製品と電源の間に製品のほうの電源が切れるとランプなどがついて異常を知らせてくれる装置を作りたいと考えています。製作にあたってアドバイス頂けないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ある程度大きな電流(数A異常)を検出するのであればリードスイッチ(リードリレーともいいます)を使用すれば簡単に出来ます・これは自動車の電球の断芯警告灯などに実際に使われている方法ですが、原理は簡単で、リードスイッチの周囲に電源となる配線をコイルのように巻くだけです。

リードスイッチの周囲にまかれた電線に電流が流れているときは、その電流によってリードスイッチ周囲の電線が電磁石となるため、リードリレーはONした状態になっていますが、電流が切れるもしくはある程度以下になるとリードスイッチがOFFになることで、負荷電流の異常を検出できます。あとはこの出力を適当な回路で受けてランプなりブザーなりを動作させればよいでしょう。

リードスイッチを動作させるほどの電流が流れない場合は、電源回路に電流検出用の抵抗を直列に入れ(動作させる回路に影響を与えない程度の抵抗値であることが必要)るか、ダイオード(この場合は負荷電流がONかOFFかのみの検出でかつ電源が直流の場合のみになる、ダイオードの順方向電圧降下を利用)を設置し、その両端の電位差をオペアンプ等で増幅し警報回路を動作させる方法が一般的でしょう。

どの程度の負荷で電源交流か直流かなどもう少し詳しくわかるともっと具体的に説明できるのですが・・・
    • good
    • 0

パソコン用品で、パソコンのON/OFFを検知するコンセントがありますがこれを応用する。


http://www.audio-technica.co.jp/products/pc/atc- …

これをばらしてA接点(ONの時ON)のリレーをB接点(OFFの時ON)のリレーに交換する

中身は、ホール素子や分流器(立派なものではなくノイズフィルタのコイルを兼用で)フォトカプラなどで検流するもの、ちゃんと検流するものまで色々ですが、パソコン以外でも良く利用できます。PC側にファンヒータ接続して連動コンセントに換気扇や扇風機(空気攪拌用)など、10Wから30WぐらいでONと感知します。感度調整付もあります。

ばらしたくない場合、連動コンセントにACアダプタにb接点リレーをつける、別のコンセントに常時給電のACアダプタで先のb接点経由でランプを駆動する。

製品とした場合、電流センサーで
http://www.u-rd.com/products/1_koryu_1/index.html
検知してコンパレータで敷居値を決め、ランプ駆動を行います。

参考URL:http://www.u-rd.com/products/1_koryu_1/index.html
    • good
    • 0

小さい負荷ならリレ-、大きいとマグネット(MC)をつかったらどうですか。

その接点の種類に2a2bとか3a1b(蛇足ながらaは入りでon、bは切りでon)がありますがそのb接点を装置のスィッチ替りにされてはどうですか。
MCに警報接点が付いているのもありますが、要するに接点容量だけの問題だと思います。
以上、ご参考まで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報