人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

紫外線に当たると反応して色が変わるという紙はあるのでしょうか?
紫外線LED(UV-LED)でも反応する紙を探しています。(色は何色になっても構いません)
同様に赤外線で反応するものでも構いません。
ご存じの方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

設計図などの青写真(青焼き)を作るために用いる感光紙なら、大型の文房具店で入手可能です。



> 紫外線LED(UV-LED)でも反応する紙を探しています。

紫外LEDなら、反応は必ず起こります。ただ、光が弱いと反応時間は長くなります。

> 赤外線で反応するもの

赤外線用の感光紙は聞いたことがありません。もしあったとしても、極めて特殊な物でしょう。

赤外線はエネルギーが小さく光化学反応を起こしにくい上、光学的には集光もしにくいですから。

参考URL:http://www.kokuyo.co.jp/find/catalog/1c_search_1 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。冨士フィルムのコピアートという紙も見つかりましたので、いろいろと試してみます。

お礼日時:2005/04/03 10:53

実験の趣旨が理解しにくいです。

この実験で何を知らせるのでしょうか?
世の中には見えない光があることを知らせることでしょうか?ならば、そういう紙が紫外線のない環境では反応しないことを提示する必要があると思いますが、これも結構環境作りが難しいかと思います。

紫外線で変色するのは皮膚ですが・・・フェニルアラニンからメラニンを誘導する方がまだわかりやすいかと思います。
    • good
    • 0

質問の趣旨から外れてしまうかもしれませんが...



塩化銀(AgCl)はもともと白色の粉末ですが、光(紫外線域)の照射により紫色に変色するといった実験をしたことがありました。そのときの光源はは日光だったので紫外線を出すものであれば変色すると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q時間が経つと色が変化する紙ってありますか?

時間が経つと色が変化する紙ってありますか?
紫外線に触れたりと別の色になっていますような特質をもった紙もしくは染料を探しています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

目的に合っているかどうかは疑問ですが、紫外線以外にも空気中の水分(乾燥度試験紙、塩化コバルト紙:http://www.advantec.co.jp/japanese/hinran/seihin_index.html)や酸素に反応する試験紙もあったと思います。

Q何故、白より黒の方が紫外線の透過率が下がるのですか?

よろしくお願いします。
まったくの素人なのですが、よく日傘などで
白より黒の色のもののほうが紫外線を通さず
良いという話を聞きます。

素人の質問で申し訳ありませんがなぜ色により
紫外線の透過率に違いがでるのでしょうか?
ご教授ください

Aベストアンサー

こんにちは。他の方の回答と重複する部分もありますが、次のような回答ではいかがでしょう。

ポイントは、「白って実は透明・・・」

 まず、ご存じかもしれませんが、「赤い傘」と「白い傘」の違いを理解してみましょう。
 色とは光の中で「波長」という要素が異なるものです。赤なら波長が「800」くらい、緑なら「500」くらいというように表現できます。(単位は難しくなるので省略)
 人間は波長が400(紫)くらいから800(赤)くらいの光が見えるので、この範囲の光をまんべんなく反射するものを「白い」と呼び、800くらいだけのものを反射すると「赤い」と呼びます。

 紫外線も実は光の仲間です。波長200くらいなので人間には見えませんが、「白い傘」はこの波長もまんべんなく反射すると仮定しましょう。
なお、すべての波長をまんべんなく吸収してしまうのが「黒」であり、すべての波長(色)の光を同じ率で中途半端に反射するのが「灰色」です。

 あれ?「白」がすべての波長の光を十分に反射するなら、白い傘でも黒い傘でも傘の下はいっしょ・・・。

 実は「白」を作るには2つの方法があります。
 ひとつは銀のようにもともと光を完全に反射するものを粉状にして広げる場合であり、この場合はそれぞれの粉がほぼ完全に光を反射するので、光はほとんど通過しません。
 もうひとつは、透明の物質を粉状にするもので、いわば、透明な氷を「かき氷」や「雪」にしている状態です。空気と氷との間で複雑な反射が起きて見かけ上「白」になります。

 実は前者の方法は、粒子の表面の特性から薄暗い白(灰色。場合により黒に近くなることも)になりやすいため、世の中の白い物質はほとんど後者の方法で作られます。(たとえば白い紙を顕微鏡で見ると透明な繊維の連なりが見えるでしょう)このため、通常「白い傘」は一定の率で光を透過してしまうのです。まあ、これは、白い傘の裏側から太陽を見れば結構明るいことでもわかるでしょう
 他方で、黒は、文字通り光を透過せずに吸収する状態を言います。このため、白い傘は黒に比べて紫外線を透過しやすいことになります。

が、実はこれだけで判断するのはちょっと悩ましいところ。次のような点も考慮する必要があるかもしれません。

○ 見かけが白く、見える光が反射あるいは透過しているからといって紫外線も同じとは限りません。紫外線はばっちり遮断しているものもあれば、見える光より遙かに多く透過している場合もあります。商品のうたい文句をみる以外見分けはつかないのですが。
 同じことは黒でも言えますが、炭素系を中心にした黒い物質は広い波長の範囲で吸収力が均一で紫外線に対しても信用できることが多いようです。
○ 通常は、白い傘でも光をかなり遮断でき、結構効果的。こうなると地面からの照り返しのほうが強く、そちらの防御もかなり重要です。ところが白の裏側は照り返しをまた人に向けて反射するため、これを嫌う人もいます。
○ 他方で黒い傘は光を吸収して熱を持ちやすく、輻射熱でかえって白より暑く感じることも。

 ということで、物理的な意味でのおすすめは、「表が白で裏が黒」や「表は銀色」というタイプです。
現にそのような商品も見たことはありますが、実際にさして歩くのは勇気がいるかもしれませんね。

さてさていかがでしょうか
お役に立てれば幸いです。

こんにちは。他の方の回答と重複する部分もありますが、次のような回答ではいかがでしょう。

ポイントは、「白って実は透明・・・」

 まず、ご存じかもしれませんが、「赤い傘」と「白い傘」の違いを理解してみましょう。
 色とは光の中で「波長」という要素が異なるものです。赤なら波長が「800」くらい、緑なら「500」くらいというように表現できます。(単位は難しくなるので省略)
 人間は波長が400(紫)くらいから800(赤)くらいの光が見えるので、この範囲の光をまんべんなく反射するものを「...続きを読む

Q紫外線チェッカー(プラスチックの色が変わるもの)

紫外線チェッカー(プラスチックの色が変わるもの)って、どういうしくみで色が変わるんでしょう。
量っている紫外線って、具体的にはどの波長なんでしょうか。

ペット(インコ)の日光浴のために高価な紫外線ランプを使ってるんですが、紫外線チェッカー(紫外線で色が変わるプラスチックのもの)で量ると窓ガラス越しの日光のほうがはるかに紫外線量が多いので、もしやガラス越しの光のほうがいいのかも?と思って詳しいことを知りたくなりました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簡単に言えば、紫外線を当てることで分子構造が変化しているからです。
以下のページの、「フォトクロミズム」を参照してみて下さい。
http://www.chem-station.com/yukitopics/photochromic.htm

どの原料を使っているかは、こちらでは分からないのでなんともいえませんが、結合したり切断されたり、異性体になったりなどの理由で色が変わります。

次に紫外線ランプですが、
http://www.h3.dion.ne.jp/~tmatsu/ground/care_uv.htm
こちらで実験をされた方のレポートが上がってます。
これを読む限り、日光の方が桁違いに強いようですね。
日光を当てられる環境にあるならそちらを用いたほうがよさそうです。

Q紫外線の自由研究

中学生ですが紫外線についての
自由研究を詳しくしたいのですが
良いアドバイスください。
日焼け止めとか1日の紫外線測定量については
するつもりですが 他にあれば些細なことでも
教えてください。

Aベストアンサー

オゾンホールやオゾン層が薄くなると、どんな有害な紫外線が多くなるか、季節や時間帯で紫外線の強さがどう変わるか、太陽風と共にやってくる紫外線が地表の生物に与える健康面からの影響により、UV-A,UV-B,UV-Cに分類されていますが、それぞれが人の皮膚にどのような影響があるか、地上には殆ど届かないUV-Cは宇宙ステーションやそこでの船外活動で宇宙飛行士が浴びる事になります。また、皮膚のメラミンの量は人種や身体の部位で異なります。メラミンの量が多い黒人は、皮膚がんを起す有害なUV-Bが真皮まで到達するのを防ぎますが、ビタミンDを作るUV-Aも遮断してしまいます。逆にメラミンの少ない白人は少しのUV-Bを浴びるだけで皮膚癌になりやすい一方、ビタミンDはUV-Aを浴びて十分作れます。日本にいる日本人の場合、夏の戸外の日陰に素顔でいるだけで、ビタミンDの1日の必要量が作られます。
白人や皮膚の色が白い人ほど紫外線の影響を強く受けます。
南極を中心としたオゾンホールの影響でオーストラリア、アルゼンチン、南アフリカの白人系住民に皮膚癌が多発しています。小中学校では皮膚を露出しない服装やつばの大きい帽子をかぶらせ、教室にUVクリームを大きな缶をおいて、紫外線の強い季節には、UVクリームを自由に大量に塗らせるようにしているそうです。
気象庁では毎日の時間ごとの戸外の紫外線の量を測定してWeb上で公開していますので、照射量の地域別の差、時間による差、どの位浴びると危険なのか、など調べてみるのもいいかも…。
http://www.jma.go.jp/jp/uv/000.html?elementCode=0

紫外線を防ぐUVクリームの種類と正しい使い方なども調べてみるのも。
http://www.shigaisen.com/uv/uv-goods.html
http://www.3838.com/cosme/camp/uv_t/
http://www.saiseisha.co.jp/on-line/cosmetics/aqua-uvc.html?gclid=CPbU9eqU_JQCFQE_egodTSYw2A
http://life-is-beautiful.jp/1000488113101/
http://i-healing.com/blog/?p=290
UVクリームも効果がある時間、その時間を過ぎるとかえってクリームが紫外線を透して害がより強くなる事など。UVクリームの機能、効果、有効な時間数などの特徴を調べたり、また紫外線を防ぐ方法とその効果を日傘、サングラス、つばの大きい帽子、洋服の厚さと色の効果の差など調べてみるのもいいかも知れないね。

色々やってみると更に興味がわいてきて面白くなりますよ。

オゾンホールやオゾン層が薄くなると、どんな有害な紫外線が多くなるか、季節や時間帯で紫外線の強さがどう変わるか、太陽風と共にやってくる紫外線が地表の生物に与える健康面からの影響により、UV-A,UV-B,UV-Cに分類されていますが、それぞれが人の皮膚にどのような影響があるか、地上には殆ど届かないUV-Cは宇宙ステーションやそこでの船外活動で宇宙飛行士が浴びる事になります。また、皮膚のメラミンの量は人種や身体の部位で異なります。メラミンの量が多い黒人は、皮膚がんを起す有害なUV-Bが真皮まで到達...続きを読む

Q紫外線って、障子(和紙)も通り抜けて部屋に入って来ますか?

肌老化の最たる原因のひとつである、紫外線が恐くてたまりません。

部屋の中でも、ガラスを通り越して紫外線は入って来るそうですが、更に障子を閉めるとどうなのでしょうか。
やっぱり、紫外線って紙も通り抜けるのでしょうか?

通販カタログなどを見ていると、紫外線や熱、外からの視線もさえぎる事ができるカーテンが載っていますが、そんなカーテンを買った方がいいでしょうか。
でもそのカーテンは、結構な値段がするのです・・・・

Aベストアンサー

和紙は紫外線をカットする効力があるようですが、やはり限界があります。
最近では、紫外線をカットする専用障子紙(厳密には紙ではないようですが)がでています。

また、窓ガラスに貼るフィルムもありますよ。
紫外線を99%近く遮断する、とたいていがうたっています。
我が家では床の日焼けの防止にもいいかな、と思って使っています。
値段はいろいろのようですが、うちが買ったのはたしか床から天井までの窓で7000円くらいだったと思います。

Q光合成と紫外線

私は中学3年生です。
夏休みの自由研究で
「葉に日焼け止めを塗って光合成するかどうか」
をしたいんです。
葉の光合成は紫外線が関係するんですか?
また、日焼け止めというのは人間の体に塗ると
紫外線カットしますが、葉に塗っても紫外線カットできるんですか?
よかったら教えてください。

Aベストアンサー

>大学で農学を専攻している物です。あなたの自由研究がとてもユニークなので、学校で一番になれるように(?)アドバイスをします。

まず、「物の色」について考えてみてください。
白い物は全ての光を反射しているので白く見えます。黒い物は全ての光を吸収しているので黒く見えます。では、赤い物はと言うと「赤い波長の光を反射して、他の波長の光を吸収している」ので赤く見えるのです。
ここまで書いたら、植物の葉が「緑色」ですから、植物が何色の光を反射しているかは分かりますよね?→これより、植物が反射している波長は「植物が利用していない波長」で、植物が吸収している波長は「植物が利用している波長」ということが分かります。「植物が利用している=光合成に関与している」と考えてもらって差し支えないです。

次に、あなたが問題としている紫外線について考えてみましょう。紫外線は可視光線ではないので「色のない光」です。従って、植物が紫外線を反射していても吸収していても、植物の外観的な色からは「紫外線を植物が利用しているのか」という問題を明らかに出来ません。
→これは、ある種を「ブラックライト下」と「日光下」の二つに分けて生育させれば比較が可能です。紫外線が光合成に不可欠なものであれば、ブラックライト下の種は正常な発育を示さないはずです。ただ、この実験は(夏休み終了までという時間的制約上)無理かもしれません。


>注意
(1)葉にクリームを塗ると、marimo_cxさんが指摘したように「気孔をふさぐ」恐れがあります。これでは正確なデータは期待できません。
(2)実験結果には、必ず写真を添えて下さい。視覚的に訴える写真は、絶大な効果があります。「写るんです」などの安っぽいカメラで撮らずに、なるべくならば「まともなカメラ」で撮ってもらいましょう。
(3)必ず仮説を立てて、実験してください。
(4)実験結果は、読書感想文のように書かずに、きちんと論文形式で書くと、格好良くなります(もちろん、結果を読む側も読みやすくなります)。

>大学で農学を専攻している物です。あなたの自由研究がとてもユニークなので、学校で一番になれるように(?)アドバイスをします。

まず、「物の色」について考えてみてください。
白い物は全ての光を反射しているので白く見えます。黒い物は全ての光を吸収しているので黒く見えます。では、赤い物はと言うと「赤い波長の光を反射して、他の波長の光を吸収している」ので赤く見えるのです。
ここまで書いたら、植物の葉が「緑色」ですから、植物が何色の光を反射しているかは分かりますよね?→これより、植物...続きを読む

Qバナナで紫外線チェックという実験をやりましたそしたら・・・

バナナで紫外線チェックというhttp://www.asagaku.com/rika_time/2008/06/0618.htm                
に載っていた実験をやりました。まずバナナに油性ペンでぬる/ぬらない にわけぬるのほうに日焼け止め(キスミー サンキラー クリアウォータN)をぬりました。
そして書いてあるとおり日に当て家で2日間くらいおいておきましたすると、バナナは日焼けをしていましたが、日焼け止めをぬったほうが焼けていて、ぬってないほうはまったく焼けていませんでした。
間違えてぬらないの方に日焼け止めをぬってしまったということは絶対ないと思います。 
できれば教えてください。

Aベストアンサー

バナナに直接日焼け止めを塗ったとすると、日焼け止めの自体の影響が紫外線の影響を上回ったのでひゃないかと言う事、またラップなどを介した場合はそれによる温度や水分量の変化が紫外線による影響を上回ったのではないかとも考えられます。

このような場合には、同じ処置をしたものを紫外線に当てない環境で同時間観察することが必要だと思います。

Q紫外線の影響を受けやすい身近なもの

 こんばんは。自由研究で利用しようと思っているのですが、いつも壁にぶち当たってしまって・・・テーマを変えて参上しました^^
 どこの家にでもあって、数時間で紫外線の影響を受けるもの(紫外線を浴びていると分かればいいです)、そして、浴びた時間などで、その影響の度合いが変化するもの(比較できないと困ります)はありますか?

 別口の質問なのですが、水中を紫外線は進みますか?空気中と影響の差が出るのはいいのですが、とにかく、水中にあっても紫外線の影響は受けるのでしょうか。

 わがままな質問ですが、ご回答お待ちいたしており案素

Aベストアンサー

別口の質問の解答を
>水中を紫外線は進みますか?

はい。進みます。
この質問は、水(H2O)は紫外線を吸収しますか?
と言い換えることができます。
大学に入ってから習うと思うのですが、水分子は紫外線の領域の光を吸収することができません。従って、透過します。

8942さんが回答している海で深く潜れば潜るほど青が見えずらいと言うのは、その補色である赤い色が深海に到達しずらい為に、深い海ほど青一色になるので、青いものが見えずらいと言う事だと思います。これは、水(H2O)が波長800nm近くの赤い光を吸収する為です。
つまり、水(H2O)は紫外線や青い光を吸収するのではなく、赤い光を吸収する性質を待つのです。従って、水色は青色なのです。面白いことに、重水(D2O)は赤い色を吸収しません。従って、無色です。
この部分の話は、
http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q41.html
http://nucl.phys.s.u-tokyo.ac.jp/torii/physics/bluewater.html
http://www.dartmouth.edu/~etrnsfer/water.htm
にかかれています。

尚、これだけだと、深海に全く光が届かないことを説明できませんが、海は純粋な水だけではなく、小さな塵や様々な有機物や無機物が溶け込んでいます。これらが、光を散乱・吸収するために深海までは光が届かないのです。

ちょっと、質問から逸脱しましたが、水は紫外線を通します。が回答です。

別口の質問の解答を
>水中を紫外線は進みますか?

はい。進みます。
この質問は、水(H2O)は紫外線を吸収しますか?
と言い換えることができます。
大学に入ってから習うと思うのですが、水分子は紫外線の領域の光を吸収することができません。従って、透過します。

8942さんが回答している海で深く潜れば潜るほど青が見えずらいと言うのは、その補色である赤い色が深海に到達しずらい為に、深い海ほど青一色になるので、青いものが見えずらいと言う事だと思います。これは、水(H2O)が波長800nm近く...続きを読む

Q紫外線測定器について

自由研究で紫外線測定器使うのですが
通販での購入以外方法がないためアドバイス
よろしくお願いします。ピンからキリまで
あるようなので使いやすくてデータがとりやすいのが
いいかと思います。

Aベストアンサー

レンタル業者から借りるのはいかがですか?

計測器などのレンタル業者
http://www.orixrentec.jp/
http://www.yrl.com/
http://www.techno.co.jp/

Q白?黒? 一番紫外線を通すのは何色でしょうか。

私は皮膚が弱いため、皮膚科の先生に太陽(紫外線)を浴びなさいと昔いわれました。

調べてみたら紫外線を多く通す色は黒か白だと思うのですが、どちらでしょうか。

Aベストアンサー

http://www.bioweather.net/bws/health/uv/505uv05.htm
上記サイトに詳しく載っていますよ!
私は屋外でスポーツをしますので服の下の肩の部分に日焼けしみができやすいです。
しかし黒いと暑いので、日焼け止めを塗るしかないですね!


人気Q&Aランキング