戸籍謄本をとることが最近多いのですが住んでいるところ遠くて面倒なので現在の住所へ転籍しようかと思って戸籍のある市役所にその旨を伝えるとデメリットばかりだからやめた方がいいと言われました。理由を聞く時間がなかったのでそのままにしていましたが、転籍のデメリットってどんなことなのでしょうか?

A 回答 (4件)

デメリットといえば、運転免許証など、本籍地の記載があるものの書き換え作業でしょうか。


あと、相続登記をする際など、戸籍をさかのぼって何かを調べる際に、請求される先がひとつ増えることですね。
戸籍を取る機会は、そこまでないでしょうから、
取りたてて変更する必要もないかもしれません。

まあ、もっとも大きなデメリットは、役場の職員の仕事が増えることですよ(^^
旧本籍地から新本籍地の役場に書類が届き、入力作業をしないといけません。
戸籍のほかに戸籍の附票もですね。
「なかなか転籍されるとめんどくさいんですよね。」と
役場の職員が言うのを聞いたことがあります(笑)
    • good
    • 0

 こんにちは。



 役所で戸籍の担当をしていました。

 あなたにとってはデメリットと言えるほどの事柄はないですよ。そんなことを、市民にお教えしたこともないです。

 恐らくその職員かそのように教示されたのは、プライバシーの関係から最近は色々な書類から戸籍欄がなくなってきたり、戸籍の提出を求められることがなくなってきていますから、あえて移動することもないんじゃないですか、と言う程度のことだと思います。

 唯一、デメリットと言えるのは、下の方も書かれていますが、あなたが亡くなられて(失礼)相続の時に移動された戸籍を全部集めなければならないことぐらいですね。でも、その時はあなたはいませんから、あなたのデメリットとはいえませんね。
    • good
    • 0

>転籍のデメリットってどんなことなのでしょうか?



 法的にはデメリットはありません。あるとすれば、例えば御相談者が亡くなって、不動産の相続登記をする場合、被相続人の出生から死亡するまでの戸籍(除籍・改製原戸籍)謄本が必要になりますが、管外転籍(ある市町村から別の市町村に転籍すること)をした場合ですとそれだけ取るべき謄本が増えると言うことです。管内転籍(同一市町村での転籍)ならば、本籍地の記載が変わるだけで、新たな戸籍簿は作成されないので、取るべき謄本は増えません。
 御相談者は戸籍謄本を取得する機会が多いようですが、一般的には日常生活で戸籍謄本を取らなければならない状況は少ないでしょうし、本籍地が遠方でしたら、郵送で戸籍謄本を取ることも可能ですので、以上のことを踏まえて転籍されるかどうかお決めになればよいと思います。
    • good
    • 0

デメリットはわかりませんが、メリット(まぁ、間違った使い方?)としては、離婚をしたかたの場合、離婚前歴が抹消されます。



まぁ、本籍などの記載がされている様々な書類などを変更する手続きが待っているっていうのはありますね。
免許とか。
また、戸籍謄本は全国どこからでも取り寄せることができたと思います。確か、郵送などで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本籍地変更にともなう手続き

 本籍地を長いこと夫の実家にしていたのですが、現在の居住地に変更しようと思います。

 (1)本籍地変更の手続きを教えてください。
 (2)それに伴って変更手続きをしなくてはならないものには何がありますか。免許証の変更もそうですよね。
 現在の住まいは持ち家で取得してから10年になります。登記簿の変更も必要なのですか。
 
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。以前戸籍事務をしていましたので、主に「1」に付いて書かせていただきます。

(1)本籍地変更の手続きを教えてください。
 
 こういう手続きを「転籍」と言いますが、自治体が変わらなければ、戸籍担当課に「転籍届」(1通)を提出するだけです。
 自治体が変わる場合は、戸籍謄本2通を取得しておき、「転居届」(2通)に添付して、お住まいの自治体の戸籍担当課に提出してください。
 転居届は全国共通ですから、どこかの役所の戸籍担当課であらかじめもらって置かれると良いです。

(2)それに伴って変更手続きをしなくてはならないものには何がありますか。免許証の変更もそうですよね。

・住民票は自動的に変更されますから手続きは不要です。
・登記簿も本籍地は書かれていませんから手続きは不要です。
・国家免許は大抵本籍地の都道府県が書かれていますが(例えば医師免許など)、変更する必要はありません。というか、変更できません。
・パスポートは、都道府県しか書かれていませんから、都道府県が変わったときのみ、旅券事務所で訂正の手続きをしてください(申請に、新しい戸籍が必要です)。
・運転免許証は、本籍地の変更が必要ですから、新戸籍か戸籍が訂正された住民票を持って警察で変更してください。免許証の裏面に訂正事項が書かれます。
・会社や学校への連絡は不要だと思います。住所の変更と違って、本籍地が変わっても影響がないからです。

 とりあえず、今思いつくのはこれぐらいです。

 こんにちは。以前戸籍事務をしていましたので、主に「1」に付いて書かせていただきます。

(1)本籍地変更の手続きを教えてください。
 
 こういう手続きを「転籍」と言いますが、自治体が変わらなければ、戸籍担当課に「転籍届」(1通)を提出するだけです。
 自治体が変わる場合は、戸籍謄本2通を取得しておき、「転居届」(2通)に添付して、お住まいの自治体の戸籍担当課に提出してください。
 転居届は全国共通ですから、どこかの役所の戸籍担当課であらかじめもらって置かれると良いです。

(2)そ...続きを読む

Q戸籍謄本と戸籍抄本って何に使うのですか?

私の記憶では、今まで生きてきて一度も交付したことがありません。
婚姻届を近々出すのですが、本籍地と同じところに婚姻届を出すため 戸籍謄本(抄本)が必要なかったです。
戸籍謄本や戸籍抄本っていったいどういうときに交付してもらうものなのですか?
それと謄本と抄本の違いは何ですか?

Aベストアンサー

戸籍には次のような機能があります。

1.日本の国籍を証明する
2.家族関係を証明する

パスポート申請では1番の機能が必要になります。

2番の機能は色んな場面で必要になることがあります。

・婚姻時...家族関係に変化が生じたために必要になります
・死亡時...遺産の法定相続人を確認するために必要になります
・自分の家族関係を知りたいとき
 たとえば離婚により会うことがなくなった、父がその後再婚したのか?などなど。
 番外編として、戸籍には「附票」というものがあり、そこには戸籍に載っている人の現住所が書かれていますので、自分の直系親族の居場所を知ることも出来ます。

最近ですと携帯電話で家族割りサービスを受けるのに求められることもあります。
あと親から生前贈与を受けるために相続時清算課税制度を利用するという場合にも戸籍が必要になります。

こんなところでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報