。

ロシアは兵器の質についてはまあまあです。ただ訓練その他で兵の質が劣るという噂がありますね。
ロシア極東軍では空自機1機に対してロシア側は3機で当たれといわれていることもあるようです。
ロシア海軍もその活...続きを読む

Qこんな事件をご存知ですか?

「完全カンニング・マニュアル/どんな試験でもラクラク合格!」(有栖脱兎編著:第三書館)という本の中で紹介されていた実話です。

 大学三年生のA君が、アルバイト先で知り合った19歳のBに脅迫されて、3ヶ月あまり監禁状態で強制的に受験勉強させられたという事件があるそうです。BはA君を自分の替え玉にして北海道大学を受験させようと目論んでいたといいます。結局は失敗に終わったのですが……。

 奇妙な事件なので興味を持ち、もっと詳しく知りたいと思いました。いつごろ、どこで起きたのか等、当該事件について何か情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

・昭和50年6月頃からAさんを監禁、8月28日傷害罪でB逮捕(王子署)

・2人は同じアパートに住み、同じ新聞販売店で働いていた

・大学とアルバイト、監禁状態での勉強で疲れて居眠りするAさんに、Bはタバコや焼いたナイフを押し付けたり、殴る蹴るの暴行を加えていた

・三畳の部屋で、国語、英語、日本史、化学、数学の参考書を買い与えて、夏休みまでは1日5時間、夏休みに入ってからは1日12時間勉強させていた

以上が手元の資料にありました。プライバシーの問題もありますので、関係者の氏名、出身地、学校名などは伏せておきます。

少しは参考になりますか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報