私は玩具、プラモデル、フィギュアなどのオンラインショップを準備中です。

他社さまのオンラインショップを拝見しますと様々な商品の画像が貼られております。
このような商品画像についての質問です。

商品画像を探して来て勝手に掲載してしまって良いのでしょうか?
何か正規のルートで画像を入手、公開させて頂けたりするのでしょうか?

主にBANDAI製品を取り扱いたいと考えております。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まずメーカーに問い合わせましょう。


そのメーカーから正規に取引している場合、断られる事はあまりありません。
問屋さんを経由して仕入れている場合は、仕入れている問屋さん経由で、問い合わせたほうが良いでしょう。

私もオンラインショップを行っておりますが、私のサイトを見たメーカーさんから、「写真が少しボケている」と言われ、メーカーから商品画像の入ったCD-Rが送られてきたことが有りました。
別のメーカーの、カタログの写真の使用許可を求めた時は、まもなく新しいカタログができるので、そちらの写真を使うように言われ、後日カタログがドサッと送られてきたことも有ります。

ただ、質問者が、正規のルートではなく、オークションや倒産品などの商品を仕入れている場合は、簡単には許可がもらえないと思います。

また、商品掲載に関して、メーカーサイドと話ができないような関係では、今後の取引に支障が出ると思います。
メーカーさんと、何でも話ができる関係を作ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
当方は正規ルートで仕入れております。
問屋様を介しての画像承諾をお願いしましたが、回答を得る事は出来ませんでした。

メーカー様に直接的に交渉をさせて頂きましたが、メーカー様毎にルールが大きく異なっておりました。

おかげさまで先ほど、大手企業様より担当者をご紹介頂けました。

商品画像のCD-Rの件など、初めて耳にするお話でとても勉強になりました。
ありがとうございました。m(_ _)m

お礼日時:2005/04/02 20:05

>商品画像を探して来て勝手に掲載してしまって良いのでしょうか?



創作物に対して著作権は発生します。
創作物とは、小説、詩、絵、写真などを指します。
従ってプラモデルの写真はその写真を撮影した人の創作物となります。
その写真をあなたのホームページに掲載しようとすれば、著作権法違反に当たります。
自分でプラモデルを製作し、それを写真に収めて公開する分には問題ありません。

>何か正規のルートで画像を入手、公開させて頂けたりするのでしょうか?

その写真を撮影した人と直接交渉するしかありません。他社のオンラインショップは、自分で撮影しているか、撮影者から許可を得ているか、法律違反を承知で無断で掲載しているかのいずれかと思われます。
バンダイに問い合わせるというのも一つの方法かもしれませんが、メーカーはこのような問い合わせに対して「だめ」と断わるケースがほとんどです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
当方はプラモデル製作も大好きですので、既に発売しているプラモデルに関しましては製作した物を公開してみるのも良いかと思いました。

おかげさまでメーカー様より、許可や許可関係の部署への紹介を頂く事が出来ました。
ありがとうございました。m(_ _)m

お礼日時:2005/04/02 20:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q商品画像の著作権について

商品画像の著作権についての質問です。
私は先日、自分が持っているゲーム機を撮影してホームページにその画像を載せました。
画像はぼかしを入れて企業のロゴなどの文字が見えないようにしました。また、ゲーム機の電源は入れてない状態で撮影したのでゲーム機の画面には何も映っていません。
しかし、ぼかしを入れてもゲーム機の形状はわかってしまうのでどこの製品のものか判断できてしまうような状態なのです。
このような場合は著作権の侵害になるのでしょうか?
また、万が一問題があった場合は削除をすれば罪にはなりませんか?
回答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>このような場合は著作権の侵害になるのでしょうか?

ならない、鮮明に映っていても、著作権の侵害にはなりません

ゲームの内容をコピーしたり書き換えた時点で、著作権法違反になります。

ゲームの外観に著作権はありませんよ

Q雑誌に掲載する写真の著作権!

世に出回っているファッション雑誌に写真は不可欠なものなのですが、全ての画像、写真には、著作権は、発生しているものなんですか?自ら撮った写真に著作権が無くても、写っているものに著作権があれば、許可が必要ですよね?例えば、○○さんが使っている、おすすめ化粧品と言う企画があってその人が使用している現物を撮ったとしてもシセイドーのものであれば、許可が必要なんですか?あとは、ストリートスナップに掲載されている一般人の人にも許可をとるのは分かるのですが、その人が着ているブランドの服とかも一緒に写るので一個、一個許可をもらっているのですか?疑問です!あとは、文字にも著作権は、あるのですか?ブランドの名前を使うときとか、コメントとかにブランドの文字とか入れて使う時と商品名のタイトルとして扱うときとかで、使う用途で文字にも著作権が発生してくるのか?どこから、どこまでは、著作権、許可が必要なのかまったく分かりません。はっきりとしたボーダーラインがあるのか、是非、教えて頂きたいです。まとまりの無い文章ですいません。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

広告制作業に携わっている者です。著作権や商標権などには雑誌以上に気を遣う立場です。

No.1の方のおっしゃるとおり、化粧品のパッケージ、ブランドの服、ペットボトルや菓子のパッケージ、さらにそれらに記載されているロゴや文章、これらはすべて創作性の認められない工業製品の範疇に属するもので著作権はなく、代わりに商標権や意匠権を持ちます。
著作権と商標権・意匠権には大きな違いがあります。
●著作権…その著作物が創作された時点で自然発生する権利であり、模倣などだけでなく勝手に発表されないことなども権利に含まれる
●商標権・意匠権…権利の発生には特許庁などへの登録が必要であり、主に模倣・盗用によって権利が侵害されたとする

つまり、著作物だと勝手に雑誌などに掲載するだけで権利の侵害になりますが、服など工業製品では掲載するだけでは権利侵害になりません。
商標権・意匠権の侵害は、たとえば「SONY」のロゴに似せて「SOMY」なんてロゴを作り、それをSONYが扱っている分野に近い製品に使用したりして、やっと成立します。メディアに出ただけで権利侵害にはなりません。
(テレビではよく画面をぼかしたりして商品や商品名を隠していますが、これは提供スポンサーへの配慮で権利の問題ではありません)

戸外で人物を撮影する際には、着ている服、背景の建築物などが入ります。
建築物があまりに有名で一見して特定できる場合は許可を願い出るケースもありますが(建築物には著作権が認められる場合もあります)、服や小道具のメーカーに連絡をしたことなど一度もありません。
雑誌などに自社商品が出た場合は、逆に「無料でPRになった」と感謝されるほうが多いはずです。

なお、人物に許可をとる理由を勘違いされているように思うので、付記しておきます。
一般人にも認められるのは著作権でなく肖像権です。これは自分の姿を勝手に商業目的などに使用されない権利で、海外の政治家などごく一部の公人を除き誰でも有するものです。
ストリートスナップに関して著作権を持つのはカメラマンと、それを誌面にレイアウトしたグラフィックデザイナーです。

広告制作業に携わっている者です。著作権や商標権などには雑誌以上に気を遣う立場です。

No.1の方のおっしゃるとおり、化粧品のパッケージ、ブランドの服、ペットボトルや菓子のパッケージ、さらにそれらに記載されているロゴや文章、これらはすべて創作性の認められない工業製品の範疇に属するもので著作権はなく、代わりに商標権や意匠権を持ちます。
著作権と商標権・意匠権には大きな違いがあります。
●著作権…その著作物が創作された時点で自然発生する権利であり、模倣などだけでなく勝手に発表されな...続きを読む

Q広告に商品の写真 (肖像権?著作権?)

広告に商品の写真が載ってたりしますが、それには肖像権みたいなものはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

最近、知的所有権に対する関心が高まっているのは良いのですけれど・・・。そのあたりで、何か勘違いしている人が多いので、一言。

例えば、富士山を撮影します。まあ、富士山はおおかた国有地なので、肖像権はないとします。
この富士山を撮影した写真には、たしかに撮影者の著作権は存在しますが、よくある撮影ポイントで、ありきたりの写真では、その写真を二次利用しても、どの写真を複製したのか立証は出来ません。もちろん、だから複製自由だということではなく、独自の知的所有権を立証できないと言うことです。
知的所有権とは、そこに個人でしか表現できない個性や工夫があるものを、未承諾で使用した場合、知的所有権、つまり、財産権の侵害になるということです。「財産権の侵害」ここが重要です。単に複製することではなく、複製することによって、著作者が当然受けるべき金銭を受けとることが出来なくなる。この財産権の侵害が生じたときに初めて、著作権侵害となるのです。
著作権の中に、「複製権」という条項がありますが、複製であることの明かな証明と複製されることによっての損害が立証できなければいけません。
質問者様の「商品写真」が明らかに某カメラマンが撮影した者であるのか、あるいはだれでもそのように撮影することは可能なのか、そのあたりが問題となります。
そして、著作権とは、現在は、あくまで現在は親告罪ですから、著作者の財産権を侵害したときに発生し、その侵害に対する訴訟を起こして初めて著作権の侵害になるということです。

結論として、何処にでもあるような写真については、撮影者は著作権は主張しないでしょう。著作者が異議申し立てをしないかぎりは、著作権侵害とはなりません。その商品写真と同じアングルで自分が撮影したと主張すればいいのですから。

商品の肖像権は、製造した会社によります。その商品の写真が掲載されることによっての製造会社に不利益がなければ、不問でしょう。

おそらく、質問者様の聞きたいのは、法律上の解釈だけでなく、実際のことについてだとおもわれますので、「不問に付される」場合が多いと言うことで、お答えしました。

最近、知的所有権に対する関心が高まっているのは良いのですけれど・・・。そのあたりで、何か勘違いしている人が多いので、一言。

例えば、富士山を撮影します。まあ、富士山はおおかた国有地なので、肖像権はないとします。
この富士山を撮影した写真には、たしかに撮影者の著作権は存在しますが、よくある撮影ポイントで、ありきたりの写真では、その写真を二次利用しても、どの写真を複製したのか立証は出来ません。もちろん、だから複製自由だということではなく、独自の知的所有権を立証できないと言う...続きを読む

Qぬいぐるみの写真と著作権

他の方の質問ですが、こんな質問が立っていました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=481842

私は、著作権侵害には当たらないと回答しました。
どうも写真撮影が著作物である「ぬいぐるみ」の複製権を侵害するとは思えないからです。
しかし、他の方の意見ではおおむね違反するということのようでして、一方では根拠を示されている方がいらっしゃらないので自分が間違っているのかどうかよくわかりません。

そこで質問です。
1、キャラクターが保護されるのは不正競争防止法とかなのではないかとおもうのですが、著作権法上、著作物たる「ぬいぐるみ」をはなれてキャラクター自体が著作物になるものでしょうか?もし成るとして、著作権法の条文を読む限りでは例示に入っていないのですが、判例・学説等根拠を教えて下さい。
2、「ぬいぐるみ」の写真撮影は著作権法上の複製権を侵害しますか?類似の判例等があれば教えて下さい。

参考文献も教えて頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

著作物とは、思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するもの(著作権法2条)です。ぬいぐるみは大量生産される工業製品であり、そもそも「思想または感情を創作的に表現したもの」に該当するかどうか疑問です。美術性に重きがあるか、実用性に重きがあるか、現物に即した具体的検討が必要でしょう。

仮に美術性に重きがあると仮定すると、当該ぬいぐるみは美術の手法を大量生産品に応用したものなので応用美術に属し、著作権法の保護対象となると思われます。
実用性に重きがあれば、著作物としての保護になじまないので、意匠法に基づく意匠登録により保護を受けることになるでしょう(意匠とは、「物品の形状、模様もしくは色彩又はこれらの結合であって、視覚を通じて美感を起こさせるもの」(意匠法2条)です)。両者の限界は微妙ですが、意匠登録が可能であるから著作物ではない、とはいえません(長崎地方裁判所佐世保支部決定、昭和48年2月7日)。

美術に重きがある場合、著作権法によって保護されるぬいぐるみの複製権とは、当該ぬいぐるみをぬいぐるみとして複製する権利であり、写真撮影が複製権の侵害になるはずがありません。

しかし、いずれの場合も、他人の商品であるぬいぐるみの写真を利用して営利を図る行為は、不正競争防止法の「他人の商品の形態を模倣した商品を(中略)譲渡または貸渡しのために展示する行為」(同法2条)に該当すると思われるので、原質問のぬいぐるみが著作権法・意匠法いずれの保護を受けるにしても、問題の核心を不正競争と解する点で 100Gold さんと結論を同じくします。

なお、キャラクターとは漫画等に登場する架空の人物などの姿態・名称・絵柄・性格などを総合した抽象的イメージであり、原作者が描いた具体的表現物ではありません。ぬいぐるみという具体的表現物の忠実な模写である写真は、キャラクターを侵害するものではないでしょう。

なんだかまとまりがありませんが、要するに、ぬいぐるみの写真を無断で使用する行為は、著作権法ではなく不正競争防止法違反である、というのが結論です。

著作物とは、思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するもの(著作権法2条)です。ぬいぐるみは大量生産される工業製品であり、そもそも「思想または感情を創作的に表現したもの」に該当するかどうか疑問です。美術性に重きがあるか、実用性に重きがあるか、現物に即した具体的検討が必要でしょう。

仮に美術性に重きがあると仮定すると、当該ぬいぐるみは美術の手法を大量生産品に応用したものなので応用美術に属し、著作権法の保護対象となると思われます。
...続きを読む

Q返品・返金の仕訳け

ネットショップを運営しております。
お客様から返品を受け、返金(事業用通帳より振込)しました。

帳簿への仕訳け方がいまいちわかりません。
毎日の売上げは売掛で仕訳けています。

通帳から返金していますので、貸方/普通預金**** になると思うのですが、借方の科目がわかりません。

返金した分、売掛金を減らしたいのですが、どうすればよいのでしょうか。頭が混乱してきました。。

どなたか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

売上を取り消さなければなりませんので、
100円の商品が返品/返金されたとして、
売上100/普通預金100
として取り消します。

売掛金が出てきませんが、売掛金はお客さんから入金があった時点で既に消滅しているので、減らすことを考える必要はないのです。
(支払われていない代金を返金したわけではないですよね?)

Q商品紹介ブログでの画像転載について

Tシャツなどの衣類、小物、インテリアなどを紹介するブログを運営する予定です。(まだ公開されていません)

例えば、あるブランドAの春小物(腕時計とか)をブログで紹介したい場合に、そのサイト管理者に直接連絡を取って画像を使用させてもらいたいとお願いし、利用することは可能でしょうか?

よく個人ブログで商品画像をamazonなどではなく、そのままjpegで保存して持ってきたような記事があるのですが、みんな事前許可をとってから掲載しているのでしょうか?

私としては、まず自分のブログのデザインが完成してから各サイトへお願いしようと思っているのですが、もし使用できなかった場合はブログがすべて水の泡になってしまうので、詳しい方いらっしゃいましたらぜひ教えてください。
また、サイト運営者側の意見もぜひ聞きたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本は著作権法に基づいてとなります。

衣類などはデザインが著作物となると思われるので、
事前の許可申請が無難です。

但し、申請したからと言って必ず許可されるとは限りません。
ケースバイケースでしょう。
(ディズニーのデザインなんかはまずOKくれませんし)

で、他の人のサイトの場合、ほとんどが無許可でしょう。
(許可がいることさえ知らない人も多い)

摘発していたらきりがないし、
商品紹介となるとある程度CMにもなるしで
野放し状態が多いと思います。

ただ、クレームがきた場合当然無許可はまずいですし
場合によっては損害賠償卯なんて事もないとは限りません。
(実際はあっても削除依頼程度ですが)

ブログのデザインができてからでなくても
使って良いかどうかの確認をまずされてはどうでしょうか?

PS:私個人的経験ですと、依頼しても返事が来ないか、
   許可されないことが多いです。
   まあ、使い方が悪いのかも知れないですけど。

   無難なのはAmazonなどのアフリエイトで
   画像も使うというのが簡単です。
   (これだとその都度許可いらないですし)

基本は著作権法に基づいてとなります。

衣類などはデザインが著作物となると思われるので、
事前の許可申請が無難です。

但し、申請したからと言って必ず許可されるとは限りません。
ケースバイケースでしょう。
(ディズニーのデザインなんかはまずOKくれませんし)

で、他の人のサイトの場合、ほとんどが無許可でしょう。
(許可がいることさえ知らない人も多い)

摘発していたらきりがないし、
商品紹介となるとある程度CMにもなるしで
野放し状態が多いと思います。

ただ、クレーム...続きを読む

QチラシやDMなどでの商品名や写真の使用について教えてください。

チラシやDMなどでの商品名や写真の使用について教えてください。

よく家電量販店などのチラシなどで、沢山の商品の名前や写真が載っていたりしますが、
これってすべて権利者(メーカー等)に許諾をとっているものなのでしょうか?
またその必要って必ずあるのでしょうか?もちろん家電量販店に限らず、スーパーのチラシ
でも何でも、必ず商品の名前や写真が載っていますよね。すべてに許諾をとっていたらキリ
が無いと思うのですが、どうなのかなと思いまして・・・。

なぜこのような事を聞くかと言うと、実は勤めている会社で販売促進の企画を立てており、
DMの作成を考えています。
これはチラシなどとは違い、販売する商品を載せるのではなく、「抽選で何名様に○○をプレ
ゼント!」という懸賞の形で商品の名前や写真を使おうかと考えているからです。
たとえばWiiとかiPodとか・・・。もちろん懸賞法の範囲内で行うようにしますが・・・。

よくうちに来るDMやチラシ、また雑誌なんかでもこのような懸賞の場合でも普通に名称や
写真が載ってたりしますが、これはどれもこれも必ず許諾をとっているのでしょうか?
多分写真については、そのままカタログのものを使用するのは著作権の問題があると思うので、
現物を自分で写真を撮るなどの対応が必要かと思うのですが、商品ロゴを使用する訳でもなく、
単純に商品名をテキストで記載する事に関しても何らかの許諾を取らないと使用できないもの
なのでしょうか?下手に使用して商標権の侵害だと訴えられてもかないませんので・・・。

法律的にはこうだと言う法律の観点からと、ただ一般的にはこういう事になっているという
一般的な観点と両方の観点でご回答頂けると助かります。どうぞよろしくお願い致します。

チラシやDMなどでの商品名や写真の使用について教えてください。

よく家電量販店などのチラシなどで、沢山の商品の名前や写真が載っていたりしますが、
これってすべて権利者(メーカー等)に許諾をとっているものなのでしょうか?
またその必要って必ずあるのでしょうか?もちろん家電量販店に限らず、スーパーのチラシ
でも何でも、必ず商品の名前や写真が載っていますよね。すべてに許諾をとっていたらキリ
が無いと思うのですが、どうなのかなと思いまして・・・。

なぜこのような事を聞くかと言うと、実...続きを読む

Aベストアンサー

 他所の製品をうちの製品だと偽って売るわけじゃないので、通常はいちいち許可は取りません。
売れる事でその製品のメーカーも儲かるんですから。

ただ景品に利用する時は、注意が必要です

Qチラシの著作権についての質問です。

チラシの著作権についての質問です。

何ヶ月か前に食品関連のチラシのデザインをして納品をしました。先日クライアントから連絡があり、「このチラシを見せて商品をPRしたら、その見せたお客さんがこのチラシのデザインをパクって大々的に宣伝して商品を販売している」と言われました。その行為を止めさせたいんだけど‥。との相談でした。私も著作権にはあまり詳しい方では無いので、こちらで質問させてもらいます。

クライアントの希望は、とにかくそのデザインをパクった事を謝罪してもらってその広告を全面撤去してもらう事です。その際に例えば「著作権に引っかかるから訴えるよ」みたいな事が言えるのかとの事でした。自分を通してなら商品の販売は認めるとも言っていました。ちなみにその商品はそこらにあるような商品ではなくあまり出回ってないものです。チラシのデザインの際は著作権などの署名など書類などは一切ありませんでした。

もし解る方がいましたら教えていただけますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まるっきりのコピー(パクリ100%)ということなら、著作権侵害となります(複製権侵害)。また、「チラシのデザインの際は著作権などの署名など書類などは一切ありませんでした」というのは質問者さんとクライアントさんとの間で著作権の帰属について特に契約はしなかった、という趣旨と理解しましたが、その場合、クライアントに納品したチラシのデザインの著作権は(実際のデザインを行なった)質問者さんに帰属します。従って、パクった人に「オマエ、著作権侵害じゃないか!」と主張できるのは、クライアントさんではなく、質問者さんです。

なお、「デザイン」とおっしゃっていますが、チラシの図柄やイラストのことですよねぇ?単なる商品配置やレイアウト、文字・数字のフォントやレタリング・・・などの「デザイン」であれば、著作物に当たらない可能性があり、著作権法の保護は受けられない場合があり、パクられても文句がいえない場合があります。

Q著作権、古い自動車のカタログのネット上での公開

はじめまして。当方、とある旧年式の自動車についてのホームページを製作しようと思っている者です。私個人が開設したホームページ上で、当方の所有しているカタログをどうにか公開できないものかと思い、こちらで質問させて頂きました。当方が個人のホームページ上で公開したいと思っているカタログですが、日本国内の有名メーカーの車種で、最終型の生産終了・カタログ発行から既に40年以上が経過しています。カタログはスキャナで原色のまま取り込み、最低限のトリミング等を行った状態で掲載するつもりです。

当方がネットを見た限りでは、メーカーとは直接的関係に無い多数の個人サイトで、カタログ全ページを大解像度でホームページ上に公開されているのを見かけました。そういった著作物を公開しているページでは、空きスペースなどに「掲載カタログの著作権はメーカーおよび発行者にあります。本HPの画像の商用等への二次利用等、および転用・転載は固くお断りします。」といった内容の警告文が添えられています。これは、なにかの法律に則って記載されているのでしょうか?この警告文の記載さえあれば、カタログの個人サイトでの公開も問題ないのでしょうか?

また、著作物の引用などについて調べていたら「著作権法第32条」というものに行き着いたのですが、条件を見た限りでは、カタログをスキャナで取り込みそのまま公開するだけ(特に注釈などは加えず、発行年月日と車種名のみをページのタイトルにするとした場合)の場合、これは引用にはあたるのでしょうか?

合法的に個人のホームページ上でカタログを公開する方法をご存知の方が居ましたら是非とも教えていただきたく思っております。

法律に詳しい方のご回答、よろしくお願いします。

はじめまして。当方、とある旧年式の自動車についてのホームページを製作しようと思っている者です。私個人が開設したホームページ上で、当方の所有しているカタログをどうにか公開できないものかと思い、こちらで質問させて頂きました。当方が個人のホームページ上で公開したいと思っているカタログですが、日本国内の有名メーカーの車種で、最終型の生産終了・カタログ発行から既に40年以上が経過しています。カタログはスキャナで原色のまま取り込み、最低限のトリミング等を行った状態で掲載するつもりです。
...続きを読む

Aベストアンサー

 著作権者(メーカー)に許可を貰えば良いです。
 私は某メーカーの35年ほど前の車をレストアし、それをホームページに載せています。
レストア前のボロボロ実車と比較するために、カタログの写真やスペックも乗せています。レストア作業の進捗や部品の修復での新旧比較のためにも使っています。

 ホームページに掲載するにあたり、まずそのメーカー、メールを送り許可を求めました。
「貴社の古い車を個人的趣味でレストアしようと思っている。それを自分のホームページに掲載したい。ついては貴社のカタログの写真をスキャンして使用したいが、許可してもらえないだろうか」
それに 自分のホームページ主旨、掲載する目的、それに加え、掲載や文面で不都合な部分があったらすぐに修正する事 などを伝えて贈ったら、条件付きで使用OKの返事がありましたので、使わせてもらいました。
 担当者が時々見ていて、掲載上の条件を一部忘れていて一度お叱りを受けた事もありましたが、レストア作業上のアドバイスをいただいた事も何度かありました。
ホームページには、写真の出所と著作権者を明記。転用・転載お断りなど など、OKの返事のメールに書いてあった使用条件の通りの文面を入れています。
最後のページには協力してくれた法人や個人への謝辞を書きましたが、一番上にそのメーカーへの謝辞を書きました。

 著作権者(メーカー)に許可を貰えば良いです。
 私は某メーカーの35年ほど前の車をレストアし、それをホームページに載せています。
レストア前のボロボロ実車と比較するために、カタログの写真やスペックも乗せています。レストア作業の進捗や部品の修復での新旧比較のためにも使っています。

 ホームページに掲載するにあたり、まずそのメーカー、メールを送り許可を求めました。
「貴社の古い車を個人的趣味でレストアしようと思っている。それを自分のホームページに掲載したい。ついては貴社のカタロ...続きを読む


人気Q&Aランキング